いわき市議会、改選後初の臨時議会

 10月15日、いわき市議会改選後初の臨時議会が開かれ、正副議長や常任委員を選出しました。また、地域医療全般にわたる諸問題を調査し提言するため、地域医療対策特別委員会を設置しました。

 正副議長は選挙となり、議長選では上位2名が18票の同数、3位が4票で、再選挙の結果22票対18票で志道会の矢吹議員が議長に選出され、副議長選では35票対4票(白票1)で、政新会の磯上議員が選出されました。
 議長ポストをめぐって、会派の構成が変わりました。
 11人の政新会から1名が脱会し志政会に合流して志道会となり、最大会派が逆転しました。政新会は10人で第2会派。いずれも自民党系です。
 交渉会派は、上記の外、わたしの所属する創世会5人、共産党市議団4人、連合系のつつじの会4人、 公明党3人の6会派です。他に、1人会派として改革の会(自民)、浜風(無所属新人)、遊政会(民主新人)。

 わたくしの所属常任委員会は、1期目後半と同じく、市民恊働部、保健福祉部、病院局を担当する市民福祉常任委員会です。今期は副委員長に選出されました。
 また、いわき市など5市町村で一部事務組合を構成し病院運営をしている公立小野町地方総合病院組合の議会議員に選出されました。公立病院と地域医療を守る大切な役目です。
 市民の医療と福祉を守るため、気を引き締めて仕事を進めていきたいと思います。
[PR]
by kazu1206k | 2008-10-16 09:16 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧