第五十八寿和丸殉職者合同慰霊祭、潜水調査による原因究明求める嘆願署名へ

e0068696_2129424.jpg
10月31日、6月23日に起きた第五十八寿和丸転覆海難事故の殉職者17名の合同慰霊祭が小名浜市民会館で開かれ、遺族をはじめ関係者や市民約1000名が参列しました。
17名の無念、ご家族の心中如何ばかりか、関係各位の心労もあまりあり、まさに痛恨の極みです。
わたくしも市会議員として献花し殉職者の御霊に哀悼の誠を捧げました。

いわき市民に大きな衝撃を与えた小名浜機船底曵網漁協所属で酢屋商店所有の五十八寿和丸(135トン)の転覆事故は、生存者の証言から、船首右舷船底近くの側面に2度の強い衝撃を受け、それによる損傷で右舷側に傾き、わずか10〜15分で沈転覆沈没したものとみられています。
海に投げ出された乗組員は油まみれで救助されており、船底の燃料タンクが何らかの原因で損傷、大量の燃料油が海面に流出したとみられています。
事故当時、周辺の僚船はレーダーや目視で他の船を確認しておらず、「状況からみて潜水艦による衝突以外の可能性は考えにくい」とも報道されました。

事故当時、横浜地方海難審判理事所は、この事故を重大海難事件として調査をはじめ、10月からは国の組織改編で、運輸安全委員会が調査にあたっています。
ご遺家族のみなさまの心中を察すれば、原因不明による幕引きなど許されるはずもありません。
この際、安全安心な操業を求める漁業関係者はじめ、海上交通の安全を願う市民、国民の共通の願いとして、国が責任を持って潜水調査による事故原因の究明をはかるべきです。

潜水調査による船体確認について「国は及び腰」と伝えられるなか、31日の合同慰霊祭では、葬儀委員長の野崎酢屋商店代表取締役が、「国及び関係機関に事故原因の解明のため潜水調査をはじめあらゆる方法で原因究明をお願いする」として,嘆願書への賛同と署名を参列者に訴えました。
ここは市民国民の声を大きくしていく時です。
どうぞ、嘆願書への署名にご協力ください。

嘆願書は、下記の小名浜機船底曵網漁協のホームページからダウンロードできます。
http://www6.ocn.ne.jp/~onahama/11.html
[PR]
by kazu1206k | 2008-10-31 21:40 | 農水商工業 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧