2万5,154人の署名添え市立病院の機能充実等を求める請願

いわき市議会2月定例会は、昨日3月9日で18人の一般質問と総括質疑を終え、今日から常任委員会による議案審査に入る。
わたくしが所属する市民福祉常任委員会には、4つの請願審査も付託された。
「子供の医療費無料化年齢引き上げ」に関する請願が2つ、「市立病院の機能充実」などを求める請願が2つである。

このうち、「市立病院の機能充実等を求める請願書」は、「安心・信頼のいわきの医療を守る会」「常磐区長会」「いわき市立常磐病院腎友会」が請願者となり、2万5,154人の署名を添えて議長に提出され、あわせて櫛田市長へも陳情書を提出した。

請願要旨は、「(仮称)市市立病院改革プラン(案)」に、安全・安心・信頼の市立病院を実現するための方向性を明確に盛り込み、市民による議論を十分に保障し理解と合意を得た上で決定すること。地域の中で市立常磐病院が今後果たすべき役割を再度検証し、地域住民の声を踏まえて存続すること、というもの。

請願は、3月6日、いわきの医療を守る会の佐野会長、常磐区長会の林会長、市立常磐病院腎友会の豊田会長らが議長へ直接手渡し、経営の観点のみの「(仮称)市市立病院改革プラン(案)」は、市民への周知が不十分なまま、短期間のうちに決定しようとしているとし、多くの地域住民が反対の意志を示していることから、常磐病院が地域の中で果たす役割を再検証し、存続すべきものと訴えた。
[PR]
by kazu1206k | 2009-03-10 07:37 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧