2012年 05月 02日 ( 1 )

菅谷昭松本市長講演会

NPO法人チェルノブイリ医療基金から『菅谷昭松本市長講演会』のご案内が届きました。以下、掲載します。
=======================================
いわき市の皆様
~~菅谷氏再びいわき市へ~~
菅谷昭松本市長講演会 開催のお知らせ

演題「放射線被ばくによる健康被害と長期的課題」

-チェルノブイリ原発事故医療支援の経験を通して-

NHKプロジェクトX挑戦者たち「チェルノブイリの傷 奇跡のメス」でも取り上げられたように,チェルノブイリ原発事故の被害に苦しむベラルーシの子どもたちを助けたいと,単身移住し5年半もの間医療活動に従事し,その後松本市長としてご活躍で,現在とても多忙な日々をお過ごしの菅谷昭(すげのやあきら)松本市長(医師)が昨年12月に引き続き,再びいわき市を訪れ講演を行います。今回は5月14日(月)のいわき市立内町小学校から始まる「ベラルーシ少年少女音楽舞踊団福島交流公演」(チェルノブイリ医療基金主催)に先立って行います。
多くの皆様にこの講演を聞いていただきたくご案内申し上げます。



1 日時  5月13日(日)午前10時(開場9:30)~11時30分
2 会場  いわき市生涯学習プラザ4階大会議室(いわき市平字1の1 T1ビル4階)
3 定員  160名(先着順) 入場無料 
4 内容  ◎放射線被ばくについて
      ◎チェルノブイリ事故後の健康被害-低濃度汚染地域における現状-
      ◎長期の低線量被ばくの影響
      ◎除染対策について(過度な期待)
      ◎学童等の集団移住の検討(国策として)
5 その他  
・駐車場は,無料の『いわき市公共駐車場』(いわき市役所北側と南側)をご利用ください。
・参加の予約は不要ですが,会場の都合上先着160名のみとなります。予めご了承ください。

菅谷昭講演会実行委員会
 共催 NPO法人 チェルノブイリ医療基金

*この件に関する問い合わせ先
チェルノブイリ医療基金理事  
大谷 公人
FAXまたはメールでお願いします。
FAX 026-275-0983 
Mail address: sarakimi@nexyzbb.ne.jp



   
[PR]
by kazu1206k | 2012-05-02 23:53 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧