2017年 06月 02日 ( 1 )

たらちねクリニックが保険診療開始

たらちねクリニックが6月1日から保険診療を開始しました。内科、小児科、その他に全身放射能測定、尿中のセシウム測定、甲状腺検診、血液検査、健康相談などを行ってます。診療は予約制になります。当日来院される方も電話連絡をお願いしております。月に二回、赤丸の日は、東京から小児科医の黒部信一先生も応援に来てくださいます。
7,000人以上の応援メンバーのご協力と、約1,500人の方のご支援を受け、5月1日正式にオープンしたたらちねクリニックは、市民による市民のためのクリニックです。
子どもたちが安心して生活し、健やかに成長していけるよう、たらちねクリニックはたくさんの方々のお力を借りながら、一歩一歩前に進んでいます。
e0068696_13282268.jpg


開院のメッセージ
藤田操|たらちねクリニック院長

たらちねクリニックは英語名でMothers' Radiation Lab & Clinic Fukushimaといいますが、motherには単に「お母さん」という意味だけではなく、何かを包み込むような母性、優しさ、大きさ、深さといった意味が込められており、それがたらちねの活動の主体だと感じています。でも、今の日本にはそういったものが決定的に欠落しています。そうした母性や優しさを体現できるような場として、患者さん、スタッフ、ドクター、その他いろいろな方たちの協力を得ながら、クリニックを成長させていきたいと考えています。
たらちねクリニックは病院ですから、病気、けが、慢性疾患といった一般診療を行いますが、一方で放射線被害の検査として、甲状腺検査とWBC(ホールボディカウンター)測定を行い、今後はさらに尿のセシウム測定を行う予定です。この検査は感度が高く、WBCで検出されなかった場合でもこれにより精密に調べることができます。子どもの一般検診として、尿のセシウム測定、甲状腺検査に加え血液検査を行います。血液検査は甲状腺のホルモン値や白血病といった血液疾患をスクリーニング的に見ていきたいと考えています。
e0068696_13295534.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-06-02 23:51 | 福祉医療 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧