いわき市長選挙は9月10日

 4月25日、いわき市選挙管理委員会は、第942回選挙管理委員会を開き、9月27日の任期満了に伴ういわき市長選挙の日程について、9月3日告示・10日投票の期日で行うことを決定し、公表しました。立候補予定者説明会・出納責任者事務説明会は7月に開催される予定です。
 市内の3月2日現在の有権者は男性13万5,934人・女性14万2,236人の合わせて27万8,170人。市長選では、はじめて18歳選挙権が約6,500人に適用されます。 投票所は138カ所。平豊間、岩間地区が震災の影響で臨時統合され、渡辺地区も統合されています。
 現時点では、4月22日に現職の清水敏男市長が後援会主催のセミナーで立候補を表明。ほかに、前回立候補の元衆議院議員が立候補の準備を進め、元市長系の対抗馬擁立の動きもあるとされます。
 東日本大震災と原発事故から6年、原子力災害を含む東日本大震災の復興は、28年度から復興・創生期間に入り、復興庁の設置期間も33年3月末までですが、未だ復興は道半ばです。
 いわき市は、原発事故の長期避難者との共生や原発事故の収束と廃炉工程の拠点となり、浜通り拠点都市としての位置にあります。清水市政4年間の功罪を検証、総括し、市民福祉の向上とより良いいわきに向けて何が必要なのか。人間の復興に至る再生ビジョンが問われています。
 
[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-25 20:26 | 地域 | Comments(0)

小名浜マリンブリッジの完成

 4月23日午前、いわき市小名浜港3号埠頭で行われた、小名浜マリンブリッジの完成披露式に出席しました。国土交通省港湾局はじめ福島県、いわき市などの関係者による式典に続き、三世代渡りぞめも行われました。
 午後1時から5時までは、市民にも開放され、家族連れなど約6,000人の市民がこの時間限りの記念ウォークで、高さ26メートルの橋梁から小名浜港の雄大な眺望を往復1時間かけて楽しみました。また、午後6時には、ライトアップの点灯式も行われました。
 小名浜マリンブリッジは、小名浜港の3号埠頭から人工島である東港地区を結ぶ橋長927メートルの橋。国際バルク戦略港湾の小名浜港、石炭の国際物流ターミナルが東港に整備され、小名浜マリンブリッジは石炭などの港湾貨物の陸上輸送を支えます。
 小名浜マリンブリッジの命名者は、鹿島町の園部小百合さん。市民の288点の公募から選ばれたものです。ブリッジが、小名浜のランドマークとして市民に親しまれ、小名浜港のさらなる発展に繋がることが期待されます。
e0068696_17215556.jpg

e0068696_17182851.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-24 17:22 | 地域 | Comments(0)

福島県都市監査委員会の総会

 4月21日午後、福島県都市監査委員会の第60回総会・研修会に出席しました。会場の白河市文化交流館コミネズには、いわき市の4人の監査委員はじめ、県内13市の監査委員32人と補助職員が参加しました。 
総会では、補助職員の表彰、白河市長などの挨拶、会務報告、決算・監査報告に続いて、本年度事業、予算案、監事都市などの議案を議決して、終了しました。
 現在、総務省は、内部統制に関する方針の策定や監査制度の充実強化など自治体内部のチェック機能の強化を図る地方自治法改正案を開会中の国会へ提出しています。こうした中で、自治体での新たな監査基準の制定や内部統制の強化などが懸案となってきました。
 研修会では、「監査の役割を考えるー不正と保証」と題して、東北大学の高田敏文先生が講演。「自治体の監査委員は厳しい監査をすることが住民から求められている」「自治体監査の主題は業務監査である」「法規の遵守、透明性、そして卓越した住民サービスが自治体監査に当たり求められている要件である」と指摘しました。
 監査委員として、市民への説明責任を果たし、自治体の財務や行政執行が適切かつ効率的に進められよう監査の実践が極めて重要であると肝に銘じました。
e0068696_1228494.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-23 22:10 | 議会 | Comments(0)

春の庭2017

 萌え出る木々の芽が、里山を柔らかなパステルカラーに染めています。季節は巡り、春の装いに変わりゆく大地、生気が大気にあふれ、私たちを包み、心を和ませ、新たな生命の息吹を感じさせてくれるとてもいい季節。
 我が家の庭にも、春の山野草や草花が芽吹き、萌え出て、着実にグリーンの情景に変わりはじめています。
 4月に入ると、「春の使者」イワウチワが咲き始め、数少ない日本原産種の葉ワサビ、エンレイソウ、春山を代表する花ニリンソウが次々と開花しました。
e0068696_752461.jpg

e0068696_752511.jpg

e0068696_7532212.jpg

e0068696_7535832.jpg

 勿忘草やユキヤナギが花をつけ、穀雨を過ぎる頃には、多年生シダ植物ゼンマイ、アスパラガスなどもだいぶ成長してきました。
 
e0068696_759627.jpg

e0068696_7593917.jpg

e0068696_801155.jpg

e0068696_804920.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-22 22:31 | 我が家の庭 | Comments(0)

福島原発被ばく労災あらかぶさんを支える会結成集会

福島原発被ばく労災損害賠償裁判を支える会(あらかぶさんを支える会)から、参加・賛同のお願いが届きました。以下、掲載します。

 あらかぶさんは、東京電力福島第一原発の事故収束作業や九州電力玄海原発の定期検査に従事し、急性骨髄性白血病を発症して2015年10月に労災認定を受けました。労災認定が公表された際、東電は「当社はコメントする立場にない」などと語りました。あらかぶさんは、他の労働者のためにもとの思いで、東電と九電に損害賠償を求める裁判を昨年11月に起こしました。
 東電は責任を認めず、収束作業と白血病の因果関係を争うとしています。今も10万人以上の原発事故被災者の生活を脅かしながら、刑事責任も問われず、多くの労働者を被曝を伴う収束作業に使いながら、国が認定した労災すら否定する東電の態度を許してはなりません。
 このような東電を批判し立ち上がったあらかぶさんを多くの仲間で支援し、原発労働者の命と安全、補償を勝ち取りましょう。
「あらかぶさんを支える会」への参加・賛同を心よりお願い致します。

■あらかぶさんを支える会に賛同・カンパをお願いします
賛同金:団体3000円/口、個人1000円/口(何口でも!)
【郵便振替】口座番号:00140-1-587769
      口座名称:福島原発被ばく労災損害賠償裁判を支える会
【銀行振込】ゆうちょ銀行店名(店番)〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
      当座預金口座番号:0587769
※お手数ですが、賛同頂いた団体・個人のお名前、ご住所、メールアドレス、公表の可or不可を、振込み用紙又はメールにてお知らせ下さい。通信等の送付、メーリングリストにより取り組みの情報をお送りします。
e-mail:info@hibakurodo.net

■福島原発被ばく労災 あらかぶさんを支える会結成集会にご参加下さい
日時:2017年4 月26日(水)午後6:30~ 
場所:文京区民センター2A会議室
   東京都文京区本郷4-15-14

   http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
発言:
石丸小四郎さん(双葉地方原発反対同盟)「福島でのこれまでと、あらかぶさん裁判闘争の意義」
川本浩之さん(神奈川労災職業病センター)「被ばく労災裁判―岩佐訴訟と長尾訴訟の経験から」
本村真さん(ユニオン北九州)、あらかぶさんからのアピールほか

■第二回口頭弁論にご参加下さい
日時:2017年4 月27日(木)午前11:00~
場所:東京地裁
   東京都千代田区霞が関1丁目1-4

福島原発被ばく労災 損害賠償裁判を支える会(あらかぶさんを支える会)
〒136-0071 東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル5階東京労働安全衛生センター気付
電話:090ー6477ー9358(中村)、E-MAIL:info@hibakurodo.net
【共同代表(五十音順)】
飯田勝泰(全国労働安全衛生センター)、
池田実(元福島第一原発収束作業員、元浪江町除染作業員)、
石丸小四郎(フクシマ原発労働者相談センター・双葉地方原発反対同盟)、
本村真(全国一般労働組合ユニオン北九州)

e0068696_9455689.png

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-21 23:39 | 脱原発 | Comments(0)

4月議会報告会のご意見など

4月10日から15日まで、10日は平地区、11日は江名地区、12日は泉地区、14日は小名浜地区、15日は鹿島地区で、いわき市議会2月定例会の議会報告会を開きました。
 報告会では、「市以和貴まちづくり基本条例」や平成29年度一般会計予算など80議案を可決・同意したいわき市議会2月定例会の概要を説明。私の一般質問の報告では、「いのちを守る、福祉の充実と子育て支援について」の「高齢者福祉、介護職員の処遇改善」「放課後児童クラブの拡充」、「いわき市の再生と地域課題の解決について」では「イオンモールいわき小名浜開業」「いわき駅前再開発ビル「ラトブ」」「JR常磐線本谷踏切の拡幅と踏切内歩道の整備」などのやりとりと内容。また質疑の「平成29年度いわき市一般会計予算について」の「除染推進事業費」のフォローアップ除染、「子ども遊び場除染事業費」のホットスポットや通学路の除染、「原子力災害対策計画改訂事業費」の原子力防災手引きの配布、「体育施設費の施設管理費」の平テニスコートの改修、など主なやりとりをご報告申し上げ、皆様からご意見やご要望をお聴き致しました。
市民のみなさまの主な御意見、ご要望は、以下の通りです。

●4月10日
・イオンモールいわき小名浜の建設、小名浜リスポの閉店はどうなっているか。
・側溝堆積物の除去は、重点箇所ではなく、全部やってほしい。
・防犯灯のLED化、電気料は区費で負担。区費の負担を市の広報に載せてほしい。
・街区公園の立木の伐採を。
・好間江筋の堆砂除去の要望の促進を。
・いわき市史の改訂版をつくるべき。
・久之浜公民館所蔵品の震災資料はどこにいったか。
・平テニスコート周辺市道へのポイ捨て対策、大会等利用者への啓発を。

●4月11日
・防犯カメラの設置、必要な場所の検討を。
・高齢者ドライバーの免許返上後の公共交通としてコミュニティバスなどできないか。

●4月12日
・原子力防災手引き配布する際、文書や説明が必要。広報が一方的ではいけない。
・保健所の冊子配布も同じことが言える。配布されてない人はどうするか。
・回覧、4月10日分の配布量が多すぎ。寄付金のフォームも統一してほしいと10年前から要望。
・街区公園の水銀灯のLED化を。
・国宝白水阿弥陀堂を廃仏棄釈から救った人など、いわきの隠れた偉人の紹介を。

●4月14日
・各小学校の構内の側溝堆積物の除去を。
・小名浜本町通り、西町区のゴミ集積所、現状より早く回収できないか。
・放課後児童クラブ、50人規模クラスの2分割など進めてほしい。
・子ども避難の家、旗を立てるだけでなく継続して取り組みを。旗の更新も必要。
・小名浜支所の改築を進めてほしい。
・防犯灯LED化の説明は区長にもしてほしい。

●4月15日
・原子力防災手引き配布より、原発事故起こさぬように、第2原発の廃炉の決定を。
・子育て支援、出産祝い金の市長公約が5万円に減額された。
・医療費の無料化すすめて。
・河川の老朽橋の手すり、欄干の補修を。
[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-20 23:54 | 議会 | Comments(0)

沖縄・球美の里 夏休み保養参加者募集

『沖縄・球美の里』から、夏休み保養の参加者募集のお知らせです。

沖縄・球美の里(^^)夏休み保養参加者募集はじまりました♪
第77次保養 2017年7月19日~7月26日
第78次保養 2017年8月3日~8月10日
第79次保養 2017年8月18日~8月25日


対象者:小学校1年生〜中学校3年生までの児童・生徒。
原則として、通常学級に通う児童で、集団行動ができること、身の回りのことが自分でできること(夜は極度のホームシックにならず自分一人で寝られること)が条件となります。
障がいや疾患により継続的に服薬をしているお子さんや、緊急の際に専門医を必要とする症状をお持ちのお子さんについては、安全性への配慮から、保護者の同伴なしの受け入れはお断りさせていただいております。離島である久米島には総合病院のような十分な医療施設が整っていないため、万が一のときの対応ができない場合があります。不安な場合、不確かな場合には、必ず事前にご相談ください。

申込受付期間:2017年3月27日~5月22日まで
※郵送の場合 5/22必着

募集締切後、個別書類審査を経て、参加者決定のご通知をお送りします。応募が定員を超えた場合には、参加回数・年齢・性別などを考慮した上で抽選にて決定をいたします。定員に達しない場合には、引き続き補充募集をいたします。

【説明会のお知らせ】
球美の里では事前説明会と参加者説明会の2回の説明会があります。
〇事前説明会→参加はまだ決まっていない段階ですが、団体の説明や現地での生活の様子などをお話させて頂きます。初めてお申込みの方はなるべくご出席をお願い致します。事前説明会の際にお子さまの体調確認のアンケートをご提出して頂きます。事前説明会に参加されない方はメール又はファックスにてアンケートをお送りしますので、必ずご連絡ください。
〇参加者説明会→参加が決まった方のみの説明会です。※参加されるお子さまと保護者さまは必ずご出席して頂きます。下記日程で都合の悪い場合はいわきの事務局までお越しいただくようになりますので予めご了承ください。

【事前説明会】
〇いわき会場 
5月20日(土) 10:00~1時間程度 
文化センター 大講義室
住所: 〒970-8026 福島県いわき市平堂根町1-4
電話: 0246-22-5431
〇郡山会場
5月13日(土) 11:00~1時間程度 
郡山市労働福祉会館 大ホール
住所: 〒963-8014 福島県郡山市虎丸町7-7
電話: 024-932-5279

【参加者説明会】
〇いわき会場 
6月3日(土) 10:00~11:30
文化センター 大会議室
住所: 〒970-8026 福島県いわき市平堂根町1-4
電話: 0246-22-5431
〇郡山会場
6月10日(土) 11:00~12:30 
郡山市労働福祉会館 大ホール
住所: 〒963-8014 福島県郡山市虎丸町7-7
電話: 024-932-5279
※いずれの会場も駐車場の台数に限りがございますので
節車にご協力いただけるようお願い致します

子どもの参加費: 一人11,000円
(旅行保険、プログラム活動費、Tシャツ、通信費、引率経費を含む)

球美の里 HP : http://kuminosato.net/
保養期間中の様子はブログでご紹介しております
詳しくはこちらまで → http://kuminosato.blog.fc2.com/   

【申し込み先】
お申込み用紙に必要事項をご記入の上、下記お申込み先へ、FAX、郵送、Eメールのいずれかでお送り下さい。
たくさんのお申込みをお心よりお待ちしております。
※通信障害が多い為、郵送・FAX・メールいずれの申込みの場合も電話にて届いているかの連絡をお願い致します。
FAX 0246-38-8322
郵送 〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3カネマンビル3階 
認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね気付 たらちね・こども保養相談所
Email :tarachine.hoyou@gmail.com    

*申し込み用紙はこちらから♪http://kuminosato.ciao.jp/data/hoyou.pdf
必要事項をご記入の上、FAX、郵送、Eメールでお送り下さい。
(*^。^*) お申込みをお待ちしております!

e0068696_16553227.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-18 17:01 | 福祉医療 | Comments(0)

信号機の設置を要望

いわき市常磐西郷町銭田にある銭田工業団地連合会は、4月12日午前、県道上三坂小野線の銭田工業団地入口に、信号機の設置を求める要望書を、いわき市長と福島県公安委員会に提出しました。
同団地には、現在25社が進出、東洋システム(株)はじめとする企業の社用車331台・社員用車375台計706台の車両が出入りしているほか、各企業の来客、ヤマト運輸(株)などの運送業やトラック販売業、オフィスサービス業など各企業の出入り車両が大幅に増加し、1日1,000台を超える車両が行き交っており、交通環境が大きく変化してきました。
さらに、西郷町の住民のみなさんはもちろん、泉方面並びに湯本町方面への抜け道として、通勤通学時の利用者により交通量も更に増加している状況にあります。
また、市内工業団地の入口に信号機のない工業団地はほとんどなく、接触事故等も発生していることから、交通安全上も、早急な整備が求められています。
同団地連合会では、過去にも要望してきた経緯を踏まえ、進出企業の増加等に伴う交通環境の変化に対応するため、新たな要望活動になったものです。
この日は、同団地連合会の永島会長(東洋システム・常磐地区交通安全協会理事)ら3名の代表が、いわき市役所で下山田市民協働部長に、いわき中央警察署で國分交通第一課長に、それぞれ信号機の設置要望書を提出して、実現を求めました。わたくしも、交通安全の確保のために、要望活動に同行しました。

e0068696_9534014.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-17 23:16 | 地域 | Comments(0)

春のフラメンコと とことんトーク大盛況

春のフラメンコととことんトークが、4月16日午後、いわきアリオス小劇場で開催されました。
春爛漫、桜が満開、お花見真っ盛りとなったこの日、春の風に誘われて、たくさんの市民のみなさまが会場にお出かけくださいました。
ステージには、ゲストギタリストに渡辺イワオさん・田中直泰さん、カンテに定直慎一郎さん・中島万紀子さん、ラテン歌&踊りにサリナさん、そして踊りのサリナ舞踊教室フラメンコのみなさまが出演。
会場も満席になる盛況で、訪れた市民のみなさまは、サリナさんとその舞踊教室のつま先やかかとで床を踏み鳴らしてリズムをとる(サパテアード)や手の動き(ブラッソ)に魅せられ、万紀子さんや定直さんのカンテ(歌)などスペイン・アンダルシアの歌と踊り、ギターが繰り広げるフラメンコの世界を堪能しました。
一方、万紀子さん&わたくしのトークでは、みじかな暮らしと医療や福祉・子育て支援など市政の課題、さらに、盗聴が横行する監視社会に日本を変える、現代の治安維持法=共謀罪の危険な動きなども考えるというものでした。
春のフラメンコと とことんトーク、大盛況でした。ご出演のみなさま、楽しい時間を、ありがとうございました。主催の佐藤かずよしサポーターズ・コスモスの会のみなさま、準備から後片付けまで、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

e0068696_19172755.jpg

e0068696_19154140.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-16 23:32 | 文化 | Comments(0)

「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の発足

 4月14日午後、原発ゼロと自然エネルギー推進を志す団体や個人が集まった「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(略称:原自連)の創設記者会見が、東京都内で小泉純一郎元首相などが出席して行われました。
 共同通信などによれば、小泉純一郎元首相は、「原発ゼロ」に関し「現実にやればできる事業だと政権政党が早く気付いてほしい」と強調し、「安倍晋三首相が『(原発)ゼロにしなければいけない』となれば、ほとんどの推進論者は変わる。それに分からないのが不思議でしょうがない」と述べ、「分からない人を相手にしてもしょうがないとは思うが、粘り強く言っていく」として、原発再稼働を推進する安倍政権の姿勢を重ねて批判しました。
 原発ゼロと自然エネルギー活用を訴え、脱原発運動に取り組む団体の相互連携を促し、全国的な動きにつなげるため、新団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」を設立したものです。
 「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」は、城南信用金庫の吉原毅相談役が会長を務め、小泉純一郎元首相は細川護熙元首相とともに顧問として参加しています。
 
「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟メンバー」
会長   吉原 毅   (城南信用金庫 相談役)
顧問   小泉 純一郎 (元内閣総理大臣)
     細川 護煕  (元内閣総理大臣)
副会長  中川 秀直  (元自由民主党幹事長、元科学技術庁長官、元原子力委員会委員長)
     島田 晴雄  (前千葉商科大学学長、慶應義塾大学名誉教授)
     佐藤 彌右衛門(全国ご当地エネルギー協会会長、会津電力株式会社代表取締役社長)
幹事長兼事務局長  河合 弘之  (脱原発弁護団全国連絡会共同代表)
事務局次長 木村 結(東電株主代表訴訟事務局長)
幹事   鎌田 慧   (ジャーナリスト)
     佐々木 寛  (新潟国際情報大学教授)
     香山 リカ  (立教大学教授・精神科医)
     三上 元   (元静岡県湖西市長)
     永戸 祐三  (ワーカーズコープ理事長)
賛同人  飯田 哲也  (認定NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)
     下村 満子  (元朝日ジャーナル編集長)
     海渡 雄一  (脱原発弁護団全国連絡会共同代表)
     金子 勝   (慶應義塾大学教授)
     福岡 正夫  (慶應義塾大学名誉教授)
     古川 亨   (慶應義塾大学教授・元日本マイクロソフト会長)
     原田 博夫  (専修大学教授)
     鹿嶋 春平太 (明治学院大学名誉教授・宗教社会学者)
     楠  達史  (株式会社Abalance独立社外取締役)
     小宮 武夫  (元三和銀行営業本部第一部長・元ブラデスコ投資銀行取締役・ウェルフェア株式会社代表取締役)
     福山 真劫  (平和フォーラム共同代表)
     柳田 真   (たんぽぽ舎共同代表)
協賛企業 城南信用金庫、パルシステム生活協同組合連合会、生活クラブ事業連合生活協同組合連合会、株式会社カタログハウス、ワーカーズコープ、パタゴニア日本支社、WWB株式会社、株式会社サンコー等多数

e0068696_2342734.png

[PR]
# by kazu1206k | 2017-04-15 23:49 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧