カテゴリ:福祉医療( 186 )

『沖縄・球美の里』子ども保養、 第73次・75次・76募集

『沖縄・球美の里』子ども保養プロジェクト
第73次・75次・76保養参加者大募集中!


第73次 2017年4月14日~4月21日 申込受付 3/17まで(補充募集中)
第75次 2017年5月20日~5月29日 申込受付 3/17まで
第76次 2017年6月12日~6月25日 申込受付 4/10まで

応募が定員を超えた場合には、参加回数・年齢・性別などを考慮した上で抽選にて決定をいたします。定員に達しない場合には、引き続き補充募集をいたします。

(保養開始日時点で2歳6カ月以下のお子様は飛行機搭乗の際、保護者様のお膝抱っことなります)

対象者:福島県在住および高濃度汚染の近隣県に在住の小中学生と未就学児とその母親
 ※小学校1年生と2年生のお子さまに限り、保護者と同伴でご参加頂けます。


参加費:
❖母子保養の場合
子どもの参加費: 一人10,000円
 (保養開始時点で0歳もしくは1歳の子どもの参加費は一人5,000円)
同伴保護者の参加費: 一人50,000円程度 (航空券の季節変動により変動します。)
(旅行保険、プログラム活動費、Tシャツ、通信費、同伴保護者の渡航費を含む)

❖その他に必要となる費用
お土産代、個人で使用する物品、(母子保養のみ)フリーデイの活動費・食費、その他、病気・傷害・災害に対応する費用で旅行保険で補償されない費用。

球美の里 HP : http://kuminosato.net/

【申込・お問い合わせ】
たらちね・こども保養相談所
〒971-8162福島県いわき市小名浜花畑町11-3カネマンビル3階
TEL 0246-38-7173 FAX:0246-38-8322
Email :tarachine.hoyou@gmail.com

※申し込み用紙はこちらから♪
http://kuminosato.ciao.jp/data/hoyou.pdf
必要事項をご記入の上、FAX、郵送、Eメールでお送り下さい。

お申込みをお待ちしております!

e0068696_752567.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-03-04 23:01 | 福祉医療 | Comments(0)

いわき母子訓練センターを訪問

2月21日、平馬目にある、いわき母子訓練センターさんに伺いました。

いわき母子訓練センターは、児童福祉法に基づく児童発達支援、放課後デイサービス、指定障害児相談事業を行い、障がいを持ったお子さんや発達の気になるお子さんが通う療育施設です。お子さんたちが施設に通いながら様々な経験をすることによって、日常生活や地域社会において、いきいきと豊かに過ごしていけるよう支援を行っています。」

学校入学前のお子さんを対象とした児童発達支援[幼児]と学齢のお子さんを対象とした放課後デイサービス[学齢]の2つの形態に別れています

幼児の部、母子通園クラスは、お子さんとお母さんが一緒に通い、小集団での生活や遊びの中で、個性を伸ばしながら基本的な生活習慣や社会性を育てています。担当職員制によって、お子さんとお母さんひとりひとりの発達段階に応じて、即時的確にアドバイスやサポートを行っています。月曜日から金曜日まで、9:50~13:00までの利用時間です。

学齢の部、通称「まのめクラブ」は、幼児期に培われた事を基本し、お子さんの自発性をできるかぎり尊重しながら、自らの力が十分発揮できるような環境のもと、お子さんが自信を持って社会生活を送ることができるような活動を行っています。月曜日から金曜日まで、14:30~16:30までの利用時間です。

昭和55年設立のいわき市での草分け的施設です。現在は、「生活介護所しろやぎ3」も併設しています。運営は、NPO法人母子通園センター。この日は、理事長さん、管理者さん、相談専門員さんから、障害児相談支援事業などについて、現状と課題をお聴きしました。

e0068696_08062716.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-02-22 23:37 | 福祉医療 | Comments(0)

2~3月の甲状腺検診のご案内

いわき放射能市民測定室たらちねから、2~3月の甲状腺検診のご案内です。

 ✿ 2~3月の甲状腺検診のご案内 ✿

検診対象者 : 3歳以上
料金 : 震災当時18歳以下の方 無料(お誕生日が1992年4月2日以降の方)  以外の成人 お一人 1000円


検診日 2月18日(土)
検診場所 いわき放射能市民測定たらちね 〒971-8162 いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
担当医 小野寺俊輔先生 北海道がんセンター 放射線科医
予約時間 14:30  15:00  15:30  16:00  16:30  17:00


検診日 2月19日(日)
検診場所 いわき放射能市民測定たらちね 〒971-8162 いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
担当医 小野寺俊輔先生 北海道がんセンター 放射線科医
予約時間 8:30 9:00  9:30 10:00  10:30  11:00  11:30  12:00


検診日 3月12日(日)
検診場所 いわき市文化センター2階中会議室 〒970-8026 いわき市平字堂根町1-4
担当医 須田道雄先生 島根県須田医院院長 内分泌・甲状腺専門医
予約時間 9:30  10:00  10:30  11:00  11:30  12:00


詳細はHPまたは電話でお尋ね下さい。
検診申込受付は電話、FAX、郵送にて承ります。(FAXの方は送信されているか電話でご確認下さい)
検診予約の方は保護者氏名、住所、電話番号と検診を受ける全ての方の氏名、性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。

【寄付のお願い】 甲状腺検診は全国の多くの方々から寄付、お力添えを頂いております。子供達の未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力を お願い致します。
甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

認定NPO法人 いわき放射能市民測定たらちね
〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
TEL/FAX 0246-92-2526
HP http://www.iwakisokuteishitu.com/
Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp

e0068696_08091142.jpg




[PR]
by kazu1206k | 2017-02-08 23:57 | 福祉医療 | Comments(0)

『沖縄・球美の里』第73次・74次保養の募集

『沖縄・球美の里』から第73次・74次保養参加者、募集のお知らせです。

『沖縄・球美の里』第73次・74次保養参加者大募集中!

第73次 2017年4月14日~4月21日(母子保養) 申込受付2/14まで
第70次 2017年5月1日~5月9日(学童・母子保養) 申込受付3/1まで
第71次 2017年5月20日~5月29日(母子保養) 申込受付2/20~3/17まで


応募が定員を超えた場合には、参加回数・年齢・性別などを考慮した上で抽選にて決定をいたします。
※定員に達しない場合は補充募集となります
(保養開始日時点で2歳6カ月以下のお子様は飛行機搭乗の際、保護者様のお膝抱っことなります)

対象者: 福島県在住および高濃度汚染の近隣県に在住の小中学生と未就学児とその母親
      ※小学校1年生と2年生のお子さまに限り、保護者と同伴でご参加頂けます。


❖学童保養
子どもの参加費: 一人11,000円
(旅行保険、プログラム活動費、Tシャツ、通信費、引率経費を含む)


❖母子保養※付き添いの保護者は女性の方のみ
子どもの参加費: 一人10,000円
同伴保護者の参加費: 一人50,000円程度 (航空券の季節変動により変動します。)
(旅行保険、プログラム活動費、Tシャツ、通信費、同伴保護者の渡航費を含む)


❖その他に必要となる費用
お土産代、個人で使用する物品、(母子保養のみ)フリーデイの活動費、その他、病気・傷害・災害に対応する費用で旅行保険で補償されない費用。

球美の里 HP : http://kuminosato.net/


【申込・お問い合わせ】
TEL/FAX 0246-92-2526
郵送 〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町カネマンビル3階 
認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね気付 沖縄・球美の里 いわき事務局 宛
メール tarachine.hoyou@gmail.com


e0068696_07381115.jpg





[PR]
by kazu1206k | 2017-02-01 23:29 | 福祉医療 | Comments(0)

1~2月の甲状腺検診のご案内

いわき放射能市民測定室たらちねから、1~2月の甲状腺検診のご案内です。

 ✿ 1月の甲状腺検診のご案内 ✿

検診対象者 : 3歳以上
料金 : 震災当時18歳以下の方 無料(お誕生日が1992年4月2日以降の方)  以外の成人 お一人 1000円


検診日 1月21日(土)
検診場所 北茨城市中郷町公民館 〒319-1559 北茨城市中郷町上桜井844-2
担当医 野宗義博先生 島根大医学部大田総合医育成センター長
予約時間 13:30  14:00  14:30 15:00  15:30  16:00

検診日 2月18日(土)
検診場所 いわき放射能市民測定たらちね 〒971-8162 いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
担当医 小野寺俊輔先生 北海道がんセンター 放射線科医
予約時間 14:30  15:00  15:30  16:00  16:30  17:00


詳細はHPまたは電話でお尋ね下さい。
検診申込受付は電話、FAX、郵送にて承ります。(FAXの方は送信されているか電話でご確認下さい)
検診予約の方は保護者氏名、住所、電話番号と検診を受ける全ての方の氏名、性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。

【寄付のお願い】 甲状腺検診は全国の多くの方々から寄付、お力添えを頂いております。子供達の未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力を お願い致します。
甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

認定NPO法人 いわき放射能市民測定たらちね
〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
TEL/FAX 0246-92-2526
HP http://www.iwakisokuteishitu.com/
Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp
e0068696_18252575.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-01-17 18:14 | 福祉医療 | Comments(0)

甲状腺検査の継続と拡充を、知事に要望

 原発事故被害者団体連絡会は、12月21日午後、福島県に対し県民健康調査の「甲状腺検査の継続と拡充を求める」要望書を提出しました。これは、一部の団体が県知事に会い、「甲状腺検査を自主参加とするよう」申し入れていることから、甲状腺検査の継続と拡充を求めたものです。要望書は、代表らが県民健康調査課に手渡しました。この件では、福島県議会も9月の定例会で、「福島県民健康調査における甲状腺検診で、検査規模の縮小ではなく、検査の維持を求めることについて」の請願を全会一致で採択しています。

県民健康調査の目的に沿った調査と検査の継続と拡充を求める要望書
福島県知事 内堀雅雄様
県民健康調査課課長 小林弘幸様
 
                原発事故被害者団体連絡会
                  共同代表 長谷川健一
                    同  武藤 類子
 貴職の日頃のご尽力に敬意を表します。
 12月10日付の福島民友新聞は、「原発事故当時18歳以下の県民を対象とした甲状腺検査を巡り、日本財団の笹川陽平会長は9日、県庁を訪れ、『検査を自主参加にすべき』とする提言書を内堀雅雄知事に提出した。内堀知事は『大事な提言として受け止める』とし、提言を参考に県民健康調査検討委員会で議論を尽くす考えを示した。」と報じました。
 この提言書は、本年9月26日と27日に日本財団の主催で開かれた第5回福島国際専門家会議の内容を取りまとめたもので、IAEAやUNSCEAR、WHO等国際機関メンバーらが、福島県で多発している甲状腺がんについて、福島原発事故による放射線被ばく由来ではなく「過剰診断」によるものとの指摘がなされています。
 提言書3頁の「将来への提言」では、「1)福島県民健康調査事業、特に甲状腺超音波検査の今後については、地域のステークホルダー(利害関係者)、すなわち直接その決定によって影響を受ける関係者の課題である。甲状腺検診プログラムは、個人と集団全体のリスクと便益、公衆衛生上の人的ならびにその他の資源の需要、他の国々の同様なプログラムなどの分析を考慮した上で決定されなければならない。健康調査と甲状腺検診プログラムは自主参加であるべきである。」とありますが、そもそも甲状腺がんを含む異常が原発事故に起因する放射線被ばくによるものではなく、スクリーニング効果であると決めつけた前提に立つ提言であり、この決めつけは、県民健康調査の検討委員会等で重ねてきた議論を蔑ろにするものです。

 第24回県民健康調査検討委員会では、「二巡目の検査の評価が出るまで検査縮小の議論はすべきではない」「チェルノブイリの例では4、5年から低年層の甲状腺ガンが急増することが観察されているので、実はこれからだ」「この検査は非常に特殊な事態の中で、非常に意味のある調査である」「最初は放射線の影響は考えにくいという報告をしたが、今は懸念がある。放射線の影響を考慮しながら検証していくべき」という意見が出され、星座長も「受診率を上げるというのが一つの目標になっている」と述べています。また、福島の子どもの多くを執刀している福島医科大の鈴木眞一教授は、詳細な手術症例を報告し、125例のうち5例を除く121例が、1センチ以上の腫瘍かまたはリンパ節転移があると説明し、「過剰診断」とはほど遠い治療実態を明らかにしました。また、片葉を摘出した患者の中に、再発しているケースがあることも公の場で初めて認めました。
 8月25日にも、福島県小児科医会は現行の甲状腺検査によって「被験者、家族のみなのらず一般県民にも不安が生じている」とし、同意を得られた人のみの検査とするよう、規模の縮小を求めて福島県に要望書を提出しましたが、それに対して当事者団体である「311甲状腺がん家族の会」や国内外120を超える諸団体からは、検査を縮小せず、むしろ拡充してほしいという要望書が提出されました。
 福島県議会も9月の定例会で、「福島県民健康調査における甲状腺検診で、検査規模の縮小ではなく、検査の維持を求めることについて」の請願を全会一致で採択しました。

 県民健康調査の目的は「東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散や避難等を踏まえ、県民の被ばく線量の評価を行うとともに、県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早期発見、早期治療につなげ、もって、将来にわたる県民の健康の維持、増進を図る」と要綱に記されています。
 今回の日本財団の提言はこの検討委員会で確認されたことに逆行する内容と言えます。福島県も「甲状腺検査は、現時点での甲状腺の状況を把握するとともに、子どもたちの健康を長期に見守るために、本人や保護者の皆様に安心していただくため、福島県が県民健康調査の一環として行っているものです。」と謳っています。
 一財団が開催した国際会議の提言にとらわれることなく、福島原発事故で被ばくした被害者の実態に真摯に向き合い、県民健康調査の本来の目的に立ち返って、県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早期発見、早期治療につなげ、将来にわたる県民の健康の維持、増進を遂行していただけますよう要望いたします。

要 望 事 項
1.県民健康調査の甲状腺がん検査は縮小せず、広く県民に周知して拡充、継続すること。
2.県民健康調査では、甲状腺がんに限らず検査項目を増やし、検査のスパンを短くして、県民健康調査の本来の目的に立ち返り、県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早期発見、早期治療につなげ、将来にわたる県民の健康の維持、増進を遂行すること。

e0068696_239527.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-12-22 22:50 | 福祉医療 | Comments(0)

遺伝と環境と健康 高垣洋太郎講演会

いわき放射能市民測定室たらちねからのご案内です。

【遺伝と環境と健康 高垣洋太郎講演会のお知らせ】
みなさんは、遺伝学をご存知ですか?「DNA」や「ゲノム」…私たちの命そのものの学問です。ヒトの遺伝の仕組みや、日々の暮らし、その環境が私たちの健康にどう影響するのか?この度、遺伝学の専門家である高垣洋太郎先生に、「遺伝」と「環境」と「健康」について、わかりやすくお話をしていただけることになりました。生命の隅々にまでかかわるこのお話は、誰にとっても誠に興味深いものです。
これからの未来をどう生きるか…を考えるために、ぜひ講演会にお運びください。たらちね一同、心よりお待ち申し上げております。
日時:2016年12月10日(土)13:00開場13:30開演~16:00終了
場所:いわき明星大学 3号館 3‐301講義室
(いわき市中央台飯野5-5-1)
駐車場:有り(無料)
参加費:無料

主催/問い合わせ:認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね(いわき市小名浜花畑町11番地の3)
☎/Fax:0246-92-2526 
Eメール:tarachine@bz04.plala.or.jp
ホームページ:http://www.iwakisokuteishitu.com/
e0068696_754577.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-12-09 23:51 | 福祉医療 | Comments(0)

沖縄・球美の里、72次春休み保養募集

沖縄・球美の里から「72次春休み保養募集開始」のお知らせです。

✿第72次保養 学童保養  3月23日~4月1日 募集中 
募集期間 2016年12月1日~2017年1月23日


❖学童保養の対象者
福島県在住および高濃度汚染の近隣県に在住の小学校1年生〜中学校3年生までの児童・生徒。
原則として、通常学級に通う児童で、集団行動ができること、身の回りのことが自分でできること(夜は極度のホームシックにならず自分一人で寝られること)が条件となります。


障がいや疾患により継続的に服薬をしているお子さんについては、安全性への配慮から、保護者の同伴なしの受け入れはお断りさせていただいております。離島である久米島には総合病院のような十分な医療施設が整っていないため、万が一のときの対応ができない場合があります。不安な場合、不確かな場合には、必ず事前にご相談ください。

※重要※
《お子さまの健康状態のアンケートのご提出のお願い》
参加申込書とは別に参加希望されるお子さまの健康状態のアンケートを必ずご提出して頂きます。事前説明会に参加予定の方は当日、会場でご記入頂きます。事前説明会に参加されない方はメール又はファックスでアンケート用紙をお送り致しますので、いわき事務局までご連絡下さい。


約2ヶ月前に事前説明会を郡山で1回、いわきで1回、開催します。
事前説明会はどなたでもご参加自由です。※出席は希望者のみ
ご興味のある方は是非お越しください。 

郡山会場1/14(土)労働福祉会館11:00~1時間程度
いわき会場1/21(土)小名浜公民館10:00~1時間程度

募集締切後、個別書類審査を経て、参加者決定のご通知をお送りします。応募が定員を超えた場合には、参加回数・年齢・性別などを考慮した上で抽選にて決定をいたします。定員に達しない場合には、引き続き補充募集をいたします。

❖参加費    中学生 8,470円   小学生 7,930円
※兄弟、姉妹でご参加の場合は料金の変動がございますので予めご了承下さい

キャンセル料金について
保養出発日の22日前までのキャンセル料金: なし
保養出発日の21日前~当日までのキャンセル料金:飛行機代金の50%

出発の21日前に飛行機搭乗者名簿を提出します。出発の21日前に該当する日が土日祝祭日の場合は直前の平日になります。その場合は出発の21日前よりも早くキャンセル料金が発生いたします。

球美の里 HP : http://kuminosato.net/

申し込み先: FAX 0246-92-2526
        郵送:〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3カネマンビル3階 
認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね気付 沖縄・球美の里 いわき事務局

Email : iwakijimukyoku@gmail.com   

*申し込み用紙はこちらから♪
http://kuminosato.ciao.jp/data/hoyou.pdf
必要事項をご記入の上、FAX、郵送、Eメールでお送り下さい。
※通信障害が多い為、郵送・FAX・メールいずれの申込みの場合も電話にて届いているかの連絡をお願い致します。

(*^。^*) お申込みをお待ちしております!
e0068696_7355783.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-12-03 22:31 | 福祉医療 | Comments(0)

沖縄・球美の里子ども保養 69次~71次募集

e0068696_1859539.png
沖縄・球美の里から「子ども保養プロジェクト 69次~71次保養参加者大募集中」のお知らせです。

✾ 子ども保養プロジェクト『沖縄・球美の里』 ✾
第69次~71次保養参加者大募集中!


第69次 2017年1月17日~1月24日 
申込受付 11/17まで

第70次 2017年2月7日~2月20日 
申込受付 12/7まで

第71次 2017年3月1日~3月8日 
申込受付 12/28まで


※定員に達しない場合は補充募集となります

(保養開始日時点で2歳6カ月以下のお子様は飛行機搭乗の際、保護者様のお膝抱っことなります)

対象者: 福島県在住および高濃度汚染の近隣県に在住の小中学生と未就学児とその母親
      ※小学校1年生と2年生のお子さまに限り、保護者と同伴でご参加頂けます。

参加費:子ども一人 8000円前後(旅行保険・手続き経費等)
      ※兄弟、姉妹でご参加の場合は料金の変動がございますので予めご了承下さい

付き添い保護者:50,000円前後
(交通費自己負担・旅行保険・手続き経費等  滞在費と食費は無料となります)
※付き添いの保護者は女性の方のみ

球美の里 HP : http://kuminosato.net/

【申込・お問い合わせ】
TEL/FAX 0246-92-2526
郵送 〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町カネマンビル3階 
認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね気付 沖縄・球美の里 いわき事務局 宛
メール iwakijimukyoku@gmail.com

※申し込み用紙はこちらから♪
http://kuminosato.ciao.jp/data/hoyou.pdf
必要事項をご記入の上、FAX、郵送、Eメールでお送り下さい。

お申込みをお待ちしております!
[PR]
by kazu1206k | 2016-11-15 19:05 | 福祉医療 | Comments(0)

市盲人福祉協会の文化祭

11月6日、いわき市盲人福祉協会の文化祭が開催されました。今年で第45回になります。視覚障がい者のみなさんと市民がともに生きる社会をめざして、いわき点訳グループやいわき声の奉仕グループの協力で、毎年、湯本のいわきサン・アビリティーズで開催されています。開会式に続いて、「いわきの昔ばなし」の講演やバザー、フルートアンサンブルなどの演奏会、お楽しみ抽選会などが行われました。また、会場ロビーでは会員手作りのパンの販売コーナーも設けられました。今年も、協会顧問としてごあいさつさせて頂きました。盲導犬のデルタちゃんにも久しぶりに会うことができ、視覚障がい者の生活支援の充実に向けて、あらためて現状と先進事例などをお聴きしました。
e0068696_2245339.png
e0068696_2244463.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-11-06 22:40 | 福祉医療 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧