カテゴリ:地域( 463 )

第27回泉ふるさと祭り、海あるき町歩き江名の町再発見

e0068696_14230940.jpg
 10月15日午前8時すぎ、第27回泉ふるさと祭りに伺いました。
 既に、恒例の「ごっちゃ市」は賑わっており、柴田漬物店さんの毎年人気のタクアン漬には長蛇の列が出来ておりました。泉小・泉北小鼓笛隊のパレードに続き、清水市長も出席して開会式を行った後、メインステージでは、泉中学校といわき秀栄中学高等学校の吹奏楽部の演奏が続きました。
 人口が増え続けて来きた泉地区、若年層はじめ多くの住民の参加で、恒例秋の一大イベントは大賑わいでした。
e0068696_14290326.jpg
 午前10時過ぎ、江名の町再生プロジェクトの「海あるき町歩き江名の町再発見 きいや江名2017」に伺いました。
 いわき市江名港周辺では、時折曇天の空から雨が降り出す、生憎の天候にもかかわらず、旬のサンマ焼き体験!1,000匹無料配布、海あるき・レジャーボートで江名港散歩、町あるき・江名の町スタンプラリーが行われ、全国のライダーや大勢の人が訪れました。
e0068696_14294012.jpg
 ご当地グルメは、大好評の「江名のおばちゃま食堂」のポーポー焼き・江名バーガー・みそおでん、応援出店の「楢葉町のマミーすいとん」など人気でした。
 メーンステージでは、江名小児童が踊る「よさこい」に始まり、ウクレレ演奏、フラダンスショー、江名諏訪神社の三匹獅子舞、小名浜海星高校のじゃんがら念仏踊りと続き、一頻り本降りの雨にも負けず、たのしい演技を披露しました。スズキワークスライダーの水谷勝さんのトークショーも、行われました。
 津波で大きな被害にあった江名地区、江名の魅力を再発見して江名の町に多くの人が住めるまちづくりを進めようという「江名の町再生プロジェクト」、4回目の「海歩き町歩き江名の町再発見」も漁港江名の往時を偲び、新たな再生を刻むイベントとなりました。
e0068696_14301564.jpg


e0068696_14495469.jpg



 


[PR]
by kazu1206k | 2017-10-15 23:07 | 地域 | Comments(0)

重要文化財『専称寺』本堂の修理現場の特別公開

 10月14日午後1時すぎ、平山崎の夏井川南岸にある専称寺に伺い、「国指定重要文化財『専称寺』本堂・総門 特別修理現場公開」を見学させて頂きました。午後2時からは、「浄土宗名越派と専称寺の歴史」と題して副住職の遠藤弘道さんが講演しました。
 専称寺は、梅福山の山号のように「梅のお寺」として、市民に親しまれきました。その歴史は古く、浄土宗の旧名越派の東北惣本山として、その昔、檀林という修行の場・僧侶の養成所であり、東北中から僧侶のみなさんが集まっておりました。
 専称寺も東日本大震災によって甚大な被害を受けたため、平成23年度から、総門・本堂の災害復旧事業として解体修理工事を行ってきました。25年度で一旦事業を終了し、26年度から保存修理事業として再開継続、完了は30年度の予定です。文化庁の総事業費は、約10.8億円とされます。
 文化財の修理は、通常、非公開ですが、今回、文化財保護と保存を理解して頂くために特別公開されたものです。
 
e0068696_16215293.jpg

 
e0068696_16222932.jpg

 
e0068696_16233885.jpg

 
e0068696_1624426.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-10-14 23:17 | 地域 | Comments(0)

2017汐風竹町フェスタ

 10月8日、いわき市小名浜の「汐風竹町通り」で「2017汐風竹町フェスタ」が開かれました。
 港と街中を結ぶ「汐風竹町通り」を歩行者天国にして、さまざまな街なかイベントを展開。
 建設中のイオンモールいわき小名浜に接続するペデストリアンデッキの南側ポケットパーク前には、仮設ステージを設けられ、ミニコンサートも行われました。北側から地元グルメの飲食ロード、セグウェイ似た乗物「インモーション」体験ロードが設定され、飲食ロードでは健康フェアも賑わいました。同時に、リスポでは、若者の「シオカゼマルシェ」、本町通りでは「シオカゼマルシェin小名浜本町通り芸術祭2017」も開催されました
 10時の開会式では、わたくしもご挨拶させて頂きました。
e0068696_14431730.jpg

e0068696_14433360.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-10-09 23:38 | 地域 | Comments(0)

かしま交流ふれあいコンサート開く

 10月7日午前、鹿島公民館大講堂で、「かしま交流ふれあいコンサート」が開かれました。
 朝の雨にもかかわらず、会場に詰めかけた子どもたちからお年寄りまで、音楽を通じて楽しいひとときを過ごしました。主催は、鹿島地区地域振興協議会ネットワーク委員会、ネーブルシティかしま、鹿島区長会の共催です。
 冒頭、大講堂にグランドピアノを寄贈した「ミューゼ音楽教室」の山添さんにいわき市から感謝状が贈呈されました。第1部では、大熊町からいわき市に避難して民謡活動を続ける「藤華会」のみなさんが民謡や三味線を披露しました。鹿島町の復興公営住宅で避難生活を続ける94才の飯畑さんは「北方二遍返し」を見事にうたいあげ、喉が冴え渡っていました。
 第2部では、いわき市の「ミューゼ音楽教室」の「ミューゼピアリコ・アンサンブル」のみなさんがピアニカやリコーダー、フルート、サックスなどの演奏を行い、会場一体になって、秋の歌を大合唱するなどしました。
 いわき市民はじめ大熊町からの避難者が和気あいあいの交流ふれあいコンサートになり、わたくしもいわき市教育部長に続いて、御挨拶させていただきました。
e0068696_22135110.jpg

e0068696_22142422.jpg

e0068696_2216380.jpg

e0068696_2215764.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-10-08 22:18 | 地域 | Comments(0)

平成29年市政功労者表彰式

 今日から10月。庭の秋明菊も今が盛りの感、秋が深まっていきます。
 雲一つない秋晴れに恵まれた、10月1日、午前10時から「平成29年市政功労者表彰式」に出席しました。今年は、自治功労19人、教育文化功労1人、産業功労1人、社会福祉功労18人、善行1人、ボランティア功労1人・1団体の合計、41名・1団体の方が長年の功績により受賞、表彰されました。
 自治功労では、行政嘱託員や消防団員として日頃からお世話になってきた方々、社会福祉功労では、校医として貢献されるなど旧知の諸先輩方が、多数受賞の栄に浴しました。また、教育文化功労は、長年にわたり、地域医療を支える市民意識の醸成に貢献されてきた、本市在住のタレント、ケーシー高峰さんが受賞。受賞者代表謝辞に立ったケーシー高峰さん、式場で笑いを誘い場内を湧かせていただきました。
 受賞者のみなさま、長年、ごくろうさまでした。御労苦に感謝致しますとともに、今後ともご指導を賜りたいと思います。ほんとうに、おめでとうございました。
e0068696_1955783.jpg

 
e0068696_19532.jpg

 
 
[PR]
by kazu1206k | 2017-10-01 19:07 | 地域 | Comments(0)

10月7日、かしま交流ふれあいコンサート

 鹿島地区地域振興協議会は、10月7日、鹿島公民館大講堂で、「かしま交流ふれあいコンサート」を開催します。
 これは、鹿島地区の子どもからお年寄りまでが一堂に会して、楽しい時を過ごし、語り合い、笑顔になれる場を提供しよう、と企画されたもの。現在、同協議会は「第二期鹿島地区まちづくり構想」を策定中です。基本目標は『笑顔でふれあい みんながつながるまち かしま』。今回の企画も、こうした目標の一環として企画実行されます。
 当日は、第1部で、大熊町の民謡活動を続ける「藤華会」のみなさんの民謡や三味線、第2部でいわき市の「ミューゼ音楽教室」の「ミューゼピアリコ・アンサンブル」のみなさんがピアニカやフルート、サックなどの演奏を行います。
 主催は、鹿島地区地域振興協議会ネットワーク委員会、ネーブルシティかしま、鹿島区長会の共催。
 みなさまの参加をお待ちしております。

 
e0068696_633035.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-09-30 22:48 | 地域 | Comments(0)

2017汐風竹町フェスタ、10月8日開催

 2017汐風竹町フェスタ。10月8日、港と街中を結ぶいわき市小名浜の「汐風竹町通り」を歩行者天国にして、さまざまな街なかイベントが展開さまれます。
 当日、汐風竹町通りでは、北側から地元グルメの飲食ロード、竹馬などの遊びロード、セグウェイ似た乗物「インモーション」体験ロード、ステージロードにゾーニングして、南側ポケットパーク前に仮設ステージを設け、ミニコンサートも行われます。飲食ロードには、飲食、物販、健康フェアも配置されます。
 また、各ポケットパークを廻るスタンプラリーを実施、4つのスタンプをクリアした先着50名の方に記念品をプレゼント。若者の青空市「シオカゼマルシェ」も開催。

2017汐風竹町フェスタ

汐風竹町通り歩行者天国:平成29年10月8日(日) 8:00~18:00
*開催日時:平成29年10月8日(日) 10:00~16:00
      シオカゼマルシェ:平成28年10月8日(日) 10:00~19:00リスポ内
               平成28年10月9日(月)  10:00~16:00
*開催場所:リスポ
      汐風竹町通り及びポケットパーク


*出店予定者
 カネキ商店 いわき市小名浜君ヶ塚町 水産加工品
 彩花園 いわき市渡辺町泉田  野菜・惣菜
 きのことマサ いわき市三和町上三坂立町  菓子 漬物 惣菜
 ファーマーズハウスさわ いわき市中釜戸大木田  椎茸 加工品
 入万水産 北茨城市大津 ひもの
 根本果樹園  梨 果物
 田中  皮革工芸品
 メヒコマリンタワー店 カニピラフ
 西野屋   漬物 惣菜
 よろく商店 いわき市平豊間塩屋町 蒲鉾
 根本呉服店 いわき市平 和風小物
 小名浜地区保健福祉センター  健康フェア

*シオカゼフードコートin 汐風竹町通り:汐風竹町通りポケットパーク

*主催 小名浜地区商店連合会
 共催 小名浜スタンプクラブ
    小名浜まちづくり市民会議
    いわき商工会議所
    UDOK
    いわき市東地区交通安全協会東支部
 後援 いわき市

e0068696_13262629.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-09-27 13:30 | 地域 | Comments(0)

秋の彼岸

 9月22日、秋の彼岸で、父母はじめ先祖のお墓参りに、楢葉町に伺いました。
 両親や家族の墓石を洗い清め、花を供えて、線香を手向けました。
 2年前の9月5日に、原発事故で全町避難した自治体で最初に、避難指示解除準備区域の指定が解除になった楢葉町。相変わらず、国道6号線はダンプやトラックなど各種の工事車両の往来が頻繁です。元の実家の周辺では、被災した店舗や住宅の取り壊しによる空き地が目立ってきました。
 常磐線の竜田駅に立ち寄りました。10月21日に隣りの富岡駅まで、開通させるために、ホームの表示などの整備作業が行われていました。竜田駅の東側エリアでは、町が駅東側開発事業を進めており、事業所や居住・宿泊施設を整備するための用地造成などが進んでいました。(仮称)楢葉ホテルは、鉄骨4階で18年7月末の開業をめざし、ストランやコンビニを備え、温泉も掘削。神奈川県箱根町の旅館業「一の湯」の関連会社ファーストスプリングが経営するといいます。大和ハウスグループは、町有地約2万8000平方メートルを借用、2階建ての単身者向け社宅28棟、食堂を備える事務所1棟を建設します。
 平成23年3月11日現在、楢葉町の住民登録は、8,011人。平成29年5月1日現在の避難者数は、5,615人(内訳: 県内4,844人、県外771人)で、帰還者数は854世帯1,616人です。現状で地域コミュニィテーの再生は未だ見通せない現実といえます。国の住民帰還の大号令とは裏腹に、ふるさとに戻りたくても戻れない多数の住民がいる事実をないがしろにして、帰還促進のごり押しを進めることは、健康で文化的な生活を送る権利を保障しているとはいい難い現状です。
e0068696_2140849.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-09-22 23:59 | 地域 | Comments(0)

「屋上ビアパーティーinリスポ」

 港と街中を結ぶ小名浜の「汐風竹町通り」。2017汐風竹町フェスタの第1弾として、9月16日午後、小名浜タウンモールリスポで「地域活性化セミナー」と「屋上ビアパーティーinリスポ」が開かれました。
 「地域活性化セミナー」では「これからの小名浜へ」と題して中井靖司さんが講演。「屋上ビアパーティーinリスポ」は、来年1月にはリスポ閉店とあって、リスポ屋上と4階のスカイホールも開放して頂いてのイベントとなりました。
 屋上からは、建設中のイオンモールいわき小名浜が海側正面に見えます。小名浜商業の中心として賑わっていた頃、この屋上には本物の飛行機が展示されていたことなど往時を振り返りつつ、参加者はジャズバンドの演奏を聴き、喉を潤していました。わたくしも市長のご挨拶に続いて、乾杯の音頭をとらせていただきました。
 10月8日には、汐風竹町通りなどで「汐風ペデストリアンフェス」「小名浜本町通り芸術祭」「シオカゼマルシェ」等が開かれます。変貌を遂げつつある小名浜に足を運んで見てはいかがでしょうか。
 
e0068696_10103986.jpg

 
e0068696_1011941.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-09-17 23:04 | 地域 | Comments(0)

海あるき町歩き江名の町再発見 きいや江名2017

 江名の町再生プロジェクトから「海あるき町歩き江名の町再発見」のご案内です。

 「10月15日は 「海あるき 町あるき 江名の町 再発見」が江名の"浜"で開催されます。
”超高速道路! 参勤交代 スタンプラリー 2017」の最終日という事で、元スズキワークスライダーの水谷さんにもお越しいただきトークショーやサイン会、じゃんけん大会(協賛企業様グッズなど)も。
 みなさん、ぜひ来てくださいね。そして、シェアしてもらえると、いいな~!」

 海あるき町歩き江名の町再発見 きいや江名2017
 
10月15日(日)9:00〜15:00 会場 いわき市江名港周辺

江名のおもてなし!旬のサンマ焼き体験!1,000匹を無料配布!

海あるき:レジャーボートで江名港散歩(無料・先着順) *雨天中止
町あるき:江名の町スタンプラリー *小雨決行

ご当地グルメ:大好評!「江名のおばちゃま食堂」
       応援出店!「楢葉町のマミーすいとん」

笑顔のステージ:江名の小学生が踊る「よさこい」
        小名浜高校の「じゃんがら」
        フラダンスショー
        江名の三匹獅子
        ウクレレ演奏
        その他

 
e0068696_9155923.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-09-13 23:58 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧