カテゴリ:地域( 455 )

旧盆の入り

 8月12日、旧盆で祖先の霊を迎えに楢葉町へまいり墓参しました。親類の菩提寺と墓所のちょうど裏手、楢葉町から富岡町にかけて放射性廃棄物の最終処分場が建設されました。菩提寺と墓所の周辺には「ストップ放射性廃棄物」とかかれた幟旗や看板が設置され、住民の根強い反対の意志、ふるさとを未来世代につなぐ志が示されていました。
 8月13日、旧盆の入り。朝から市内の新盆まわりにでかけました。3.11原発震災から6年5カ月。お世話になった方や知人が鬼籍に入られ、寂しいお盆さまをお迎えのご家族の胸中、察して余あります。
 午後6時過ぎ帰宅。連れ合いが亡き人々を我が家へ迎え入れる「迎え火」を門口で焚いておりました。
 
e0068696_723047.jpg

e0068696_7235285.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-08-13 22:09 | 地域 | Comments(0)

泉ヶ丘納涼夏祭り

e0068696_633438.jpg
 朝方の雨もすっかり上がり、真夏の日差しが照りつける日となった8月12日、恒例の泉ヶ丘納涼夏祭り大会に伺いました。
 16時からの防犯活動功労者表彰。表彰は防犯パトロール活動、環境美活動のそれぞれの表彰があり、私も一言ごあいさつをさせて頂きました。
 フラダンスショーからはじまり、のど自慢のカラオケ発表会そして地元泉ヶ丘の滝美知代さんの歌謡ショー、18時30分からは、恒例の品川リファクトリーズの品川白煉瓦お囃子会じゃんがら念仏踊り、そしてハイタウン音頭で盆踊りの輪が広がり、盛り上がりました。
 泉ヶ丘自治会の夏祭り実行委員会の主催。自治会青年部のみなさん今年も暑い中、頑張ってました。青年部と子ども会のみなさんがを出店して夏祭りを盛り上げ、元気いっぱい。みなさん、おつかれさまでした。
 
e0068696_642214.jpg

e0068696_65759.jpg

e0068696_675354.jpg

e0068696_662277.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-08-12 22:53 | 地域 | Comments(0)

第64回近県剣道優勝大会

 第64回港祭り近県剣道優勝大会が8月6日、県立小名浜港等学校体育館で開催されました。
 泉の汲深館などいわき市内の剣道8団体でつくる磐城剣友会の主催。開会式で中村公一剣友会会長があいさつしたあと、磐城剣友会抜刀道部7名のみなさんによる公開演武も行われました。
 競技は、小学生から一般の部まで200名を超える選手のみなさんが、暑さの中、団体戦、年代別の個人戦等の試合が行われ、今年も、気合いの入った熱戦が繰り広げられました。

e0068696_20484326.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-08-11 20:50 | 地域 | Comments(0)

平(市街地)地区まちづくり懇談会

 7月31日夜、いわき市文化センター大ホールで開催された「平成29年度 平(市街地)地区まちづくり懇談会」に出席しました。テーマは、「人、暮らし、文化を大切にする豊かな活力を備えたまちづくり」。午後6時〜8時という、はじめての夜間開催でした。
 清水市長や地区代表の古川兼良平東部地区区長会長のあいさつのあと、以下の項目について、市民代表の各種団体代表から質問提案され、市の担当部長が回答説明しました。それぞれの提案事項について、現状と見通しが示され、今後の課題も明らかになりました。

懇談事項
①公民連携による持続可能なまちづくりについて
・コンパクトシティの形成について
・公共交通の利便性向上について
・リノベーションまちづくりの取り組みについて

②公共施設や道路環境の充実について
・都市計画道路才槌小路幕ノ内線の整備について
・歩道や点字ブロックの計画的な整備について
・公共施設の整備について

③歴史と文化の息づくまちづくり道路について
・磐城平城の調査等の情報発信について
・磐城平城の公園整備について
・磐城平城を中心とした文化・歴史を生かした取り組みについて

④みんなが健やかに活き活きと暮らせるまちづくりについて
・低額所得者の就職支援について
・老人クラブの減少防止について
・様々な世代の市民が活動できる仕組みづくりについて

⑤安全で安心なまちづくりについて
・消防団員の確保について
・女性消防団員の活動の場の充実について
・安全・安心を支える防犯対策の強化について
・受動喫煙の防止について

⑥外国人にやさしいまちづくりについて
・外国人観光客の受け入れ体制の強化について
・外国人定住者向け支援アプリの開発・普及について

e0068696_14174877.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-08-01 23:12 | 地域 | Comments(0)

豊間地区の夏まつりなど

 7月30日は、朝の雨が止まず、52回を迎える鹿島地区対抗親善球技大会が、残念ながら中止になりました。
 雨が上がった午前11時半、春の叙勲で長年の地方自治功労により旭日単光章を受章した運賀達郎さんの受賞祝賀会に出席。運賀さんは、区長、保健委員、防犯協会役員として長年にわたり活動され、地域の自治会・保健衛生・防犯活動の中で、大変お世話になってまいりました。市議会議員を代表してお祝いの言葉を述べさせていただきました。
 午後2時過ぎに、津波被災地の豊間地区の第3回復興夏まつりに伺いました。豊間災害公営住宅の豊間団地管理会の主催、豊間区の共催です。豊間地区の皆さんの地区再生をめざす活動の一環として準備され、地区のみなさんが手作りで、飲食コーナー等を運営してきました。舞台や会場内では、豊間中箏曲部の琴演奏、よさこい、いわきハワイ交流協会のフラダンス、エクスプレッションD.Sのダンスパフォーマンスなどが披露され大いに盛り上がりました。
 
e0068696_7404958.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-07-30 23:28 | 地域 | Comments(0)

第35回かしま福祉まつり

 7月29日午後、「第35回かしま福祉まつり」が、かしまデイサービスセンター前広場で盛大に開催されました。社会福祉法人養生会を中心に、鹿島地区ふれあい会や区長会、ネーブルシティなどの実行委員会の主催、地域の各種団体やボランティアの参加で、今年も楽しく心をつなぐ様々なイベントが行われました。
 正午から、鹿島地区の各種団体、サークルなどによる模擬店やゲームコ−ナーなどが賑わい、「かしま焼き」や「焼きそば」などは、大汗をかきながらの奮闘でした。13時30分からの開会式には清水市長も駆けつけてあいさつ、社会福祉協議会の代表はじめ私も例年とおり出席致しました。オープニングでは、花の種が入った土に戻る風船が青空に一斉に放たれたました。
 
e0068696_19151995.jpg

 
e0068696_19154695.jpg

 
e0068696_1914378.jpg

 
e0068696_1911174.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-07-29 23:05 | 地域 | Comments(0)

横断歩道等の整備の要望

 7月27日午前、平26区区内会・平26区子ども会育成会・平26区長寿会・平第三小学校など4団体の代表のみなさんが、いわき市役所といわき中央警察署を訪問して、平字新田前地内(イオンモール平店近隣)の市道新川町谷川瀬線の横断歩道等の整備を要望しました。
 市道新川町谷川瀬線は、道路改良工事が終了し交通量が増加、市道新田2前号線と市道北白土3号線との変則交差点の上、児童生徒の通学路にもかかわらず、信号機と横断歩道が2ヶ所しかなく、接触事故などが発生しているため、平成26年からいわき中央警察署に要望しているものです。
 平26区区内では、区内住民などから子どもたちの安全確保のために、早期の横断歩道・信号機の整備要望が強くあがっていることから、改めて再度の要望活動を実施したものです。
 いわき市役所には、私も同行して、市民協働部長に要望書を提出、整備の働きかけについて要望しました。
e0068696_7442840.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-07-27 23:42 | 地域 | Comments(0)

江名の町再生プロジェクト、7月全体会議

 7月22日午後、江名の町再生プロジェクトの全体会議に出席しました。
 漁業の町だった江名は、遠洋漁業の衰退によって町が変化、東日本大震災の津波被災で食堂5軒の廃業、町の機能も減退しました。江名の町再生プロジェクトは、地元の有志が2014年にを立ち上げ、これまでイベント「海歩き町歩き江名の町再発見」を3回実施して、江名の魅力を再発見し多くの人が江名の町に住めるまちづくりを進めようと、活動中してきました。
 この日の全体会議では、坂本会長のあいさつに続いて、17日に実施され大盛況だった「おばちゃま食堂」の反省から協議に入り、8月26日常磐道友部サービスエリアで開催される「サンシャインいわき盛りだくさんフェスタ」の取り組み、9月16日から10月15日まで実施される「超高速道路参勤交代ツーリング事業について」、10月15日実施の「海あるき町あるき江名の町再発見!2017」の準備などが話しあわれました。
 いつ出席しても、おばちゃまパワー全開です。
e0068696_14112868.png

[PR]
by kazu1206k | 2017-07-26 23:56 | 地域 | Comments(0)

第61回鹿島地区防犯少年球技大会

 7月23日、夏休みの最初の日曜日。第61回鹿島地区防犯少年球技大会が、夏休みの中の子どもたちの安全をめざして、開催されました。夏休み中の子どもたちの安全を願い防犯活動の一環として、防犯協会鹿島支部が毎年夏休み最初の日曜日に開催しています。
 朝6時30分から準備、会場の鹿島小学校体育館には、鹿島小学校の児童139名と保護者のみなさんが多数つめかけ、8時の開会式後、競技種目のドッジボールに汗を流しました。低学年の男女、高学年の男女に別れ各地区の12の混成チームが2コートで試合を行いました。6年生男女と保護者のお母さんチームお父さんチームとの親子対戦もあり、過ごし易い日とはいえ、会場は熱気に包まれました。子どもたちは、熱戦を繰り広げ、大いに盛り上がり、夏休みのひとときを楽しんでいました。
 鹿島地区子ども会、鹿島小学校、鹿島公民館の後援、鹿島小学校PTA、鹿島町区長会、鹿島体育協会、鹿島地区地域振興協議会などに協賛していただき、子どもたちの健やかな成長をめざし、地域の大人、各種団体が力を合わせて、夏休みの安全を誓い合いました。
 
e0068696_7531490.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-07-23 23:44 | 地域 | Comments(0)

鹿島地区のまちづくりで講演会

 7月15日夜、鹿島公民館大講堂で、鹿島地区地域振興協議会による特別講演会があり出席しました。
 鹿島地区では、平成18年から10年間を構想期間とした「鹿島地区まちづくり構想」に基づき、まちづくりを進めてきました。この鹿島地区地域振興協議会の構想は「自然と共生できるまち」「歴史と文化を再発見できるまち」「ネットワークを広げるまち」「安全・安心な環境と心を育てるまち」を4つの目標として展開されたものです。現在、「新たなまちづくり構想」づくりに向けた策定委員会が立ちあがり、今後10年間のまちづくり構想策定の最終段階を迎えて、開催したものです。
 東日本国際大学副学長の福迫昌之教授が「震災後のいわきのまちづくりー鹿島地区の課題」というテーマで1時間講演し、質疑応答を行いました。
 教授は、「復興まちづくりとは?今こそパラダイムシフトを実行に移す時」として、いわき市のまちづくりを歴史的に振り返り、いわき商工会議所による「いわき地域振興ビジョン」(1998年)が二極一軸の都市形態の中で、平地区がいわき市の中心・活性化が重要、小名浜地区の開発、南部都圏の開発として定義され進行してきた、平、小名浜、常磐の市内各地区のまちづくりを紹介しました。 その上で、震災後の連携中枢都市圏の取り組みの推進や鹿島地区商業まちづくりビジョン 2014なども踏まえて、鹿島地区のSWOT分析(強み、弱み、機会、脅威)を行い、鹿島地区のまちづくりの課題として、いわき市内旧市街地との違い(新たなまちづくりの担い手ーシンボル)を明らかにしつつ、広域都市圏における鹿島地区の位置と役割、鹿島地区の特性を生かしたまちづくりとして、その方向性を打ち出すべきとしました。
 
e0068696_185879.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-07-15 23:46 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧