カテゴリ:地域( 419 )

鹿島公民館講堂の起工式

e0068696_16273446.png
 10月15日午前、雲ひとつない快晴のもと、いわき市立鹿島公民館で交流施設整備工事の安全祈願祭と起工式が挙行されました。
 この施設は、市の中心部に位置する鹿島地区の現状と地域住民の長年の要望活動を踏まえ、生涯学習施設の拡充と双葉郡からの避難者の交流、地域コミュニュティ醸成などのために、鹿島公民館西側の広場スペースを活用して講堂を増築するものです。
 施設は、面積約250㎡で鉄骨造平屋、講堂187㎡、研修室、男女トイレの構成。手動式の壁面収納ステージと音響設備を供えています。事業費は100,889千円、全額「生活拠点における交流促進事業県補助金」です。工事は来年3月に完成予定で、来年度から供用開始の予定です。
 清水市長はじめ市教育委員会関係者、福島県、双葉地方町村会会長の馬場浪江町長、鹿島地区地域振興協議会の石井会長のほかネーブルシテイかしま、鹿島町区長会など地元鹿島町の代表が列席して、工事の安全を祈願し計画を確認しました。

 これまで、鹿島町の地区住民は、平成14年から平成18年にかけて市政懇談会等での要望や要望書を提出して、鹿島公民館西側の敷地に公民館に併設する公共施設や講堂等の増設について要望してきました。
 平成26年9月には、あらためて、各区長、地区内各種団体、子供会、公民館利用サークル、地域振興協議会・各委員会など地区内各団体を対象にアンケート調査を実施しました。その結果を基に、「地元及び近隣住民に幅広い生涯学習の場を提供すると共に、当地区の地域コミュニテイーの醸成を促進させるものとして、鹿島公民館への多目的ホール等施設の拡充整備を要望致します」と地域の意見を集約して、鹿島地区のまちづくりを進めている鹿島地区地域振興協議会、ネーブルシテイかしま、鹿島町区長会など鹿島町の代表が市長を訪問、鹿島公民館の拡充整備について要望書を提出しました。
 これを受けて、わたくしも同年9月、いわき市議会定例会で質問を行い、市は検討を約束、その後も協議を進め、今回、鹿島公民館交流施設整備として、住民の願いが実現する運びとなりました。
e0068696_16281783.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-10-15 22:48 | 地域 | Comments(0)

小名浜市民会館の「緑のカーテン」

 10月14日午後、小名浜地区敬老会に出席しました。会場の小名浜市民会館の大ホールには、約200名の招待者のみなさんがお集まりになり、結婚50年の金婚夫婦の代表に賀状と記念品がおくられました。会場には、日頃お世話になっている方々がたくさんおいででした。
 この日の会場の小名浜市民会館は、今年度のいわき市「緑のカーテンコンクール」で大賞を受賞しました。今日も、西洋朝顔が会議棟などの室温を下げる役目を見事に果たし、素晴らしい緑のカーテンです。指定管理業務企業の職員のみなさんが手間と時間をかけた成果で、今年は職員事務室のエアコンは一度も使用していないそうです。
e0068696_20545784.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-10-14 22:50 | 地域 | Comments(0)

秋の鹿島地区親善球技大会

10月10日、恒例の鹿島地区対抗親善球技大会が開催されました。鹿島地区体育協会の主催で、平成28年度はソフトボール大会は51回、バレーボール大会は48回となりました。例年は7月の終わりに開催されますが、今年は野球のアンダー15世界大会の開催に伴い、10月の開催となったものです。午前8時からの開会式で今年も御挨拶させて頂きました。8時30分からソフトボールには8地区、バレーボールには3地区の代表選手が参加して、いつもの真夏の暑さとはうって変わって、秋冷の中、小名浜球場に球音が響きました。体育協会はじめ大会関係者のみなさん、各地区の選手・応援団のみなさま、お疲れさまでした!
e0068696_19484450.png
e0068696_1949409.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-10-12 22:43 | 地域 | Comments(0)

2016汐風竹町フェスタ

 10月9日、2016汐風竹町フェスタが開催されました。昨年までの「小名浜絆まつり」を引き継ぎ、港と街中を結ぶ小名浜の「汐風竹町通り」を歩行者天国にして、さまざまな街なかイベントが展開さまれました。
e0068696_1549159.png
 さんまのポーポー焼きやみりん干天ぷらなど地元グルメの飲食ロード、セグウェイ似た乗物「インモーション」体験ロード、竹馬などの遊びロードなどのイベントのほか、若者の青空市「シオカゼマルシェ」も開催され、わたくしも開会式で小名浜選出市議会議員を代表してご挨拶させて頂きました。主催は、小名浜地区商店連合会や小名浜スタンプクラブでつくる2016汐風竹町フェスタ実行委員会。
e0068696_15513757.png
e0068696_15495598.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-10-09 22:40 | 地域 | Comments(0)

10月1日、市議4期目スタート

 10月1日、いわき市議会議員の4期目の任期がスタートしました。
 1日は、午前10時から「平成28年市政功労者表彰式」に出席。自治功労、教育文化功労、産業功労、社会福祉功労など各分野の52名の方が長年の功績により表彰されました。旧知の諸先輩方が多数受賞の栄に浴しました。長年の御労苦に感謝致しますとともに、今後ともご指導を賜りたいと思います。
 お昼休みには、13回目を迎えた「いわき街なかコンサートinTAIRA2016」に伺いました。今年は市制50周年とのタイアップ事業として実施されました。平の街なかで様々なジャンルの音楽が響き渡っていました。ティーワンビル前のスペースでは、先日テレビでも紹介されていたウクライナの歌手カテリーナさんが演奏していました。今なお続くチェルノブイリ原発事故の被害、ウクライナの人々とカテリーナさんの境遇を想いながら、その透き通った歌声に聴き入りました。
e0068696_1945770.png
 また、10月1日は、いわき市が誕生して50年の記念日でした。いわき市市制施行50周年記念式典が午後1時30分から、いわきアリオス大ホールで開かれ、出席しました。オーストラリアのタウンズビル市や米国ハワイのカウアイ郡、宮崎県延岡市など国内外の兄弟姉妹都市の市長さんなどから祝意のあいさつを頂きました。歴代市長や市議会議長などの市内外の特別表彰、特別表彰を受けた親子都市の旧秋田県岩城町の前川盛太郎元町長から、親子都市締結の経緯にふれて情感溢れるごあいさつを頂きました。
 圧巻は、アトラクションで吹奏楽の演奏をした磐城高校・湯本高校・平商業高校の演奏により、市内の合同合唱団、さらに会場の参加者が一体となって歌った、いわき市歌の大合唱でした。また、市内の小中学校、高校の生徒の代表9人による、いわきの未来に向けたメッセージ発表も、なかなかのものでした。小学生は市の将来像の希望を、中学生は現在の市の魅力を伝え、高校生は「戻ってきたい」と思えるいわき市をつくるため、まずは地元いわきを知ることを訴え、「どんなときも一歩ずつ手を取り合って、いわきとともに歩んでいこう」とアピールしました。
e0068696_195285.png
 1966年10月、平市など14市町村が合併、広さ1228平方キロメートルの日本一の広域都市、人口約33万人で発足したいわき市は、常磐炭砿の全面的閉山などをへて、小名浜港など港湾部の重化学産業から内陸部の機械工業などの振興で工業出荷額が東北一となりました。1999年には人口36万人超でピークとなりましたが、2016年は34万7000人となっています。
 東日本大震災と原発事故から5年6カ月、いわきで誰もが安全に安心して暮らしていくために、これまでの復興を検証し、これからの5年、10年をみすえて、いわきの未来をどう描くのか、しっかり考え行動していくことが大切です。
[PR]
by kazu1206k | 2016-10-01 22:34 | 地域 | Comments(0)

仮称「おばちゃん食堂」のメニューづくり

e0068696_23015112.png
 8月27日、江名の町再生プロジェクトの全体会議に参加しました。
e0068696_22574869.png
 今回は、仮称「おばちゃん食堂」で提供するメニューを、朝から実際に調理して、試食を行い、みんなで評価・検討しました。
e0068696_22564832.png
サンマ汁、サンマの佃煮、ポーポー焼き、切り干し大根の炊き合わせ、サラダ、あんみつの6品です。
e0068696_22590258.png
サンマ汁は、生臭みもなくさっぱりとしており、佃煮も昆布と炊き合わせて抜群の味、ポーポー焼きも浜の漁師料理らしく仕上がり、いい味を出していました。地元産の手作り寒天で作ったあんみつも、なかなかのスウィーツに仕上がりました。期待が高まります。
e0068696_23000737.png
 江名は漁業の町として、北洋漁業が最盛期の時代、大いに賑わいました。その後、遠洋漁業の衰退によって町の環境も大きく変化。2011年の東日本大震災では、津波による家屋の流出・倒壊、世帯数の減少、飲食店の廃業などで、約1,000世帯の町並みが700世帯に減ったとされています。江名の再生をめざして、地元の有志が2014年「江名の町再生プロジェクト」を立ち上げ、イベント「海歩き町歩き江名の町再発見」を実施しています。今年の1月のシンポジウムでは、清水いわき市長と和田小名浜港湾建設事務所長も参加して再生プロジェクトのメンバーなどの「江名町再生」のパネルディスカッションも行われました。





[PR]
by kazu1206k | 2016-08-29 22:47 | 地域 | Comments(0)

行く夏を惜しむ夏祭り・盆踊り

e0068696_07364907.png
8月20日、21日と行く夏を惜しむように、市内各地で夏祭りや盆踊り大会が開かれました。20日の夕方には、ご近所のさくらんぼ保育園の夏まつりに伺いました。雨の影響で、園庭が使えず園舎の中で、お楽しみのコーナーや屋台コーナーが設けられていました。子どもたちも保護者のみなさんも、みんなで楽しんでいました。
e0068696_07300265.png
e0068696_07310615.png
20日午後6時過ぎに、泉町の下川地区の納涼盆踊り大会に伺いました。踊り手がちょっぴり寂しかったので、わたしも飛び入りで踊り、楽しませていただきました。
e0068696_07332145.png
21日午後6時過ぎには、泉もえぎ台納涼盆踊りに伺いました。新興団地とあって子どもたちはじめ大勢のご家族で楽しんでいました。子ども会のみなさんも、屋台コーナーで頑張ってました!
e0068696_07381798.png
e0068696_07392406.png
21日午後7時過ぎ、鹿島町の御代の杜さんの夏まつりに伺いました。上根本じゃんがら念仏踊りの披露など、大賑わい。地元御代地区のボランティアや事業者のみなさんが頑張ってました。お疲れ様でした。わたくしも一言ご挨拶させていてだきました。いつもありがとうございます!
e0068696_07425895.png
e0068696_07444699.png



















[PR]
by kazu1206k | 2016-08-23 22:25 | 地域 | Comments(0)

恒例の泉ヶ丘夏祭

16日夕方、今年も恒例の泉ヶ丘夏祭り納涼祭に伺いました。
台風の影響で時折降る雨のなか、カラオケ発表会、滝美知代さんの歌謡ショー、品川リファクトリーズの品川白煉瓦お囃子会じゃんがら念仏踊りなど今年も多彩に繰り広げられました。
e0068696_08094267.jpg
e0068696_08110170.jpg
自治会青年部のみなさん今年も暑い中、頑張ってました。
e0068696_08122784.jpg
e0068696_08130656.jpg
e0068696_08133384.jpg










[PR]
by kazu1206k | 2016-08-16 23:04 | 地域 | Comments(0)

第15回江名区盆踊り大会

e0068696_08085425.jpg
 8月14日午後5時、津波被害地区の江名漁港で、第15回江名区盆踊り大会が開催されました。実行委員会代表の江名区長のあいさつに続いて、真福寺住職さんによる新盆供養の読経、そして盆の供養の御詠歌が続きました。
e0068696_07445446.jpg
e0068696_07463895.jpg
じゃんがら念仏踊りのいわき海星高校チームも恒例になりました。津波の直撃被害を受けた海洋・船舶・水産の専門校、いわき海星高校の高校生じゃんがらです。鉦と太鼓、今年は卒業生も参加して鎮魂の音色を港広場に響かせました。
e0068696_07533916.jpg
e0068696_07520489.jpg
江名小学校の子どもたちの「よさこいチーム」も、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんの声援に応えて、元気いっぱいに踊りました。
e0068696_07570322.jpg
 夜のとばりが下りた頃、盆踊りの輪も広がっていきました。
e0068696_08012359.jpg
 女性消防団員はじめ、今年も地元消防団や防犯協会メンバーが警備を行いました。また、地元の青年会「かじの葉会」のみなさんなど、やぐらの周りにはたくさんの夜店がでて、祭りを盛りあげました。
e0068696_08053539.jpg
e0068696_08062020.jpg
e0068696_08073573.jpg













[PR]
by kazu1206k | 2016-08-14 22:27 | 地域 | Comments(0)

鎮魂のじゃんがら、旧盆入り

e0068696_07123350.png
8月13日、旧盆の入り。3.11原発震災から5年5カ月。
高齢社会をむかえて、鬼籍に入られた方も多いほか、同世代で突然に逝った友人知人も幾人かおり、寂しいお盆をお迎えのご家族の胸中、察して余あります。
朝から市内の新盆まわりにでかけました。上三坂の知人宅で、上三坂じゃんがら保存会のみなさんによる、じゃんがら念仏踊りの奉納がありました。鉦と太鼓のリズム、供養の音色が里内、人々の心に響きます。いわきの夏、いわきのお盆にかかせない、じゃんがら。やっぱり、いわきの心のリズムです。
e0068696_07143055.png
e0068696_07131620.png
午後7時近く帰宅して、亡き人々を我が家へ迎え入れる「迎え火」を門口で焚きました。
e0068696_07163575.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-08-13 22:48 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧