カテゴリ:地域( 437 )

老人介護施設の火災、日本海水小名浜工場の爆発事故、民家火災続く

1月4日は市消防出初め式。
第2支団の出初め式で、地元市議団を代表して、日頃の消防活動に感謝し市民の安全安心を守ろうと、あいさつさせていただいた。

特に、12月26日夜の泉町の老人介護施設(小規模多機能センター)で、利用者の80、90代の女性二人が死亡した火災は、火災原因は調査中だが、高齢社会を迎え、施設の構造や夜間の態勢、要援護者の支援について大きな教訓と課題を残した。

出初め式の翌日5日早暁に、小名浜港大剣の小名浜石油で原油2,400リットルの漏洩事故が発生。更に同日15時55分頃、日本海水小名浜工場で爆発事故、6人が負傷と、正月休みあけの工場地帯で相次ぐ事故に消防署も対応に追われた。

こうした事故が続く中、同日23時25分すぎ、わたくしの住む鹿島町内で建物火災が発生。相次ぐサイレンの音で現場に急行した。木造平屋の住宅1棟、となりの木造2階建ての物置1棟が猛火につつまれ必死の消火活動にも関わらず全焼。裏山の雑木林にも火が燃え移り5アールを消失し、1月6日0時14分鎮火。
当夜は風もなく、延焼の拡大は免れ、6人のご家族にも怪我がなかったのが、不幸中の幸いであった。
消火活動は3時近くまで続き、地元の第2支団第4分団の団員は、朝までの活動となった。わたしが帰る頃には、路面の水も凍り、体の芯まで冷え込んだ。
[PR]
by kazu1206k | 2009-01-06 21:03 | 地域 | Comments(0)

渡辺の新田宿場祭りで伝統芸能を再現、上町長持ち

e0068696_85599.jpg11月9日、「第4回渡辺の祭り~新田宿場祭り」で渡辺町に行ってきました。
このまつり、渡辺地区まちづくり推進会や区長会のみなさんが、渡辺町に伝わる伝統芸能や食文化を中心に、江戸時代に宿場として栄えた「新田宿」の田部地内を歩行者天国にして、昔のにぎわいを再現するという試みです。
4回目のこの日、ちょっと肌寒い日ではありましたが、渡辺町のみなさんが子供たちからご長寿のみなさんまで、元気に生き生きとまつりに参加していたのが印象的でした。
歩行者天国では、地元の農家が中心となって新鮮な野菜や花、古代米、木炭、竹炭など販売する出店ブースが並び、保育園児や小学校の子供たちがよさこいなどを演じ、メーンイベントの上町長持ちという伝統芸能が再現されました。写真は、きれいにお化粧をして晴れ姿の長持ちの面々です。
同時に、渡辺公民館の霜月祭りも開会中でした。公民館の中では手打ちそばも打っておられました。駐車場で、豚汁やら古代米のご飯を差し入れていただきました。お昼に頂いたお弁当のマコモタケもいい味でしたね。渡辺の米も野菜もほんとうに美味しかった!ごちそうさまでした。
[PR]
by kazu1206k | 2008-11-11 08:26 | 地域 | Comments(0)

泉藩本多2万石の赤玉奴行列、泉ふるさと祭り

e0068696_21213570.jpge0068696_21215780.jpg10月19日、第18回泉ふるさと祭りが泉駅前大通りで開かれました。わたしも前夜祭のいわきおどり泉大会を含めて毎年参加しております。今年は、小名浜選出議員団の代表として開会式で挨拶させていただきました。
メーンのひとつ、3年前から始まった「泉赤玉行列」は圧巻です。
泉藩本多2万石、幕府老中を務めた2代目本多忠籌(ただかず)公は、江戸城登城の際、持ち槍2本のうち1本の素槍の穂先に赤玉を飾り「本多の赤玉」といわれました。
これを泉地区のまちづくりのひとつとしての「ふるさと祭り」のメーンイベントに、奴行列の槍の穂先に赤玉をつけた赤玉行列を、地区民の並々ならぬ努力で復活させものです。奴のほか稚児行列、下川長持ち、滝尻の棒ささらなど、泉地区の伝統芸能が一堂に会し披露されました。
城下町泉の歴史と伝統を活かした、住民の文化の香り溢れるまちづくりです。
[PR]
by kazu1206k | 2008-10-20 21:26 | 地域 | Comments(0)

歴史を活かしたまちづくり「勝行院の市 ふれあい広場」

e0068696_13491364.jpge0068696_14101975.jpg湯本町の上町商店会は、「ゆもと上町ほっとひろば」を開いてまちなかの情報発信をしています。
3年前からは、まちなかの歴史を活かしたまちづくりを進めており、三函地内の三箱山 勝行院で「勝行院コンサート」「勝行院の市」を開いてきました。
今年は9月28日に、「勝行院の市 ふれあい広場」と銘打って開催。櫛田市長の挨拶を皮切りに、障がい者施設で作った食品などを販売するハートフル・マーケットや地元の美味しい店の出店、太鼓や箏曲、フラダンスなどホットライブも開かれ、終日大勢の人で賑わいました。
[PR]
by kazu1206k | 2008-10-04 14:05 | 地域 | Comments(0)

追悼、故織内博さん

 脱原発運動の長年の同志であったギタリストの織内博さんが、9月23日逝去されました。
 織内さんは、作家の広瀬隆さんの講演会を企画して以来、この20年、「原発いらない いわき市民の集い」の代表として、放射能と原発の危険性を訴え、原発に頼らない社会をめざして活動されました。
 1986年のチェルノブイリ原発事故のあと、日本でも「原発よりも命が大事」という声が高まり、いわきで脱原発の行進団の交流会が開かれた折、わたしは「アルハンブラの思い出」を弾いて市民の心を揺さぶる織内さんに出会いました。
 美しいギターの調べの中に、ギタリスト織内博さんの原発に対する秘めたる決意を感じました。
 織内さんは、双葉郡の原発から東京に電力を送る100万ボルト送電線問題にも取り組みました。阿武隈山地を通る送電線下の住民が、電磁波による健康被害の不安を訴え支援を求めたとき、真っ先にたち上がって一緒に行動したのも織内さんでした。
 この20年、いわきの脱原発運動のなかで、ムーミンパパのように、やさしく微笑みながらまわりを包み込んでくれる、織内さんの姿がありました。
 また、織内さんは、佐藤かずよし後援会の初代会長として、親身になって支えてくださいました。織内さんの真摯な態度、やさしさを、私たちは決して忘れません。本当にありがとうございました。
 ギタリスト織内博さんは、闘病生活の最後まで教え子にギターを指導していました。
慎んで織内さんのご冥福をお祈り申し上げます。合掌。
e0068696_21473035.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2008-09-29 22:01 | 地域 | Comments(0)

「初心にかえり挑戦します」佐藤かずよし後援会事務所開き

e0068696_2032335.jpg
6月28日、佐藤かずよし後援会事務所開きが行われました。
場所は、鹿島町走熊の鹿島街道、鹿島郵便局のとなりです。
当日午後2時から開かれた事務所開きには、土曜の午後お忙しい ところを、多数のみなさまにご参集頂きました。
梅雨の晴れ間,午後の日差しが真夏を思わせる中、ほんとうにありがとうございました。
未来を担う小学1年生から花束を頂き大感激でした。
子供たちのためにも頑張っていきます。
わたしは、初心にかえり挑戦します。
事務所は、毎日午前10時より午後7時まで開いておりますので、鹿島においでの際は、お気軽にお立ち寄りください。
[PR]
by kazu1206k | 2008-07-03 20:43 | 地域 | Comments(0)

連合PTA総会、東京・和田中のPTA再編から

e0068696_633245.jpg5月7日、いわき市小名浜地区の11小学校・5中学校で構成する小名浜方部連合PTAの総会に出席しました。方部連合PTAは、毎年持ち回りの事務局学校のPTAを中心に運営されています。
今年の総会では、新会長さんが、5月4日の朝日新聞の「PTAを考える」という、東京の和田中学校でのPTA再編の記事にふれて、「PTAも見直しの時期、大いに議論を」と話していました。

この和田中のPTA再編は、①区のPTA協議会からの脱退、②PTAを中学校を支援する「地域本部」の一部門にする、というもの。
「区のPTA協議会からの脱退」は、PTA役員の負担を減らすため、といいます。
「PTAを中学校を支援する地域本部」は、住民や大学生が放課後や土曜日の活動を支援するものだそうです。
朝日新聞の記事には、和田中地域本部の事務局長、全国PTA問題研究会の事務局長、大阪大学大学院の教授の三人のインタビューが掲載されました。

今回の和田中では学校長の提案で、PTAの基本方針が変更されたようですが、学校長の意見でPTAが左右されているのが実態では、困ったものです。
PTAの組織も、戦後社会構造の変化の現実、実態を示していますが、多様な価値観を持つ保護者が、子どもたちを支え、互いに学び合える場としてのPTAの役割は、今日もその意義を失ってはいないと思います。
「父母と先生の会」の原点に返って、父母と先生、父母間、先生間の対等・平等の議論、関係をつくっていかないと、PTAの現状はますます困難なものになっていきます。
地域社会の再生をめざして、地域の中で格闘する多くの住民もいることも確かです。
そのひとつとして、PTA活動の改善を考えていきたいところです。
[PR]
by kazu1206k | 2008-05-08 07:03 | 地域 | Comments(0)

後期高齢者医療制度、市立病院、アリオスなどに市民の切実な声!

e0068696_1238385.jpg「後期高齢者制度はやめて欲しい」ー4月8日植田、9日中央台、11日鹿島と3地区で開いた議会報告会。参加した市民の皆さんから、こうした切実な訴えが多く出されました。

 市議会2月定例会の報告会では、一般質問を行った「救急医療」「 市立病院」「薬害肝炎救済」「学校給食と地産地消の拡大」「障がいを持つ児童・生徒の特別支援教育」「南部清掃センター談合事件の損害賠償請求」の他、質疑で取り上げたいわき芸術文化交流館アリオスや市手数料値上げ問題、そして高齢者泣かせ後期高齢者医療制度などについて、報告致しました。

 市民の皆さんから出された主なご質問やご意見は、次のようなものです。

・「後期高齢者医療制度はやめて欲しい」
・「年金の物価スライド制がいつの間にかなくなり、大変困っているのに、保険料は天引きというのはおかしい」
・「医師の絶対数が不足していることを何とか改善できないか」
・「常磐病院は、精神科と老人の長期療養床として使うべきではないか」
・「病院事業管理者は、医師でないそうだが、医師の人事など大丈夫なのか。病院事業管理者は、大学病院の教授にできないのか」

・「アリオスのPFI事業の問題点をはっきりさせるべきではないか」
・「アリオスのプレオープニングイベントで、『星条旗よ永遠なれ』を心を落ち着かせる曲と言っていたが、そうは感じられない。あのような内容でいいのか、疑問だ」
・「アリオスの広告宣伝費は無駄が多いのではないか」
・「新たな施設ができているが、いわきは広いのだから、もともとの地名を残す必要がある」

・「公園の遊具の留め金や飾りがなくなっている。点検管理をきちんとやるべきだ」
・「平本町通りの1町目から3町目の買い物道路は、お手本の福島市が元に戻したように、普通の道路に戻した方がよいのではないか」
・「下水道工事は、使用面積で受益者負担金を決めているが、受益者負担金は下げられないのか」

・「固定資産税の路線価格の決め方は、航空写真で決めているが、現場を歩いて決めるべきだ」
・「指定管理者導入事業の事業評価は、第三者や市民の評価も受けるべきではないのか」
[PR]
by kazu1206k | 2008-04-13 12:49 | 地域 | Comments(0)

今日から4月。矢田川にカワウ、土手にツクシ。

e0068696_18381453.jpge0068696_18383191.jpg 今日から4月。新年度になりました。朝、矢田川土手を散歩すると、そろそろ北に帰るのか、ツグミがクイックイッと鳴いています。

 船戸ポンプ場の新設工事現場近くの矢田川は、浚渫を行ったため川幅も広くなっています。ふと、土手の上から川面を見ると、何やら見慣れない鳥。黒くて首も長くクチバシの根元が少し黄色です。どうも、カワウのようです。
 矢田川は藤原川に合流して太平洋に流れ込んでいますが、その藤原川の下流部では、多く群れをなしたカワウをみることができますが、鹿島町久保の矢田川付近で見かけたのははじめてです。
 最近、カワウは「繁殖しすぎて鮎などを食べて困る」嫌われ者ですが、今朝は、たった一羽でした。上の写真は、そのカワウです。
 そばに寄ると、水中に入り、向こう岸近くに遠ざかりました。
 そしたら、足下にはツクシがもうたくさん出ているではありませんか。

 春は着実に野山を包んでいます。
そういえば、今年は、3月29日に、小名浜古湊で桜が開花しているのを見ましたっけ。

 『眠たさが深き淵なすつくしんぼ』    有働 亨




 
[PR]
by kazu1206k | 2008-04-01 19:17 | 地域 | Comments(0)

スイセンも花盛り、年度末の慌ただしさ

e0068696_22243961.jpg定例会が終わり、ホッと一息つく間もなく、25日に「かずよしレポートNo16」を入稿。28日正午にやっと校正が終了しました。
その間に、26日はいわき市の新火葬場「いわき清苑」の落成式に出席。
27日は、小名浜まちづくり市民会議の全体会議、鹿島地区地域振興協議会の運営会議が続きました。
28日は、鹿島町船戸区の住民代表から、住宅団地の調整池の堆砂除去の相談があり、現場の状況を住民の皆さんと確認。何と調整池の中に柳の木が根を下しており、蒲の密生する状況。夏は、蒲の穂が飛び、蚊の発生と異臭に、付近住民が泣かされているとのことでした。早速、小名浜支所の経済土木課を訪ね、実情を訴え、堆砂除去の要請を行いました。
取って返して、午後は本庁で、所属の市民福祉常任委員会の協議会、閉会中のためか、所属議員8名中出席は5名でした。
その後、庁内で、議会中に溜まった行政相談への対応に、各課を廻りました。各課とも年度末で人事異動体制に突入中、書類の整理やら引き継ぎなど慌ただしさがますなか、退職者や異動者へのあいさつを行いました。
いやはや、年度末の3月末は、いつもながら、気ぜわしく過ぎていきます。

『水仙やりんりんとして真夜を咲く』 斎藤 白柿
[PR]
by kazu1206k | 2008-03-29 23:04 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧