カテゴリ:地域( 426 )

小・中学校の特別支援学級を訪ねて、学習・活動状況を学ぶ

e0068696_14411827.jpg1月30日、31日の2日間にわたり、特別支援学級の子どもたちの学習や生活など活動の現状を知り、特別支援教育への理解を深めるために、いわき市内の特別支援学級を訪ねました。
訪れたのは、平第一小学校、平第一中学校、植田小学校、植田中学校の4校。
いずれも午前中の授業を参観させていただき、学習のようす、生活や活動の実情をみせていただきました。

文部科学省は、「特別支援教育とは、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うもの」とし、平成19年4月から、学校教育法に位置づけられ、すべての学校において、障がいをもつ子どもたちの支援をしていくとしています。

いわき地区特別支援教育研究会の資料によれば、いわき地区特別支援学校・学級は、平成19年度当初で、次のようになっています。
いわき市内小学校の特別支援学級は、37校に50学級でそのうち知的障がいは34学級、情緒障がいは14学級、併せて180名。中学校の特別支援学級は、17校に21学級でそのうち知的障がいは18学級、情緒障がいは2学級、併せて82名となっています。このほか、言語などの小・中学校通級指導教室が8学級。聾学校が4学級。肢体不自由養護学校が平養護学校。知的障がい養護学校がいわき養護学校。

この6年で、小・中学校の特別支援学級の学級数は、39から71となり、在籍者も153から262と増加してきました。通常学級に通う発達障がいを持つ子どもたちも倍増しています。
それぞれ校長先生からも、現状の課題を伺いました。
それぞれの障がいを持つ子どもたちが専門指導をうける特別支援教育ですが、現場で格闘する先生たちの努力に負うところが非常に大きい、と感じました。
文部科学省による小・中学校の特別支援学級の標準定員は8人で、全国の平均は3人ですが、いわき地区では全国平均を超え、定員いっぱいのところもあります。
子どもたちの特性をよく知り、きめ細かい対応をしていくためには、教諭と指導員・介助員の配置数、学級の配置数は大きな課題です。
[PR]
by kazu1206k | 2008-02-10 15:20 | 地域 | Comments(0)

2008年新春のつどい、ご支援ご声援に感謝。感激。

e0068696_2025401.jpg1月25日、恒例の佐藤かずよし後援会「2008年新春の集い」が、パレスいわやで開催されました。
寒中にもかかわらず、市内各地から大勢の方にご参加頂きました。
ほんとうにありがとうございました。

わたくしは、第1部の後援会総会で、4年前の選挙で掲げた5つの公約の実現状況を報告するとともに、9月の任期満了を前に、2期目に向けて挑戦する決意を述べさせていただきました。
第2部の新年会は、フラダンス付きのウクレレバンドのみなさんの演奏や日本舞踊、ゲームなどであっという間に楽しいひとときが過ぎました。
写真は、ゲームの最後、お祝い箱いっぱいの「票」を頂いて、感激している様子です。

2008年幕開けのイベント。
愛情溢れる後援会の役員、事務局のみなさんのご奮闘で大盛況、大成功のうちに終了しました。
ありがとうございました。感謝。感激です。
みなさんからのエネルギーを頂き、また明日から頑張ります。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-30 20:53 | 地域 | Comments(0)

議会報告、市民相談、行政要望と2008年の活動開始

e0068696_17504457.jpg1月4日は、仕事始め。
12月定例会の議会報告を掲載した「かずよしレポートNo.15」の印刷物の納品をうけ、早速これを届けながら、新年のあいさつまわりを開始。
5日は、野口雨情記念湯本温泉童謡館の開館記念式典、社会福祉法人愛篤福祉会おりーぶの新年会。
6日は、いわき市消防団の出初め式、同第2支団出初め式。7日は、いわき市新春市民交歓会、行政相談の現場確認と続きました。

7日から、昨年末、そして今年の年始にかけて受けた市民相談や行政要望の処理、懸案事項の進行確認点検などで市役所の階段を上がったり下りたりです。

いよいよ、2008年の議員活動のエンジンも本格稼働です。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-09 18:24 | 地域 | Comments(0)

年の暮れ、今年も恒例の餅つき大会

いよいよ年も押し詰まってきました。
23日、今年も毎年恒例の餅つきをしました。
町内の特別養護老人ホーム「かしま荘」での「鹿島地区ふれあい餅つき大会」です。
今年は、町の大先輩や子どもたちとみんなで一緒に、4臼の内、2臼つかせてもらいました。
「よいしょ、よいしょ」の掛け声で、ペッタン、ペッタンと杵で餅つきが始まると、入所しているお年寄りのみなさんの眼が輝いてくるのがわかります。
お正月の準備には、新年を迎える、心躍る期待感があります。
餅つきの記憶には、家族のことや昔の懐かしいあの頃、自分自身の幼い頃の思い出など、それぞれの胸をよぎっているのでしょうか。
吹かしあげた餅米のもうもうという湯気の中に、父母や家族の温かい思い出が甦ってきました。
[PR]
by kazu1206k | 2007-12-26 21:02 | 地域 | Comments(0)

太極拳とコーラスでリフレッシュ、公民館まつりに参加

e0068696_22271864.jpg
11月11日は、第23回目のふれあい鹿島公民館まつりに参加しました。前日の準備から2日がかりのイベントです。

あいにくの雨となりましたが、多くの市民が会場の鹿島小学校の体育館を訪れ、フラダンス、社交ダンス、フォークダンス、合唱、カラオケ、三味線、ウクレレ、民謡舞踊、太極拳などの芸能発表や墨彩、押し花、革細工、折り紙、木工などの作品展示、各種団体による民芸品、旬の野菜、軽食、喫茶、バザー、白バイ隊の交通安全啓発などの協賛イベントを楽しみ、和やかな一日を過ごしました。

もともと鹿島公民館で開催されておりましたが、参加サークルや団体が増え、公民館だけでは手狭のために、4年前から鹿島小学校の体育館をお借りして開催しています。
このため、展示パネルや机などの搬入搬出で、前日から各サークルや鹿島地区地域振興協議会、防犯協会など各種団体の役員が総出で準備にあたります。4年目で、今年はタイムもだいぶつまり、スムーズに準備作業が進みました。

写真は、私が所属している太極拳と合唱のサークル「うたごえ和み会」の武術太極拳初級の演技の一コマ。
この後、混成3部合唱で「いい日旅立ち」「千の風になって」「あの素晴らしい愛をもう一度」の3曲をメドレー。ハーモニーの楽しさを体感しました。

ストレス社会の中、「うたごえ和み会」は、太極拳とコーラスによって、心とからだのリフレッシュをしています。
鹿島公民館を会場に、毎月2回、第2と第4土曜日の午後7時から9時までの定例会をメーンにした活動です。
興味のある方は、いつでも気軽に見学にいらしてください。
[PR]
by kazu1206k | 2007-11-11 22:51 | 地域 | Comments(0)

小名浜配水池で送配水管が破損事故、法面崩落の現場

e0068696_953361.jpge0068696_9541366.jpg9月24日午前6時頃、小名浜南富岡にあるいわき市水道局の小名浜配水池で、敷地内北西側に埋設されていた水道の送配水管本管の破損事故が発生。
漏水により急傾斜の法面が幅約20m、深さ2m、延長約50mにわたって崩落(上の写真、ブルーシートの部分が崩落、シートの下に破損配管、白線部が5m程陥没)、約2,000立方mの土砂が法面下の蓮根畑に流出(下の写真、右側上部が崩落)、一時福島臨界鉄道の線路も冠水して、その脇を流れる鮫川江筋にも土砂の一部が流入し、更にその先の水田にも濁水が流入する被害となった。
バルブ操作で流出は停止したが、一時泉町滝尻地区の約110戸で断水し、赤水が発生した。

小名浜配水池は、標高40m程の小山の頂上部に位置しており、泉浄水場と山玉浄水場からの水を一旦ため、小名浜、玉川、鹿島、中央台、江名の各地区に水道水を配水している。
事故は本管の破損と埋設法面の崩落のため、早期復旧は難しいとみられる。
設置本管は昭和57年頃の埋設とされるが、本管の接合部分の腐食や老朽化によるものか、埋設場所の土質や設置構造の問題なのか、など原因の究明と対策の検討が課題だ。
現在、小名浜配水池水系を大剣配水池水系に切り替えるなどして、小名浜、玉川、鹿島、中央台、江名地区の水量は確保されている。
[PR]
by kazu1206k | 2007-09-26 10:33 | 地域 | Comments(0)

ケシの花、アヘン法により保健所が抜取り

e0068696_1593116.jpge0068696_1595197.jpg6月1日、いわき保健所は、鹿島町の矢田川土手に繁茂していたケシの抜取り作業を実施した。

ケシは、一年草で5月頃花をつける。果実に傷をつけて乳液を集め、乾燥したものがアヘン。モルヒネ、コデイン、パパベリン、ノスカピンなどアヘンアルカロイドという物質を多く含み、鎮痛薬などの原料となる薬用植物だ。

観賞用のヒナゲシは麻薬成分を生産しない種類だが、麻薬の原料となる特定種のケシの栽培は禁止され、厚生労働省の委託を受けた特定農家での栽培等の栽培以外は、アヘン法により栽培が厳しく禁止されている。

このほど、市民の通報で、そのケシが繁茂していることが判明したため、この日の抜取り作業となったもの。保健所では、発見したら通報し、違法な特定種のケシ栽培をしないよう呼びかけている。

●財務省 横浜税関 小名浜税関支署 (TEL92-5151 )は、「許しません・白い粉  通しません・黒い武器」と題する出前講座を、中学生及び高校生などを対象に行っている。
覚せい剤等(白い粉)の不正薬物や銃砲(黒い武器)の密輸入の実態及び危険性について説明。時間は、30分~90分。
[PR]
by kazu1206k | 2007-06-03 15:53 | 地域 | Comments(0)

「頑張れ夕張」、夕張サポーターズinいわきを設立

e0068696_9303931.jpg「困ったときはおたがいさま」 
5月28日、「夕張サポーターズinいわき」の設立総会が開かれました。
目的は、財政再建の茨の道を歩み始めた夕張市の社会福祉を市民レベルでサポートしようというもの。
とくに、夕張市の福祉行政が停止している状況化で、高齢者や障がい者などの負担増と住民サービスの低下に対し奮闘している夕張市の社会福祉協議会をバックアップしようというのが狙い。

いわき市は、同じ産炭地として、閉山と大量失業を経験。石炭化石館を夕張に学んだことや今年で25周年を迎える中国撫順市との友好都市締結も同じ。映画「フラガール」にも登場した通り、夕張とは因縁浅からぬ関係にあります。

わたくしも3月議会で、「頑張れ夕張」という励ましの声を、このいわきからも届けたい思いと、発言し、関心を持ってきました。
今回、発起人からの呼びかけに応じて、3月以来、準備会に参加してきたところです。

当面、現地の情報を収集しながら、夕張市の社会福祉協議会の「夕張社協福祉文化基金」へのカンパを呼びかけながら、支援と交流の輪を広げていくことになりました。
[PR]
by kazu1206k | 2007-05-29 10:02 | 地域 | Comments(0)

2007年新春のつどい、立春。

節分を過ぎ、今日は、はや立春。
恒例の佐藤かずよし後援会の「2007年新春の集い」が1月31日夜、開催されました。
2007年度後援会総会に引き続いての新年会では、織内博後援会長から主催者挨拶をいただいたあと、わたくしも2006年の活動を振り返りつつ「市立病院と地域医療を守り、福祉など市民サービスの低下をさせないよう頑張る」と2007年の決意を述べさせてもらいました。
日舞ありフォークダンスありのアトラクションやゲームで、和気あいあいの楽しいひとときを過ごしました。
ご挨拶を頂戴しました櫛田一男市長はじめ、ご多用のところ駆けつけていただきました、ご参会の皆々様に、あらためて感謝申し上げます。
いよいよ、明日からは、3月定例会に向けた勉強会。
3月1日からの予算議会に向かって、本格的に始動です。
e0068696_2130588.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2007-02-04 22:19 | 地域 | Comments(0)

「うれしい。安心して水が飲める」、山間地の共同給水施設の実現

e0068696_11574034.jpg
「うれしい。水道の水がきた」。
いわき市遠野町の山間地にある清道地区は、市の水道事業の給水区域外のため、水道が繋がっていません。井戸を掘るにもすぐに岩盤につきあたってしまうため、各家庭では、これまで近くの沢から沢水を引いて、飲料をはじめ炊事や洗濯全ての生活用水として使っていました。しかし、雨が降れば、水は濁り、鉄分の多い地層のために、飲料はおろか洗濯にも、大変難儀していました。

そこで、2005年9月、自分たちの飲み水を共同で確保しようと、地区住民10戸48人が話し合い一致協力して給水組合をつくり、動き始めたのです。
2006年4月には、市の小規模給水施設整備事業の補助金交付申請を行い交付の決定を受け、入札を実施して業者選定を行い、いろいろなれない手続きや自己資金の調達、計画の変更などで苦労を重ねながら、深井戸からポンプでくみ上げ滅菌除鉄装置を設置した受水槽から各家庭に給水する共同給水施設を建設しました。
昨年10月末に工事検査が終了し、とうとう地区住民の長年の念願が叶って、完成にこぎ着けたものです。

わたくしは、当初「水道を引けないか」という相談を受け、地区の皆さんから、「泥水をすすっているんだよ」というお話をお聞きして大変ショックを受けました。
同じいわき市に住みながら、水道事業の恩恵を受けない人たちがこうして生活しておられる現実に、これは何としてもという想いで、市の各部局と協議し、小規模給水施設整備事業による安全な水の供給を住民の皆さんにつなぎました。

いわき市遠野町大平の清道地区に、役員はじめ給水組合の皆さんの並々ならぬ努力で、ついに給水施設が整備され、安心して水が飲めるようになりました。10戸48人の家庭に「水道」の水が来たのです。
昨年暮れ、清道地区にお邪魔した折りには、お母さんたちが「これで安心して正月が迎えられる」と大変に喜んでおられました。

e0068696_11582222.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2007-01-23 12:21 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧