カテゴリ:地域( 469 )

いわき市長選挙、市議補選、明日告示。

あす9月6日、いわき市長選挙が告示される。現職と新人の一騎打ちだ。
市長選と同日選で、市議補選も告示され、2議席をめぐって、元職1、新人6の合わせて7人が立候補の予定。13日は、県議補選、市長選、市議補選のトリプル選挙の投票日となる。

いわき市長選挙をめぐって、わたくしは、8月11日に、予定候補者で現職の櫛田一男氏と政策協定を締結した。その内容は、以下の通りです。

●いわき市長選挙に関する協定書

 第12回いわき市長選挙にあたり、予定候補者櫛田一男といわき市議会議員佐藤和良は、ここに政策協定を締結して選挙協力を行い、当選後は双方これを遵守します。

1、基本姿勢
① 市政執行にあたっては、日本国憲法・地方自治法を守り、市民参加と情報公開をすすめます。
② 両者は、年2回公約の進行管理について協議し、重要政策決定の際はその意見を尊重します。 

2、重点政策
※ カッコ内は、実現目標。短期は平成22年度、中期は24年度、長期は25年度以降。 
① 市立病院・地域医療、子育て、福祉、くらしを守る
・ 地域医療の中核=市立病院を守り、新病院の建設、医師・看護師を増やします。(長・中)
・ 子育て支援で、中学生までの通院入院の医療費無料化の早期実施をめざします。(中)
・ 全事業の評価見直しを行い、子育て、福祉はじめ市民生活に必要な予算をつくります。(短)

② 雇用と地域経済を守る
・ 福祉のまちづくり、医療産業の誘致で雇用を増やします。(中・長)
・ 公共事業の地元発注を拡大します。(短)
・ 農林水産業の振興、学校給食の地産地消率100%をめざします。(中・長)

③ 行政のムダを削り、開かれた市政
・ 市長の退職金は廃止します。(短)
・ 副市長は民間人登用を検討し、外郭団体は統廃合します。(短・中)
・ ゴミ減量により北部清掃センター改築は再検討し、南部清掃センター住民訴訟賠償金約16億円は基金とし、主に福祉や環境のために使います。(中・短)
・ 市の各種審議会は半数の公募を検討し、休日・夜間開催など女性と若者の参加を進めます(短)
・ 公約は、庁内プロジェクトを設けて調整と進行管理を行い、市民参加の進行管理委員会を設置して、進捗状況を市民に公表します。(短)

   以上





      
[PR]
by kazu1206k | 2009-09-05 20:11 | 地域 | Comments(0)

9月4日は福島県議補選の告示、市議補選は混戦か?

あす9月4日は、福島県議会議員選挙のいわき選挙区補選の告示日だ。
6日のいわき市長選挙といわき市議会議員の補選の告示が待っており、9月13日の投票日まで、3つの選挙戦が闘われる。
県議会議員選挙いわき選挙区補選は、3人が立候補予定で、2議席をめぐる9日間の選挙戦に突入する。
いわき市議会議員の補選では、1日の立候補予定者説明会に、立候補を表明した6陣営プラス1陣営の7陣営が出席。この他にも、1人の立候補がささやかれており、2議席に対して8人が立候補する可能性がある。まさに、混戦模様?
国政の政権交代で「打って出てみよう」という方が増えている。
いわき市政を変えよう、今の議員には任せておけないという義憤にかられた方もおられよう。
[PR]
by kazu1206k | 2009-09-03 17:16 | 地域 | Comments(0)

くしだ一男いわき市長を囲む市政報告会、3日まで開催。

9月1日から3日まで「くしだ一男いわき市長を囲む市政報告会」が開催されている。
今日1日は、午後7時から鹿島公民館で開かれ、団らんのひと時、大勢の方が参加。主催は、佐藤かずよし鹿島後援会。

主催者のあいさつに続いて、わたくしからいわき市政の現状、くしだ市長の市立病院と地域医療に対する取り組み、鹿島地区の水害対策と船戸ポンプ場建設の取り組みなどを紹介。
また、9月13日投票のいわき市長選について、くしだ市長とわたくしの政策協定のポイントなどを解説させて頂いた。

くしだ市長は、国の三位一体改革で財政難に苦しめられた4年間を振り返りつつ、市立病院と地域医療、地域経済対策、二地域居住の推進、観光産業やいわきサンシャインマラソンの取り組みなどいわき市政の現状について、お得意のユーモアをふんだんに使って会場を沸かせながら報告し、二期目に向けた決意を披露した。
また、市長選と同時に行われる県議補選予定候補者の古市三久さんも駆けつけ、地方と国民の懐を暖かくしなければならないと、「人にやさしい県政」をめざす意気込みを語った。

今後の日程は以下の通りです。ご都合のつく会場に是非ご参加ください。
・9月2日(水)午後7時〜8時 泉町、泉ヶ丘自治会館
・9月3日(木)午後7時〜8時 常磐、上町ほっと広場
[PR]
by kazu1206k | 2009-09-01 20:59 | 地域 | Comments(0)

医師確保と公立病院支援、原発対策など、福島県議会補欠選挙で政策協定

いわき市長選に現職県議が出馬したため、9月13日に福島県議会補欠選挙も行われる。現在、欠員2名のところ、3名が立候補を表明している。
この一人が、わたくしが所属するいわき市議会創世会の所属議員であった古市三久さん。
舌鋒鋭く毎定例会で質問をしてきた古市さんが県議会で活動すれば、福島県議会の活性化に大いに寄与するに違いない。
古市さんは「人にやさしい県政を」をスローガンに、「医療・介護の不安をなくす」「雇用不安と中小企業の経営不安をなくす」「食料自給率を高める農業の再生をめざす」など5項目の公約を掲げた。

わたしは、以下のような政策協定を結んで応援している。

●2009年福島県議会議員補欠選挙に関する政策協定

2009年福島県議会議員補欠選挙にあたり、予定候補者古市三久といわき市議会議員佐藤和良は、ここに政策協定を締結して選挙協力を行い、当選後は双方これを遵守します。


1、基本姿勢
①日本国憲法・地方自治法を守り、環境・福祉・平和・分権自治の施策を推進します。
②両者は、定期協議の場を設け、重要な政策決定にあたっては十分その意見を尊重します。  

2、重点政策
①医療と福祉の充実、医師確保と公立病院の支援をつよめ、サービス抑制の介護・障害者対策を改めます。
②子育て支援、子供の医療費無料化年齢引き上げのため、市町村への補助を拡大します。
③中小・地場産業への支援、地産地消による農林水産業の振興、雇用をひろげます。
④環境汚染の防止、脱埋立・脱焼却の廃棄物対策をすすめます。
⑤安全・安心を最優先する原発対策、プルサーマルを含む国の核燃料サイクルは慎重対応、自然エネルギー等の循環型社会をめざします。
⑥安全・安心のまちづくり、河川整備の促進、原子力はじめ地域防災体制を強化します。
⑦県民参加の県政、参加しやすい政治のしくみづくりをすすめます。
⑧総合的な教育・文化行政の推進、男女共同参画社会づくりをすすめます。
                               以上
[PR]
by kazu1206k | 2009-08-27 17:19 | 地域 | Comments(0)

行く夏を惜しむ、夏祭り、盆踊り大会

今日22日は、市内各地で行く夏を惜しむ、夏祭りや盆踊り大会が開かれ、ご招待を受けた。
鹿島地区では、第10回目の御代区夏祭りが「みよの杜」敷地内で開催され、フラダンスショーで幕を開け、例年にない人出で区民総出の屋台も大賑わいだった。
櫛田市長も駆けつけ「シビック軸の鹿島で、御代の大仏や磨崖仏など文化財を活かし歴史と伝統に溢れるまちづくりを」とあいさつ。
e0068696_2144229.jpg
また、常磐地区では社会福祉法人育成会の知的障がい者授産施設「いわき学園」と知的障がい者更生施設「いわき光成園」の第17回地域ふれあい盆踊り大会も開かれた。
地域福祉と地域活性化をめざして、地域の祭りとして実施されている。花火を合図に、パンなどの授産品はじめ、利用者自治会や保護者会などによる模擬店も各種建ち並ぶなかで、船尾保育園のかわいい園児たちの太鼓演奏とフラダンスにはじまり、じゃんがら念仏踊りやひょっとこ踊りなど盛りだくさんのイベントだった。

月出でて鬼もあらはに踊りかな   河東碧悟桐
[PR]
by kazu1206k | 2009-08-22 21:46 | 地域 | Comments(0)

いわき市長選、櫛田氏「共立病院の独立行政法人化は医療現場の混乱を招く」

8月18日、午後7時からいわき市文化センターで「市長予定候補者の考えを聞く会」が開かれた。
市長予定候補者2名のうち、渡辺敬夫氏は欠席、現職の櫛田一男氏は出席して、「市民が提案するマニフェスト」についての考えを語った。
最初に、いわきを変えるゾ市民の会の佐藤雅子代表が、聞く会の趣旨とこれまでの経緯を説明。渡辺敬夫氏には何度か出席を要請したが8月3日の時点で最終的に「出席辞退」との返事で大変残念であることが伝えられた。

「市長予定候補者に市民が提案するマニフェスト」が読み上げられたあと、インタビュー形式で、
1.「市民の命優先」の視点から地域医療システムと福祉サービスを再構築します。
2.市民に開かれた行政改革を積極的にすすめ、市民の生活基盤を高めます。
3.未来世代のため、環境汚染の防止を徹底します。
のマニュフェストのそれぞれの小項目に、市長予定候補者が30分に渡って応え、そののち、1〜3の項目の再質問と再回答が行われた。
e0068696_224586.jpg
1について、
・市の救急・高度医療の拠点となる市立病院を守り、新病院を早期に建設します。
・いわき型ER(注1)を目指し、市内開業医との医療ネットワークを構築します。
・市の通院・入院に対する医療費助成の対象を、中学校卒業までとします。
・安心できる介護体制確保のため、介護従事者の待遇改善と事業所への支援をすすめます。
櫛田一男氏は、概ね、提言に同意できること。医療費無料化の中学校卒業までの拡大は検討したい、とした。
再質問の「小泉改革の2006年骨太の方針ー社会保障費削減策を否定するか」との問いに、これまでも医療費削減に反対してきたし、地域医療を守るために頑張る。相手候補の「共立病院の独立行政法人化」方針は、医師はじめコメディカルなどの反発が強く現場の混乱を招くと反対し、慎重な姿勢を示した。

2について、
櫛田一男氏は、前市長までの市長交際費が年間850万円だったのを、90万円に切り詰めたことを明らかにした上で、「市長の退職金を廃止します」ときっぱり明言した。
収入役が10月から廃止されるので、「副市長は二人必要」と話した。
・「市長への手紙」を創設し、FAXやメール等で直接市民の声を聞き、答えます、については前向きに検討したいとし、以下は検討すると応えた。
・各種審議会の半数は公募とし、市民が参加しやすいよう、夜間や休日の開催を実現します。
・役所内に、公募委員を含む「マニフェストの進行管理委員会」をつくり、会議は公開とします。

3について、
・市民の理解を得られないゴミ処分場は許可しません。
・焼却・埋立て中心のゴミ処理政策を転換し、ゼロ・ウェイスト都市を目指します。
・老朽化した北部清掃センターは建て替えせず閉鎖します。
櫛田一男氏は、山一処分場を認めず撤退させたこと。北部清掃センターは建て替えせず閉鎖することは、前向きに検討するとした。

最後に、会場からの質疑応答では、
・アリオスに総予算の中で、建設前に行政が約束した、市民参加の市民企画事業に予算が付けられないか。
・いわき発ものづくり事業について、いわき市でも「脱官僚の改革」が必要ではないか。
・市民の会として、1年に一度は市長との対話集会を継続すべきではないか。
などの意見が出され、「市長との対話集会の継続」については、予定候補者も市民の会もそれぞれ継続するという発言があった。
聞く会は、率直な質疑応答と意義のある意見交換が続き、終了した。
[PR]
by kazu1206k | 2009-08-18 22:07 | 地域 | Comments(0)

いわき市長選、市長予定候補者の考えを聞く会

8月18日、「市長予定候補者の考えを聞く会」が開かれる。
「いわきを変えるゾ市民の会」の主催だ。
市民の会は、9月13日のいわき市長選にむけて、12項目の市民提案マニュフェストをまとめ、立候補予定者の櫛田一男現市長と渡辺敬夫前県議に提示しているが、これに対する各予定候補者の考えを、下記の予定で聞こうというもので、市民の参加を呼びかけている。

●「市長予定候補者の考えを聞く会」
◇と き  8月18日(火)  午後7時
◇ところ  いわき市文化センター・4階大会議室

市民の会によると、代表らが市長予定候補者の陣営を訪ねてマニフェストを手渡し、内容に対するお考えをお聞きしたいと出席要請したが、櫛田さんは出席するとしたものの、渡辺さんは「公共的機関および公共的団体が主催する公開討論会で答えたい」と出席を辞退し、「市民の提案するマニフェスト」に対する考えも明らかにしない態度だという。

「公共的機関および公共的団体が主催する公開討論会で答えたい」との理由で、任意の市民団体の提案には応えないというのは、市民感覚からするとなかなか理解しにくいのではないか。
もちろん出欠は予定候補者の判断であり、その判断を尊重するのは当然のことだ。
だが、こうした会は、予定候補者からみれば、自らの市政に望む姿勢や政策を訴えるせっかくの機会だし、情報公開と市民参加の市政を標榜するのなら、なおさら参加して市政を身近かなものにして欲しいと思うのだが、如何だろうか。













   
[PR]
by kazu1206k | 2009-08-17 21:04 | 地域 | Comments(0)

泉ヶ丘納涼盆踊り大会

泉ヶ丘自治会が主催する、恒例の納涼盆踊り大会が8月16日午後4時過ぎから開かれた。毎年招待を受けて出席させて頂いている。防犯活動功労者の表彰式も今年で5回目になった。昨年は、泉ヶ丘自治会の防犯パトロールが内閣総理大臣賞を東北で初めて受賞している。今年は、防犯パトロール、環境美化、一戸一灯運動の3分野で自治会の各区の班代表が表彰された。私も一言激励のあいさつをさせて頂きました。
その後、地元の住民であり歌手の滝美智代歌謡ショーが開かれ、新作も発表された。
e0068696_2195441.jpg
ここで、櫛田一男いわき市長が到着して、ごあいさつ。
e0068696_2112775.jpg

続いては、品川白煉瓦社中のじゃんがら念仏踊り。
e0068696_21124080.jpg
更に、一打の会の勇壮な和太鼓演奏。盆踊り仮装コンクールと楽しいイベント集いが続いた。会場には、泉ヶ丘自治会の青年部と子ども会が様々なお店を出店。賑やかさを盛り上げ、老若男女、住民挙げて家族総出の、真夏の夜の思い出が今年もたくさんできそうな泉ヶ丘自治会のみなさんの盆踊り大会でした。
みなさん、おつかれさまでした。
[PR]
by kazu1206k | 2009-08-16 21:25 | 地域 | Comments(0)

じゃんがら念仏踊りの鉦と太鼓の音、新盆まわり

8月13日、旧盆の入り。
朝、実家の墓参に出かけ、父母はじめ祖母、兄たちを迎えてきた。
その足で、新盆まわり。
物故され新盆を迎えたお世話になった方々に参って手を合わせた。
今でもこの世にいてくださる気がする方もいる。
ご家族から、生前の思い出をきく。ともに時間を共有した懐かしさが溢れ出る。
時節柄、選挙のお話などもきいた。

行く先々で、じゃんがら念仏踊りの鉦と太鼓の音が聞こえる。いわきのお盆だ。
夕方6時近くのお宅で、10日の大水で船戸川添いの田んぼの土手が崩れたとの訴え。
早速、息子さんに現場に案内して頂き、現場を確認した。
10日未明の大雨で地盤が緩んだところに、船戸川が土手をえぐり、田んぼの土手が崩落した模様だ。地区の農事委員と相談し、支所の経済土木課とも相談してみようということになった。
家に戻り、迎え火を焚いた。
e0068696_8544686.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2009-08-13 23:37 | 地域 | Comments(0)

台風9号で矢田川増水、船戸川仮設ポンプが稼働

8月10日10時現在、台風9号が近づいている。
その影響で昨夜来の強い雨だ。
午前8時前、3年前に水害にあった鹿島町久保2区の住民の方から通報が入る。
「船戸川があと5センチで溢水する!ポンプをうごかして!!」
早速、小名浜支所長に連絡し、現場に急行。
船戸川は矢田川の支流。船戸川は溢れんばかり、矢田川も氾濫注意水位を超え、危険水位にあと1mのところ。
e0068696_10565022.jpg
e0068696_10573590.jpg

船戸ポンプ場は来年3月末の竣工めざして建設中。完成までは、毎秒3t排出の性能を持つ仮設ポンプで対応。現場では、仮設ポンプの管理会社の係員がポンプ稼働に向け奮闘中だ。
一部溢水しはじめた箇所がでて、船戸川添いの住宅の庭に流水し始めた時、ポンプが動きはじめた。間一髪!
e0068696_10581366.jpg
e0068696_1059665.jpg
船戸ポンプ場を建設している福浜大一建設の現場事務所のみなさんにもご協力を依頼。溢水部分に土嚢を積んで頂く。
ポンプの管理会社によると、御代ポンプ場は昨夜午前2時に一旦自動で排出。今朝はすでに、林城ポンプ場、御代ポンプ場3機で強制排出中で、寝ずの番だと言う。
10時現在、仮設ポンプの強制排出で船戸川の水位も1m下がった。矢田川水位も低下。しかし、一旦、危機は脱したものの、本日も午後1時以降4時まで激しい降雨が予想され気が抜けない状況だ。
台風9号接近とその影響は、明日以降も続き、引き続き警戒を要する。
[PR]
by kazu1206k | 2009-08-10 10:38 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧