カテゴリ:地域( 455 )

第19回障がい者就労支援セミナー

 2月25日、第19回いわき地区障がい者就労支援セミナーが、「ともにはたらく、ともにかがやく」のスローガンのもと、いわき市文化センターで開催されました。いわき市障がい者職親会の主催です。今年のテーマは、精神障がいのある方の就労支援。
 開会式では、石山会長のあいさつに続いて、いわき市長代理のいわき市産業振興部長、平公共職業安定所所長、福島県中小企業家同友会いわき地区会長代理、いわき市社会福祉協議会会長などがあいさつ。続いて、10年の永年勤続者特別賞表彰、勤続奨励賞表彰が行われました。
 講演では、「可能性は無限大〜出来ることから始めよう〜」と題して、講師の車椅子バスケットボール選手 上村千佳さんが講演しました。
 上村さんは、1988年ソウル大会から2004年アテネ大会までパラリンピックに5回連続出場して、2000年シドニー大会では得点王、リバウンド王に輝き銅メダル獲得に貢献しました。そして、今も競技活動は続けています。現在、郡山市在住です。
上村さんは、高校卒業後、郷里の石川県から上京し、管理栄養士を目指して専門学校に入学。その寮で階段を踏み外して転落落下、骨折して車椅子生活になりました。学校からは、やんわりと自主退学を進められ、大学進学をめざしましたが、車椅子受験の壁で諦めざるを得ませんでした。家庭の事情も考えて就職することを決め、所沢の訓練センターで車椅子バスケットに出会います。しかし、想像以上の壁が次々と現れたといいます。
 上村さんは、車椅子バスケットに出会って、あきらめないこと、できないことも発想を変えて工夫をすることを学んだといいます。世界中に友だちが出来たことや、妹さんが車椅子のカナダ人のアスリートと結婚したことも話されました。
 午後、シンポジウム「精神障がいのある方への就労支援について〜そこで働き続けるために〜」などが開催されました。
e0068696_06044869.jpeg







[PR]
by kazu1206k | 2017-02-27 06:06 | 地域 | Comments(0)

本谷踏切の拡幅と踏切内歩道の整備を要望

 いわき市で最も人口増加の地域であり、泉北小学校(児童数825名・福島県下第3位のマンモス校)、泉中学校(生徒数795名・福島県下第2位のマンモス校)を抱える、泉町の泉地区地域振興協議会の比佐会長さん、泉地区区長会の鈴木会長さん、泉町本谷区の渡辺会長さんらとともに、2月16日午前9時過ぎ、清水いわき市長にお会いして要望活動を行いました。

 要望内容は、「本谷踏切の拡幅と踏切内歩道整備事業の早期完成について」です。
 JR常磐線の
本谷踏切は、泉町泉ヶ丘(1,524世帯)、本谷、葉山(481世帯)の各区住民の生活道路である市道「本谷・洞線」に位置し、各地区の泉北小学校児童泉中学校生徒の通学路です。本谷踏切は、車輌が交差できない狭隘な踏切で歩道も整備されておらず危険なため、泉ヶ丘、本谷、葉山の子供会のみなさんを中心に地区をあげて立哨当番制をしき、交通事故の防止、安全確保のために活動しております。

 本谷踏切は、これまで長年にわたり、市やJRに拡幅の要望をしてきました。震災原発事故後は、原発事故避難者の方の居住も増大し、車両の流れも変わり「抜け道」としての利用により通過車両が増大しています。
 さらに、本谷地区に復興公営住宅が200世帯近く整備されるのに伴い市道も拡幅とされることになりましたが、29年度末の復興公営住宅完成、30年度末の市道本谷・洞線」拡幅に対し、本谷踏切の拡幅と踏切内歩道整備はそれ以降になるのではと懸念されることから、「道路の完成に合わせて、本谷踏切の拡幅と踏切内歩道を同時に整備するよう働きかけていただきたい」と市長に要望しました。

 市長には、「皆さんの切実な思いをふまえ、JRに対し、早期の踏切拡幅及び歩道整備について、市として正式に要望します」と回答して頂きました。要望活動には、小名浜地区選出の議員団・太平洋クラブの6人も同席致しました。

e0068696_06190222.jpg


e0068696_06184462.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-02-16 22:46 | 地域 | Comments(0)

小名浜児童センターの駐車場の確保

 小名浜児童センターの駐車場について、赤ちゃんサロンを利用しているお母さんから「駐車場が4台分しかないので、毎回とめられない」という相談を受けて、改善をいわき市に要望しておりましたが、いわき市こども支援課から回答がありました。
 こども支援課の回答は、「駐車場は4台のスペース、幼児教室や赤ちゃんサロンの時最大20台程度の利用があります」「現在は職員の誘導で敷地内の空きスペースを活用していますが、今後は、職員駐車場も活用して駐車場の確保に努めます」との回答でした。職員さんの分は、近くのお寺さんの敷地に一時駐車のご協力をして頂けることになったそうです。
 赤ちゃんサロンなど、お母さんたちの情報交換の場にもなっている小名浜児童センター。お母さんたち利用者の皆さんが、よりスムーズに利用できるように、今後も見守っていきます。
e0068696_07581123.png

[PR]
by kazu1206k | 2017-02-15 22:43 | 地域 | Comments(0)

第8回いわきサンシャインマラソン

e0068696_06491615.jpg

 2月12日、「第8回いわきサンシャインマラソン」が開催され、全国44都道府県から1万人越すエントリーのもと、過去最多の9,311名が出場しました。
 今年の大会は、昨年の雨とは打って変わり、風はあるものの好天に恵まれました。わたくしは、今年も、鹿島街道の第一給水所で鹿島地区の皆さんとともに、ボランティアとして参加しました。

e0068696_06470273.jpg

 第一給水所は、午前7時30分の点呼とともに、アミノバリュー4班、水2班、スポンジ1班、ゴミ1班などの班編制82名で、回を重ねたみなさんが多く、手際よく作業を進め、8時30分には準備万端整えて、ランナーの通過を待ちました。

e0068696_07271104.jpg

e0068696_06473576.jpg

 午前9時15分すぎ頃、先頭集団が走り抜けると、続々とランナーが給水に駆け寄ります。9時30分過ぎ頃には、給水者が殺到しました。9時40分過ぎには、第給水所4カ所のアミノバリューのコーナーのうち、最初のコーナーのアミノがなくなる状況で、他のコーナーへの誘導してしのいだ次第です。

e0068696_06454756.jpg

 選手のみなさんも懸命に走り抜けました。ボランティアのみなさんも早朝から準備し、沿道の地区住民のみなさんも鹿島地区地域振興協議会が昨年から準備した手作りの小旗を打ち振って「頑張ってエ〜」と声をからして応援していました。みなさま、今年も無事終了しました。ほんとうに、お疲れさまでした。

e0068696_06482188.jpg

e0068696_06485201.jpg








[PR]
by kazu1206k | 2017-02-12 21:51 | 地域 | Comments(0)

節分の追儺祭

2月3日は、立春の前日の節分です。夕方、小名浜諏訪神社の節分追儺祭に伺いました。本殿での神事には、社総代さん、各区長さんなどのみなさんが列席する中で神事が行われました。引き続き、矢を弓で放ち射る神事の後、神楽殿から「鬼は外、福は内」と、子どもたちや総代、各区長さんらともに、元気に節分の豆まきをさせていただきました。境内には、今年一年の無病息災を祈願して大勢の人が詰めかけ、福豆をもとめていました。

e0068696_21413398.jpeg


[PR]
by kazu1206k | 2017-02-03 23:03 | 地域 | Comments(0)

2017新春の集い

1月27日夜、佐藤かずよし後援会の「2017新春の集い」が、パレスいわやで開かれました。寒中にもかかわらず、市内各地から大勢の方にご来場いただきました。
心より感謝申し上げます。
今年も第1部は2017年度総会、第2部が新年会でした。
第1部では、昨年市議選での4期目トップ当選に寄せられた後援会のみなさまの献身的な御努力に感謝を申し上げ、市民のみなさまの「いのちを守る」ために、引き続き、佐藤かずよしの政治活動を応援していくことを確認しました。
第2部では、金成克哉小名浜地区行政嘱託員(区長)連合会会長、石井英男鹿島地区地域振興協議会会長などご来賓のみなさまのご挨拶とご紹介に続いて、鹿島女将さんソーランや福祉活動を人生の目標とする歌手の岬はな江さんも参加して今年も楽しいアトラクションが繰り広げられ、抽選会などで大いに盛り上がりました。最後に、ご来賓はじめ後援会の皆々様が、幸多き年となることを祈念しながら、三本締めで手締めを行い閉会しました。
ご参集の皆々様、本当にありがとうございました。役員事務局スタッフの皆様お疲れさまでした。
今年も懸命に、いのちを守るために、精進してまいります。よろしくお願い致します。
e0068696_08455364.jpeg


e0068696_08480120.jpeg




[PR]
by kazu1206k | 2017-01-30 23:42 | 地域 | Comments(0)

勿来学校給食共同調理場

 1月16日、市立勿来学校給食共同調理場に伺い、当日の給食をいただきました。
 勿来給食共同調理場は、東日本震災で大きな被害を受けて、現在の南台3丁目に移転改築され、昨年4月から供用を開始しました。給食を提供している学校数は、南部地区の小学校10校、中学校8校です。
 当日の献立は、麦ごはん、豆みそ(郷土料理)、厚焼き卵、じゃがいものそぼろ煮でした。
 市民からご意見を頂き、学校と同じ食器で会派の6名が食費をお支払して試食いたしました。食器には、いわき農産物マスコットキャラクター、「ネギぴょん」など「アグリン☆ファイブ」がプリントされていました。
 「味が薄い」とのご意見とお聴きしました。食べ盛りの子どもたちの感想が保護者の方から意見として届けられたものと思われます。当日の味付けについては、わたしには程よい味付けでしたが、「安全で安心できるおいしい給食」という学校給食施設のモットーからも、子どもたちの声をどういかしていくか、よりよく改善していくことが必要です。

e0068696_7461380.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-01-16 23:14 | 地域 | Comments(0)

成人式、新春交歓会

 1月8日午前11時半から、新たな成人の門出を祝う、平成29年成人式に出席しました。今年度も市内13会場で開かれ、新成人を含めた実行委員会の企画で、式典のほか各中学校毎のテーブルにわけ同窓会形式のパーティーなどが開かれました。今年の該当者は、平成8年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた方、昨年11月1日現在市内に住民登録している3,245人(男性1,625人、女性1,600人)。小名浜地区の会場であるパレスいわやには、晴れ着や羽織袴姿などに着飾った新成人が大勢詰めかけました。
e0068696_11563279.jpg
 1月12日夜、泉地区新春交歓会に出席しました。毎年、いわき市の人口中心である泉町の地域振興協議会を中心に各種団体、サークル、事業者などの皆さまが多数参加して盛大に行われています。開会に先立って、泉中学校の生徒のみなさんが新春らしい箏曲を演奏して、万雷の拍手を浴びました。
e0068696_11571885.jpg

 
[PR]
by kazu1206k | 2017-01-13 23:20 | 地域 | Comments(0)

酉小屋お炊き上げ

1月8日午前6時、鹿島地区地域振興協議会による鹿島町下蔵持の酉小屋のお焚き上げが行われました。風のない穏やかな朝、地元消防団が待機する中で、火入れが行われました。勢い良く、酉小屋は燃え上がり、今年一年の無病息災を祈り、正月様を送りました。長い竹の先に餅をつけて、この火で餅を焼いて食べると、一年間風邪をひかないといわれています。
酉小屋は、福島県浜通り地方の正月伝統行事です。田んぼの中に竹や木で小屋を作り、神棚を設け囲炉裏をきり、小正月に小屋を燃やし神様が煙とともに天に帰ります。前日7日は、午後3時から子どもたちをご招待、夜は午後8時まで前夜祭を行いました。
鹿島地区地域振興協議会の歴史と文化委員会はじめ、下蔵持区、地元消防団のみなさまお疲れ様でした。
e0068696_735999.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-01-08 23:28 | 地域 | Comments(0)

今年も新春初売り

正月2日、いわき市小名浜のショッピングセンター『タウンモール リスポ』恒例の「新年賀詞交換会」に伺いました。専門店と食品スーパーによるショッピングセンター『タウンモール リスポ』では、10時からの新春初売りに先立ち、午前9時30分から、各店舗のみなさまが集まり「新年賀詞交換会」を行っています。八巻義英理事長さんのご挨拶に引き続いて、今年もご挨拶と乾杯の音頭をとらせてせて頂きました。
10時オープン、待ちかねた市民のみなさまがドッと入場、お目当ての売り場の福袋をめざしておりました。
午前11時前、リスポ前の「魚と味 さんけい魚店」さんなどにご挨拶。新春の初売り、酉年にちなんで「お客様をとりこむ」と商業者のみなさん、頑張っておられました。

小名浜地区では、小名浜港背後地整備(都市センターゾーン)事業が進み、イオンモールいわきの平成30年開業を控えています。小名浜まちづくり市民会議による図書館等の都市福利施設の整備要望やタウンモールリスポの耐震診断を踏まえた今後の見通しなどを考慮して、小名浜地区に於ける中心市街地活性化計画の策定や複合的な公共施設の整備など、小名浜地区の総合的なまちづくりの再構築が求められています。 わたくし、今年も一緒に汗をかいていきます。

e0068696_19234573.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2017-01-02 19:21 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧