カテゴリ:議会( 679 )

震災センターのニュースレター第5号

 原発立地自治体など全国29都道府県の自治体議員の呼びかけでつくられた福島原発震災情報連絡センターのニュースレター第5号が発行されました。
 ニュースレター第5号には、巻頭言、「チェルノブイリ法より早く事故直後に制定した子ども・被災者支援法だが…」、「原発避難者の孤立化防ごう!『避難の共同センター』発足」、「原発事故から5年 福島の今ーこれが偽りの帰還政策だ」などを掲載しました。

 福島原発震災情報連絡
当センターは、原発震災で放射能汚染と被曝を強制される人々の生存権を守ることを目的に、20111026日設立され、「(仮称)福島原発被曝者援護法」制定プロジェクト、ウクライナ現地調査、「『原発事故子ども・被災者支援法』推進自治体議員連盟」の結成を呼びかけ政府交渉などの活動を強化してきました。「原発事故子ども・被災者支援法」の骨抜きに抗して、「原発事故被害者の救済を求める全国運動 実行委員会」に参加し国会請願署名等に取り組んできました。

 福島現地の現状と課題への認識を深め、被災者の「生存権」の確立・保障に向けた活動、被災者支援に関わる自治体施策などの情報収集、自治体議会での意見書、政府・国会への要請・交渉行動などを、自治体議連や全国運動と連携して進めています。

e0068696_08015678.png
e0068696_08023045.png
e0068696_08025803.png
e0068696_08040948.png








[PR]
by kazu1206k | 2016-08-21 22:06 | 議会 | Comments(0)

行くぞ!かずよし総決起大会

 9月4日告示、11日投開票のいわき市議選まで、あとわずかとなった、8月17日(水)18時30分から、 パレスいわやで「行くぞ!かずよし総決起大会」が開催されました。
 台風の影響が残る中にもかかわらず、会場には、多くの市民のみなさまが詰めかけてくださいました。鹿島、小名浜はじめ市民各界から、福祉・医療、子育て、商工業、女性、地域の視点で、応援のスピーチを頂戴いたしました。参加した市民のみなさまのおひとりおひとりが心一つに頑張ろうという、熱気溢れる大会になりました。
 東日本大震災と原発事故から5年。これまで、佐藤かずよしは、市民に寄り添い、市民の声に耳を傾け、いっしょに考え、あきらめずに行動してきました。
 いわきの未来を切り開くために、市政をチェックする議員として、いのちを守り、市民のみじかな相談役という原点に立って頑張る決意です。

●新たな決意  佐藤かずよし

 東日本大震災と原発事故から5年。わたしたちは必死の思いで生活の再建、仕事の立て直しをはかり、放射能から家族、子どもたちを守ってきました。
 やっと、暮らしも少しずつ落ち着いてきました。これからも、このいわきで誰もが安全に安心して暮らしていくために、いま何が必要なのか。これからの5年、10年を見据えて、いわきの未来をどう描くのか、しっかり考える必要があります。
 新しいいわきをつくるために、市政をチェックする議会と議員の力も問われています。わたしは、これまで市民の声に耳を傾け、いっしょに考え、あきらめずに行動してきました。
 あらためて、市民のみじかな相談役という原点に立ち返って頑張ります。いのちを守り、人と自然を再生させるために、福祉と医療の充実、子育て環境の整備、貧困と格差の解消、地域経済の振興、原発事故の対策と収束など、ひとつひとつの課題に全力で取り組んでいく決意です。
 子どもたちが元気で、若者もお年寄りも誰もが安心して暮らせる、ふるさと・いわきにむかって、あきらめずに行動する覚悟です。みんながいっしょに手をつないで、いまと未来を見つめ、いわきの再生をめざし挑戦します。


●佐藤かずよし後援会事務所
いわき市鹿島町走熊字小神山63−1
    いわきビジネスセンタービル303 ☎85−5744(FAX)5745
     電話85-5744 FAX85-5745

*支援カンパの送り先
 郵便振替:佐藤かずよし後援会 02230−0−117108
e0068696_07294618.png
e0068696_07303688.png
e0068696_07325476.png
e0068696_07340234.png












[PR]
by kazu1206k | 2016-08-18 23:14 | 議会 | Comments(0)

全国政策研究会in東京・国立市「地方自治ってなんだ?」

8月19日20日に東京都国立市で開催される、全国政策研究会in東京・国立市「地方自治ってなんだ?」のご案内です。

2016年8月19日20日
全国政策研究会in東京・国立市
テーマ:地方自治ってなんだ?

場所:一橋大学(東京都国立市)



◇三多摩へようこそ!多摩地域は人口420万人。三多摩には五日市憲法や砂川闘争など住民運動の長い歴史があります。その後、横田基地公害訴訟、圏央道建設反対運動、日の出のごみ処分場反対運動、国立の景観訴訟、そして小平市の都市計画道路をめぐる住民投票など様々な住民運動が闘われてきました。そのどれもが地域から市民自治を拡げていく取組みです。こうした多摩地域の息吹に触れてください。



講演「地方自治ってなんだ〜立憲主義と自治体」木村草太さん(首都大学東京教授)

鼎談「地方自治と地方創生」阿部裕行さん(多摩市長)/保坂展人さん(世田谷区長)/上原公子さん(元国立市長)

分科会

1「TPPで日本は、地方自治体はどうなるか?」内田聖子さん(NPO法人アジア太平洋資料センター事務局長)/奈須りえさん(大田区議)

2「脱原発〜自然エネルギーと地域おこし、原発事故被害者支援〜」山下英俊さん(一橋大学准教授)/満田夏花さん(国際環境NGO FoEJapan)

3「法施行1年、生活困窮者自立支援法の実践報告」青木康二さん(グリーンコープ生活協同組合ふくおか)

4「日米安保、安保法制と地方自治体」湯浅一郎さん(ピースデポ副代表)/中山均さん(新潟市議)

5「『地方創生』競争に踊らされずに、豊かな暮らしを実現する道は?」藤波匠さん(日本総研上席主任研究員)/新雅史さん(社会学者/『商店街がなぜ滅びるのか』等)

6「多様な家族・多様な親子関係を支える自治体政策 離婚後の親子の面会交流について考える」青木聡さん(大正大学教授/臨床心理士)植野史さん(共同養育センターつむぎ代表)

オプショナルツアー
8/18(木)環境配慮型施設と地域の寄り合い所見学(小金井) 
8/20(土)基地・安保:砂川・立川基地をめぐる(立川)

参加費(資料代) センター会員議員5000円/非会員議員1万円/首長 5000円(協賛費)/町村議員(会員・非会員問わず) 3000円/一般・研究者 1000円(1日のみ500円)/学生 無料/地産地消レセプション 4000円

主催 一橋大学自然資源経済論プロジェクト
事務局 自治体議員政策情報センター
〒700-0971 岡山市北区野田5-8-11 かつらぎ野田2F
TEL 086-244-7723 FAX 086-244-7724 E-mail:jichitaigiinjouhou@gmail.com
e0068696_07335165.png
e0068696_07344807.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-08-10 23:25 | 議会 | Comments(0)

小野町処分場嵩上げでいわき市議会が意見書

 8月1日、いわき市議会は、7月定例会の最終日「小野町として小野ウェイストパークに係る嵩上げ及び再搬入計画を容認しない姿勢を表明することを求める意見書」を採択しました。
 いわき市議会は、昨年2月定例会でも「小野町処分場に係る嵩上げ計画を容認しないことを求める意見書」を可決して嵩上げ計画に反対してきました。
 田村郡小野町につくられた小野町一般廃棄物最終処分場は、関東の自治体ゴミ焼却施設からでる主灰や飛灰などの廃棄物の最終処分場です。1996年から廃棄物が搬入され2011年に搬入が終了していますが、いわき市民の水道水源である夏井川上流に位置するため、市民の飲料水がダイオキシンに汚染されては大変と多くの市民が建設に反対し、議会請願や裁判で争われました。
 事業者の株式会社ウィズウェイストジャパンは、いわき市と公害防止協定を締結していますが、2007年には協定に違反して施設の変更に係る事前協議を行わないまま、処分場の埋立容量を10%近く増量する事案が発生。設置許可を福島県が軽微な変更として受理したため、いわき市が同社と福島県に白紙撤回を申し入れて福島県の調停となり、いわき市議会も埋立容量変更を許さないとする反対決議を可決しました。この時、いわき市は小野町から「今後増量を考慮する状況にない」「事業者への土地の賃貸契約については延長は考えていない」との説明をうけて、不本意ながら、県の調停案を受け入れ増量を認めましたが、今回のかさ上げ計画は、9年前の「今後増量を考慮する状況にない」とした小野町の説明を反古にするもの、いわき市として到底認められるものではなく、重ねて小野町が「今回の嵩上げ及び再搬入計画を容認しない姿勢を表明し、同処分場の廃止に向けた対応をされるよう改めて強く要望」したものです。

小野町として小野ウェイストパークに係る嵩上げ及び再搬入計画を容認しない姿勢を表明することを求める意見書

 株式会社ウィズウェイストジャパンが小野町に設置した一般廃棄物最終処分場小野ウェイストパークの嵩上げ及び再搬入計画に関し、小野町主催により、当該計画についての小野町の対応に係る説明会が、本年5月から6月にかけて3回にわたり開催された。
 そもそも同処分場については、本市の主要な水道水源に立地し、市民に大きな不安を与える存在であることから、これまで本市議会として、平成7年に福島県から設置許可を受けた後の平成7年12月定例会において水道水源の安全性確保に係る請願及び水道水源の安全性確保を求める意見書を採択し、また、平成19年に埋立容量の増量が福島県に届出された後の平成19年3月定例会において小野町一般廃棄物最終処分場に係る埋立容量の変更に反対する決議を可決してきた経過が あり、今回の嵩上げ及び再搬入計画に対しても、決して認めることはできないという立場から、平成27年2月定例会において小野町一般廃棄物最終処分場に係る嵩上げ計画を容認しないことを求める意見書を採択し、当該計画を容認することなく、同処分場の廃止に向けた対応を小野町に強く要望したところである。
 このような状況の中で、たとえ同処分場の埋立終了及び跡地利用に向けた選択肢の1つとしてであっても、当該計画が小野町から地区住民に提示されたこと自体が当該計画の白紙撤回を求める本市議会の立場とは相入れない行為であることに加え、その内容について本市が行った公文書開示請求により開示された説明会記録の中に小野町として当該計画を容認したとも受け取れる小野町側の発言が記載されていたことは、隣接する地方公共団体間の信頼関係を大きく損なうものであり、極めて遺憾である。
 よって小野町においては、今回の嵩上げ及び再搬入計画を容認しない姿勢を表明し、同処分場の廃止に向けた対応をされるよう改めて強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。

平成28年8月1日

小 野 町 長 大和田 昭 様
                      いわき市議会議長根本茂
e0068696_23225974.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-08-02 23:25 | 議会 | Comments(0)

自治体議員立憲ネットが鳥越俊太郎さんを応援

超党派の自治体議員842人による立憲主義と平和主義のネットワーク「自治体議員立憲ネットワーク」が「2016年東京都知事選挙予定候補者、鳥越俊太郎さんを応援します」とのアピールを公表しました。以下に掲載。

2016年東京都知事選挙予定候補者、鳥越俊太郎さんを応援します。
  
 昨日12日、鳥越俊太郎さんが東京都知事選挙への出馬を表明しました。
 鳥越俊太郎さんは出馬表明の中で、「住んでよし、働いてよし、環境よし」の東京をつくると述べ、加えて今回の参議院選挙において与党などの改憲勢力が3分の2議席に達したことに言及し、「憲法改正が射程に入った。時代の流れが変わり始めている。元に戻す力になりたい」と語りました。
 立憲主義の回復、安保法制の廃止、野党市民連合をめざす私たち自治体議員立憲ネットワークは、鳥越俊太郎さんが抱く「改憲の流れをとめたい」という危機感と意志に深く賛同し、民進党、共産党、社民党、生活の党、野党4党が鳥越俊太郎さんの支援を表明したことを大いに歓迎するものです。
 各政党や市民が力を合わせて都民のいのちと暮らし、平和を大切にする都政に刷新するため、鳥越新知事の誕生に向けて全力で応援します。

2016-07-13

  自治体議員立憲ネットワーク
      角倉邦良  群馬県議会議員(民進党)
      高田良徳  香川県議会議員(社民党)
      西崎光子  東京都議会議員(生活者ネットワーク)
      松谷 清  静岡市議会議員(緑の党)
      玉田輝義  大分県議会議員(無所属)
e0068696_1991140.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-07-16 19:02 | 議会 | Comments(0)

ホームページをリニューアル

ホームページをリニューアルしました。
一度、ご覧頂ければ幸いです。

ホームページ
http://www.f3.dion.ne.jp/~kazu_obr/
e0068696_6222461.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-06-20 22:19 | 議会 | Comments(0)

新たな決意、後援会事務所開き

6月5日、佐藤かずよし後援会事務所開きが行われました。
場所は、いわき市鹿島町走熊の鹿島街道添い、鹿島郵便局のあるいわきビジネスセンターの3階です。
当日は、午前11時、日曜にもかかわらず、各地区の後援会から多数のみなさまにご参集頂きました。ほんとうにありがとうございました。
事務所は、毎日午前10時より午後6時まで開いておりますので、お立ち寄りください。
いわき市議会議員一般選挙は、9月4日告示、11日投開票です。

●新たな決意  佐藤かずよし

 東日本大震災と原発事故から5年。わたしたちは必死の思いで生活の再建、仕事の立て直しをはかり、放射能から家族、子どもたちを守ってきました。
 やっと、暮らしも少しずつ落ち着いてきました。これからも、このいわきで誰もが安全に安心して暮らしていくために、いま何が必要なのか。これからの5年、10年を見据えて、いわきの未来をどう描くのか、しっかり考える必要があります。
 新しいいわきをつくるために、市政をチェックする議会と議員の力も問われています。わたしは、これまで市民の声に耳を傾け、いっしょに考え、あきらめずに行動してきました。
 あらためて、市民のみじかな相談役という原点に立ち返って頑張ります。いのちを守り、人と自然を再生させるために、福祉と医療の充実、子育て環境の整備、貧困と格差の解消、地域経済の振興、原発事故の対策と収束など、ひとつひとつの課題に全力で取り組んでいく決意です。
 子どもたちが元気で、若者もお年寄りも誰もが安心して暮らせる、ふるさと・いわきにむかって、あきらめずに行動する覚悟です。みんながいっしょに手をつないで、いまと未来を見つめ、いわきの再生をめざし挑戦します。

●佐藤かずよし後援会後援会事務所

いわき市鹿島町走熊字小神山63−1
    いわきビジネスセンタービル303 ☎85−5744(FAX)5745
     電話85-5744 FAX85-5745

*事務所は、毎日午前10時より午後6時まで開いております。
*佐藤かずよし後援会「討議資料」リーフレットのご請求など、お気軽にご連絡ください。
*駐車場は、鹿島郵便局の奥にの駐車場をお借りしておりますので、ご利用ください。
e0068696_7292255.png
e0068696_731917.png
e0068696_735564.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-06-07 22:55 | 議会 | Comments(0)

福島原発震災情報連絡センター、第6回総会を開催

 4月25日、いわきゆったり館で「福島原発震災情報連絡センター」の第6回総会が開催された。全国から自治体議員が参加。今年もいわきの地で総会を行い、震災から6年目の被災地の今を見、聞き、考え、全国で行動していくことになった。
 研修では、3つ報告が行われた。第一に「いわき市の現状と課題」として、①原子力災害対策、東電及び国への働きかけ②モニタリングと除染③食品測定、WBC、県民健康調査、甲状腺検査④原発避難者の現状と課題が、いわき市の担当者から説明された。第ニは「福島原発事故は終らないー現状と被害者の闘い」と題して武藤類子:福島原発告訴団長が報告。第三に「大熊町の住民の今ー全町避難自治体の現状と住民の生きる権利」と題して木幡ますみ:大熊町議会議員が報告した。
 総会では、2015年度の被災者の生存権を守る活動、対政府交渉、自治体議会での取り組みが報告され、2016年度も引き続き住宅支援の継続などの緊急課題に対して、自治体での取り組みを強めていくことを確認した。
e0068696_21443191.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2016-04-25 23:37 | 議会 | Comments(0)

25日に福島原発震災情報センターの第6回総会

 福島原発震災情報連絡センターの第6回総会が、4月25日に開催される。
 福島原発震災情報連絡センターは、原発立地自治体を始め全国29都道府県131人の自治体議員の呼びかけで、2011年10月26日設立された。
 原発震災で放射能汚染と被曝を強制される人々の生存権を守ることを目的に、これまで「(仮称)福島原発被曝者援護法」制定プロジェクトを立ち上げ、チェルノブイリ事故後のウクライナ現地調査や「原発事故子ども・被災者支援法」成立の一翼を担い、『原発事故子ども・被災者支援法』推進自治体議員連盟」の結成を呼びかけ、各議会での意見書活動、院内集会、政府交渉などの活動を進めてきた。また、各地で保養活動の取り組み、住宅支援など避難者の生活課題などについても情報交換し、各自治体、各議会での取り組みを進めてきた。以下は、センターからのご案内。

福島原発震災情報連絡センター 
―第6回総会&被災地スタディツアー のご案内―


今年もいわきの地で、震災情報連絡センターの総会を行います。
震災から5年、被災地の今を見、聞き、話し合いましょう
どうぞ、奮ってご参加ください。

◆日程 4月25日(月)~26日(火)
◆会場 いわきゆったり館
   http://www.mumyosha.co.jp/guide/fukucoon/8.html
◆内容
【4月25日】
12:30 受付開始
13:00~16:00 研修 
(1)報告:いわき市の現状と課題
   ①原子力災害対策、東電及び国への働きかけについて
   ②モニタリングと除染について
   ③食品測定、WBC、県民健康調査、甲状腺検査について
   ④原発避難者の現状と課題について
(2)報告:大熊町の住民の今ー全町避難自治体の現状と住民の生きる権利
      (小幡ますみ:大熊町議会議員)
(3)報告:福島原発事故は終らないー現状と被害者の闘い
      (武藤類子:福島原発告訴団長)

16:00~17:30 総会 
18:00~20:00  夕食懇親会

【4月26日(火)】
8:00~12:00  楢葉町~富岡町視察(マイクロバス)
         *ガイド:富岡町3.11を語る会 
12:00~13:00 昼食 
13:00〜14:00 いわき放射能市民測定室たらちね 
          βラボ見学と検診センターの設立準備
           *β線放射能測定ーストロンチウム90とトリチウム
14:30ごろ解散 
 
e0068696_7575046.png

[PR]
by kazu1206k | 2016-04-12 21:47 | 議会 | Comments(0)

県議選、ご支援ありがとうございました

立冬も過ぎ、秋から冬へ季節が巡ります。15日福島県議選の投開票が行われました。

福島県議選いわき市選挙区は、定数10に現職9人、元職1人、新人6人の16人が立候補し激戦となりました。
わたしは、「いのち・くらし、最優先」で「脱原発、新しいふくしま」を、みんなで「いっしょにつくろう」と訴えました。しかし、結果は6,496.902票で11位次点となり、福島県政への挑戦は実を結びませんでした。これまでのご支援に深く感謝申し上げますとともに、ご支援にもかかわらず、結果をだせず、わたくしの力不足を心よりお詫び申し上げます。

福島原発震災から4年8ヶ月。国による5年間の「集中復興期間」から新たな「集中創生期間」5年間の戸口にたって、10万人を超す原発事故避難者はじめ被災県民の困難が続く中、福島第一原発事故の早期収束と福島第二原発の再稼動阻止・廃炉は、復興・再生の土台であり、子育て環境の整備、地域医療と高齢者福祉の充実、地場産業の振興などの施策を実現していくことは、依然として、人間の復興という復興本来の重要課題です。生活再建や避難者支援、完全賠償、中間貯蔵施設、TPPと農業再生、格差の是正、戦争に反対し平和憲法を守ることなど現下の喫緊の課題についても、内堀県政と県議会の「オール与党」体制を厳しく監視し、県民の意志を明らかにしていくことが必要です。

わたくしは、寄せられた市民おひとりおひとりの思いを大切にしていきたいと思います。子どもたちを始め誰もが安心して暮らせるふくしまをめざして、市民のいのちとくらしを守り、福島県民の生存権を守るため、これからも歩み続けます。なお一層脱原発、いわきの再生、ふくしまの復興へ邁進する決意です。これまでのご支援に深く感謝申し上げますとともに、これからもご支援、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

いっしょに、手をつないで前へ進みましょう。

*平成27年11月15日執行 福島県議会議員選挙いわき市選挙区の開票結果
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/info/dbps_data/_material_/info/kenngikaihyoukakutei.pdf
e0068696_830274.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2015-11-16 08:58 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧