<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008年新春のつどい、ご支援ご声援に感謝。感激。

e0068696_2025401.jpg1月25日、恒例の佐藤かずよし後援会「2008年新春の集い」が、パレスいわやで開催されました。
寒中にもかかわらず、市内各地から大勢の方にご参加頂きました。
ほんとうにありがとうございました。

わたくしは、第1部の後援会総会で、4年前の選挙で掲げた5つの公約の実現状況を報告するとともに、9月の任期満了を前に、2期目に向けて挑戦する決意を述べさせていただきました。
第2部の新年会は、フラダンス付きのウクレレバンドのみなさんの演奏や日本舞踊、ゲームなどであっという間に楽しいひとときが過ぎました。
写真は、ゲームの最後、お祝い箱いっぱいの「票」を頂いて、感激している様子です。

2008年幕開けのイベント。
愛情溢れる後援会の役員、事務局のみなさんのご奮闘で大盛況、大成功のうちに終了しました。
ありがとうございました。感謝。感激です。
みなさんからのエネルギーを頂き、また明日から頑張ります。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-30 20:53 | 地域 | Comments(0)

南部清掃センター談合事件住民訴訟、地裁で住民勝訴の判決下る

1月28日、福島地方裁判所は、いわき市の南部清掃センター談合事件での住民訴訟で、住民勝訴の判決を下した。判決は、被告の三菱重工業(株)に対し、いわき市の損害額11億2770万円と支払日までの遅延損害金の支払いを命じている。
この金額は、工事契約額225億5400万円の5%相当額。

この住民訴訟は、いわき市の財政運営の公正を確保し、市民全体の利益を保護するため、元衆議院議員の上坂昇さんら市民が起こした住民訴訟である。
上坂昇さんはじめ原告の皆さんの今日までの並々ならぬご労苦に敬意と感謝、そして祝意を申し上げたい。

本件は、三菱重工業(株)など5社による平成9年の自治体のゴミ焼却炉に関する独占禁止法違反事件で、昨年6月、公正取引委員会が談合の事実を認め再発防止などの排除措置を求める審決を行った南部清掃センター談合事件に係るもの。
公正取引委員会が談合を認め排除勧告をした段階で、平成11年「工事請負代金の支出命令差し止め」と、平成12年「いわき市への損害賠償」を求めた代位請求だ。
昨年、原告側が高齢となったため、事業者への損害賠償請求訴訟の円滑な進行をめざして、元市長らへの訴えの取り下げは取り下げていた。

南部清掃センター談合事件では、事前に談合情報があり、事業者から「契約解除」を含む誓約書をとった経緯がある。
平成11年9月市議会に、私たち市民グループは、「残金支払いの一時保留を求める請願」が提出して、市の財政運営の公正確保と市民全体の利益を保護するよう訴え、請願審査の委員長報告では「談合の事実と認められた場合には、市は会社に対し損害賠償を請求すべき」との要望が付言された。

公正取引委員会の独禁法違反の審決に対する東京高裁の審理は、昨年7月結審し判決は出ていない。
しかし、被告の三菱重工業(株)は、いわき市民及びいわき市との今後の関係を考えるなら、東京高裁審理と切り離して、控訴せず、判決を確定させるべきではないのか。
被告の対応を注視したい。

福島地裁判決は、事実の判断の中で、「怠る事実」の存否について触れている。
「地方自治法の規定によれば、客観的に存在する債権を理由もなく放置したり免除することは許されない」として、いわき市が、公正取引委員会の審決の確定まで、損害賠償請求権の行使を控えるのは、「民法709条に基づく損害賠償請求権を有しているのに違法にその行使を怠っている」と指摘している。
いわき市は、市民全体の利益を保護するため、早急に違法状態を解決すべきである。
いわき市は、地裁判決を重く受け止め、損害賠償請求権を行使しなければならない。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-28 18:48 | 農水商工業 | Comments(0)

「覚悟はできてるなんて偉そうなことはいわないで」吉永小百合の映画「母(かあ)べえ」

e0068696_21521350.jpg1月26日、山田洋次監督、吉永小百合主演の映画「母(かあ)べえ」の全国ロードショウが始まった。早速、カミサンと観てきた。
二人とも涙が止まらなかった。

「母(かあ)べえ」は、昭和15(1940)年から日米開戦(1941年)前後の激動の時代の東京を舞台に、二人の子どもとつましくも幸せに暮らす家族、父親の治安維持法による検挙という治安弾圧のなかで、懸命に生き抜いた母と家族の物語だ。

過酷な時代に生きた人々の労苦、人の世のはかなさ、家族の素晴らしさ、人間の尊厳、そして、この時代へ再び足を踏み入れつつあるという現在への問い…。
吉永小百合は優しさとたくましさを兼ね備えた「昭和の母」を演じきった。
昭和という時代を問う感動作となった。

赤紙を受けとり「山ちゃん」が母べえに別れを告げるシーン。
死ぬ覚悟を告げる「山ちゃん」に母べえが泣いてすがりつく。
その時の言葉が心に残る。
「覚悟はできてるなんて偉そうなことはいわないで」

ラストの母べえ臨終のシーン。
「昭和の母」は、未だに救われない。
自衛隊の海外派兵恒久法の制定が俎上にのぼり、憲法9条改憲の動きが進むなか、時代状況が閉塞感を強めている現代に警鐘を鳴らす。
あふれる涙とともに、甚大な犠牲者を出しながら、再びの戦争への道を押しとどめることができていない現在の己の非力さを痛感した。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-26 22:59 | 文化 | Comments(0)

いわき駅前再開発ビル「ラトブ」、施設への苦情・要望の改善点

 12月定例会でとりあげたいわき駅前再開発ビル「ラトブ」のエレベーター、階段、駐車場など施設面の苦情・要望の改善について、本市の担当課である市街地整備課に報告を求め、21日説明を受けました。

 ラトブの管理運営は、株式会社ラトブコーポレーション、権利者、いわき市、いわき商工会議所などの床所有者全員で組織する「ラトブ管理組合」が担っています。
 本市は、管理組合の一員として「各公共施設の機能を最大限活かした運営や、複合用途の特性を活かした賑わいづくりにつながる管理運営など、市民の皆様に喜ばれる施設となるよう、積極的に取り組んで参りたい」(都市建設部長の議会答弁)としています。

 施設面の改善について、株式会社ラトブコーポレーションは、いわき駅前地区市街地再開発組合、いわき市、いわき商工会議所等の事業関係者と協議、「早急に対応すべき事項」として、下記の対応をしたということです。

 下記の改善点をみて感じること。
それにしても、ラトブの管理運営のお粗末さはどうしたものか、と。
 しっかりしてもらわねば!逃げてはいかん!

<ラトブへの苦情・要望等の改善点(共有部)(抄)>

苦情要望の場所等 ・苦情要望の内容 *対応

●既に実施したもの
駐車場 ・入庫出庫に時間を有する(道路渋滞) 
        *駐車場導線を2階で左折に変更及び誘導員の対応 
    ・駐車場と上階との移動線が不明 *案内サイン増、拡大
    ・駐車場と上階とのエレベータ待時間が長い *階段の解放

駐輪場 ・駐輪場が不明(駐車場入口、銀座通り)*案内サイン設置

2階 ・駐車場から10時前の開店店舗への導線不明 *案内サイン設置

行事予定・各施設の行事予定が不明 *1月単位予定表を1.2階入口に設置

意見等の窓口 ・ラトブへの意見窓口不明 *2階に意見箱の設置

●実施予定のもの
6階 ・産業創造館、商工会議所、WC等の場所不明*案内サイン設置

行事予定 ・産業創造館等の当日催し物等の会場場所が不明
       *1.2階出入口に当日催し物等会場案内掲示板設置

掲示場所 ・案内情報の掲示板がない
     ・ポスター等掲示依頼しても掲示場所なく断られる
       *地階、4.5.6階エレベーターホール等に掲示板設置
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-21 21:46 | 農水商工業 | Comments(0)

鹿島、江名、平で今年最初の議会報告会

今年最初の議会報告会を、15日から3日間、鹿島、江名、平の3地区で開きました。
寒中にもかかわらず、夜の会合に多数ご出席頂き、ほんとうにありがとうございました。

12月定例会の一般質問でとりあげた「いわき駅前再開発事業と駅周辺整備事業の見直し」「障がい者福祉の改善」「環境汚染の防止」「江名地区の複合施設建設」などを中心に、賛成討論を行った「市立保育所の民営化を性急に進めない請願」などを報告致しました。

参加した市民の皆様からは、活発に、ご質問、ご意見が出され、いつもながら盛会でした。
ラトブの改善、保育所民営化の是非、市立病院の医師確保、妊婦検診への補助、市手数料納付、市民満足度のロードマップづくりなどなど、市政に対する多数のご意見やご要望を頂戴しました。

お聴きしたご意見、ご要望について、すぐに対応可能な件は、翌日から関係課に問い合わせ解決をはかっています。
中長期的課題については、必要な調査研究をすすめていきます。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-20 18:06 | 議会 | Comments(0)

青森県で核燃料を再処理するロッカショ工場を止めませんか

1月27日(日)、日比谷公園内にある大音楽堂と小音楽堂の2つの会場を使って、六ヶ所再処理工場の本格稼動に反対する集会を行ないます。
2つの会場の主催は異なりますが、銀座を経て東京駅の先まで行くパレードは、協同
で行ないます。ぜひご参加ください!

なお、以下は大音楽堂でのイベントのお知らせです。
(※小音楽堂イベントの詳細はこちら→http://nonukesmorehearts.org)

↓↓↓↓↓大音楽堂でのイベントのお知らせ↓↓↓↓↓

青森県で核燃料を再処理するロッカショ工場を止めませんか
  〜1.27日比谷野外大音楽堂 イベント&パレード〜

本格稼働が2008年2月に予定されている青森県の「ロッカショ工場」(六ヶ所再処理工場)は、原子力発電所が出す放射能1年分を1日で海や空気中に出します。
その放射能は青森のりんごに届き、さらに海流に乗って、ほたて、カキ、うに、さん
ま、鮭、いくら、ホヤ、あわび、わかめ、ひらめ、あいなめ、などがとれる岩手県三
陸の海に届きます。
影響は岩手だけではありません。北海道、東北にも及びます。ゆたかな東北や北海道
の食材が、将来たべられなくなってしまうなんて困ります。

「ロッカショ工場」本格稼働の中止を求めるために、イベント&パレードを行いま
す。サーフボードを持ったサーファー、大漁旗を持った漁師などが参加します。
「再処理工場ってなに?」と初めて知る人にも気楽に参加できるパレードを計画して
います。ご家族やお友達と、どうぞお気軽にご参加下さい。お子さんも大歓迎です!

三陸魚介汁も炊き出しますので、あたたまってからパレードに出かけましょう。

●日時 2008年1月27日(日) 入場無料
    12:00 開場 13:00開始 14:30終了
14:30 パレードスタート ※NO NUKES MORE HEARTSと共催
●会場 日比谷野外大音楽堂 
※東京メトロ丸ノ内線、千代田線「霞が関」駅より徒歩3分

●主催 「六ヶ所再処理工場」に反対し放射能汚染を阻止する全国ネットワーク
呼びかけ団体:生活協同組合あいコープみやぎ(本部:宮城県)、生活協同組合連合
会きらり(本部:大阪府)、生活協同組合連合会グリーンコープ連合(本部:福岡県)、生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(本部:東京都)、大地を守る会(本部:東京都)、特定非営利活動法人 日本消費者連盟(本部:東京都)、パルシステム生活協同組合連合会(本部:東京都)
●協力 サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン、ピースヒロシマ実行委員会
    
●出演 こまっちゃクレズマ、マエキタミヤコ(広告メディアクリエイティブ・サステナ代表)、重茂漁協(岩手県宮古市)、守山倫明(サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン代表)他
●炊き出し 三陸魚介汁
※数に限りがあります。ご了承ください。

●お問合わせ:03-3402-8841(大地を守る会)

●イベントの詳細はこちらを
http://www.daichi.or.jp/mamorukai/news/071225/index.html
こちらからチラシをダウンロードできます
http://www.daichi.or.jp/mamorukai/news/071225/pdf/071225.pdf 
※マイお椀、マイ箸、ふきん(洗い場がないので食べた後のお椀を拭う用)、温かい上着、ひざ掛け、思いを書いて持ち手を付けたメッセージプラカードなどがあると便利です。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-16 22:01 | 脱原発 | Comments(0)

福島第一原発、原子炉安全確認用の監視試験片が残り1個!

 中性子線の照射によって、原発の運転開始時から原子炉圧力容器がどの程度劣化しているかを調べるために、「監視試験片」が原子炉の圧力容器内に入れてある。
 その監視試験片が、東京電力福島第一原発の各原子炉でそれぞれ1個、第二原発でそれぞれ2個しか残されていないと、昨年12月30日以来報道されている。

 監視試験片は、原子炉圧力容器と同じ材質の合金板。監視試験片による圧力容器の安全性評価は、電気事業法に基づいて実施され、老朽化=経年劣化の状況を確認するものだ。
 試験片は、原子炉圧力容器から運転年数12年経過ごとに1個ずつ取り出す規定で、ハンマーで割る「衝撃試験」や「引っ張り試験」などを行うが、現状では、第一原発各原子炉の試験片は、次回でなくなってしまうという。
このままでは、監視はもちろん原子炉圧力容器の安全評価ができなくなる可能性がでてきた。 

 もともと、設計時の原発の寿命は30〜40年だったから、設計時の寿命に見合った監視試験片が、原子炉圧力容器内に入れてあったのだ。
 ところが、国と電力会社は、度重なる老朽化の危険性の指摘にもかかわらず、90年代から原発の老朽化を高経年化対策と称して、設計時の原発の寿命をはるかにこえる「60年の使用に耐えうる」と強弁し、設計時の寿命を超えて運転し続けているため、今回のような事態が発生したのだ。

 保安院は、試験片の「再利用技術」の導入など対応を急いでいるというが、泥縄の極みだ。
 シュラウドのひび割れを見るまでもなく、老朽化によって想定外のひび割れの可能性が高まることは否定できない。中性子線照射による原子炉の安全性確認のための監視試験片評価をいい加減な形で進めることはできない。
 設計時の寿命を過ぎた原子炉は、安全確認ができないなら、廃炉の検討をするのが当たり前ではないか。それこそ現実的である。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-14 18:15 | 脱原発 | Comments(0)

議会報告、市民相談、行政要望と2008年の活動開始

e0068696_17504457.jpg1月4日は、仕事始め。
12月定例会の議会報告を掲載した「かずよしレポートNo.15」の印刷物の納品をうけ、早速これを届けながら、新年のあいさつまわりを開始。
5日は、野口雨情記念湯本温泉童謡館の開館記念式典、社会福祉法人愛篤福祉会おりーぶの新年会。
6日は、いわき市消防団の出初め式、同第2支団出初め式。7日は、いわき市新春市民交歓会、行政相談の現場確認と続きました。

7日から、昨年末、そして今年の年始にかけて受けた市民相談や行政要望の処理、懸案事項の進行確認点検などで市役所の階段を上がったり下りたりです。

いよいよ、2008年の議員活動のエンジンも本格稼働です。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-09 18:24 | 地域 | Comments(0)

総選挙、自衛隊海外派兵の恒久法の秋の国会提出?!

福田首相は、1月4日の年頭記者会見で自衛隊海外派兵の恒久法の整備について、「国際平和協力ならば積極的に迅速に活動できる体制があってもいい、そのためには恒久法を整備した方がいいという意見が前からあった。私もそのような考え方は持っている」と語った。

6日の朝日新聞朝刊は、「政府は、国連平和維持活動(PKO)以外でも自衛隊が海外活動できる一般法(恒久法)について、秋の臨時国会での提出を視野に本格検討に着手する方針を固めた。国連決議や国際機関の要請を派遣の前提とし、国会の事前承認を義務づける一方で、武器使用基準の緩和を検討する方向で与党と調整に入る。一般法は、昨年の民主党・小沢代表との党首会談でも必要だとの認識で一致しており、同党にも政策協議を呼びかける考えだ。」と報じている。

政府は、昨年7月参院選の自民党の歴史的大敗と参院での「与野党逆転」状況の中で、自公が今国会でテロ特措法案を再議決によって成立させても、インド洋での給油支援が「1年間」に限定されるため、来年以降の活動継続ねらって、恒久法の成立を図りたいという。
たたき台は、06年に自民党国防部会の小委員長だった石破防衛相がまとめた「国際平和協力法案」。私案では国連決議や国際機関の要請がなくても多国籍軍に参加可能としている部分を、国連決議などを派遣の前提と手直し、私案にある治安維持任務の付与や、要人警護などの警護活動もできる武器使用権限の拡大も検討するというもの。

今年中の衆議院解散、総選挙、そして総選挙後に「政権交代」「大連立」「政界再編」などが予測される。
昨年の福田・小沢の「大連立」構想の最大のテーマは、まさにこのテロ特措法期限切れに対応する自衛隊海外派兵の恒久法の整備であった。
これについて、福田と小沢は合意したとされる。
結局、「大連立」「政界再編」の流れが、憲法9条改憲と自衛隊の海外派兵恒久法の成立可能な衆参両院の三分の二の多数派形成へと向っていることを、わたしたちはよく見ておかねばならない。
今年の衆議院解散、総選挙。
それらの政党間攻防と再編が、戦争の道か平和の道か。
わたしたちは、二つの分岐点に立って、平和への道を切り開いていくしか未来はない。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-07 21:35 | 時評 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます

e0068696_1754336.jpg2008年、新年あけましておめでとうございます。

穏やかなあらたまの元日となり、若水をとってご先祖にお供えし、燈明を点して拝みました。
お雑煮を頂いてから、町内の久保と蔵持の歳旦祭をまわりました。
皆様お揃いで、新年のご挨拶を申し上げましたところ、早速「今年は市会の選挙だね。がんばって!」のお言葉を頂戴しました。
ほんとに「一年の計は元旦にあり」です。決意も新たにしました。
仕事のこと、家族のこと、市立病院のこと、障がい者施設のこと、地域の土木のことなどなど、話は昼近くまで尽きませんでした。

写真の「おおらか招き猫」は、大いにくつろいで、ほんわかムードを漂わせています。
いつもは私の家の玄関で皆様をお待ちしている猫です。
今年も皆様に福をもたらすようにお祈りしています。
この猫のように自然体で、いきましょう。
[PR]
by kazu1206k | 2008-01-01 17:36 | 心模様 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧