<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

いわき産業祭、ものづくり―伝統の技から先端技術まで

第60回いわき産業祭が10月31日と11月1日、平市民運動場、平体育館、いわき産業創造館の3会場で開かれている。平市民運動場の屋外ステージでオープニングセレモニーが開かれ出席した。実行委員長の市長や議長のあいさつに続いて、すずかけ幼稚園の子どもたちと一緒にくす玉を割ってオープン。
いわき産業祭は、いわき市内の産業を広く紹介・宣伝し、地場産業の振興のために毎年開かれている。今年のテーマは、「いわきの未来を創(つく)るものづくり―伝統の技から先端技術まで」。会場には、59団体が出展していわきの匠の技から最先端の燃料電池車まで並んで、東北一の製造品出荷額を誇るいわき市の産業をアピールしている。
e0068696_16561780.jpg
今年は60回目の節目として、60年間の産業祭の歩みを振り返る写真も展示された。昭和24年の夕刊が初回の産業文化祭の様子を伝えている。
e0068696_16565372.jpg
平体育館のいわき市技能職団体連絡協議会の匠の技コーナーでは、ものづくりの体験コーナーで市民が伝統の技を体験したり、民芸品コーナーなど大賑わい。
e0068696_16575330.jpg
屋外ステージでは和太鼓やフラダンスなどのアトラクションが行われた。平市民運動場のいわきの特産品コーナーでは、各地区商工会やJA女性部などが選りすぐりのいわきの逸品を取り揃えている。植木市も一見していい。新開発の商品では、いわき青のり麺、米粉を使った肉まん、いわきの伝統食「サンマのぽうぽう焼き」のハンバーガー「いわきSUNバーガー」なども味わえて、楽しい産業祭となった。お時間があれば、是非、足をお運びください。
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-31 17:36 | 農水商工業 | Comments(0)

いわき市議会開会、新市長の「所信表明」

いわき市議会10月定例会が29日開会した。渡辺新市長、初の定例会である。渡辺市長のいわば「所信表明」が市長提案要旨説明の中で行われた。

市長は今後4年間の市政運営について、「常に謙虚な心を持ち、市民や市内各界各層からの意見を十分聴きながら、清潔で公正な市政の運営に努めることを基本に、『改革と実行、スピード感、ぶれない』の信条に基づき、ふるさと・いわき市の振興発展のため誠心誠意全力を挙げて取り組んで参る所存であります」と述べた。

そして、「本市の将来にとって必要不可欠と思われる施策については、強い決意でその実現を期し、一方で、見直すべきものについては、勇気を持って改め、市民の皆様が安心して暮らすことができ、いつまでも住み続けたいと思うようなふるさとづくりに邁進して参りたい」と語り、市民と約束してきた主な事項の「安全安心のまちづくり」「産業に活力あるまちづくり」「新エネルギー活用のまちづくり」「人がいきいき輝くまちづくり」「高齢者が健やかに生きがいを持って暮らせるまちづくり」「男女共同参画のまちづくり」「未来を担うまちづくり」「聖域なき行財政改革のまちづくり」の基本方針を示した。

主な施策は、選挙戦で公約してきたものだが、メーンの「新たな病院の整備を含む、地域医療の再構築に向けた基本構想を3年間で取りまとめ、全力をあげて取り組む」という「医療環境の充実と市立病院の再建」をはじめとして、全体として抽象的なものだった。『改革と実行、スピード感、ぶれない』の信条に基づき何を改革しどう実行するのか。そのスピードとぶれない内容が実感として伝わらなかったのは残念なことであろう。11月2日からの一般質問の論戦の中で、市長からこれらの基本方針の中味を呈示して頂き、議場で大いに議論を深めることで、市民の負託に応えなければならない。









 
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-29 19:46 | 議会 | Comments(0)

市議会あす開会、市長の政治姿勢や市立病院、ラトブ問題

あす10月29日から、いわき市議会10月定例会が11月13日までの日程で開かれます。渡辺新市長初の定例会のため、明日は渡辺市長のいわば「所信表明」が市長提案要旨説明という形で行われます。それを受けて11月2日から6日まで、一般質問が行われる訳です。

わたしも、11月2日(月)午後2時30分から1時間、一般質問を致します。質問の内容は、大きくいえば3つです。第1は、「市長の政治姿勢と市政の進め方について」で、市長の「改革、実行、スピード、ぶれない」という政治姿勢や渡辺市政の進め方、市長の「地域医療の再構築」の中味を伺うものです。第2は、「ラトブ管理組合の運営と会計処理について」で、いわき商工会議所、株式会社ラトブコーポレーション、いわき市などの8つの床所有者全員で組織しラトブの管理運営を担っている「ラトブ管理組合」の不適正な組織運営と会計処理について、事実関係と今後の対応策をききます。第3は、「南部清掃センター建設工事談合事件の審決確定について」で、公正取引委員会の談合認定が確定したことを受けて、この事件の総括と住民訴訟の評価、三菱重工業(株)から支払われた約16億円の損害賠償金の扱いなど、今後の対応についてききます。

今議会、提案されている議案のうち論議が予想されるのは、2年間の期間限定で、年収ベースで市長は給与約30%カット、副市長が約15%カット、病院事業管理者・教育長・水道事業管理者がいずれも約10%カット、常勤の監査委員が約2%カットとという「市長等の給与の特例に関する条例」や「市長の退職手当の特例に関する条例」、「平成21年度一般会計補正予算」や「平成20年度一般会計歳入歳出決算」などです。

もう一つの大きなテーマは、いわき市病院局が、10月22日に発表した「市立常磐病院の後継医療機関について」です。7月に後継医療機関選定委員会から後継医療機関として適格とされた「財団法人ときわ会」に、22年4月1日に常磐病院を引き継ぐことで、22年度に「(仮称)常磐病院継承開設費補助金」8億8000万円を交付する財政支援について、当面、市有地部分について無償貸与、一定期間後(5年程度)譲渡する際は有償とした土地、無償譲渡とした建物など、合意内容の妥当性、公正性が議論されることと思われます。
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-28 19:11 | 議会 | Comments(0)

「ちゃんとやるよね!?新政権」反貧困世直し大集会

10月17日、期待と不安の新政権発足の中で、労働者派遣法の抜本改正、母子加算の早期復活、障害者自立支援法・後期高齢者医療制度の廃止の流れを歓迎しながらも、新政権はちゃんとやってくれるのか?と、国際反貧困デーに合わせて「反貧困世直し大集会」が東京で開催された。年越し派遣村の大きな運動の流れが、政権交代のうねりの一つとなっていったが、反貧困ネットワークの湯浅事務局長が、政府の国家戦略室の政策参与に起用されるに内定した報道もあった。年末から年始にかけての雇用情勢の悪化を見据えながら、新政権に公約実現迫り、「政権交代」に“魂”を入れる闘いがはじまっている。

●以下、反貧困世直し大集会の宣言を紹介する。

 「反貧困世直し大集会2009」集会宣言

 2009年10月5日、長妻厚生労働大臣は、政府として貧困率の測定をするよう指示を出しました。これまで、日本政府は一貫して「測定は困難」「意味がない」などとして、貧困率の測定を拒んできました。しかし、その壁は、ようやく、打ち砕かれました。

 私たちは昨年10月19日、明治公園に集まり、次のように宣言しました。

 「日本社会に広がる貧困を直視し、貧困の削減目標を立て、それに向けて政策を総動員する政治こそ、私たちは求める」と。

 また「政治は、政策の貧困という自己責任こそ、自覚すべきだ。道路を作るだけでは、人々の暮らしは豊かにはならない」とも言いました。

 そして、去る9月16日、マニフェストで次のように宣言した民主党が中心の新政権が誕生しました。「コンクリートではなく、人間を大事にする政治にしたい」「すべての人が、互いに役に立ち、居場所を見出すことのできる社会をつくりたい」「すべての人が生きがいと働きがいを持てる国を、あなたと民主党でつくり上げようではありませんか」と。

 私たちは、ここに示された理念こそが、最大の政権公約だと考えます。この理念が失われれば、マニフェストに書かれた個々の政策が実現しようとも、そこに“魂”はない。もし、マニフェスト実現のためにその理念が犠牲にされるようなことがあったら、私たちはそれを最大の公約違反とみなし、「すべての人が、互いに役に立ち、居場所を見出すことのできる社会」を作るために、新たな選択を行うでしょう。何のためにマニフェストを実行するのか、その目的と理念こそが重要です。

 私たちは、その目的を達成するために、貧困率の測定と貧困削減目標の定立を求めてきました。なぜなら、経済的な困窮と、人間的な孤立と、精神的な逼迫によって貧困状態に追いつめられた人々は、社会の中に「居場所を見出すこと」ができないからです。どれだけまじめに働いても貧困から抜けられず、モノのように捨てられる人たちは「生きがいと働きがい」が持てないからです。穴だらけのセーフティネットからすべり落ち、制度の谷間に放置される人々は「人間を大事にする政治」を実感できないからです。

 「反貧困」という言葉は、その意味で、新政権の理念を体現しています。貧困問題は、新政権の中心的課題に据えるべきです。貧困問題に正面から立ち向かうこと、それが新政権の最大の政権公約です。

 「反貧困」が問われるのは、国内施策のみならず、外交や国際協力の分野でも同じです。日本の「援助」は、ともすれば、大型インフラ建設等による国内産業への資金還元や途上国への経済進出の道具として使われ、一部では貧困を加速すらしてきました。「援助」政策においても、新政権が「反貧困」に立脚できるかどうか、南の世界の人々が真に貧困から脱却できるような「援助」に変えていけるのかどうかが世界から問われています。

 ちゃんとやるよね!?新政権。この言葉には私たちの、「頼むからこれ以上、政治に失望させないでくれ」という悲痛な願いが込められています。深い失望が深刻な社会の荒廃をもたらす歴史を、私たちは知っています。5年後、10年後に振り返って、「あそこで、私たちは本当の意味で誤ったのだ」と、そう悔やむことはしたくない。私たちは今、たしかに“何か”を賭けています。楽観とシニシズム、不安とあきらめの間に、細い糸を通そうとしている。糸が通る穴があるのか。それはおそらく「ある」のではない。私たちが「開ける」のです。

 生活保護の母子・老齢加算復活、児童扶養手当改正に“魂”が入るのか、抜けるのか。

 労働者派遣法の抜本的改正に“魂”が入るのか、抜けるのか。

 障害者自立支援法の廃止に“魂”が入るのか、抜けるのか。

 後期高齢者医療制度を廃止し、総合的な新法制定に“魂”が入るのか、抜けるのか。

 貧困率削減目標に“魂”が入るのか、抜けるのか。

 世界の貧困の解消、「人間の安全保障」の実現に“魂”が入るのか、抜けるのか。

 そして、「政権交代」に“魂”が入るのか、あるいは抜けるのか。

 ――ひとつひとつの課題に“魂”を込めてきた私たちは、それゆえにこそ、その行方を注視せずにはいられない。傍観者ではいられない。

 約半世紀に及ぶ無関心から抜け出して、私たちは今、日本と世界における貧困問題のスタートラインに立とうとしています。そこからの私たちの歩みが、社会の、国の、世界の「形」を決めていく。誰もが人間らしく暮らせる「形」をつくろう。

 主権は、われわれに在る。私たちの希望はいつもここにあり、そしてここにしかない。

 以上、宣言する。

               2009年10月17日
               「反貧困世直し大集会2009」集会参加者一同
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-27 18:59 | 時評 | Comments(1)

10月定例会質問通告、市長の政治姿勢やラトブ管理組合

10月29日から開催のいわき市議会10月定例会の一般質問の通告をした。今回の質問者は22名で、11月2日から6日の4日間の予定だ。
わたしの一般質問項目は、以下の通り。

1、市長の政治姿勢と市政の進め方について
(1)市長の「改革、実行、スピード、ぶれない」という政治姿勢について
(2)渡辺市政の進め方について
(3)市長の「地域医療の再構築」について

2、ラトブ管理組合の運営と会計処理について
(1)ラトブ管理組合と本市のかかわりについて
(2)ラトブ管理組合の平成19年度決算と平成20年度通常集会について
(3)ラトブ管理組合の平成20年度決算と平成21年度通常集会について
(4)今後の対応について
  
3、南部清掃センター建設工事談合事件の審決確定について
(1)公正取引委員会の談合認定について
(2)住民訴訟について
(3)今後の対応について
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-26 21:03 | 議会 | Comments(0)

文化の秋、いわき市民文化祭

e0068696_1862193.jpg
庭のサフランが咲き始めた。昨年より少し早い感じがする。球根で、一見クロッカス風だが、強い香り、赤い3本の雌しべが印象的だ。その赤い雌しべを乾燥させスパイスとして料理に、また染料にと使われてきた。水に溶かすと鮮やかな黄色になるからだ。パエリアやサフランライス、そしてブイヤベースなどに使う。そういえば、スペインに旅した娘が土産にサフランを買ってきたこともあった。

今日は、早朝より矢田川の草刈り。春と秋の2回の草刈りだ。終了後、「矢田川の鹿島千本桜」の剪定に向けて育成状況を観察する企画もあった。
文化の秋、日曜の一日とあって、いわき市民文化祭が各地で開かれ日程がびっしり。
10時に小名浜地区の第32回磐城地区総合文化祭の会場である、小名浜公民館と小名浜市民会館へ。日頃のサークルや文化活動の成果を見学。ちぎり絵や書の会場で話し込んで、11時半近くに、舞踊や民謡、コーラスそしてマジックと出しものいっぱいの芸能の部の舞台でご挨拶。
午後は、いわき街なかコンサートin平、街角街頭で若者のバンドがそれぞれのミュージックジャンルで自己主張。東緑地公園から一丁目、三丁目、ラトブ、いわき駅ペドストリアンデッキと回遊してアリオスへ。アリオス大ホールでの女性合唱の祭典をきく。ここで今日は打ち止め。
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-25 18:49 | 我が家の庭 | Comments(0)

「飛鳥Ⅱ」小名浜港寄港で歓迎式典

10月24日朝、日本でも最大規模の客船「飛鳥Ⅱ」が、小名浜港に寄港した。7月の初寄港以来2度目となる。今回は、福岡県博多発着9泊10日の日本一周ツアーで小名浜に寄港、よる7時半の出港までいわきや県内の観光オプションを楽しむというものだ。
e0068696_1622273.jpg
午前8時30分過ぎ、ゆっくりと小名浜港2号埠頭に向って進む飛鳥Ⅱ。
e0068696_1652438.jpg
じわり、アクアマリンふくしまとら・ら・ミュウの間に。海を小山が動く感じだ。9時前には、接岸体制に入る。
e0068696_1624165.jpg
圧倒的な迫力。詰めかけた市民が小さく見える。アクアマリン脇の岸壁では、200人を超えるスパリゾートハワイアンズとフラダンススクールのダンサーが、映画「フラガール」のテーマ曲に合わせてフラで出迎えた。
接岸後、小名浜港歓迎訪船実行委員会主催の歓迎式典が行われ、斎藤一彦いわき観光まちづくりビューロー会長が歓迎のあいさつ、船長らにレイと花束、いわきの海産物やお米などの記念品が贈られた。わたしも市議会の環境経済常任委員会委員長として参列させて頂いた。入港に合わせて、アクアマリンパーク周辺では市内外の名産品を取り揃えて「いわき大物産展」を開催、市民で大ぎわいだった。
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-24 16:33 | 地域 | Comments(0)

絵はがきの中の『いわき』展

いわき綜合図書館の企画展、絵はがきの中の『いわき』展が、11月29日までの会期で開かれている。
e0068696_21191238.jpg
絵はがきは、明治から昭和初期にかけて、いわきの名所旧跡にとどまらず、産業、イベントPR、重大事故を知らせるニュース媒体として、幅広く活用されていたという。

明治から昭和初期にかけて、情報は新聞と写真が主流であった。写真が新聞紙上に鮮明に掲載されない時代、絵はがきは、当時の情報を拡げ、当時の世相を広める『伝道師の役割を果たした』というのが、小宅いわき綜合図書館長のお話だ。

いわき地方でも、明治から昭和に至るまで、多種多様な被写体が、絵はがきとして活用され人々に鮮明に伝えられた。それが、今様々なコレクションとして現代に甦る。いわば、いわきの近代史の1ページ飾る逸品を見ることができるのだ。そこに現れる人々や風景、産業、イベントを通して、往事のエネルギッシュな社会の断片が、確かに、わたしたちに伝わってくる。一見の価値あり。是非お進めしたい企画展である。


●開催期間   平成21年10月2日(金)~11月29日(日)
           ※10月26日(月)は休館

●場所     いわき総合図書館 5F 企画展示コーナー

●問い合わせ  〒970-8026
        福島県いわき市平字田町120 TEL 0246-22-5552 
                      FAX 0246-22-5438
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-23 21:36 | 文化 | Comments(0)

市立常磐病院の後継医療機関への財政支援

いわき市病院局は、10月22日記者会見し、 市立常磐病院の後継医療機関について、7月に後継医療機関選定委員会から後継医療機関として適格とされた「財団法人ときわ会」に対し、22年4月1日に常磐病院を引き継ぐことで、22年度に「(仮称)常磐病院継承開設費補助金」8億8000万円を交付する財政支援について合意に達した、と報告した。また、土地・建物については、土地は当面、市有地部分について無償貸与、一定期間後(5年程度)譲渡する際は有償とし、建物は無償譲渡としたという。

法人側の開設時の概算経費は、耐震補強、老朽施設の解体・改修、高性能医療機器の導入、透析センターの建設などの総額約33億円の投資計画となっている。 このため、市に対して、土地代相当分を含めた約11億3000万円の支援要望がなされていたが、市としては、①円滑な引き継ぎ②法人の初期の経営安定③老朽化した施設の改修・解体の必要性④救急医療の充実⑤過去5年間で年間平均約5億円を市一般会計から常磐病院に財政負担をしている、ことなどを総合的に検討。施設の耐震補強・解体・改修経費計約17億4000万円の2分の1相当額、8億8000万円を開設資金として補助することとした、というものだ。
今後は、切れ目のない引継ぎ方法・引き継ぎ期間の設定、引き継ぎ時の病床規模などの協議を重ね、11月中に基本協定を締結するという。

市病院局は、何よりも、不安を感じている患者さんに配慮することが第一だ。そして、患者さんはじめ地域への説明も十分丁寧に行い、説明責任を果たさなくてはならない。病院職員の意向や今後の処遇についても、十分な理解と合意が必要である。
本件は、いわき市議会10月定例会をはじめとして、合意内容の透明化と検証に努め、患者さんと職員への説明責任を果たすよう求めるとともに、法人への引き継ぎ方法、引き継ぎ期間、病床規模など、今後の具体的な対応についても解明し議論していきたい。
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-22 22:26 | 福祉医療 | Comments(0)

川内村が大型風力発電に待った!ウィンドファーム不同意

巨大風車による大型風力発電事業。現在、いわき市を含む阿武隈山中で2カ所が工事着工、3カ所で計画が進行している。このうち、川内村に計画されているクリーンエナジーファクトリー株式会社の「(仮称)CEF福島黒佛木ウィンドファーム」について、福島県に提出された環境評価方法書の審査で、意見を求められた川内村が福島県に対して、村民の生活への影響を懸念して建設計画に「同意しかねる」との意見をまとめたと、報道された。計画では、同社が2500キロ・ワットの発電機を750ヘクタールに26基建設する。予定地の50%以上が村の所有地だ。

10月15日開催の福島県環境影響評価審査会で、知事意見に盛り込む内容(案)についての協議で明らかになったもので、川内村は、風車から出る低周波の影響、大規模開発をすれば、上水道設備のない現状で、保水力低下などの影響は避けられないとして、工事による水質問題の発生などの可能性をあげて反対の理由としたとされる。
この5月、発電所を巡って、福島県自然保護協会と川内村の住民らが、福島県知事あてに、事業者に対して建設中止の指導を求める要望書を提出していたものだ。

ウィンドファームとは、数十基の大きな大型風車が立ち並ぶという風力発電施設。居住地から数キロメートルに建設された既存施設がある愛知県の豊橋市や田原市、静岡県の東伊豆町、兵庫県の南あわじ市などで、風車群が発する低周波音による住民の健康被害が指摘されてきた。これは通称風車病と呼ばれ、体のしびれ・不眠・耳鳴り・頭痛・吐き気・血圧上昇など、いわば自律神経失調症的な症状があらわれているという。

低周波は、耳に聞こえない。それが、現に新たな健康被害を起こしつつある。風車のモーター音と風切り音など風車の騒音、国立・国定公園等での景観の破壊、地形の破壊、森林伐採、動植物の生息環境破壊、バードストライク、土砂流出による河川の汚濁、観光等地域産業への影響など、多様な問題が全国的に散見されてきた。しかし、現状では、対策がとられないまま放置されている。川内村の投じた一石は、行政として、大きな意味がある。
[PR]
by kazu1206k | 2009-10-21 21:24 | 環境保護 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧