<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

避難指示区域の見直しに伴う賠償問題

日本弁護士連合会は、4月27日付で「東京電力株式会社が公表した「避難指示区域の見直しに伴う賠償の検討状況について」に関する意見書を取りまとめ、同日付で、文部科学大臣、経済産業大臣、原子力損害賠償支援機構理事長、原子力損害賠償紛争審査会委員及び原子力損害賠償紛争解決センター等に提出しました。

『東京電力株式会社が公表した「避難指示区域の見直しに伴う賠償の検討状況について」に関する意見書』の趣旨は、以下の通りです。

第1 意見の趣旨

1 東京電力株式会社は本年4月25日、「避難指示区域の見直しに伴う賠償の検討状況について」(以下「東京電力財物賠償方針」という。)を公表したが、原子力損害の賠償については法律上原子力損害賠償紛争審査会が一般的指針を策定するのであるから、福島原子力発電所事故の加害者である東京電力ではなく、国が責任を持って財物賠償の方針及び基準を定めるべきである。

2 「東京電力財物賠償指針」には以下の点で看過し難い問題があることを踏まえ、財物賠償の方針及び基準は、原子力損害賠償紛争審査会又は原子力損害賠償紛争解決センター総括委員によって定めるべきである。

(1) 帰還困難区域の不動産のみ全損扱いとしているが、帰還困難区域、居住制限区域及び避難指示解除準備区域の建物内に残置された動産類及び居住制限区域及び避難指示解除準備区域の不動産についても、被害の実情に応じ、被害者が望む場合には、原則として全損として扱うべきである。

(2) 仮に住宅修復費用の賠償を受けて被災地に帰還しても、地域の生活インフラが回復せず再移住を余儀なくされるような場合にも、全損として扱う途を残しておくべきである。

(3) 建物等の財物評価は事故発生前の価値を基準としているが、被害者は転居あるいは新規移転先で新たな建物等を取得しなければならないのだから、原則として経年減価を考慮しない再取得価格を基本とした賠償がなされるべきであり、同等の配慮は、中古市場が存在しないか、あっても中古品の調達が困難な事業用の設備機器についてもなされるべきである。

(4) 関係自治体等の復興の構想等も視野に入れ、調整を図りつつ、地域復興と被害者の生活再建に確実につながるような損害賠償の方針を確立するべきである。

※本文は、以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2012/opinion_120427.pdf
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-29 20:56 | 地域 | Comments(0)

講演会「チェルノブイリ法」への道のり

FoE Japanからのご案内です。以下、転載します。
========================================
原発被災者支援のための法案が、いま、国会で議論されています。
これにあわせ、チェルノブイリ法制定の立役者、ロシア・チェルノブイリ同盟の副代表のアレクサンドル・ヴェリキン氏を迎えた講演会を開催します。
「避難の権利」の確立に向けて、大きな盛り上がりをつくっていきましょう。

----------------------------------
講演会「チェルノブイリ法」への道のり:その成果と課題
~アレクサンドル・ヴェリキン氏を迎えて~
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/5171820-40d1.html
----------------------------------
チェルノブイリ事故後、5年の歳月を経て制定された「チェルノブイリ法」。追加放射線量年1ミリシーベルト以上の地域が「避難権利ゾーン」として認められ、在留者、避難者双方に支援を行う、先進的な内容でした。

このたび、モスクワに本部をおくロシア・チェルノブイリ連合の副代表のアレクサンドル・ヴェリキン氏を迎えた講演会を開催します。同氏は、原発事故後の復旧作業に従事し、のち、チェルノブイリ法の制定の立役者となりました。

今国会で原発被災者の支援のための法律が審議されていますが、「避難の権利」を確立し、実効性の高い具体的な支援策を一刻も早く実現させるためにも、チェルノブイリ法から学びながら議論を深めたいと思います。

【院内集会】5月17日(木)17:00~18:30
会場:衆議院第二議員会館 多目的会議室(最寄駅:東京メトロ永田町、国会議事堂前)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
参加費:700円

【東京・綾瀬講演会】5月20日(日)14:00~16:30
会場:足立区勤労福祉会館第1ホール(綾瀬駅西口綾瀬プルミエ内)
http://www.adachi-kinpuku.co.jp/company.html
参加費:700円

◆主催団体:
国際環境NGO FoE Japan(地球の友ジャパン)
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)

◆申込み
下記のフォームよりお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/f80ecf3a28931
または、ファックスにて(1)ご氏名、(2)ご連絡先、(3)参加される講演会の日を下記宛にご送付ください。

◆問い合わせ先
国際環境NGO FoE Japan 担当:渡辺 
Tel: 03-6907-7217(平日10:00~20:00) Fax: 03-6907-7219
090-6142-1807(満田)

※5月18日に同じ内容で福島講演会を開催します。
こちらもぜひどうぞ。福島にお住まいの方にぜひご紹介ください。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-6d70.html
【福島講演会】5月18日(金)18:00~20:30
会場:A・O・Z アオウゼ多目的会議室(MAXふくしま4F)
参加費:500円

※参考情報
★Q&A 原発事故被害者のいのちと暮らしを守る立法
http://www.foejapan.org/energy/action/120427.html

【Q&A 原発事故被害者のいのちと暮らしを守る立法】今国会に与野党から、
原発事故被害者を支援する法案が提出されました。市民団体などが、早期制定を
求めている「支援法」をやさしく解説しました。ぜひご覧ください。bit.ly/K5zChN
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-28 23:20 | 脱原発 | Comments(0)

校庭表土除去、プール除染の回答

いわき市立平第四小学校のPTA会長さんら市内小学校保護者有志のみなさんは、『低線量被ばく等による健康への影響が懸念される』『未来ある子どもたちのために、今後もいわき市に、的確な対策を実施していただきた』いとして、空間線量が比較的高くなくても土壌検査で高い数値がでた平第四小学校の校庭は、放射性物質が付着した砂埃の吸引を防ぐため「校庭の全表土除去」、プールの除染と今後の対応を求める「プールの除染」、保護者児童の不安軽減のため事前に各家庭に「 除染等に関する情報の通知」などを求めて、3月22日教育委員会に『放射能汚染対策に関する要望書』を提出しました。提出時の渡辺市教育部長の回答を踏まえて、4月26日、市教育委員会保健体育課からの回答がありました。

●要望と回答は、以下の通りです。

1 校庭の全表土除去
空間線量は、それほど高くなくても、土壌検査で高い汚染が確認されており、放射性物質が付着した砂埃を吸引したりすることを防ぐため、今からでも校庭の全表土を除去していただきたい。

・回答
 市除染実施計画、環境省除染関係ガイドライン等に基づき、4月20日から詳細モニタリングを実施しており、その中でも防砂ネットを設置している学校を優先して実施することとし、この結果を受け、除染すべき場所を明確にし、5月下旬頃から除染を実施する計画である。
(*注:詳細モニタリングは、10mメッシュで、30人体制で実施の予定。防砂ネットの交換は5月下旬頃から実施予定)
 
2 プールの除染
現在の小中学校のプールの状況を説明するとともに、今後どのような形でプールの授業を行うのか、また、除染が必要な場合は、その除染方法等を教えていただきたい。

・回答
 平成23年度は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、5月下旬に学校等プールを使用しないこととし、7月から12月にかけて、プール水やプール水槽底面の砂等の放射能測定等を行なった。
 その後2月中旬から3月下旬にかけて、プール水の排水及び清掃を行い、プール水の放射能測定を行なった。
 なお、プール清掃によって除去した砂等は、独立行政法人日本原子力研究開発機構福島支援本部作成の「学校プール水の除染の手引き」を参考に、学校敷地内に保管している。
 今年度のプール使用については、4月12日付で、福島県教育委員会を通じて文部科学省から「プール使用の考え方」の通知があり、本市においては、この内容を踏まえて、判断していくこととしている。
 また、水泳の授業の実施にあたっては、現在のプール水を排水後、学校において教職員及び保護者の協力を得ながら、プール水槽及びプールサイド、平成23年度に業者による清掃又は除染が行なわれなかった場所を清掃し、プールに注水後、改めてプール水のモニタリングを行い、国が示した考え方を充足していることを確認した上で、実施するものとする。
 プール水のモニタリングについては、今後、示される県の指針を踏まえることとするが、現状においては、プールへの注水後、授業開始前及び夏休み後の授業開始前に実施するものとする。
 プールサイドについては、引き続き、モニタリング調査を行うこととするが、詳細は、今後、県から示される指針に従って対応することとする。
 プール水のモニタリングにより、10bq/kgを超える放射性セシウムが検出された場合又は、プールサイドのモニタリングにより、学校内の他の場所と傾向が異なる高い値を示した場合は、原因を検討し、清掃等の除染を行うこととし、それらが解決するまでは、プールの使用は中止することとする。

[国が示した考え方]
・使用する水道水の放射能濃度 セシウム 10bq/kg
・プール水のモニタリングの実施
・プールサイドの放射線量測定
・プールの清掃は児童生徒等に実施させない
・プール水の放射能検出やプールサイドが高い値の場合の除染等の措置

[参考]
・飲料水の新規制値    セシウム 10bq/kg 
・昨年度の水浴場の暫定値 セシウム 50bq/ℓ  ヨウ素 30bq/ℓ


3 除染等に関する情報の通知
除染等に関する作業は、保護者児童の不安を軽減する意味でも事前に各家庭にお知らせしていただきたい。

・回答
 除染等に関する情報については、学校を通じて、保護者の皆さんにお知らせするよう、徹底して参りたい。
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-27 16:41 | 議会 | Comments(0)

27日に臨時市議会

いわき市議会の4月臨時会が、4月27日(金)午前10時より開催されます。臨時会では、市長提出の議案の審査と採決などが行われます。
提出議案と主な内容は、以下の通りです。

1、予算1件:平成24年度いわき市一般会計補正予算(第1号)

*東日本大震災復興交付金事業ー約1億9,684万円。
ー復興道路整備事業4線、約1億534万円。
 災害時の避難路としての機能を確保するため、津波被災地区と市街地を結ぶ市道等を整備するもの。久之浜ー駅前中町線。平薄磯ー南作・青井線、沼ノ内・薄磯線。勿来、関田江栗線。
ー主要市道橋耐震化事業1橋、約9,149万円。
 災害時の避難路としての機能を確保するため、市道橋耐震化を実施。勿来ー関田跨線橋。

*その他市政執行に要する経費ー約9億4,477万円。
ー災害時情報提供強化事業費、約2億3,244万円。
 災害発生時に市民への情報を提供するため、FM放送の難聴地域に中継局等を設置するもの。小川町戸渡、川前町志田名など13局。
ー復興基金積立金、約7億1,233万円。
 平成24年3月末までに寄せられた「東日本大震災いわき市義援金」のうち、災害復旧および復興のための義援金を復興基金に積み立てるもの。
 
2、その他2件

・工事請負契約について (普通河川御堂川河川災害復旧工事)

・専決処分の承認を求めることについて (市税条例及び市都市計画税条例の改正について)
 「地方税法および国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律」が平成24年4月1日から施行されることに伴い、条例の一部を改正した専決処分について議会の承認を求めるもの。
ー固定資産税関係では、「固定資産税の課税の公平性を図る観点から、地域や土地による負担水準のバラツキを少なくし,税負担をより公平にするために『負担調整措置』があり、これにより、負担水準が高い土地は税額が引き下げ又は据え置きとなるが、一方、負担水準の低い土地は税額が段階的に引き上げられる」。

3、報告2件

・平成23年度いわき市競輪事業特別会計予算の弾力条項適用について
・専決処分の報告について


  
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-25 15:00 | 議会 | Comments(0)

大飯原発、再稼働にみんなで「ノー」!

国際環境NGO FoE Japanから『緊急院内集会:大飯原発、拙速な再稼働にみんなで「ノー」!』のご案内が届きました。以下、掲載します。

======================================
野田政権は、大飯原発3、4号機の再稼働に関して、敷かれたレールの上をひた走っています。一方で、多くの国民は再稼働に反対し、滋賀・京都・大阪の知事・市長をはじめ、政府・関電が言う「安全性」や「電力需給予測」に関して、疑問を呈しています。
拙速に進められている原発再稼働に、国会議員と市民団体とタッグを組んで、ストップをかけていきましょう。
電力を私たちの手に取り戻すために声を上げていきましょう。
再稼働にゆれる福井やおおい町のみなさんの本音に耳を傾けましょう。

4月27日、緊急院内集会を開催します。大飯原発をめぐる最新情報を共有し、今後に向けた戦略を議論します。

-------------------------------------------------
緊急院内集会:大飯原発、拙速な再稼働にみんなで「ノー」!
~議員アピール、再稼働の最新情報、おおい町訪問アンケート結果など~
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-7c22.html
-------------------------------------------------

○日時:2012年4月27日(金)12:00~14:00

○場所:衆議院第二議員会館 多目的会議室
(最寄駅:東京メトロ・国会議事堂前または永田町駅)

○内容
・「拙速な再稼働に反対する」43名(4/24現在)の国会議員による声明
・「みんなの電力宣言」~政府はわたしたちの声をきいて下さい
・福島原発事故の検証が欠かせない理由
・おおい町の現場から~なかなか語れぬ町民の本音
・市民団体によるおおい町訪問アンケート調査の結果
・福井県原子力安全専門委員会の動向
・その他大飯原発をめぐる最新情報
など

○資料代:500円

○主催:
国際環境NGO FoE Japan
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
グリーン・アクション
ピースボート
福島原発事故緊急会議
再稼働反対! 全国アクション
プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会
プルトニウムなんていらないよ!東京

○問い合わせ先:
国際環境NGO FoE Japan
tel: 03-6907-7217(平日10:00~20:00) fax: 03-6907-7219

<参考情報>
拙速な再稼働に反対する国会議員声明
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-6fe6.html
「みんなの電力宣言」
http://www.foejapan.org/energy/action/120409.html
おおい町の戸別訪問~語るに語れぬ心情と市民アンケート
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-ead7.html
アンケート結果の詳細はこちら(美浜の会のページより:PDFファイル)
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/opinionnaire_rep20140423.pdf
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-24 20:55 | 脱原発 | Comments(0)

28日いわきで福島原発告訴の説明会

e0068696_8524834.jpg
福島原発告訴団は、6月11日の福島地方検察庁への集団告訴に向けて、弁護団等を講師に、刑事告訴のための勉強会を福島県内各地で開き、被害を明らかにする陳述書を作成しています。
4月6日の郡山市を皮切りに、これまでに9日福島市、12日南相馬市、19日白河市、20日会津若松市で開催されました。今後、田村地区の三春町、二本松市、いわき市、須賀川市など県内のほか、山形、新潟、東京、北海道などでも開催の予定です。

=============================== 
下記のように説明会を開催します。ふるってご参加ください。

4月25日(水) 18:30~二本松市 福島県立男女共生センター 第二研修室
        (二本松市郭内1-196-1・℡0243-23-8309)
弁護団講師 保田行雄 弁護士

4月28日(土) 18:30~いわき市 いわき市文化センター大講義室
        (いわき市平字堂根町1-4・℡0246-22-5431)
弁護団講師 保田行雄 弁護士

4月29日(日)13:30~15:30
三春町 三春交流館 『まほら』 学習室C・D
        (三春町字大町191・℡ 0247-62-3837 )
弁護団講師 保田行雄 弁護士

5月9日(水) 15:00~17:00
須賀川市 自然食レストラン「銀河のほとり」
〒962-0403 福島県須賀川市滑川字東町300 電話0248-73-0331

*以下、調整中

山形ー5月12日、13日
新潟ー5月上旬
東京ー5月20日 
北海道ー5月中
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-22 10:13 | 脱原発 | Comments(0)

放射能市民測定室から総会の案内

4月に持ち込まれた椎茸では200~3,000Bq/Kgという数字が出た。いわき放射能市民測定室『たらちね』では「ひとに上げるときも家族で食べるときも、自分で注意するしかありません。これから野山に出てくる山菜の群れ、おいしそうですが、食べる前に放射能を測定して下さい。『たらちね測定室』は4台の測定器で春夏の旬に対応します」と呼びかけています。
e0068696_22454081.jpg
いわき放射能市民測定室『たらちね』から平成24年度総会のご案内が届きました。
以下、紹介します。
======================================
 3・11東日本大震災・福島第一原発事故から1年…ふたたび桜の花びらが舞う季節となりました。みなさま、いかがお過ごしですか。
昨年11月に開所いたしました いわき放射能市民測定室 たらちね は、開所以来、地域住民のみなさまの健康と暮らしのお役にたつために、日々、放射能の測定活動に励み、新年度を迎えることになりました。応援してくださる会員のみなさま、サポーターのみなさま、ご支援者のみなさまには本当に感謝いたしております。
 この度、総会を行うこととなりましたことをご案内申し上げます。

会員のみなさまはもとより、サポーターのみなさま、ご支援してくださるみな様、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

日時:平成24年4月22日(日)午後2時から
場所:カネマンビル3階ホール
   いわき市小名浜花畑町11-3
                       
                      いわき放射能市民測定室 たらちね
                     お問い合わせ電話・FAX:0246-92-2526
                        Mail:tarachine@bz04.plala.or.jp
                                 事務局  鈴木
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-20 22:47 | 地域 | Comments(0)

大飯原発再稼働許すな!4.19~20の行動

大飯原発3、4号機の再稼動に向けた福井県での手続きが「着実」に進んでいます。18日には県原子力安全専門委員会が大飯原発を視察。そのうえで、今週から来週にかけて会議を入れて、来週中にも結論を出すとも見られます。日本の原発ゼロへ、大飯原発の再稼働STOPへ、4.19~20の行動のご案内が届きました。以下、掲載します。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

4/19超党派国会議員、山本太郎さん、鎌田慧さんら緊急院内集会
「急ぐな原発再稼動、原発ゼロへ。」

4 月19 日(木)12 時ー13時、衆議院第一議員会館国際会議場にて、
超党派国会議員の緊急院内集会を行います。

子どもの日に北海道泊原発が定期検査に入ると日本列島で稼動している原発はゼロになります。
原発ゼロは不安な日本を一歩、安心な日本へ進めます。
私たちはもう不安な日本へ国民を逆戻りさせるわけにはいきません。
超党派国会議員が集結し「急ぐな原発再稼動、原発ゼロへ。」
の思いを込めたメッセージを、各界著名人や福井県の方々とともに発信します。
5 月5日は原発ゼロ記念日。不安な日本が安心な日本へ一歩進む日。原発再稼動は必要ない。

院内集会後、緑の鯉のぼり大作戦記者会見を13時ー13時半で行います
(どうぞそのままご参加ください)
原発ゼロの時代を生きることになる私たちは、ここに「原発ゼロの知恵」を呼びかけ、
電気不足を防ぐ知識やノウハウを地域社会へ広め、ストイックに我慢するのではなく、安
全と安心をのびのびと満喫し、楽しく生活し、原発再稼動が必要ないことを証明します。

問合せ・連絡:03-5465-1704info@sustena.org090-9962-7852(古橋)

この院内集会と記者会見は
「日本の原発ゼロへ、大飯原発の再稼働STOPへ、市民社会から
毎日1000軒のメディアと関係者へ、発信中!」のキャンペーンの一環です。

311 から1 年の今、福井大飯原発の再稼働は瀬戸際です。日本最大の市民の祭典「アースデイ」を
起点に、私たちは市民と著名人からのネットワークで、新たな市民社会のアピールを続けます!

■参加団体:さようなら原発1000万人アクション、脱原発世界会議、e-シフト、グリーンアクティブ、アースデイ東京、ピースボート、グリーンピース・ジャパン、FOE Japan、A SEEDJAPAN、土と平和の祭典、大地を守る会、パルシステム生活協同組合連合会、エネルギーシフトパレード、首都圏反原発連合、他(以上、リリース時点)
■賛同人:鎌田慧、中沢新一、玄侑宗久、小林武史、加藤登紀子、坂本龍一、C.W.ニコル、(以上、リリース時点 確認順)

■事務局:422 アースデイ,55脱原発キャンペーン事務局
■事務局連絡先:03-5468-328242255@earth-garden.jp(アースガーデン内担当:戸原、鈴木)

加藤登紀子さんの言い出しっぺで

脱原発「緑の鯉のぼり大作戦」

複数の市民グループにより、同時多発的に拡大中

日本の原発ゼロ記念日=5 月5日はこどもの日。この日に向けて、
緑の鯉のぼりを、イベントや家庭でかかげる脱原発アクションが始まっています。
・セブンイレブンの端末でどこでも誰でも手に入ります!
・もちろんWeb サイトからデザイン・ダウンロードも可能、既製品もOKです!
※19 日の記者発表で、さらに詳細と広がりをお伝えします。


■実施グループ&Web
・さようなら1000 万人アクションhttp://sayonara-nukes.org/
・グリーンアクティブ http://greenactive.org/
・エネルギーシフトパレード http://www.enepare.org/
・アースデイ東京 http://www.earthday-tokyo.org

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

★4.20原発再稼働許すな!首相官邸前抗議★
【呼びかけ】首都圏反原発連合

4月6日(金)、野田首相、枝野経産相、細野原発担当相、藤村官房長官による関係閣僚会合が開かれ、大飯原発の再稼働に必要な暫定的な安全基準が正式に決められてしまいました。
そしてついに、4月13日(金)の閣僚会合で、大飯原発について、再稼働の必要性があるとして結論がまとめられてしまいました。
しかし、同日の記者会見で、枝野経産相は「今回の四大臣会合は、昨年7月に政府が決定した『脱原発依存』方針の枠内で行われたもの」とし、「再起動の是非は、理解が得られてから最終決断する」とも発言しています。
翌14日には、枝野経産相が福井県庁を訪れ、西川一誠福井県知事らと会談し、再稼働の要請をしました。
しかし、西川知事は、「安全性を県でも検証し、県議会やおおい町の意見も聞いて考えを示す」と発言するにとどまり、大阪市の橋下市長らが「再稼働ありき」と批判する中では「県民の理解を得るのは困難」と強調。
時岡忍おおい町長も「関西圏の方々の理解を得ることが必要」と発言しました。
大飯原発再稼働阻止を巡る状況は、まさに瀬戸際です。
しかし、私達にはまだまだ抗議の声を上げる事が出来ます!
野田政権に対し、多くの人々の原発反対、再稼働反対の声を伝えるため、4月20日(金)18時より首相官邸前で抗議行動を行います。
また、大阪でも、同日18時より関西電力本社前にて抗議行動が行われます。
是非、多くの皆様のご参加をお願いします!

【日時】4/20(金)18:00~20:00頃
【名称】4.20原発再稼働許すな!首相官邸前抗議
【場所】首相官邸前(国会記者会館前、国会議事堂前駅3番出口出てすぐ)
【呼びかけ】首都圏反原発連合
※終了時間は確定ではありませんが、前回、前々回は20時半までに終了しています。
※反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はなるべくご遠慮ください。

*この抗議行動の情報を拡散する為に、twitterでの緊急拡散のご協力をお願いします!

http://coalitionagainstnukes.jp/?page_id=459

ツイート文:【緊急!拡散希望!】大飯原発再稼働は絶対認めない!野田首相に再稼働反対の意思を伝える為、4/20(金)18時~首相官邸前(国会議事堂前駅3番出口出てすぐ)で抗議を行います!このページの「ツイート」ボタンで拡散にご協力下さい!→http://coalitionagainstnukes.jp/?page_id=459
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-18 22:12 | 脱原発 | Comments(0)

タラチネ・キッズ・ヨガ

いわき放射能市民測定室から、「タラチネ・キッズ・ヨガ」参加者募集のご案内が届きました。みんなが元気でいるために、4~10歳くらいまでの子どもたちが対象の無料ワークショップです。定員36名、1回20分程度のヨガです。
e0068696_15541441.jpg
●2012年4月22日(日)10:00~12:00
会場 錦公民館(和室)
 福島県いわき市錦町中迎1丁目12-2(TEL 0246-62-2732)

      1回時 受付開始10:00 ヨガ開始10:10 終了10:30
      2回時 受付開始10:20 ヨガ開始10:40 終了11:00
      3回時 受付開始10:50 ヨガ開始11:10 終了11:30

参加費 無料 (対象年齢:4~10歳くらいまで)
主催 いわき放射能市民測定室
   Tarachine MaMa's プロジェクト
   〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3
                 カネマンビル3F

※参加申し込み
 Eメールのみ受付中
 申し込み定員36名/20分程度のワークショップになります。
 件名を「タラチネ・キッズ・ヨガ」とし、氏名・住所・電話番号・年齢・
 参加人数・希望回時(1回時・2回時・3回時)を明記し、Eメールにてお申し込み下さい。
 E-mail tarachine@bz04.plala.or.jp
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-17 15:57 | 地域 | Comments(0)

かしまふれ愛さくら祭り

いわき市鹿島町では、平成10年から矢田川沿いにさくらの苗木を植える「鹿島千本桜」の育成を続けてきました。この「鹿島千本桜」をぼんぼりでライトアップして、地域内外の交流と親睦を図る「かしまふれ愛さくら祭り」が開かれました。3回目になります。
e0068696_17154570.jpg
昨14日から「かしまふれ愛さくら祭り」が鹿島ショッピングセンター北側駐車場と矢田川周辺で始まりました。昨年は原発事故で中止になり、今年こそと鹿島地区の住民が思いをこめて開催の運びに。実行委員会は「大震災と原発事故の問題をしっかりと受け止め、復興をもう一つのテーマに位置づけ、この地区に避難されている方々にも参加を呼びかけ」ての実施となりました。昨日は雨の中、前夜祭。午後4時の「黒潮流みつもり太鼓」からオープン。
e0068696_9164640.jpg
今年は避難中の楢葉町の住民も参加して、「ラブ&ピース」や「よさこい楢葉天神龍舞」を披露しました。
e0068696_9175295.jpg
よさこいのメンバーは、避難先の横浜や栃木、群馬からこの日のためにいわき鹿島に来てくれました。熱いものを感じます。
e0068696_17135190.jpg
本日15日は、午前10時から午後5時まで、平三小のブラスバンドに始まり、潮見が丘小のジャズバンド、勿来や小名浜高のフラダンス、
e0068696_17165483.jpg
そしてフリーマーケット、飲食ブースなど多彩な催しで一年ぶりのさくら祭りです。
e0068696_1714575.jpg
鹿島地区地域振興協議会のかしまふれ愛さくら祭り実行委員会の主催。
[PR]
by kazu1206k | 2012-04-15 09:20 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧