<   2013年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

福島原発震災3年、わたしたちは負けない。

福島原発震災3年、2013年がまもなく終わる。
あれから2年10ヶ月近くたつが、依然として、福島原発事故は続き、政府の非常事態宣言は解除されていない。にも拘らず、福島原発事故は全国で「風化」にさらされ、被害者は「疲弊」を極めている。

頻発する地震のなかで、福島第一原発の危機は持続しており、毎時1000万ベクレル、毎日2億4000万ベクレルの放射性物質を環境中に放出しながら、4号機燃料プールの核燃料取り出しは2014年中いっぱい続く。高濃度放射能汚染水の海洋放出も止めることができないにもかかわらず、東電は依然事故収束は二の次で、経営優先・柏崎刈羽原発の再稼動に人員と財源を重点的に投入してはばからない。現場で事故収束作業に苦闘する作業員は、熟練労働者の離脱のなかで、多重労務構造下の劣悪な労働環境に泣かされている。

未だに14万人もの人々が家を追われ、家族を引き裂かれ、福島県内はもとより全国に散りじりになっている。人々は強制されて、ふるさとを奪われたまま、この年の瀬を迎えたのだ。
放射能汚染と長期の低線量被曝の強制、年間被曝線量20mSv以下への国と県による帰還促進、原発安全神話から放射能安全論へ忍従の押しつけが勢いをます。傷つけられた人々の取り返しのつかない日常が、あたかも当然であるかの如く、政府や自治体など行政や原子力推進の企業や学者などによって、押し付けられていく。
言いようのない深い悲しみが、澱のように沈み、時にこみ上げてくる。
これでいいのか。いいわけがあろうか。

わたしたちは叫ぶ。放射能の恐怖から開放され、自由な健康で文化的生活を営む権利の保障を求める。自主避難を含む避難者支援の継続、保養の制度化、非汚染食品の供給を求める。すべての被曝労働者の厳しい被曝管理・健康管理その他労働者の健康と生活を守るためのあらゆる措置を求める。原発事故子ども・被災者支援法の広範な適用から、原発事故被曝者援護法の制定へ、そしてわたしたち被害者が立って、福島原発事故の刑事責任を問い、加害者の理不尽を白日の下にさらし続ける。

福島原発震災3年、大晦日。わたしたちは負けない。わたしたちはあきらめない。
e0068696_21341839.jpg
e0068696_21285671.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2013-12-31 21:35 | 地域 | Comments(0)

エネルギー基本計画案への日弁連の意見書

12月6日、資源エネ庁総合資源エネルギー調査会基本政策分科会で、エネルギー基本計画見直しの事務局原案が示され、そのままパブリック・コメント(意見公募)にかけられています。締切は1月6日です。
資源エネルギー庁から提示されている「エネルギー基本計画」案の内容は、
・準国産エネルギーである原子力は、重要なベース電源である
・世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全が確認し、再稼働を進める
・核燃料サイクル政策については、引き続き着実に推進する
などを打ち出し、収束の見通しさえつかない福島原発事故の悲惨な現状を直視せず、原発推進の錯誤的内容です。2012年に様々な手法で行なわれた「国民的議論」については、無視されています。

根拠不明な、原発ありきの「エネルギー基本計画素案」にぜひ抗議の声をあげ、一行でもパブコメを出しましょう。
●パブコメは下記から提出できます↓↓
http://p.tl/-Bh8 (電子政府の総合窓口:短縮URL)
●郵送またはファックスで送る場合は、こちらの書式(PDF)https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/ene_pub_format.pdfをダウンロードの上、お名前(法人・団体等の場合は、法人・団体名、意見提出者の氏名)とご意見をご記入の上、資源エネルギー庁に送ってください。
<宛先>〒100-8931 東京都千代田区霞が関1-3-1
資源エネルギー庁長官官房総合政策課
パブリックコメント受付担当宛
<ファックス番号>03-3501-2305

12月20日付けで日本弁護士連合会は、新しい「エネルギー基本計画」策定に向けた意見の募集に対し、原子力発電(原発)を重要なベース電源と位置付けるなどの点で極めて重大な疑問があることから、
1 原子力発電に依存しない基本計画を策定すべきである。
2 化石燃料への依存を減らし、再生可能エネルギーの推進等、省エネルギー及びエネルギー利用の効率化を政策の中核とすべきである。
とする、「エネルギー基本計画に対する意見(案)」に対する意見書」を取りまとめ、資源エネルギー庁に提出しています。以下に掲載。
e0068696_19513064.png
e0068696_19515337.png
e0068696_1952838.png
e0068696_19522122.png
e0068696_19523497.png

[PR]
by kazu1206k | 2013-12-30 19:55 | 脱原発 | Comments(0)

ふくしま支援ネット講演会レポート

首都圏で福島の長期的な支援・復興をめざすNPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」のメールマガジン第15号が届きました。
11月16日に「JICA 地球ひろば」市ケ谷で開催されました講演会が『11/16 佐藤和良氏講演会レポート』として掲載されましたので、ご紹介します。
.......................................................................................................................
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 2013年11月16日
 NPO「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」佐藤和良氏講演会を開催
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
......................................................................................................................
 NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」主催の秋のイベント、
 「今なお続く原発被害~子ども・被災者支援法/原発告訴団とふくしまの現状」
 が11月16日、「JICA 地球ひろば」市ケ谷で開催されました。
 イベントでは、当NPO理事長・講談師神田香織が新作講談「福島の祈り」のお披露目を行いました。あわせて、私たちが7月に実施した、福島の子どもたちを放射能から遠ざける「天草保養キャンプ」の報告も行いました。

■佐藤和良氏、国と自治体による「棄民政策」を批判

 国の「原発事故・子ども被災者支援法基本方針案」の撤回と具体的施策の実現を求める「原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議員連盟」や「福島原発訴訟団」で活動する佐藤和良氏(いわき市議会議員)から福島の現状について報告を受けました。
 氏は、「3.11」後の地震・津波・原発事故の被害実態をスライドで説明しながら、まず、
「情報を出さなかった」「避難誘導をしなかった」「ヨウ素剤すら使えなかった」「今も事故を直視していない」と、国・東電・行政当局の不作為を指摘しました。
 なかでもSPEEDIの情報隠しによる県民の大量初期被曝や、汚染地域への県民の留置による低線量被曝の強制は重大な問題です。現時点でも、高濃度汚染水は溜りつづけ、海洋に流入しています。事故収拾のために働く原発労働者たちの被曝実態も深刻になっています。
 これまでの半世紀にわたる「原発安全神話」は、いまや「放射能安全論」にすり替えられ、政府と県による低線量被曝地域での居住奨励や、避難指示解除準備区域への帰還奨励政策は、「復興」の名の下に行う、新たな「棄民政策」であると佐藤氏は断じます。

■原発告訴の行方は、東京の有権者の力にもかかっている

 佐藤氏らは、独自に市民放射能測定室を開設すると共に、福島原発事故被害者の生きる権利の確立を求めて、「原発事故子ども・被災者支援法」の制定運動を開始、また、原発事故の刑事責任を糺す「福島原発告訴」を行いました。支援法は国会で成立したものの、いまだ十分かつ具体的な施策が実施されるまでには至っていません。
 原発告訴は2013年9月に「全員不起訴」の判断が地検によって下されました。同時に福島地検はこの事件を東京地検に「移送」したため、一般有権者によって開かれる検察審査会への申立てが福島ではなく、東京でしかできない現状です。現在、東京検察審査会第5審査会が、検察の処分が妥当かどうかを審査しています。逆にいえば、今後、検察審査会を動かすのは東京の有権者の力にかかっている、ということです。
 これからの原発告訴団の闘いへの引き続きの支援を訴えて、佐藤氏は講演を終えました。
 ちなみに福島原発告訴団は、12月に第2次告発を福島県警に対して行いました。また、これとは別に、9月には東京電力を汚染水放出事件にかかわる「公害罪」の疑いで告発しています。

■講演内容の動画はこちら
 1時間半にわたる氏の講演内容の動画は、YouTube 
http://www.youtube.com/watch?v=hi8oJWPpnHE&feature=youtu.be
 に投稿されています。
e0068696_17564588.png
e0068696_22225357.png

[PR]
by kazu1206k | 2013-12-29 18:02 | 脱原発 | Comments(0)

2014年上期カレンダー

 年の瀬、今年も残すところわずかとなりました。2014年1〜6月のカレンダーを配布しながら、暮れのご挨拶をさせていただいております。まだまだまわりきれず、お手元に届いていない方もおられるかと思います。その際はお気軽にお知らせください。
 今回も写真は、スカイフォトサービスの酒井栄治さんの作品。塩屋埼灯台を望む豊間海岸の朝焼けが、とても鮮やかな色合いの印象的な作品です。
e0068696_21345836.png

 
[PR]
by kazu1206k | 2013-12-28 21:35 | 地域 | Comments(0)

靖国神社参拝に関する日弁連談話

安倍政権発足1年目の12月26日、安倍晋三首相が靖国神社を参拝した。
この安倍首相の靖国神社参拝について、アメリカ政府は「失望している」とこれまでにない強い表現で参拝を批判している。同盟国の憂慮、近隣諸国との関係悪化を招くこと必至の内閣総理大臣の行動に国益があるのか。
安倍政権は消費税を上げ、生活保護を減らし、特定秘密保護法を強行して知る権利を奪う。来年は、集団的自衛権を行使できるように解釈改憲を強行し、原発も再稼働させる可能性が高い。共謀罪も出てくる。いつかきた道、戦争への道ではないのか。
日本弁護士連合会が「内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する会長談話」を公表した。

●内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する会長談話

安倍晋三内閣総理大臣は、本日(12月26日)、広く報道される状況下において、靖国神社に参拝した。公用車を使用し、秘書官を同行し、内閣総理大臣の肩書で記帳及び献花をしたもので、このような形で行われた参拝は、内閣総理大臣として行われた公式参拝と評価せざるを得ず、誠に遺憾である。

日本国憲法は、平和主義とともに、制度的保障の一つとして政教分離の原則を掲げている。政教分離原則は、政治と宗教の厳格な分離を定めたものであって、宗教団体が国から特権を受け、又は政治上の権力を行使することを禁じ(憲法20条1項後段)、国及びその機関のいかなる宗教的活動を禁じ(同20条3項)、宗教上の組織若しくは団体に対しての公金その他の公の財産の支出を禁じている(同89条前段)。

国政の最高責任者である内閣総理大臣が、その地位にあるものとして一宗教法人である靖国神社に公式参拝することは、同神社を援助、助長、促進する効果をもたらすものとして、国の宗教活動の禁止を定めた憲法20条3項の精神に悖ることは明らかである。

内閣総理大臣は、憲法尊重擁護義務(憲法99条)を負い、政教分離等の原則をはじめとする日本国憲法を遵守し、さらにその実現に力を尽くすべき義務がある。しかるに、国政の最高責任者である内閣総理大臣が、政教分離原則に反して靖国神社に公式参拝することは、このような憲法上の各義務にも違反するものである。

当連合会は、憲法を擁護すべき立場にある法律家団体として、これまでも、内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する憲法上の問題点を指摘してきたところであるが、憲法違反をもって問責されるべき内閣総理大臣の行為に対し、ここにあらためて遺憾の意を表明する。

2013年(平成25年)12月26日
日本弁護士連合会
会長 山岸 憲司
[PR]
by kazu1206k | 2013-12-27 08:28 | 平和 | Comments(0)

映画「超高速!参勤交代」

 松竹映画「超高速!参勤交代」来年6月公開される。いわき市常磐湯本にあった湯長谷藩が舞台で、江戸時代の“参勤交代”をモチーフにした歴史エンターテインメント作品。
e0068696_20161289.png
湯長谷藩の藩主・内藤政醇(まさあつ)が困難を乗り越え参勤交代を果たす物語で、佐々木蔵之介さん、深田恭子さんら人気俳優が数多く出演する。いわき市のポレポレいわきなどで上映される予定。
e0068696_20184651.png
12月13日には、脚本を書いた土橋章宏さんも駆け付けて、上映を支援する実行委員会が設立された。公開前に市内で出演者らによるキャンペーンの実施を計画している。土橋さんは「(映画を見ることで)地元の人が爽快な気持ちになってほしい」と話した。
e0068696_20194798.png

[PR]
by kazu1206k | 2013-12-24 20:22 | 文化 | Comments(0)

防災緑地工事、除染作業

いわき市北部、久之浜、大久、小久地区も、東日本大震災と原発事故で大きな被害を受けてきた。年の瀬をひかえ現在も、東日本大震災の復旧・復興と原子力災害への対応が続いている。
e0068696_8182512.jpg
久之浜では、防災緑地工事のため津波で流出した家屋の基礎を取り壊す作業が続く。
e0068696_818338.jpg
家屋の基礎は防災緑地の盛土材として使われる。
e0068696_819429.jpg
一方、地区内の各所で宅地などの除染作業も実施され、宅地の脇や田んぼには水色のフレコンパックに詰められた除染廃棄物が仮置きされている。中間貯蔵施設の建設が遅れる中、仮置き場の整備と搬入もこれからの地区が多い。県外ナンバーの車両が行き交い、多数の作業者の皆さんが活動している。
e0068696_8224062.jpg
久之浜第二小学校脇の電柱に原発事故直後から設置されている放射線の線量計の下の測定中の表示には、『積算線量計の測定開始 平成25年5月21日(初期値1.632ミリシーベルト)12月17日の積算線量2.274ミリシーベルト』と記入されていた。
[PR]
by kazu1206k | 2013-12-23 08:26 | 地域 | Comments(0)

(仮称)竹町通り整備で勉強会

小名浜の潮目交流館で、20日、「(仮称)竹町通り整備 賑わい形成に向けたまちづくり勉強会」が行われた。28年の大型商業施設開業に伴って、既存市街地と商店街がどう対応するのか。資産活用による賑わいまちづくり、市民が担う賑わいづくり等について、沖縄・那覇の国際通り東部地区大規模まちづくり事業のプロデュースや地権者に対するトータルサポートを実施してきた専門家として、大和ハウス工業の宗雪正和さんが話題提供。
e0068696_1128587.jpg
e0068696_11291798.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2013-12-22 11:30 | 農水商工業 | Comments(0)

新たに6042名が汚染水告発

福島原発告訴団は、12月18日、東京電力福島第一原発の放射能汚染水海洋放出事件について、9月3日の正副団長3名の第一次告発に続き、人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律(公害罪法)による「公害罪」の被疑事実で、東京電力株式会社及び東京電力元幹部武藤栄ら32名を福島県警察に第2次の刑事告発をしました。18日は、新たに6042名が告発人となり、告発状および委任状を福島県警察に提出したものです。
e0068696_7552865.jpg
午前9時半過ぎ、福島県庁前には京都や長野はじめ全国から約50名の告発人が集合。
e0068696_804032.jpg

e0068696_7575565.jpg
10時に、代表4名が福島県福島県警察に6042名の委任状を提出しました。告発人が膨大な数に上るため、名簿と委任状との突き合わせを行い県警が後日受理するとしています。
e0068696_814725.jpg
11時から、福島市市民活動サポートセンターで記者会見&報告集会が開かれました。海渡弁護士は「結果がわかっていながらお金を惜しんで対策を怠り、品質保証のない、漏れることが明らかに予想できたタンクを、ただ漫然と2年半作り続けた結果、汚染水は流出した。これが公害罪に問えない理由はない。福島県警には、福島県民の仇(かたき)を取ってほしい!」と話しました。
e0068696_831523.jpg
福島原発告訴団は、東京電力福島第一原発事故の責任を問い、東京地検の不起訴処分を不服として、11月22日、東京検察審査会へ第2次審査申立を行っています。来春は、東京検察審査会がある東京都民に、原発事故被害の現実と実態を更に知って頂く活動を開始します。
[PR]
by kazu1206k | 2013-12-19 08:11 | 脱原発 | Comments(0)

エネルギー基本計画案にノー!12/19集会

FoE Japanの満田さんから、エネルギー基本計画案にノー!12/19集会のご案内。

内容、プロセス、ともにひどいエネルギー基本計画案。このままでは、福島原発事故がなかったかのように、原発への回帰、核燃料サイクルの推進方針が決まってしまいます。全力をあげて、閣議決定を阻止しましょう。
問題点は下記をご覧ください。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/
ここはやはり行政上の正式な手続きであるパブコメを集中させることが先決です。たとえ反映されないことがかなりあからさまであったとしても、パブコメについては政府も答えないわけにはいきませんし、メディアも必ず報道してくれます。
思わず配りたくなるキレイなチラシもできました(添付)。年末年始でお忙しいことと思いますが、ここが正念場!ぜひ、拡散していただければ幸いです。
http://publiccomment.wordpress.com/

一方で、パブコメの結果をまつことなく、政府は着々と関係閣僚会議で、エネルギー基本計画を既定路線にしようとしています。
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201312/17_a.html
最終処分場についても、「国が前面に出て」、決定することになっています(エネルギー基本計画案に明記)。弱い立場の自治体に、あの手この手をつかって押し付けることになるのではないかと心配です。

いくつかお知らせと呼びかけです。

【1.集会と政府交渉】
-----------------------------------------------------------
集会(12/19)と政府交渉(12/24に延期):民意無視の「エネルギー基本計画」に異議あり! 国民的議論の結果はどこへ?
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/1219-086b.html
-----------------------------------------------------------
明日、エネルギー基本計画について院内集会を行います。
郡山から人見やよいさん、郡山から静岡に避難されている長谷川さんもかけつけてくださいます。
※当初予定していた政府交渉は、先方の都合により11/24に延期になりました。

【集会】
◆日時:2013年12月19日(木)13:00~15:00
◆場所:衆議院第一議員会館 国際会議室
◆発言:人見やよいさん(郡山市在住)
長谷川克己さん(福島から静岡に避難)
その他エネルギー関係のご専門の方に声をかけています


【政府交渉】(予定)
◆日時:2013年12月24日(火)16:00~18:30
◆場所:参議院議員会館 101
◆質問書:本メールの末尾
【共通】
◆資料代:500円
◆主催:FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)、原子力規制を監視する市民の会
◆問い合わせ先:FoE Japan

【2.伝えよう!チラシできました!((添付))】
-----------------------------------------------------------
すてきなチラシできました! 街宣・チラシまきを呼びかけています。
パブコメちらしカラー版ができました!!
こちらからPDFをダウンロードできます。
http://publiccomment.wordpress.com/
-----------------------------------------------------------
友達や家族にわたす、デモやイベントで配る、街頭で配る・・・
など、一人でも多くのひとに伝えるために、配布してくださる方を募集中!
希望枚数、送付先を、到着希望日(あれば)を添えて、
eシフト事務局(FoE Japan 吉田 info@e-shift.org、03-6907-7217)までご連絡ください。

※このパブコメを広めるために、短期ボランティア募集中!!
eシフト事務局(FoE Japan、連絡先同上)までご連絡ください。
内容:イベントや集会でのチラシ配布、各地へのチラシ発送、
   オンラインでの呼びかけ など
場所:FoE Japan事務所(東京・池袋、www.foejapan.org)
   もしくは都内、全国各地

-----------------------------------------------------------
【3.資源エネ庁に電話を! 国会議員に呼びかけを!! マスコミにも!!!】
-----------------------------------------------------------

資源エネ庁の総合政策課に電話をして、「パブコメの延期を!」「各地で説明会を!」と求めてください。
電話番号は03-3501-2669ですが、そこから「エネルギー基本計画のパブコメについてです」というと担当者にまわしてくれます。(なんだか、今にも死にそうな弱々しい声の担当者が出てきますが、いちおうこちらの意見はきちんと伝えましょう)

今日、私も電話してみました。、「昨年夏の国民的議論をまったく無視して、エネルギー基本計画を策定するの
は、意見をよせてくださった国民に失礼ではないか」「福島の人も、原発立地の人にも意見をきいていないではないか」「少なくとも各地で公聴会を開くべき」「パブコメについて、誰も知らない。私の知り合いも知らなかった。パブコメ期間、延長して。エネ庁として、きっちりPRして」と要請しました。
先方は、「パブコメ期間が1カ月というのは、別に短くない」とおっしゃっていました。また、集めたパブリック・コメントは、しかるべき検討をして、反映する努力をしますとのこと(ミエミエですが。)

★これもやはり地元出身の国会議員に、このエネルギー基本計画の問題を訴えていただければ幸いです。このプロセスに対して、国会議員として声をあげてほしいということと、たとえエネ計画が閣議決定されてしまっても、今後、国会議員として、原発推進や核燃料サイクル推進の予算に対して、反対してくれるようにと働きかけていただければと。

★この問題、あまり報道されていません(特にテレビでは)。マスコミにも、この問題をぜひ報道して!と働きかけてください。

★みなさんのアイディアで、マスコミに取材させる面白いアクションをぜひ! たとえば、主要駅での一斉街宣、シール投票、サンタクロースデモ、お正月デモ、フラッシュモブなど! ぜひ、各地での行動で「原発ノー!」の声をもりあげてください。

★参考情報★
※動画:
FFTV 「エネルギー基本計画にパブコメ募集中!原発ゼロの声を再び!」 12月
12日(木)21:00~22:00
【出演】松原弘直(ISEP)、吉田明子(FoE Japan)ほか
http://youtu.be/OpUQXvZDEPE

※声明など
【FoE Japan 声明】
福島原発事故と「国民的議論」を無視した「エネルギー基本計画(案)」は撤回すべき
原発回帰や核燃料サイクル推進は非現実的
http://www.foejapan.org/energy/news/131216.html

【原子力市民委員会】
緊急声明:政府は原発ゼロ社会の実現をめざし、民意を反映した
新しい「エネルギー基本計画」を策定せよ

【脱原発をめざす首長会議】
新しい「エネルギー基本計画」で原子力発電を
「基盤となる重要なベース電源」と位置づけることに強く反対する決議
http://mayors.npfree.jp/wp-content/uploads/2013/12/20131215_statement_a.pdf
e0068696_22151565.png
e0068696_22153047.png

[PR]
by kazu1206k | 2013-12-18 22:17 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧