<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

福島原発告訴団の12月行動

福島原発告訴団から12月の行動のお知らせが届きました。

<福島原発告訴団 12月の行動のお知らせ>

【 国の責任も問う! 東京検察審査会激励行動 】

福島原発告訴団は、「東電と旧経産省保安院の津波対策担当者計5名」について、東京第一検察審査会に申立て(「2015年告訴」)を行い、現在、審査が行われています。

今年7月31日には、東京第五検察審査会から、東電元幹部3名について「起訴相当」の議決(「2012年告訴」)が出され、いよいよ福島原発事故の責任を問う、強制起訴による刑事裁判が開かれます。

「2015年告訴」の検察審査会への申立てについても、「起訴相当の議決」をしてくださるよう東京第一検察審査会への激励行動を行います!

今年最後の検審激励行動です。
起訴相当議決を求めて、声を上げましょう!

(日時)  12月10日(木)  12:00~13:00
(場所)  東京地方裁判所前


*今回は院内集会はありません。
*福島発着のバスはありません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【 福島地検前行動&県内集会 】

2013年に 、 法人としての東京電力と東電役員・元役員32名を公害罪で福島県警に告発(「汚染水告発」)した汚染水放出事件が書類送検されました。
福島地検が起訴することを求めます!

(日時)  12月17日(木) 

       11:00  福島市 福島中央郵便局前の<森合緑地集合>
       11:30  福島地検に上申書提出
       13:00  集会 開会  <福島市市民会館  5階 501室>
                 ・甫守弁護士による汚染水放出事件の上申書の解説
                 ・これから 始まる、刑事裁判の支援について   等
       14:00     閉会


 
◆お問い合わせ◆

福島原発告訴団
ブログ http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/
電話:080-5739-7279
メール:1fkokuso@gmail.com

e0068696_173901.png

[PR]
by kazu1206k | 2015-11-25 17:40 | 脱原発 | Comments(0)

日弁連、指定弁護士の選任手当に意見書

 日本弁護士連合会は、法務省が10月15日から「検察官の職務を行う弁護士に給すべき手当の額を定める政令の一部を改正する政令案」に関する意見募集を行ったことに対して、11月5日付けで意見を取りまとめ、11月10日に法務省刑事局に意見書を提出した。
 日本弁護士連合会は「検察審査会が起訴議決をして指定弁護士が選任された事案のうち大規模・困難事件としては、多数の被害者や被害者遺族がいた兵庫県の明石歩道橋での事故に係る事案、福知山線事故に係る事案や小沢一郎氏の政治資金規正法違反事件に係る事案などがあり、さらに、これから起訴されることが予想される東京電力の福島第一原子力発電所の事故に係る事案がある。」として、「こうした事件については、膨大な記録を検討し、補充捜査を実施し、被害者参加する多数の被害者等との対応が必要であり、ほとんど全ての事件で公判前整理手続が実施され、証拠開示への対応などが求められており、事案によってはマスコミ対応にも追われることになる。」「指定弁護士の職務は極めて多岐にわたるとともに、弁護士業務とは全く異なる検察官業務を行うものであり、事案によっては、その負担は極めて大きいだけでなく、物理的な時間も相当程度とられ、本来の弁護士業務にも影響が出ているのが現状である。」「したがって、大規模・困難事件があることを想定すると、将来的には速やかに、上限を撤廃することが検討されるべきである。」と述べて「本件政令改正案に賛成するが、今後更に改善が望まれる」とした。

「検察官の職務を行う弁護士に給すべき手当の額を定める政令の一部を改正する政令案」に関する意見書

2015年(平成27年)11月5日
日本弁護士連合会

意見の趣旨
 本件政令改正案に賛成するが,今後更に改善が望まれる。

意見の理由
 1 本件政令改正案について
  当連合会は,改正検察審査会法の施行前から,検察審査会法における指定弁護士に対して給すべき手当の額について,検察官の職務を行う弁護士に給すべき手当の額を定める政令(以下「本件政令」という。)第1条に定められた上限額は著しく合理性を欠いているとしてきたところである(平成20年5月28日付け 「『検察官の職務を行う弁護士に給すべき手当の額を定める政令案』に関する意見書」)。そして,平成21年5月21日の改正検察審査会法施行の前後を通じて,起訴議決により指定弁護士が選任された具体的な事案を念頭に置いて,審級ごとの上限額の120万円があまりに低額であるとして,その改善に向けた取組を続けてきたものである。
 今回,ようやく,本件政令第1条につき,下限と上限をそれぞれ増額する政令案(以下「本件政令改正案」という。)がパブリックコメントに付され,その施行日を平成28年1月1日とし,本件政令の施行の日以降に審理が終了した事件の当該審級に関する手当について適用される見込みとなったことは一定の前進であると考える。

2 今後の課題について
  もっとも,本件政令改正案において,その上限額が315万円とされたことについては,依然として不十分であり,上限額の更なる引上げや上限の撤廃について,速やかに検討がなされるべきである。
 これまでに,検察審査会が起訴議決をして指定弁護士が選任された事案のうち大規模・困難事件としては,多数の被害者や被害者遺族がいた兵庫県の明石歩道橋での事故に係る事案,福知山線事故に係る事案や小沢一郎氏の政治資金規正法違反事件に係る事案などがあり,さらに,これから起訴されることが予想される 東京電力の福島第一原子力発電所の事故に係る事案がある。
 こうした事件については,膨大な記録を検討し,補充捜査を実施し,被害者参加する多数の被害者等との対応が必要であり,ほとんど全ての事件で公判前整理手続が実施され,証拠開示への対応などが求められており,事案によってはマスコミ対応にも追われることになる。
 このように,指定弁護士の職務は極めて多岐にわたるとともに,弁護士業務とは全く異なる検察官業務を行うものであり,事案によっては,その負担は極めて大きいだけでなく,物理的な時間も相当程度とられ,本来の弁護士業務にも影響が出ているのが現状である。
 したがって,大規模・困難事件があることを想定すると,将来的には速やかに, 上限を撤廃することが検討されるべきである。
 なお,指定弁護士の手当は,現在,審級ごとに,判決後に支払われているが, 長期間の審理がなされる事案の場合には,判決までの数年間を無報酬で指定弁護士の業務に従事しなければならず,そのことが指定弁護士の大きな負担となっているので,今後は,手当の支払方法や支払時期についても検討されるべきである。

3 結論
 以上から,当連合会としては,一定の前進という趣旨で本件政令改正案に賛成するが,上限額の更なる引上げや上限の撤廃,手当の支払方法や支払時期につい て,速やかに検討に着手すべきことを強く求める。

                             以上
e0068696_716220.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2015-11-23 07:16 | 脱原発 | Comments(0)

球美の里「春休み保養」募集

沖縄・球美の里から「子ども保養プロジェクト春休み第55次保養 」の募集開始のお知らせです。

<沖縄・球美の里>子ども保養プロジェクト春休み保養 募集開始しました!!

第55次保養 2016年3月22日(火)~4月1日(金)(仮日程)
※日程は仮であり、2、3日前後する可能性があります。

対象者:福島県在住および隣接県の汚染地域に在住の小中学生

申込受付期間
2015年11月9日(月)~12月24日(木)16:00まで
※郵送の場合 12/24(木)必着


【お申込みの際の注意点】 ※必ずご確認ください

〇通信障害が多い為、郵送・FAX・メールいずれの申込みの場合も電話にて届いているかの連絡をお願い致します

〇定員を上回った場合は選定させて頂きます(先着順ではありません)

〇お友達同士を考慮した選考は行っておりません

〇選考結果につきましてはご参加決定の場合は封書をお送り致します
今回お断りさせて頂く場合はお葉書でお知らせさせて頂きますので予めご了承ください

〇参加希望される方は、参加決定前の事前説明会と参加決定後の説明会、2回の説明会への出席が必須になります

【55次保養事前説明会】※参加必須!

<郡山会場>
1月12日(火) 14:00~1時間程度 富久山総合学習センター2階
<いわき会場> 
1月13日(水) 10:00~1時間程度 いわき市文化センター4階 会議室

※事前説明会への参加は、保護者様のみで結構です

※参加決定後の説明会の日程は決まり次第、ご案内させて頂きます

〇お子さまの健康状態や体質などで特に注意が必要な場合は必ず事前にいわき事務局までご相談頂きますようお願い致します

※発達障害を含む障害のあるお子さんの参加について※
現在、球美の里では診療所等の設備や体制が整っておらず、発達障害や疾病等で医療機関からお薬などの処方を受けているお子さんを受け入れできない状況にあります。
今後は一人でも多くのお子さんにご参加頂けるよう受け入れ体制を改善してまいりますのでご理解とご了承下さいますよう何卒お願い致します。


         
参加費:子ども一人 5740円(旅行保険・手続き経費等)
      ※兄弟、姉妹でご参加の場合は料金の変動がございますので予めご了承下さい

球美の里 HP : http://kuminosato.net/

保養期間中の様子はブログでご紹介しております
詳しくはこちらまで → http://kuminosato.blog.fc2.com/


場所 : 「沖縄・球美の里」

住所 : 沖縄県島尻郡久米島町字山城799     

申し込み先 : FAX:0246-92-2526
        
       郵送:〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3カネマンビル3階 
        認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね気付き 
             沖縄・球美の里 いわき事務局
        
          Email:tarachine@bz04.plala.or.jp     


**申し込み用紙はこちらから**
http://kuminosato.ciao.jp/data/hoyou.pdf

必要事項をご記入の上、FAX、郵送、Eメールでお送り下さい。

お申込みをお待ちしております(*^。^*) ♪♪
e0068696_21124926.png

[PR]
by kazu1206k | 2015-11-22 21:14 | 福祉医療 | Comments(0)

原発事故被害者の切捨てを許さない東京集会

原発事故被害者の救済を求める全国運動からの御案内です。

2015 原発事故被害者の切捨てを許さない東京集会
「避難の権利と健康に生きる権利!」住宅支援と賠償打ち切りを撤回させよう!

【開催日】2015年12月5日(土) 13:30~16:30
【会場】 田町交通ビル6階ホール(東京都港区芝浦3-2-22) 300人規模
      JR田町駅「芝浦口」徒歩3分 /
      都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩5分
【主催】 原発事故被害者の救済を求める全国運動
【協力】 原発事故被害者団体連絡会、「避難の権利」を求める全国避難者の会

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.8月末に閣議決定された原発事故子ども被災者支援法改定方針は原発事故被害当事者を切り捨てする内容です。

①原発事故により避難を余儀なくされた方々が、線量が充分下がらない地域に帰還を強制されています。「避難の権利」が否定されています。

②避難者への住宅支援が打ち切られます。放射能から家族を守るために避難を選択した皆さんの暮らしを苦境に追いこみます。貧困状態に強いられます。

③福島県外含む年間1mSV以上の地域の医療支援がされません。多発する甲状腺がんと健康被害を国と福島県は原発事故による放射能被害との因果関係を否定しています。

2.「原発事故被害当事者」が立ち上がっています。

「原発事故被害者団体連絡会」に参加する各団体が権利と賠償を求める訴訟に取り組んでいます。県内・県外に散らばる避難当事者も 「避難の権利を求める全国避難者の会」も結成されました。被害当事者の取り組みを全国で支援する陣形をつくり社会運動化し広げる事が支援者の責任者として求められています。

3.戦争法案に反対する運動が総がかりの行動になり、市民の運動が野党を動かし、院外と院内が結合した運動を創りだしました。政府の原発事故被害者を切り捨てする政策をを撤回させる為に、今までにない広範な運動のネットワークづくりを大胆によびかけます。

4.来年夏に参議院選挙が実施されます。各政党や各候補者のマニフェストに「原発事故被害者支援施策」を反映させるチャンスと捉え、市民の広範なネットワークが院内を動かす運動に発展させます。その為の一大キャンペーンを展開する為の契機とします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●挨拶
 ・佐藤和良さん(原発事故被害者の救済を求める全国運動共同代表)
 ・ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)
 ・避難の権利を求める全国避難者の会 長谷川克己さん
 ・さようなら原発1000万人署名市民の会 鎌田慧さん  
 ・反貧困運動の現場から

●特別講演  -フクシマから5年 原発事故避難者はいま-
 「原発事故避難白書」から見える避難者の現在
    「避難白書」編集委員会より 大城聡弁護士

●当事者報告
 ・住宅支援打ち切りと賠償打ち切りで押し寄せる避難者の不安 長谷川克己さん
 ・賠償打ち切り/帰還政策/1mSv 「南相馬・避難勧奨地域の会」 小澤洋一さん

●今こそ医療補償と避難の権利と帰還強制の撤回を
     満田夏花さん(国際環境NGO FoE Japan)

●当面の行動提起と集会宣言

◆問い合わせ先:
FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
e0068696_7105283.jpg
e0068696_7113485.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2015-11-18 07:12 | 脱原発 | Comments(0)

県議選、ご支援ありがとうございました

立冬も過ぎ、秋から冬へ季節が巡ります。15日福島県議選の投開票が行われました。

福島県議選いわき市選挙区は、定数10に現職9人、元職1人、新人6人の16人が立候補し激戦となりました。
わたしは、「いのち・くらし、最優先」で「脱原発、新しいふくしま」を、みんなで「いっしょにつくろう」と訴えました。しかし、結果は6,496.902票で11位次点となり、福島県政への挑戦は実を結びませんでした。これまでのご支援に深く感謝申し上げますとともに、ご支援にもかかわらず、結果をだせず、わたくしの力不足を心よりお詫び申し上げます。

福島原発震災から4年8ヶ月。国による5年間の「集中復興期間」から新たな「集中創生期間」5年間の戸口にたって、10万人を超す原発事故避難者はじめ被災県民の困難が続く中、福島第一原発事故の早期収束と福島第二原発の再稼動阻止・廃炉は、復興・再生の土台であり、子育て環境の整備、地域医療と高齢者福祉の充実、地場産業の振興などの施策を実現していくことは、依然として、人間の復興という復興本来の重要課題です。生活再建や避難者支援、完全賠償、中間貯蔵施設、TPPと農業再生、格差の是正、戦争に反対し平和憲法を守ることなど現下の喫緊の課題についても、内堀県政と県議会の「オール与党」体制を厳しく監視し、県民の意志を明らかにしていくことが必要です。

わたくしは、寄せられた市民おひとりおひとりの思いを大切にしていきたいと思います。子どもたちを始め誰もが安心して暮らせるふくしまをめざして、市民のいのちとくらしを守り、福島県民の生存権を守るため、これからも歩み続けます。なお一層脱原発、いわきの再生、ふくしまの復興へ邁進する決意です。これまでのご支援に深く感謝申し上げますとともに、これからもご支援、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

いっしょに、手をつないで前へ進みましょう。

*平成27年11月15日執行 福島県議会議員選挙いわき市選挙区の開票結果
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/info/dbps_data/_material_/info/kenngikaihyoukakutei.pdf
e0068696_830274.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2015-11-16 08:58 | 議会 | Comments(0)

行くぞ!かずよし出陣式

佐藤かずよし後援会から会員のみなさんへ

行くぞ!かずよし出陣式
11月5日(木)午前9時
鹿島ショッピングセンターエブリア北側駐車場
いわき市鹿島町米田日渡5 ‎ 

応援!! 講談師 神田香織さん
※車でお越しの方は、鹿島ショッピングセンターエブリア北側駐車場がご利用出来ます。

e0068696_6485416.png

[PR]
by kazu1206k | 2015-11-02 22:43 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧