<   2015年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ベータ線測定機器 購入のためのご寄付のお願い

いわき放射能市民測定室 たらちね から、『ベータ線測定機器 購入のためのご寄付のお願い』が届きました。 

ベータ線測定機器 購入のためのご寄付のお願い 拡散希望

『たらちね』では、2015年4月よりベータ線測定核種(ストロンチウム90/組織結合水トリチウム/自由水トリチウム)の測定を開始しております。

現在、測定機器はフィンランドのハイデックス社製300SL/SLL型1台で測定対応をしております。

測定方法は、被災地のニーズに合った迅速分析法を用いており、3日~5日の間には測定結果が出せるよう備えております。
しかし、測定の依頼が予定よりも多くあり、現在ストロンチウム90の測定で結果がでるのが3ヶ月待ちの状況になっております。

地域の子どもたちや人々の生活環境の中の汚染を測定し情報を提供する意味は、迅速に測定し暮らしの中の無用な被曝を防ぐことにありますが、今のままの状況では、その対応ができない状態です。

そこで、『たらちね』では、2台目の放射能測定機器を購入することを決定しました。

測定依頼試料を迅速に測定できるだけでなく、検出下限値をこれまでよりも1桁下げた結果を出せる機種を選びました。

事故から5年経った今でも、飲料にも使用する生活水の測定が行われていない地域もあり、それらの地域からの生活水の測定依頼がございます。

また、東電福島原発沖での海洋調査のための海水測定等も行っており、それらは検出下限値ギリギリの測定となります。

測定値を「不検出/ND」ではなく、きちんと数字に残すことが「次世代へ学び伝えること」として大切な『たらちね』の活動の意味と考えております。

子どもたちに一つでも多くの正確なデータを残すことが、事故を防ぐことができなかった世代を担う大人の責任の一つだと思います。

そのために、『たらちね』では、2台目の液体シンチレーションカウンター放射能測定機器の購入を希望しております。

測定機器購入のために、みなさまの御力のこもったご寄付・カンパをどうかよろしくお願いいたします。


購入希望機種は下記の内容になります。
e0068696_1911507.png

測定機種:Quantuulus GCT6220 一式 通称”カンタラス“(パーキンエルマー・ジャパン)

価格 :2000万円(価格割引済み)
e0068696_1916491.png
 東電福島原発沖での海洋調査のための海水測定
[PR]
by kazu1206k | 2015-12-30 09:07 | 脱原発 | Comments(0)

広瀬隆講演「福島と日本の運命ーわたしたちの未来」

脱原発福島ネットワークから、広瀬隆さん記念講演「福島と日本の運命ーわたしたちの未来」のお知らせです。

脱原発福島ネットワーク 2016総会の記念講演を一般公開致します。
広瀬さんの最新作『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』をベースに、来年2016年の電力自由化や放射能被害から身を守るためのお話しをして頂きます。
聴講希望の方は、ご来場ください。

聴講希望の方は、下記にご一報をお願い致します。
kazu_obr@f3.dion.ne.jp

===========================
2016年1月10日(日)午後1時10分〜2時50分
いわき市常磐湯本町 いわきゆったり館
          〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町上浅貝22-1 
                 TEL 0246-43-0801(代表) 
                 
脱原発福島ネットワーク 
2016総会 記念講演「福島と日本の運命ーわたしたちの未来」 
           広瀬隆さん(作家)
参加費 500円

===========================

*『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』
 以下は、著書の内容紹介です。


大反響! 第6刷突破!
壮大な史実とデータで暴かれる戦後70年の不都合な真実!
51の【系図・図表と写真のリスト】と科学的データで迫る知的興奮の書!
タイムリミットはあと1年しかない!
今、おそるべきことが日本人の体内で音もなく進行している! 次の被害者はあなただ!

金・銀・ウランを独占する闇の支配者たちの衝撃の系図!
5兆円をドブに捨てても、まだ日本人は“モルモット"にされるのか?
はじめて明かされる原爆&原発【双子の悪魔】の正体!
そうだったのか! 「戦後70年の謎」が今、明らかになる。

欧州で最も放射能被害に詳しい科学者グループECRRは、2011年3/30、衝撃の警告をした。
「福島第一原発から200キロ圏内では今後50年間で約40万人が放射能によって癌になる。
200キロ超の地方もグレーゾーンであるから細心の注意が必要だ」
注目は、壮大な史実とデータに基づく51点の系図・図表・写真。
18世紀後半のウラン誕生~マンハッタン計画の黒幕と第2次世界大戦~知られざる双子の悪魔【原爆&原発】
~米ネバダ核実験~フクシマ原発事故~事実をひた隠しにする御用学者~長州藩の歴代犯罪の系譜等を固有名詞で追及する。

現在、福島県内の子どもの甲状腺ガン発生率は平常時の「70倍超」。
2011年3~6月の放射性セシウムの月間降下物総量は「新宿が盛岡の6倍」、
甲状腺癌を起こす放射性ヨウ素は「新宿が盛岡の100倍超」(文科省2011年11/25公表値)。
今、東京が危ない!
最大の汚染となった阿武隈川の河口は宮城県にあり、
大量の汚染物が流れこんできた河川の終点の1つが、オリンピックでトライアスロンを予定する東京湾。
世界人口の2割を占める中国も、東京を含む10都県の全食品を輸入停止し、
数々の身体異常と白血病を含む癌の大量発生が日本人の体内で進んでいる今、オリンピックは本当に開けるのか?

米ネバダ核実験や、チェルノブイリでも「事故後5年」から癌患者が急増!
注目は、ネバダ核実験場から220キロ離れた田舎町セント・ジョージで起きた大規模癌発生事件。
220キロといえば、福島第一原発~東京駅、福島第一原発~釜石と同じ距離だ。
放射性ガスは目に見えず、内部被曝が深刻。3.11で地上に降った放射能総量はネバダ核実験場で大気中に放出されたそれより「2割」多い。
「残された時間がない」と著者の地層からわきでる危機感が沸点に達した一作。
同時に、日本の原発から出るプルトニウムで世界の核兵器がつくられる現実を
イスラエル、イラン、イラク、トルコ、パキスタン、印中台韓、北朝鮮の最新事情で描く。
「謎解き」「地下人脈」「身の毛もよだつ史実」がおしみないタッチで迫ってくる戦後70年の大作!
e0068696_23472148.png
 広瀬 隆
(Takashi Hirose)
1943年生まれ。早稲田大学理工学部卒。公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図的で衝撃な事実を提供し続ける。メーカーの技術者、医学書の翻訳者を経てノンフィクション作家に。『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『クラウゼヴィッツの暗号文』『億万長者はハリウッドを殺す』『危険な話』『赤い楯――ロスチャイルドの謎』『私物国家』『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』『世界石油戦争』『世界金融戦争』『アメリカの保守本流』『資本主義崩壊の首謀者たち』『原子炉時限爆弾』『福島原発メルトダウン』などベストセラー多数。
[PR]
by kazu1206k | 2015-12-29 07:22 | 脱原発 | Comments(0)

今中哲二勉強会『事故直後の被曝量をいまから見積もる試み:飯舘村といわき市』

いわき放射能市民測定室 たらちね から、今中哲二 勉強会 『事故直後の被曝量をいまから見積もる試み:飯舘村といわき市』 のお知らせ が、届きました。

『事故直後の被曝量をいまから見積もる試み:飯舘村といわき市』
今中哲二 勉強会


2011年3月11日の原発事故から5年…
あの日の記憶は、いまだに強く心の中にあるけれども、あの日、本当はどうだったのか?
私たちはどのぐらいの被曝をしているのか?その真実を未だに追及できずに月日だけが流れています。
このままでは、この大惨事の被害を、記録に残すことなく過ぎてしまいます。

「たらちね」では、この問題を科学的に分析・記録し、「未来につながる学び」のための財産にし、子どもたちに伝えるために、京都大学原子炉実験所に「いわきの初期被曝調査」を依頼しました。
今後2年間にわたり調査を行っていただき、あの日のことを数字として記録していきます。
それに先駆けて、調査を行っていただく京都大学の今中哲二先生による勉強会を開催したいと思います。
調査の進め方や、被曝を見積もるポイントなどを「勉強会」の中で学び、その行方を専門家と市民がともに考えるしくみを、地域の人々と一緒に創っていきたいと思います。
この度は、質疑応答も活発に行う「勉強会」にしたいと思います。
自分たちの暮らしの場の真実を、自分たちで知ることは、とても大事なことであり、それを知るための努力を地域のみなさんで行っていきましょう。
ぜひ、ご参加くださいませ!

日時:2016年1月31日(日)10:00開場 10:30開演~12:30終了
場所:いわき市生涯学習プラザ4F会議室(いわき市平字一町目1 ティーワンビル内)


駐車場:自動車で来館される場合は、無料の「いわき市公共駐車場」をご利用ください。
※いわき市公共駐車場「童子町」(いわき市役所北側)
※いわき市公共駐車場「梅本」(いわき市役所南側)
http://gakusyuplaza.city.iwaki.fukushima.jp/institution/parking.htm
※生涯学習プラザビルには有料の立体駐車場(30分毎に90円、124台、車高1.78m以下)が併設されています。

主催/連絡先:認定NPO法人いわき放射能市民測定室 たらちね
       電話/FAX 0246-92-2526
       Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp

【今中哲二プロフィール】

京都大学原子炉実験所助教 兼 京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻助教。
瀬尾健とチェルノブイリ原子力発電所事故後の追跡調査を中心に活動した。工学修士。
広島県出身。熊取六人衆の1人。

· 1973年(昭和48年) - 大阪大学工学部原子力工学科卒業。
· 1976年(昭和51年) - 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了(原子力工学)。
· 1976年(昭和51年) - 京都大学原子炉実験所助手(文部教官)。
· 2007年(平成19年) - 京都大学原子炉実験所助教。
· 研究分野:原子力学、環境影響評価・環境政策
· 所属学会:日本原子力学会、日本放射線影響学会
· 研究テーマ:原子力施設がもたらす環境影響に関する研究、広島・長崎原爆による中性子線量評価に関する研究

母親が広島で被爆した被曝二世であるが、原子力工学を専攻したのはそのためではなく、時代が高度経済成長にさしかかったころで、原子力が日本の将来に大きく貢献するというイメージにふりまわされたから、と述べている。大学院時代に原子力開発というのはなんとなく胡散臭いものだという部分が見えたから、就職後もそれを推し進めるのでなく、むしろその否定的な面に注目し明らかにしていこうと、一貫して"原子力をやめることに役に立つ研究"をおこなっているという。1978年(昭和53年)8月、愛媛県の伊方原子力発電所1号機の原子炉設置許可取り消しを求めて原発周辺住民35人が提訴した伊方原発訴訟を支援。日本で初めて原子力発電所の安全性が争われた中、科学者グループ(熊取六人衆、熊取六人組)の一人として活動した。2011年(平成23年)7月27日、衆議院厚生労働委員会の参考人として、東京電力福島第一原子力発電所事故に関連し放射線の健康への影響についての意見を開陳した。

~著書~
· 共著:小出裕章、久米三四郎ほか 『原発の安全上欠陥』 原子力技術研究会、第三書館、1979年1月。ISBN 4807491113。
· 『チェルノブイリ10年 大惨事がもたらしたもの』(1996年4月、原子力資料情報室)編:原子力資料情報室
· 『チェルノブイリ事故による放射能災害 : 国際共同研究報告書』 今中哲二編、技術と人間、1998年10月。ISBN 4-7645-0125-2。
· 共著:高木仁三郎、西尾漠、小出裕章ほか 『知ればなっとく脱原発』 七つ森書館、2002年3月。ISBN 4822802515。
· 『「チェルノブイリ」を見つめなおす 20年後のメッセージ』 今中哲二・原子力資料情報室、原子力資料情報室、2006年4月。ISBN 9784503171115。
· ウラジーミル・バベンコ、ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所 『自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)』 監修:今中哲二、世界文化社、2011年9月。ISBN 4418113185。
e0068696_2336103.png

[PR]
by kazu1206k | 2015-12-28 23:38 | 脱原発 | Comments(0)

「酉(とり)小屋」ができた

12月26日、鹿島町下蔵持に「酉(とり)小屋」がつくられた。
鹿島地区地域振興協議会の「歴史と文化委員会」の事業として、2009年、55年ぶりに復活し、今年で5回目となる。12月20日に篠竹などを切り出し、26日に地区の有志が4時間かけて酉小屋を完成させた。
e0068696_22224269.jpg
 酉小屋の行事は、福島県浜通り地方の正月伝統行事。正月近くに、田んぼの中に竹や木で小屋を作り、小屋の中に神棚を設け囲炉裏をきり、子供が中に入って、餅を食べたり甘酒を飲んだりした。小正月に小屋を燃やし神様が煙とともに天に帰るとされ、この火で餅を焼いて食べると一年間風邪をひかないといわれる。
e0068696_22234169.jpg
 鹿島地区地域振興協議会は、1月7日午後3時から8時まで前夜祭を行い、1月8日午前6時から火入れ式、焚き上げを行う。正月飾りを送り、無病息災を祈るどんど焼きだ。「子どもたちに楽しんでもらい、伝統行事を伝えたい」と参加を呼びかけている。  

*場所 いわき市鹿島町下蔵持、県道常磐江名港線沿いの水田
[PR]
by kazu1206k | 2015-12-27 08:28 | 地域 | Comments(0)

今年も「ふれあいもちつき大会」

12月26日午前、恒例の「ふれあいもちつき大会」に参加しました。毎年、鹿島地区ふれあい会の主催で、かしまデイサービスセンターで行われています。もちつき大会では、特別養護老人ホーム「かしま荘」、かしまデイサービスセンター、ケアハウスの利用者さん、鹿島町下蔵持・久保一区・久保二区・米田・飯田・御代団地地区の育成会の子どもたちが一緒になって、「よいしょ、よいしょ」の掛け声の中、「かしま荘」の職員さんと子どもたちで杵で4臼つきました。
e0068696_22312494.jpg
e0068696_22321064.jpg
 みんなで「お正月」を歌ったり、いつもながら暖かいひとときでした。ついたお餅は、地区の民生委員や地域のボランティアの皆さんのご協力で、お雑煮、お汁粉、きな粉もちにして、みんなでいただきました。いよいよ、今年も暮れていきます。
e0068696_22324497.jpg
e0068696_22331559.jpg

[PR]
by kazu1206k | 2015-12-26 22:36 | 地域 | Comments(0)

高浜原発、不当決定への弁護団声明

「福井地裁高浜原発異議決定を受けての弁護団声明」が海渡雄一弁護士から届きました。
以下に掲載します。

全国で原発の再稼働に反対して闘う皆さんへ

高浜の決定が取り消されてしまいました。高浜差し止め決定を守りきれなかったこと、本当に残念です。決定内容は極めて不当なものです。高裁に抗告して争う方針です。

事前に用意していた弁護団声明を既に公表しましたが、急遽決定内容の具体的な内容に即した批判を書き込んだ改訂声明を作成しましたので公表します。本文と添付とは同じ内容です。

海渡雄一

***********************

福井地裁高浜原発異議決定を受けての弁護団声明

高浜原発3・4号機については、本年4月14日、福井地方裁判所の樋口英明裁判長、原島麻由裁判官、三宅由子裁判官による運転差止仮処分命令が発令されていましたが、本日、同裁判所の林潤裁判長、山口敦士裁判官、中村修輔裁判官により仮処分命令は取り消されました。

私たちは、福島原発事故のような事故を二度と招いてはならないという観点から新規制基準の不合理性、基準地震動の策定手法の不合理性、津波の危険性、工学的安全性の欠如、シビアアクシデント対策・防災対策・テロ対策の不備といった様々な危険性を指摘しました。

これに対して、本決定は、原子力規制委員会の判断に追随するだけの形で私たちの主張立証を排斥しました。
とりわけ、基準地震動に関しては、「最新の知見に従って定めてきたとされる基準地震動を超える地震動が到来しているという事実」は、「当時の基準地震動の想定が十分でなかったことを示すものである」と認めながら、「いずれも福島原発事故を踏まえて策定された新規制基準下での基準地震動を超過したものではな
い」とし(113頁)、新規制基準下ではこのようなことは起こらないとされています。
しかしながら、一方で、本決定は、「新規制基準の策定に関与した専門家により『基準地震動の具体的な算出ルールは時間切れで作れず,どこまで厳しく規制するかは裁量次第になった』との指摘がされていること」も認めており(105頁)、この認定からすれば、新規制基準における基準地震動の策定手法は見直されていないのですから、上記決定は、論理矛盾を来しているといわざるを得ません。
さらに、本決定は、「あらかじめ判明している活断層と関連付けることが困難な地震でマグニチュード7を超えるものが起こる可能性を完全に否定することはできない」とし(122頁)、「本件原発において燃料体等の損傷ないし溶融に至るような過酷事故が起こる可能性を全く否定するものではないのであり,万が一
炉心溶融に至るような過酷事故が生じた場合に備え」なければならないとしています(223頁)。本決定は、福島原発事故の深刻な被害から何も学ぼうとしない、極めて不当な決定であり、原発周辺住民が事故によって被害を受けることを容認していると言わざるを得ません。

林潤裁判長は、11月13日の審尋期日の際に「常識的な時期」に決定を出すと発言しましたが、私たちが指摘したすべての問題点について正面から検討した上で本日12月24日に決定を出すというのは「常識的な時期」とは到底いえず、年末も押し迫った常識外れなこの時期に出した本決定は、高浜原発3・4号機の再稼働スケジュールに配慮した、結論ありきの決定であると言わざるを得ません。
高浜原発3,4号機が再稼働して重大事故を起こした場合、その責任の重要部分は再稼働を許した3人の裁判官にあるということになります。

しかし、私たちは、このような不当決定に負けることはありません。なぜなら、理論的正当性も世論も私たちの側にあるからです。福島原発事故のような事故を二度と招いてはならない、豊かな国土とそこに根を下ろした生活を奪われたくない、子ども達の未来を守りたいという国民・市民の思いを遂げ、ひいては失われた司法に対する信頼を再び取り戻すため、最後まで闘い抜くことをお約束します。

2015年(平成27年)12月24日
脱原発弁護団全国連絡会、大飯・高浜原発差止仮処分弁護団
共同代表 河合弘之・海渡雄一
e0068696_2341429.png

[PR]
by kazu1206k | 2015-12-25 23:41 | 脱原発 | Comments(0)

海側遮水壁の閉合で400トン/日の新汚染水増加

 サブドレン処理水の海洋放出で、福島第一原発の汚染水問題が改善されたかのような言説が多い。
 しかし、「海側遮水壁」の閉合によって、せき止められた地下水をくみ上げ、トリチウムを除く62種類放射性物質を取り除いて海洋に放出する東京電力の計画が頓挫し、逆に1日約400トンの汚染水増加になっていることが明らかになった。
 12月18日開催の原子力規制委員会の第38回特定原子力施設監視・評価検討会で、東京電力が報告したもので、5つの地下水ドレンのうち4つで、トリチウム濃度が東電の放出基準値(1500ベクレル/ℓ)を超え、浄化設備で処理せずタービン建屋内に1日約400トン移送しているという。
 東京電力は、12月17日、サブドレンから地下水をくみ上げ、1~4号機建屋内への地下水流入量が1日400トンから160~170トンとなり、従来に比べ大幅に減少したとしていた。しかし、「海側遮水壁」周辺の地下水ドレンからくみ上げた地下水を建屋内に流していることが明らかとなり、汚染水の増加が進行することになった。これで、1~4号機建屋内への地下水流入量160~170トンと合わせ1日当たり約560~570トンの汚染水発生となり、サブドレン運用前の約300トン汚染水の2倍近くに増加したことになる。
 東京電力は、サブドレンのくみ上げ量を増やし、「凍土遮水壁」の運用で地下水ドレンからのくみ上げ量を減らす方針とされているが、原子力規制委員会が凍土壁の運用を認めていない現状では、サブドレン・地下水ドレン計画は不透明感をまし破綻状況を呈している。汚染水問題の泥沼化が続く2015年の年の瀬となった。
e0068696_12151669.png
e0068696_12154750.png

[PR]
by kazu1206k | 2015-12-23 12:18 | 脱原発 | Comments(0)

「1F汚染水漏れで書類送検」県内十大ニュース

 12月22日、福島民友朝刊に「読者が選ぶ2015県内十大ニュース」の第8回「1F汚染水漏れで書類送検」が掲載された。
 「役員の刑事責任問う」「福島地検、処分判断へ捜査」の見出しで、「県警は、東電と関係者などの約50人に事情を聴いたほか、同原発で作業する共同企業体の関係書類を調べるなどして捜査を進めた。」とつたえ、写真のキャプションには「東電幹部の書類送検により、刑事責任を問う動きは新たな段階に入った」としている。
 「事故後の対応をめぐって検察が判断した例はなく、福島地検の判断が注目される。」とした。
e0068696_1883766.png

[PR]
by kazu1206k | 2015-12-22 18:16 | 脱原発 | Comments(0)

庭のロウバイ

庭のロウバイ(ソシンロウバイ・素心蝋梅)。暖冬のせいか、12月上旬頃から、黄色の花が咲き出しました。すっかり冬枯れの庭に、何ともいえないとてもよい香りを漂わせています。
e0068696_18361990.jpg
 学名のChimonanthus(チモナンサス)は、ギリシャ語の 「cheimon(冬)+ anthos(花)」が語源で「冬の花」の意。英名がWinter sweetというように、ランに似た香りが辺りを和ませてくれます。
e0068696_18403942.jpg
 蝋梅の名は、この花が蝋細工のような形状であることからきたという説もあるそうです。この「冬の花」の花言葉は、「先導、先見」そして「慈愛」。なんとも、うれしい花ですね。
e0068696_1844653.jpg
 蝋梅に雀の来啼く日和かな  内藤鳴雪
[PR]
by kazu1206k | 2015-12-20 18:55 | 我が家の庭 | Comments(0)

常磐共火勿来発電所、市に虚偽データを15年間報告

 12月16日、常磐共同火力株式会社(本社・東京、資本金560億円・東京電力と東北電力が49.11%づつ資本出資)は、いわき市佐糠町の「勿来発電所の排出ガス量データにおける虚偽報告について」を公表した。
 同社によれば、「ボイラー燃焼排出ガス量データ(注1)について、実測値と異なる数値を自主測定結果報告書に記載し(注2)、いわき市へ報告を行っていたことを確認」「このような虚偽報告は少なくてもデータが存在する平成12年頃から継続して行われており、6号機から9号機において、確認(注3)」したとしている。
 虚偽報告の内容について、報道では「例えば9号機では本年9月、204万6000立方メートルを測定。届出値が199万立方メートルのため、198万5000立方メートルにと報告書に記載した」とされ、平均では1割以上の改ざんが15年間にわたって行われていた。

 (注1)ボイラーで燃料を燃やした際に発生する排出ガス量を測定したデータ。
 (注2)常磐共同火力はいわき市との「公害防止協定」に基づき、2か月に1回以上ばいじん濃度を測定し、それに併せて排出ガス量も測定を行い、自主測定結果報告書に記述したうえ、半年毎にいわき市環境監視センターへ報告している。
 なお、硫黄酸化物濃度(SOx)・窒素酸化物濃度(NOx)・発電量・排ガス温度・排ガス濃度については、「公害防止協定」第7条に基づき、テレメータ(遠隔地から伝送された測定量を計測・記録する装置)によって、いわき市へ測定値を常時送信している。
  (注3)現時点において、ばいじん濃度測定時(2か月毎)の実測データを検証、大気汚染防止法に基づく排出基準を超えるデータは確認されていない。

 この虚偽報告について、常磐共同火力は、危機管理対策本部及び社内調査委員会を立ち上げて、虚偽報告の調査、原因究明を実施し、再発防止策の策定するとしている。「公害防止協定」を締結しているいわき市には、協定に基づき12月15日報告があり、いわき市と福島県が16日午後、勿来発電所への立入検査を実施し、測定結果等の確認をした。今後、いわき市は、この報告書の提出を受けて厳正に対処するとしている。
 常磐共同火力は、実測値のガス量が大気汚染防止法の排出基準を超えておらず、周辺住民への影響はないとしている。しかし、市民の健康を保護し生活環境を保全するいわき市との公害防止協定の信義に反する行為は明らかである。
 市民は、「なぜ、15年間も虚偽報告が行われたのか?」「なぜ、いわき市も福島県も虚偽報告を見抜けなかったのか」「15年間という悪質性は組織に問題があるのではないか?」「電気事業法には抵触しないのか?」「東京電力と共同で進めるIGCC(50万kW級の世界最新鋭の高効率石炭火力発電所)の運営は大丈夫なのか?」などの疑問を持って、この事案の行方、いわき市等の対応を注視している。
e0068696_17572551.png









 
[PR]
by kazu1206k | 2015-12-18 17:58 | 環境保護 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧