原爆72年忌、長崎平和宣言

 長崎原爆72年忌の8月9日、爆心地に近い長崎市平和公園で、市主催の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が行われ、田上富久市長は平和宣言を読み上げました。
 田上市長は平和宣言で、7月に国連で採択された核兵器禁止条約核兵器禁止条約について「『ヒロシマ・ナガサキ条約』と呼びたい」と述べ、「この条約をいかに生かし、歩みを進めることができるかが、人類に問われている」と強調して、反対している核保有国などに「核兵器で国を守ろうとする政策」の見直しと核軍縮の義務を果たすよう求めました。
 そして、日本政府には、「条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を被爆地は到底理解できない」として「条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めて」と訴え、憲法の平和の理念と非核三原則の厳守を世界に発信し、「北東アジア非核兵器地帯」構想の検討を求めました。
 また、「福島の原発事故から6年が経ちました。長崎は放射能の脅威を経験したまちとして、福島の被災者に寄り添い、応援します。」とも述べました。
 下記に宣言文を掲載しました。

長 崎 平 和 宣 言

 「ノーモア ヒバクシャ」

  この言葉は、未来に向けて、世界中の誰も、永久に、核兵器による惨禍を体験することがないように、という被爆者の心からの願いを表したものです。その願いが、この夏、世界の多くの国々を動かし、一つの条約を生み出しました。

 核兵器を、使うことはもちろん、持つことも、配備することも禁止した「核兵器禁止条約」が、国連加盟国の6割を超える122か国の賛成で採択されたのです。それは、被爆者が長年積み重ねてきた努力がようやく形になった瞬間でした。

 私たちは「ヒバクシャ」の苦しみや努力にも言及したこの条約を「ヒロシマ・ナガサキ条約」と呼びたいと思います。そして、核兵器禁止条約を推進する国々や国連、NGOなどの、人道に反するものを世界からなくそうとする強い意志と勇気ある行動に深く感謝します。

 しかし、これはゴールではありません。今も世界には、15,000発近くの核兵器があります。核兵器を巡る国際情勢は緊張感を増しており、遠くない未来に核兵器が使われるのではないか、という強い不安が広がっています。しかも、核兵器を持つ国々は、この条約に反対しており、私たちが目指す「核兵器のない世界」にたどり着く道筋はまだ見えていません。ようやく生まれたこの条約をいかに活かし、歩みを進めることができるかが、今、人類に問われています。

 核兵器を持つ国々と核の傘の下にいる国々に訴えます。

 安全保障上、核兵器が必要だと言い続ける限り、核の脅威はなくなりません。核兵器によって国を守ろうとする政策を見直してください。核不拡散条約(NPT)は、すべての加盟国に核軍縮の義務を課しているはずです。その義務を果たしてください。世界が勇気ある決断を待っています。

 日本政府に訴えます。

 核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにも関わらず、核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めてください。日本の参加を国際社会は待っています。

 また、二度と戦争をしてはならないと固く決意した日本国憲法の平和の理念と非核三原則の厳守を世界に発信し、核兵器のない世界に向けて前進する具体的方策の一つとして、今こそ「北東アジア非核兵器地帯」構想の検討を求めます。



 私たちは決して忘れません。1945年8月9日午前11時2分、今、私たちがいるこの丘の上空で原子爆弾がさく裂し、15万人もの人々が死傷した事実を。

 あの日、原爆の凄まじい熱線と爆風によって、長崎の街は一面の焼野原となりました。皮ふが垂れ下がりながらも、家族を探し、さ迷い歩く人々。黒焦げの子どもの傍らで、茫然と立ちすくむ母親。街のあちこちに地獄のような光景がありました。十分な治療も受けられずに、多くの人々が死んでいきました。そして72年経った今でも、放射線の障害が被爆者の体をむしばみ続けています。原爆は、いつも側にいた大切な家族や友だちの命を無差別に奪い去っただけでなく、生き残った人たちのその後の人生をも無惨に狂わせたのです。

 世界各国のリーダーの皆さん。被爆地を訪れてください。 遠い原子雲の上からの視点ではなく、原子雲の下で何が起きたのか、原爆が人間の尊厳をどれほど残酷に踏みにじったのか、あなたの目で見て、耳で聴いて、心で感じてください。もし自分の家族がそこにいたら、と考えてみてください。



 人はあまりにもつらく苦しい体験をしたとき、その記憶を封印し、語ろうとはしません。語るためには思い出さなければならないからです。それでも被爆者が、心と体の痛みに耐えながら体験を語ってくれるのは、人類の一員として、私たちの未来を守るために、懸命に伝えようと決意しているからです。

 世界中のすべての人に呼びかけます。最も怖いのは無関心なこと、そして忘れていくことです。戦争体験者や被爆者からの平和のバトンを途切れさせることなく未来へつないでいきましょう。

 今、長崎では平和首長会議の総会が開かれています。世界の7,400の都市が参加するこのネットワークには、戦争や内戦などつらい記憶を持つまちの代表も大勢参加しています。被爆者が私たちに示してくれたように、小さなまちの平和を願う思いも、力を合わせれば、そしてあきらめなければ、世界を動かす力になることを、ここ長崎から、平和首長会議の仲間たちとともに世界に発信します。そして、被爆者が声をからして訴え続けてきた「長崎を最後の被爆地に」という言葉が、人類共通の願いであり、意志であることを示します。



 被爆者の平均年齢は81歳を超えました。「被爆者がいる時代」の終わりが近づいています。日本政府には、被爆者のさらなる援護の充実と、被爆体験者の救済を求めます。

 福島の原発事故から6年が経ちました。長崎は放射能の脅威を経験したまちとして、福島の被災者に寄り添い、応援します。

 原子爆弾で亡くなられた方々に心から追悼の意を捧げ、私たち長崎市民は、核兵器のない世界を願う世界の人々と連携して、核兵器廃絶と恒久平和の実現に力を尽くし続けることをここに宣言します。

2017年(平成29年)8月9日

長崎市長  田上 富久

e0068696_15112688.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-09 18:01 | 平和 | Comments(0)

8~9月の甲状腺検診

いわき放射能市民測定室たらちねから、8~9月の甲状腺検診のご案内です。

✿ 8月、9月甲状腺検診のご案内 ✿

検診対象者 : 3歳以上
料金 : 震災当時18歳以下の方 無料(お誕生日が1992年4月2日以降の方)  以外の成人 お一人 1000円

検診日 8月20日(日)
検診場所 いわき放射能市民測定たらちね 〒971-8162 いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
担当医 須田 道雄先生 須田医院長 内分泌・甲状腺専門医
予約時間  9:00 9:30 10:00 10:30 11:00  11:30 12:00  

検診日 9月3日(日)
検診場所 好間工業団地第三応急仮設住宅 集会所  〒970-1144 いわき市好間工業団地1-43
担当医 藤田操先生 たらちねクリニック院長  内科・小児科
予約時間  9:00  9:30  10:00  10:30  11:00  11:30  13:30  14:00 14:30   15:00   

検診日 9月9日(土)
検診場所 NPO法人 青空保育たけの子  〒992-0118 山形県米沢市上新田1166
担当医 藤田操先生 たらちねクリニック院長 内科・小児科
予約時間  10:30  11:00  11:30  13:30  14:00 14:30   15:00  15:30


詳細はHPまたは電話でお尋ね下さい。
検診申込受付は電話、FAX、郵送にて承ります。(FAXの方は送信されているか電話でご確認下さい)
検診予約の方は保護者氏名、住所、電話番号と検診を受ける全ての方の氏名、性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。

【寄付のお願い】 甲状腺検診は全国の多くの方々から寄付、お力添えを頂いております。子供達の未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力を お願い致します。
甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

認定NPO法人 いわき放射能市民測定たらちね
〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
TEL/FAX 0246-92-2526
HP http://www.iwakisokuteishitu.com/
Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp

e0068696_13361081.png

[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-08 23:20 | 福祉医療 | Comments(0)

東電元幹部刑事裁判が始まった!9.2東京集会

福島原発刑事訴訟支援団・福島原発告訴団から「東電元幹部刑事裁判が始まった!9.2東京集会」のお知らせです。

東電元幹部刑事裁判が始まった!9.2東京集会
日時:2017年9月2日(土)10:30〜12:15
場所:〒108-0023 田町交通ビル6Fホール 東京都港区芝浦3-2-22
プログラム(予定)
10:00 開場
10:30 開会、弁護団から解説、告訴人の話、ほか
12:15 閉会


2017年6月30日、福島原発事故の刑事責任を問う世紀の裁判が、とうとう始まりました。
その日は雨の中、早朝より700 人を超える人々が、傍聴を希望し東京地裁に押し寄せました。
検察官役の指定弁護士は、冒頭陳述の読み上げに1時間半をかけ、提示した証拠は238点に及びました。
しかし、元幹部3人はいずれも無罪を主張しています。
第2回公判に向けて、この裁判でどのような証拠が提示され、何が争点となるかなどを理解しひとりひとりがこの裁判を見つめ、広めていくためにともに学びましょう。

(主催)
福島原発刑事訴訟支援団
福島原発告訴団
(お問い合せ)支援団・告訴団事務局
メール:info(アットマーク)shien-dan.org
080−5739−7279
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1

e0068696_7542067.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-07 23:50 | 脱原発 | Comments(0)

72回目の原爆忌、市本庁舎で「原爆と人間展」

 夏真っ盛り、庭にはセミの抜け殻がいっぱいです。生きとし生けるものが、限りあるいのちを全うしようと、懸命な姿がしのばれます。生かされていることへの限りない感謝を感じる夏です。
 今日は8月6日、72回目の広島原爆忌でした。
 被爆者団体と安倍総理大臣の面会では、先月国連で採択された核兵器禁止条約に参加しなかった日本政府に対し、「被爆国である日本が反対し、署名することはないという驚くべき態度を取りました。私たちはこの態度に満腔の怒りを込めて抗議する」(広島被爆者団体連絡会議・吉岡幸雄事務局長)と政府の方針に抗議する声が出ました。
 いわき市は1986年に非核平和都市宣言を行い、日本非核宣言自治体協議会に加入しています。非核平和都市宣言の趣旨に基づき、8月1日から16日まで、本庁舎1階の総合案内前で、「原爆と人間展」と題してパネル展示を行っております。本庁舎にお出かけの際は、ご覧いただければと思います。

e0068696_1611760.jpg

e0068696_1605041.jpg

e0068696_1613715.jpg





 
[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-06 23:25 | 平和 | Comments(0)

海渡弁護士の第1回公判報告

 福島原発刑事訴訟支援団と福島原発告訴団から「東電福島原発事故刑事訴訟 『海渡雄一弁護士の公判報告』の記事掲載のお知らせ」が届きました。以下に掲載します。

【東電福島原発事故刑事訴訟 「海渡雄一弁護士の公判報告」の記事掲載のお知らせ】
                             2017.8.5
                             福島原発刑事訴訟支援団
                             福島原発告訴団

 東電福島原発事故刑事訴訟の初公判が6月30日に開かれました。
7月17日に「第1回公判 福島報告集会」(いわき市)を行いました。
この集会で、海渡雄一弁護士から、公判の詳しい報告があり、その内容をまとめたものを福島原発刑事訴訟支援団のホームページ(https://shien-dan.org/trial-report-20170805/)に掲載しました。

 この報告は、検察官の職務を行う指定弁護士作成の冒頭陳述中の争点に関わる重要部分と、証拠採用された証拠書類、証拠物についての要旨告知されたものについて、公判当日に記者会見で、口頭で報告した主要部分などを合体し、わかりやすく時系列でまとめたものです。
 証拠として紹介できたものは、採用された約230点中の約30点足らずですが、これをお読みいただければ、この裁判の検察官役側の主張の骨格が揺るがないものであることがはっきりとおわかりいただけると思います。

■■福島原発刑事訴訟支援団■■
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
info@shien-dan.org
080-5739-7279
https://shien-dan.org/

e0068696_1835487.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-05 23:26 | Comments(0)

今年も梅の土用干し

 気象庁は、東北地方が8月2日ごろに梅雨明けしたとみられると、ようやく発表しました。
 8月3日、梅雨明けを確認して、梅の土用干しです。「三日三晩の土用干し」夏の土用、晴天の熱い日に梅を天日と夜露に三日三晩当てるのが、土用干し。太陽の光で梅の成分が増幅され、色づき、皮も果肉も軟らかくなります。
 
e0068696_6171668.jpg

 庭の赤シソと漬けた南高梅を瓶から取り出しザルに並べました。梅酢もとっておき、ソーダ割で飲んでいます。暑い日、疲労回復にもってこいです。カミさんと自然の恵みのハーモニーです。
 梅干しは、日本の風土と暮らしの知恵が生んだ健康食品。毎日毎日、お世話になっています。ありがたいかぎりです。
 
e0068696_616516.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-03 23:04 | 我が家の庭 | Comments(0)

震災センターのニュースレター第6号

 福島原発震災情報連絡センターのニュースレター第6号が発行されました。
 ニュースレター第6号には、巻頭言、「住宅支援打切り!自治体の限界と国の責任」、「東京23区26市2町に避難者アンケート実施」「福島原発震災情報連絡当センター第7回総会を開催」、「どこがアンダーコントロールやねん!〜怒り炸裂!のレポート〜」などを掲載しました。

 福島原発震災情報連絡当センターは、原発震災で放射能汚染と被曝を強制される人々の生存権を守ることを目的に、2011年10月26日設立され、「(仮称)福島原発被曝者援護法」制定プロジェクト、ウクライナ現地調査、「『原発事故子ども・被災者支援法』推進自治体議員連盟」の結成を呼びかけ政府交渉などの活動を強化してきました。「原発事故子ども・被災者支援法」の骨抜きに抗して、「原発事故被害者の救済を求める全国運動 実行委員会」に参加し国会請願署名等に取り組んできました。
 福島現地の現状と課題への認識を深め、被災者の「生存権」の確立・保障に向けた活動、被災者支援に関わる自治体施策などの情報収集、自治体議会での意見書、政府・国会への要請・交渉行動などを、自治体議連や全国運動と連携して進めています。

e0068696_12445968.jpg

e0068696_5511881.jpg

e0068696_12465750.jpg

e0068696_12471174.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-02 23:35 | 脱原発 | Comments(0)

平(市街地)地区まちづくり懇談会

 7月31日夜、いわき市文化センター大ホールで開催された「平成29年度 平(市街地)地区まちづくり懇談会」に出席しました。テーマは、「人、暮らし、文化を大切にする豊かな活力を備えたまちづくり」。午後6時〜8時という、はじめての夜間開催でした。
 清水市長や地区代表の古川兼良平東部地区区長会長のあいさつのあと、以下の項目について、市民代表の各種団体代表から質問提案され、市の担当部長が回答説明しました。それぞれの提案事項について、現状と見通しが示され、今後の課題も明らかになりました。

懇談事項
①公民連携による持続可能なまちづくりについて
・コンパクトシティの形成について
・公共交通の利便性向上について
・リノベーションまちづくりの取り組みについて

②公共施設や道路環境の充実について
・都市計画道路才槌小路幕ノ内線の整備について
・歩道や点字ブロックの計画的な整備について
・公共施設の整備について

③歴史と文化の息づくまちづくり道路について
・磐城平城の調査等の情報発信について
・磐城平城の公園整備について
・磐城平城を中心とした文化・歴史を生かした取り組みについて

④みんなが健やかに活き活きと暮らせるまちづくりについて
・低額所得者の就職支援について
・老人クラブの減少防止について
・様々な世代の市民が活動できる仕組みづくりについて

⑤安全で安心なまちづくりについて
・消防団員の確保について
・女性消防団員の活動の場の充実について
・安全・安心を支える防犯対策の強化について
・受動喫煙の防止について

⑥外国人にやさしいまちづくりについて
・外国人観光客の受け入れ体制の強化について
・外国人定住者向け支援アプリの開発・普及について

e0068696_14174877.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-08-01 23:12 | 地域 | Comments(0)

豊間地区の夏まつりなど

 7月30日は、朝の雨が止まず、52回を迎える鹿島地区対抗親善球技大会が、残念ながら中止になりました。
 雨が上がった午前11時半、春の叙勲で長年の地方自治功労により旭日単光章を受章した運賀達郎さんの受賞祝賀会に出席。運賀さんは、区長、保健委員、防犯協会役員として長年にわたり活動され、地域の自治会・保健衛生・防犯活動の中で、大変お世話になってまいりました。市議会議員を代表してお祝いの言葉を述べさせていただきました。
 午後2時過ぎに、津波被災地の豊間地区の第3回復興夏まつりに伺いました。豊間災害公営住宅の豊間団地管理会の主催、豊間区の共催です。豊間地区の皆さんの地区再生をめざす活動の一環として準備され、地区のみなさんが手作りで、飲食コーナー等を運営してきました。舞台や会場内では、豊間中箏曲部の琴演奏、よさこい、いわきハワイ交流協会のフラダンス、エクスプレッションD.Sのダンスパフォーマンスなどが披露され大いに盛り上がりました。
 
e0068696_7404958.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-07-30 23:28 | 地域 | Comments(0)

第35回かしま福祉まつり

 7月29日午後、「第35回かしま福祉まつり」が、かしまデイサービスセンター前広場で盛大に開催されました。社会福祉法人養生会を中心に、鹿島地区ふれあい会や区長会、ネーブルシティなどの実行委員会の主催、地域の各種団体やボランティアの参加で、今年も楽しく心をつなぐ様々なイベントが行われました。
 正午から、鹿島地区の各種団体、サークルなどによる模擬店やゲームコ−ナーなどが賑わい、「かしま焼き」や「焼きそば」などは、大汗をかきながらの奮闘でした。13時30分からの開会式には清水市長も駆けつけてあいさつ、社会福祉協議会の代表はじめ私も例年とおり出席致しました。オープニングでは、花の種が入った土に戻る風船が青空に一斉に放たれたました。
 
e0068696_19151995.jpg

 
e0068696_19154695.jpg

 
e0068696_1914378.jpg

 
e0068696_1911174.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2017-07-29 23:05 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧