六ヶ所再処理アクティブ試験のガラス固化問題要望への賛同を!

六ヶ所再処理工場のアクティブ試験は、ガラス固化問題で行き詰まりました。
ガラス固化は、高レベル放射性廃液とガラス材を高温にして混ぜる工程。
しかし、昨年11月にガラス固化試験を開始してから、温度が上がらずガラス材が十分溶けないため、粘り気が強くなって出口で目詰まりを起こすトラブルが続き、12月28日以降、4ヶ月以上停止したままです。

廃液中の白金族元素がガラス溶融炉の下部に溜まり、溶融炉が高温にならずガラス材が十分に溶けない、というこの欠陥は、東海村の試験装置で既に明らかになっていました。
しかし、国は、ガラス固化の技術が未確立のまま、六ヶ所再処理工場をつくり、ガラスと廃液がうまく混ざらない、何万年もの貯蔵に耐えられない、欠陥品を製造したのです。欠陥品がいくつもつくられ、試験は完全に失敗に終わりました。

原燃は、国の核燃料サイクル安全小委員会再処理ワーキンググループから、安定したガラス固化運転の方針をだすよう、2月に求められましたが、4月下旬の委員会に報告書を提出できませんでした。根本的に無理があるからです。
これ以上欠陥ガラス固化体をつくるアクティブ試験は中止すべきです。

核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団など六ヶ所再処理工場のアクティブ試験を憂慮する全国の市民団体は、原子力安全・保安院に要望書を提出し、交渉をもつよう呼びかけています。
■賛同団体の募集:
 賛同される団体は団体名を、要望書に書いている連絡団体に送信してください。
◆募集締め切り
 賛同団体の募集締め切りは、5月13日です(交渉日に合わせて変更あり)。

*******************

原子力安全・保安院への要望書(確定案4月28日)

六ヶ所再処理工場のアクティブ試験で
ガラス固化技術の根本的欠陥が明らかになりました

試行錯誤の試験でこれ以上欠陥ガラス固化体をつくるのはやめてください
アクティブ試験を中止してください
すでに製造された欠陥ガラス固化体は別扱いにしてください

原子力安全・保安院長 薦田 康久 様
2008年5月1△日
六ヶ所再処理工場のアクティブ試験を憂慮する全国の市民

 六ヶ所再処理工場のアクティブ試験でガラス固化体の製造試験が行われた結果、その固化技術に根本的な欠陥のあることが明らかになりました。ガラス固化工程は昨年11月4日に開始されたものの、白金族の蓄積のために、2ヶ月もたたない12月27日に運転停止に追い込まれ、その後、内部点検に4ヶ月近くもかかっています。
 事前のモックアップ試験や化学試験に基づいて立てたはずの運転基準が、初期の段階で早くも破綻しました。これら準備的試験の結果を踏まえた判断から、アクティブ試験に進むことを決めたはずなのに、この結果は、その判断が間違っていたことを示しているのではないでしょうか。
この固化技術では、白金族の蓄積を根本的に防ぐことを放棄し、蓄積を容認し、蓄積した場合を想定して除去する技術まで開発しています。このような技術には根本的な欠陥のあることが、アクティブ試験の過程で誰の目にも明らかになったということです。
 この過程で、「ガラス温度」が1100℃を超えないようなバッチがいくつも現れ、これらガラス材を含むガラス固化体が多数製造されています。「ガラス温度」は1100℃以上が必要だということは、日本原燃の青柳技術部長が2月14日の核燃料サイクル安全小委員会で明言しているとおりです。ところが、これら欠陥ガラス固化体は他と区別せずに貯蔵されています。しかし、これら欠陥品が地層処分に耐えられるという保証はどこにもありません。とりあえずそれらには目印を付け、何らかの別の取り扱いをするべきです。
 これ以上試行錯誤でガラス固化を行えば、欠陥ガラス固化体がさらに増えるのは必然です。また、溶融炉がしばしば運転停止する間に、危険な高レベル放射性濃縮廃液が溜まり続けることになります。
 以上の観点から、次の点を要望します。なお、この要望書は、核燃料サイクル安全小委員会および同再処理ワーキンググループの委員全員に配布してくださるよう、よろしくお願いします。

要 望 事 項

1.ガラス固化技術の根本的な欠陥が明らかになりました。欠陥ガラス固化体を増やさないため、危険な高レベル廃液の蓄積を避けるため、アクティブ試験を中止してください。

2.「ガラス温度」が必要とされる1100℃に達しなかったガラス材を含む固化体は、別扱いにしてください。

六ヶ所再処理工場のアクティブ試験を憂慮する全国の市民(○団体)

■呼びかけ団体(14団体)
核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団/再処理工場について勉強する農業者の会/花とハーブの里/PEACE LAND/三陸の海を放射能から守る岩手の会/グリーンピース・ジャパン/原子力資料情報室/原水爆禁止日本国民会議/ストップ・ザ・もんじゅ東京/日本消費者連盟/ふぇみん婦人民主クラブ/福島老朽原発を考える会/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会

◆連絡団体
  グリーン・アクション
    〒606-8203 京都市左京区田中関田町22-75-103
    TEL:075-701-7223; FAX:075-702-1952
  グリーンピース・ジャパン
    〒163-0802 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2階
    TEL:03-5339-9800; FAX:03-5339-9817
  原子力資料情報室
    〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
      TEL:03-3357-3800; FAX:03-3357-3801
  福島老朽原発を考える会/ストップ・ザ・もんじゅ東京
    〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-19銀鈴会館405号 共同事務所AIR気付
    TEL:03-5225-7213; FAX:03-5225-7214
  花とハーブの里
    〒039-3215 青森県上北郡六ヶ所村倉内笹崎1521 菊川方
    TEL:0175-74-2522; FAX:0175-74-2522 
  美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
    〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3F
    TEL:06-6367-6580; FAX:06-6367-6581
[PR]
# by kazu1206k | 2008-05-02 14:54 | 脱原発 | Comments(0)

脱原発への想いも新た!アサツユ200号記念の広瀬隆講演会

e0068696_838346.jpge0068696_838536.jpgチェルノブイリ原発事故から22年目の4月26日。
脱原発福島ネットワークのニュースレター「アサツユ」200号の記念講演会が、作家の広瀬隆さんを講師に開かれました。
記念講演会は、いわき市で開かれ、市内をはじめ県内各地から、創立当時からのメンバーはじめ、今日はじめて参加したという人や家族など大勢の市民が参加しました。

脱原発福島ネットワークは、福島県内各地の個人や市民グループが、原発に頼らない社会をめざして、1988年に結成されました。早いもので20年近くになります。
月1回のニュースレター「アサツユ」の発行は、1991年の7月でした。
これも、この4月で200号を迎えました。

この20年、福島第一原発7.8号機の増設をとめ、福島第一原発3号機でのプルサーマルの実施をとめてきた福島県民の先頭に立って、その世論形成のために運動を継続してきました。
また、毎月の東京電力との交渉も、事故隠しや不正を追求し粘り強く続けています。
草創期に「原発やめて!命が大事」と親に手を引かれてパレードに参加した子どもたちも、みな立派な社会人になっています。
しかし、中越沖地震で柏崎刈羽原発が動けなくなる満身創痍の状況でも、国は国策を変えず、事業者と原子力推進を叫んでいます。

広瀬隆さんの熱いメッセージを聴き、参加した市民は脱原発への想いを新たにしていました。
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-27 09:40 | 脱原発 | Comments(0)

26日、地震と原発を考える広瀬隆さんの講演会

e0068696_8303629.jpge0068696_8305682.jpg昨年7月の新潟県中越沖地震から1年が経とうとしています。
多くの被害を出した中でも、あの時、テレビに映し出された、炎上する東京電力柏崎刈羽原発の映像を忘れることはできません。
地震列島の日本で、本当に原発は安全で大丈夫なのでしょうか?
いま、「原発安全神話」は崩れ、「原発震災」の恐怖が迫っています。

使用済みの核燃料から核爆弾に転用可能なプルトニウムを抽出する、青森県の六ヶ所村核燃料再処理工場の地下にも断層がのびています。
ロッカショでは本格稼働に向けた試運転が続いています。
しかし、アメリカ、フランスはじめ世界各地の再処理工場の周辺では、放射能の環境放出によって汚染がすすみ、子どもたちの白血病が多発する住民被害をもたらしているのです。

一方で、地球温暖化対策として原子力発電を推進しようという動きも顕著です。
しかし、燃料採掘から核のゴミの処分までCO2を出し続け、何十万年も減衰しない放射能を生み出す原発を推進しては、環境負荷を悪化させます。
ヨーロッパはじめ世界では太陽光発電と風力発電が急速に伸びていることに目をつぶってはなりません。
原発よりも自然エネルギーをふやす。エネルギー大量消費の構造・生活スタイルの見直しこそ具体化していく時です。

広瀬隆さんの講演は、地震と原発、ロッカショの再処理、地球温暖化を考えるいい機会です。参加を呼びかけています。

 作家・広瀬隆が語る
「地震列島、原発は大丈夫か!?ー中越沖地震、ロッカショ、地球温暖化ー」
・4月26日(土)午後2時〜5時 いわき市文化センター大講義室
・資料代500円
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-24 09:02 | 脱原発 | Comments(0)

いわきにもアスベスト労災認定等事業場、石綿健康被害救済を!

 平成17年の尼崎市のクボタ工場周辺のアスベスト健康被害は、従来の職業性の被曝による労災職業病や建物使用によるアスベスト被害から、一挙に、事業所周辺の住民被曝に拡大するものでした。この被害により、平成18年、石綿健康被害救済法が施行されたのです。
 アスベスト被害うち労災補償の対象にならない一般住民を救済する石綿健康被害救済法の対象疾患は、中皮腫と肺がんで、死亡認定は遺族に約300万円、患者治療費自己負担分の支給などです。
 しかし、これらは生前の認定申請が条件なのです。
 石綿健康被害救済法により創設され、国が拠出した基金388億円は、これまで111億円しか給付されておらず、遺族補償の延長や死後申請による救済措置の適用など法の見直しが求められています。
 こうした中、環境省環境保健部石綿健康被害対策室は、特別遺族弔慰金制度の周知事業として、各都道府県、保健所設置市に対し、遺族による特別弔慰金の請求を促進するため、中皮腫による死亡者を特定する死亡小票の目的外使用の申請を依頼しています。
 厚生労働省は、3月末、「石綿暴露による労災認定等事業場」を公表しました。本市の事業場も含まれています。
 本市としても、保健所設置市として、石綿健康被害救済法の認定申請の受付業務を行っています。特別遺族弔慰金制度の周知事業、石綿の健康影響に関する調査(健康リスク調査)など、本市がアスベスト対策の充実に向けて、取り組みの推進が重要です。
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-19 07:42 | 環境保護 | Comments(0)

後期高齢者医療、必要な検査や処置ができない「高齢者担当医」は決めなくてもよい!厚労省の話

e0068696_1758361.jpg4月16日、参議院会館第で開かれた「国—地方」政策研究会に参加しました。
全国の地方自治体議員が厚生労働省と環境省の係官から「後期高齢者医療制度の課題と自治体」「アスベスト対策の課題と自治体」の説明をうけ、質疑と意見交換を行う形式。
説明者は、「後期高齢者医療制度」が厚生労働省保険局総務課の高齢者医療企画室、國代係長ら2名、「アスベスト対策」は環境省環境保健部石綿健康被害対策室の神谷室長補佐ら8名。

後期高齢者医療制度の実施にあたって、いわき市では、4月15日現在で市民から3,000件の問い合わせがありました。そのうち1,200件は制度関係、1,700件は保険料関係です。
制度について、市民の基本的理解を得られないまま施行された実態がうきぼりになりました。また、新たに実施される各人の保険料負担に対する市民の不安感、負担感が極めて強いこともわかります。

わたくしは、主治医による後期高齢者診療料月額6,000円について、医師会も「粗診粗療を招く」と反発し反対し始めている現状と複数の慢性疾患を持つお年寄りにとって主治医を決めることは給付制限になると訴えました。
すると、厚労省は、「担当医を決めることは患者が判断することで、決めなくてもよい」「オプションです」との回答でした。
それなら、なにも高血圧や糖尿病など複数の疾患を持っている場合、必要な検査や処置を犠牲にしてまで、「総合的・継続的にみる主治医」は決めない方がよい!ということです。
従来の老人医療費と比べ、医療内容が削減されることになる「担当医」を決めなくてのいいのです。

このほか、保険料は各人徴収なのに、保険料決定の際の所得額は世帯合算によるという、不公平の問題。制度の普遍性と恒久性への疑問も提起されました。

いつでも、誰でも、どこでも、平等に医療が受けられる医療制度を堅持するためには、国民の医療を受ける権利の確保、年齢による差別なき医療制度の確立が必要です。
開始した制度ですが、「後期高齢者医療制度はやめて欲しい」との市民の声は、切実です。
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-17 18:35 | 福祉医療 | Comments(0)

後期高齢者医療制度、市立病院、アリオスなどに市民の切実な声!

e0068696_1238385.jpg「後期高齢者制度はやめて欲しい」ー4月8日植田、9日中央台、11日鹿島と3地区で開いた議会報告会。参加した市民の皆さんから、こうした切実な訴えが多く出されました。

 市議会2月定例会の報告会では、一般質問を行った「救急医療」「 市立病院」「薬害肝炎救済」「学校給食と地産地消の拡大」「障がいを持つ児童・生徒の特別支援教育」「南部清掃センター談合事件の損害賠償請求」の他、質疑で取り上げたいわき芸術文化交流館アリオスや市手数料値上げ問題、そして高齢者泣かせ後期高齢者医療制度などについて、報告致しました。

 市民の皆さんから出された主なご質問やご意見は、次のようなものです。

・「後期高齢者医療制度はやめて欲しい」
・「年金の物価スライド制がいつの間にかなくなり、大変困っているのに、保険料は天引きというのはおかしい」
・「医師の絶対数が不足していることを何とか改善できないか」
・「常磐病院は、精神科と老人の長期療養床として使うべきではないか」
・「病院事業管理者は、医師でないそうだが、医師の人事など大丈夫なのか。病院事業管理者は、大学病院の教授にできないのか」

・「アリオスのPFI事業の問題点をはっきりさせるべきではないか」
・「アリオスのプレオープニングイベントで、『星条旗よ永遠なれ』を心を落ち着かせる曲と言っていたが、そうは感じられない。あのような内容でいいのか、疑問だ」
・「アリオスの広告宣伝費は無駄が多いのではないか」
・「新たな施設ができているが、いわきは広いのだから、もともとの地名を残す必要がある」

・「公園の遊具の留め金や飾りがなくなっている。点検管理をきちんとやるべきだ」
・「平本町通りの1町目から3町目の買い物道路は、お手本の福島市が元に戻したように、普通の道路に戻した方がよいのではないか」
・「下水道工事は、使用面積で受益者負担金を決めているが、受益者負担金は下げられないのか」

・「固定資産税の路線価格の決め方は、航空写真で決めているが、現場を歩いて決めるべきだ」
・「指定管理者導入事業の事業評価は、第三者や市民の評価も受けるべきではないのか」
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-13 12:49 | 地域 | Comments(0)

広がる不安と反発!後期高齢者医療制度で16日に上京。

4月1日から、後期高齢者医療制度がはじまり、質問といろいろな不安や反発の声が寄せられています。
やはり、保険料の全員1割負担、年金から天引きという負担の問題が大きく、「年金天引きはひどい」「政治は信じられない」と障がい者、市民からの電話もありました。
この間は、会う人、出席した会合、議会報告会などで、いつもこの問題、質問が続いています。4月15日の年金からの天引きで反発は更に大きくなることと思います。

今後は、包括診療方式により月額6000円という給付制限が問題になってくるのではないかと思います。
これは、「後期高齢者診療料」といわれ、高血圧・糖尿病・不整脈・脳血管疾患などの老人性慢性疾患と認知症や便秘症などについて、「総合的・継続的に主治医がみる」診療報酬として月額600点(6,000円)に設定されたものです。
従来の老人医療費と比べマイナス27%の低水準になり、医学管理・検査・処置・画像診断の費用が包括されているため、必要な検査ができないなど、医療内容が削減されることになるのです。医師会も「粗診粗療を招く」と反発しています。

後期高齢者医療制度は、国民皆保険制度の、いつでも、誰でも、どこでも、平等に医療が受けられる医療制度を破壊し、国民の医療を受ける権利を高齢者から奪うものです。まさに、年齢による差別です。許せません。

始まった制度ですが、制度の廃止、制度改正に向けて、取り組むべきです。
国の医療費削減策に抗して、この後期高齢者医療制度と医療制度改革について、16日に上京し、厚生労働省との意見交換の場に参加します。
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-11 08:54 | 福祉医療 | Comments(0)

不十分な福島原発の耐震安全性評価、第三者評価が不可欠

e0068696_16302125.jpg 3月31日、東京電力は、耐震設計審査指針改訂に伴う福島第一・福島第二原子力発電所の耐震安全性評価(中間報告)を公表しましたが、福島第一原発5号機と同第二原発4号機について、06年9月に改定された国の新耐震指針でも「耐震安全性は確保」との中間報告を原子力安全・保安院に提出しました。
 東京電力は、従来18キロとしていた双葉断層の活断層を宮城県亘理町長瀞から南相馬市原町区馬場までの47.5キロに見直し、旧指針では対象にしていなかったいわき市の井戸沢断層も新たに対象に変更。「基準地震動」の算出も、最大加速度は370ガルから600ガルに上げましたが、「安全性は確保」としています。 
 しかし、この再評価は、双葉断層の総延長約70キロを依然として対象とせず、1920年12月の福島第二原発近傍のJR常磐線金山トンネル付近で発生したM6.8の地震も考慮していません。断層の総延長など評価の前提が違えば、基準地震動Ssも大きく変化することから、その不十分性が指摘されます。福島県東方沖地震の震源域断層も震源断層ではないとしており、その客観性も大いに疑問です。
 東京電力は、5年も前、柏崎刈羽原発付近の複数の断層を2003年の時点で活断層と判断し、しかもそのうちのひとつが中越沖地震の本震の震源断層と推定される情報であったにもかかわらず、地震発生後長期にわたって沈黙し、国と一体となった活断層隠し、を行っていました。隠蔽による原子炉設置許可の実態は明らかです。
 福島原発周辺の断層は、「地震活動を伴う震源断層ではない」と結論づけた、この評価が妥当なのか、その解明と評価の検証作業が必要であり、地質学や構造地震学の専門家による第三者評価が不可欠です。

  
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-05 14:55 | 脱原発 | Comments(0)

救急医療など議会報告会ー4月8日植田、9日中央台、11日鹿島

2月28日から3月24日まで開催された市議会2月定例会の報告会を下記の通り開催いたします。
お時間の許す範囲でご参加頂ければ幸いです。

●4月8日(火)午後7時 植田町、植田公民館
●4月9日(水)午後7時 中央台、中央台公民館
●4月11日(金)午後7時 鹿島町、鹿島公民館

 2月定例会は、平成20年度予算や市後期高齢者医療条例の制定、市手数料条例の改正、いわき駅前広場整備工事契約など84議案が提出され、可決されました。
 わたくしは、高齢者泣かせの後期高齢者医療制度関連議案、住民票や印鑑証明などの手数料値上げ議案、競輪場施設建設予算、いわき駅前再開発に伴うペデストリアンデッキの工事契約などについて、市民のいのちと健康を守る立場からこれらの議案に反対しました。
 一般質問で「救急医療の改善」「 市立病院の改善と総務省の公立病院改革ガイドライン」「薬害肝炎救済への対応」「学校給食の安全確保と地産地消の拡大」「障がいを持つ児童・生徒の特別支援教育」「南部清掃センター談合事件の損害賠償請求」を取りあげました。
 質疑では、いわき芸術文化交流館アリオス、公立保育所の民営化、市手数料値上げ、妊婦健康診査などを質しました。
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-04 09:14 | 議会 | Comments(0)

今日から4月。矢田川にカワウ、土手にツクシ。

e0068696_18381453.jpge0068696_18383191.jpg 今日から4月。新年度になりました。朝、矢田川土手を散歩すると、そろそろ北に帰るのか、ツグミがクイックイッと鳴いています。

 船戸ポンプ場の新設工事現場近くの矢田川は、浚渫を行ったため川幅も広くなっています。ふと、土手の上から川面を見ると、何やら見慣れない鳥。黒くて首も長くクチバシの根元が少し黄色です。どうも、カワウのようです。
 矢田川は藤原川に合流して太平洋に流れ込んでいますが、その藤原川の下流部では、多く群れをなしたカワウをみることができますが、鹿島町久保の矢田川付近で見かけたのははじめてです。
 最近、カワウは「繁殖しすぎて鮎などを食べて困る」嫌われ者ですが、今朝は、たった一羽でした。上の写真は、そのカワウです。
 そばに寄ると、水中に入り、向こう岸近くに遠ざかりました。
 そしたら、足下にはツクシがもうたくさん出ているではありませんか。

 春は着実に野山を包んでいます。
そういえば、今年は、3月29日に、小名浜古湊で桜が開花しているのを見ましたっけ。

 『眠たさが深き淵なすつくしんぼ』    有働 亨




 
[PR]
# by kazu1206k | 2008-04-01 19:17 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧