台風18号による大雨

台風18号と低気圧の影響による大雨が、記録的豪雨となり、茨城県はじめ各地に大きな被害をもたらしている。9月10日午後、いわき市内も土砂降りの大雨となる。このため鹿島町を流れる矢田川の水位確認へ向かう。
e0068696_862321.jpg
e0068696_865581.jpg
e0068696_814836.jpg
午後3時21分、鹿島町久保2区から見た矢田川の飯田橋付近の状況。2.8mのはんらん注意水位を超え3.6m程度に増水中だ。横殴りの雨、以前に裏山が崩落した鹿島町上下蔵持のお宅に声をかけ、小名浜花畑町の雨水排水溝の冠水現場に。その後、小名浜支所の小名浜地区水防本部へ情報提供。降り続く大雨により、土砂災害の危険が高まり、いわき市水防本部は、15時05分、いわき市全域に避難準備情報を発令し、鹿島公民館など避難所も開設した。
e0068696_8123133.png
 大雨による避難で、10日午後7時現在、鹿島公民館には4世帯7人、鹿島小学校には4世帯20人の住民が避難した。
e0068696_813479.png
住民の方に激励のお声かけをし状況を説明した。担当の職員さん校長先生にもお声かけさせて頂いた。地元のいわき市消防団第二支団第4分団も全力で警戒。
e0068696_8132825.png
午後8時、矢田川の水位低下で、河川水位上昇による避難指示(鹿島町久保・御代) は解除された。
[PR]
by kazu1206k | 2015-09-10 23:50 | 防災 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧