人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いわき市盲人福祉協会の文化祭

 11月4日午前、常磐のいわきサン・アビリティーズで開催された、いわき市盲人福祉協会文化祭に伺いました。視覚障がい者の自立と共生、福祉の向上を目的に創設された、同協会の文化祭も回を数え47回となりました。市民がともに生きる社会をめざし、いわき点訳グループやいわき声の奉仕グループの協力で開催されています。
 開会式では、いわき市保健福祉部長、いわき市社会福祉協議会会長に続き、私もご挨拶させて頂きました。
 いわき市は在宅で生活している重度の障がい者の方が出かけるときの交通費を年額12,000円助成していますが、外出や社会参加の機会も多くなり、昨年、いわき市盲人福祉協会から、県内同規模他市並みに年額15,000円へと増額の要望が出されています。私は、2月議会で「重度心身障害者交通費の助成の増額をすべき」とただしました。現在、市は、本市の実情や利用者のニーズを踏まえた交通費助成のあり方について、他市のタクシー利用券や自動車燃料費に対する助成方法などをふまえて、検討しておりますので、31年度から実現できるように働きかけていきたいと、お話し致しました。
 開会式の後、いわき地域学会の夏井さんの講演、いわき民話の会の広沢さんの民話なども披露。バザーや手作りパンの喫茶コーナー、作品展示コーナーなどもあり、私もボランティアの方々の手作りパンを求めてまいりました。
 
いわき市盲人福祉協会の文化祭_e0068696_18254685.jpg

いわき市盲人福祉協会の文化祭_e0068696_18261683.jpg

by kazu1206k | 2018-11-04 23:15 | 福祉医療 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k