人気ブログランキング | 話題のタグを見る

(仮称)いわき市動物愛護センター建設の請願、委員会採択

 12月7日、いわき市議会11月定例会の教育福祉常任委員会が開かれ、本会議から付託された議案を審査ました。審査の結果は、全議案、原案の通り可決すべきものと決しました。
 本会議から付託された議案は、いわき市幼稚園型認定こども園等の認定の要件を定める条例の制定、いわき市公民館条例の改正、いわき市保育所条例の改正、いわき市健康・健康福祉プラザの改正、平成30年度いわき市一般会計補正予算(第3号)、指定管理者の指定など、17議案及び「(仮称)いわき市動物愛護センター」の早期建設を求める請願書、です。
  「(仮称)いわき市動物愛護センター」の早期建設を求める請願書については、福島県獣医師会いわき支部などが請願事項 「平成25年1月に提出した提言書に基づき、さらなる施設のコンパクト化や建築発注方法の見直をしたうえでの『保護管理部門』と『愛護啓発部門』を一体化した動物愛護センターを早期に建設してほしい。」として、請願したものです。
 動物愛護センターについては、平成23年9月に、いわき市が「いわき市動物愛護行政のあり方検討懇談会」を設置して協議を重ね、懇談会として「(仮称)動物愛護センター」の必要性を、平成25年1月、いわき市長に『いわき市動物行政のあり方に関する提言書』として提出しました。
 市の「動物愛護センター整備検討委員会」が平成26年と翌27年の二度開かれましたが、市は愛護センターについて、遊休施設の利活用や中山間部の廃校利用などを検討したものの新設はせず、現在の犬管理所の敷地内に「保護管理部門」として収容棟を建設し、「愛護啓発部門」は既存の市有財産の活用も含め整備方法等を検討するとした案を打ち出しました。
 また、いわき「犬猫を捨てない」会が、平成28年に4,200名を超える市民の署名を添えて早期建設の要望書を提出してきた経緯もあります。
 委員会の審査の過程で、執行部から、現在、庁内調整中として、現在の犬管理所の敷地内に建設する「保護管理部門」とは別に「愛護啓発部門」の整備など、全体構想を来年2月市議会定例会前には示したい、などの意向も表明されました。これを受けて、継続審査の提案もありましたが少数否決され、これまでの経緯を踏まえて、請願は原案の通り、委員会採択されました。
by kazu1206k | 2018-12-10 23:03 | 議会 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k