人気ブログランキング |

原発事故の損害賠償と健康被害を考えるシンポジウム in 郡山

 原発事故被害者の救済を求める全国運動から、「原発事故の損害賠償と健康被害を考えるシンポジウム in 郡山」のご案内です。

2011年3月11日の東日本大震災に端を発した東京電力福島第一原発事故から、8年以上たちました。今も事故の被害はまだ続いていますが、10年と定められた原発賠償請求権の消滅時効が迫ってきています。
一方で、原発事故発災当初の初期被ばくが「なかったこと」にされてしまった問題も浮上しています。これらの問題について考えるシンポジウムを開催します。

原発事故の損害賠償と健康被害を考えるシンポジウム in 郡山
日時:2019年9月29日(日曜日) 13:00~16:30
場所:郡山ビッグアイ 市民交流プラザ 大会議室(郡山駅西口)
参加費:無料(申込不要)


プログラム:
原発事故後8年の損害の実態と中間指針改定、時効延長の必要性
ー渡辺淑彦弁護士(福島県弁護士会、災害復興支援委員会幹事)
原発事故避難をあらためてふりかえる
ー菅野みずえさん(浪江から兵庫県に避難)
東電刑事裁判が問うもの
ー佐藤和良(いわき市議会議員)
「なかったこと」にされた初期被ばくと甲状腺がん
ー満田夏花(国際環境NGO FoE Japan)
各地の裁判からの報告、県内での取り組み報告 ほか

主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動

e0068696_1781055.jpg

by kazu1206k | 2019-08-19 23:57 | 脱原発 | Comments(0)