人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オンラインセミナー:10年目の福島(2)―ばらまかれる放射性物質

FoE Japanの満田さんから「オンラインセミナー:10年目の福島(2) ― ばらまかれる放射性物質」のお知らせが届きました。

国際オンラインセミナー第2弾のご案内をお送りします。ぜひご参加ください。

オンラインセミナー:10年目の福島(2) ― ばらまかれる放射性物質
https://www.foejapan.org/energy/fukushima/201018.html
2020年10月18日(日)10:00-12:00
※日英の同時通訳あり

2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに続く東電福島第一原発事故からまもなく10年。事故は、自然のめぐみとともにあった人々の暮らし、生きがいやコミュニティ、家族との大切な時間を人々から奪いました。事故は今も収束していません。
除染によって大量の汚染土が発生。その量は1,400万m3とされています。環境省は、この汚染土を全国の公共事業や農地造成に利用できる方針を策定し、現在、「手引き」を作成中です。
福島第一原発のサイトでは、燃料デブリの冷却水と建屋に流入した地下水が混ざり合うことで発生した汚染水を多核種除去装置(ALPS)で処理し、タンクに貯蔵しています。貯蔵されている処理汚染水は約200万m3に達しました。政府は年内にも、処理汚染水の海洋放出を決定するのではないかとみられています。一方で、原子力市民委員会から、汚染水をモルタル固化し、安定的に処分する案などが提案されていますが、検討されているとはいいがたい
状況です。オンラインセミナー「10年目の福島」、第2回では、こうした状況について共有し、みなさんとともに議論していきたいと思います。

以下のフォームからお申込みください。
https://www.foejapan.org/event/event_form.html
※オンライン会議システムのzoomを使います。
※マイク・スピーカー機能のついたPCもしくはスマホ、タブレットが必要です。
※前日の18:00までに、メールにてzoom会議参加用のリンクと説明をお送りします。
※Facebookによる中継を行います(日本語のみ)。

プログラム:
映像「福島の漁師たち」上映
1. どうなっている? 汚染土の再利用と処理汚染水の現状
2. 福島からの声
 「塗り替えられるふるさとの色」…織田千代さん/福島県いわき市在住
 「政府に求めたいこと」…大河原さきさん/福島県郡山市在住
3. 放射能木材をバイオマス発電で燃やす? …和田央子さん(放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡)
4. コメント…まさのあつこさん/ジャーナリスト
質疑


オンラインセミナー:10年目の福島(2)―ばらまかれる放射性物質_e0068696_15174424.jpg









by kazu1206k | 2020-09-28 22:13 | 脱原発 | Comments(0)