人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「福島が沈黙した日 原発事故と甲状腺被ばく」集英社新書

 東京新聞の榊原記者から、新書の出版のお知らせが届きました。
 「福島原発事故の発生直後に甲状腺内部被ばくの問題が幕引きされていた内幕を検証しています。本来採るべき対応が大幅に省かれた結果、初期被ばくの記録が残らなかった点を追求しています。」
 「あの事故の被災地域の方々に是非読んでもらいたい」

「福島が沈黙した日 原発事故と甲状腺被ばく」
 著者:榊原崇仁 集英社新書 900円+税

目次等は下記

<集英社HPより>
放射線の被害 その痕跡は 闇に葬られた

福島原発事故後の甲状腺被ばく測定、裏で仕組まれた歪曲と隠蔽の工作。
なぜ被災者は裏切られたのか――
執念の調査報道で明らかになった衝撃の新事実が、今ここに。

2021年3月で発生から10年となる福島原発事故。
時間の経過とともに事実究明や責任追及が希薄になるなか、今現在も放射線の影
響で生じうる健康被害を懸念する人々が多数いることを忘れてはならない。

本書は、新聞記者である筆者が被害の核心とされる甲状腺被ばくに切り込み、国
や県が実態把握を怠った狡猾な工作を告発する書である。
彼らが認めていない放射線被害がいかに隠蔽・歪曲されたか――。
綿密な情報開示請求で得た膨大な量の文書とその解析、関係者への周到な聞き取
り取材により、衝撃の真相に迫る。

【目次】
はじめに

第一章 100ミリシーベルトの少女
 埋もれてきた計算/特別な数字/徳島大学/始まりは「大丈夫な値か」/
 「内部被ばくの公算大」/放医研の反応は鈍く/……ほか

第二章 1080人の甲状腺被ばく測定
 SPEEDIと4つの疑問/情報開示請求で解明する/一級資料/
 ニコニコの日に裏腹な見解/数万人測定の構想/……ほか

第三章 早々と終えた理屈
 交錯した思惑/「時間なく」と「絞り込み」/ハイリスク地域と拡大解釈/
 「甲状腺は安全と言える」/詭弁/測る時間はあった/……ほか

第四章 2011年3月17日
 本来の対応/避難者の甲状腺も測るはずだった/
 スクリーニングも甲状腺を意識していた/除染を挟む意味/……ほか

おわりに

「福島が沈黙した日 原発事故と甲状腺被ばく」集英社新書_e0068696_11065026.png




by kazu1206k | 2021-01-16 21:59 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k