人気ブログランキング | 話題のタグを見る

福島原発刑事訴訟支援団ニュース「青空」第11号

 福島原発刑事訴訟支援団のニュース「青空」第11号が、7月11日付けで発行されました。
 第11号の巻頭言は、控訴審の期日が11月2日に決まり、当日、東京高裁に集まろう!、そして「東京高裁の裁判官に現場検証を求める署名」にご協力を!とアピールしています。
 第11号は、4月25日開催のオンライン集会 『さあ!控訴審へ!東電刑事裁判・逆転勝利をめざす集会』の弁護団報告を中心に構成されています。
 海渡雄一弁護士の「東電刑事裁判は福島原発事故の隠された真相を明らかにし、すでに原発損賠訴訟の住民勝訴判決の中に生きている」は、本件へ関わる経緯とこれまでの流れを概括し、民事訴訟への影響さらに株主代表訴訟の連動を指摘、控訴審への結集を呼びかけています。 
 さらに、北村賢二郎弁護士による報告「福島原発訴訟・刑事裁判と民事裁判の判決比較など」、大河陽子弁護士による報告「福島原発事故 収束・避難の困難」、甫守一樹弁護士による報告「東電株主代表訴訟と刑事裁判の関係について」とそれ重要な論点をわかりやく説明、解説していただいております。
 以下から、ご覧いただけます。
 
●目次
・控訴審期日、11月2日に決まる!! 現場検証求める署名を進め、東京高裁に集まろう!:佐藤和良
・東電刑事裁判は福島原発事故の隠された真相を明らかにし、すでに原発損賠訴訟の住民勝訴判決の中に生きている:海渡雄一
・2021年4月25日開催のオンライン集会 『さあ!控訴審へ!東電刑事裁判・逆転勝利をめざす集会』より弁護団報告
  北村賢二郎弁護士による報告 – 福島原発訴訟・刑事裁判と民事裁判の判決比較など
  大河陽子弁護士による報告 – 福島原発事故 収束・避難の困難
  甫守一樹弁護士による報告 – 東電株主代表訴訟と刑事裁判の関係について
・「東京高裁の裁判官に現場検証を求める署名」にご協力を!
・オンライン集会のDVDを販売しています
・支援団にお寄せいただいたメッセージをご紹介します
・事務局からのお知らせとお願い

●福島原発刑事訴訟支援団
 〒963-4316 福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
        080-5739-7279 info@shien-dan.org
        https://shien-dan.org/

福島原発刑事訴訟支援団ニュース「青空」第11号_e0068696_09011618.jpg

福島原発刑事訴訟支援団ニュース「青空」第11号_e0068696_09014629.jpg
福島原発刑事訴訟支援団ニュース「青空」第11号_e0068696_09021635.jpg














by kazu1206k | 2021-07-16 22:41 | 脱原発 | Comments(0)