人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ALPS処理汚染水を海に捨てないで!海洋投棄を止める活動にご支援を、クラウドファンディングのお知らせ

 ALPS処理汚染水の海洋放出を差し止める会から、「ALPS処理汚染水を海に捨てないで!海洋投棄を止める活動にご支援を」、ALPS処理汚染水の海洋放出を差し止めるクラウドファンディングのお知らせです。
 以下、ご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ALPS処理汚染水の海洋放出を差し止めるクラウドファンディング 本日開始!
ALPS処理汚染水放出差止訴訟の支援のために、クラウドファンディング(資金調達)に挑戦します!
核物質の専門家や水棲生物の専門家への調査や意見書作成の費用、海洋投棄を止めさせるための様々な行動のために、広くご支援を求めます。

「READYFOR」サイトにて、最終目標額1000万円をめざし、5月20日から2ヶ月間行います。

インターネットを使わない方法もあります。チラシの「申込書を利用してのご支援の方」をご覧ください。

未来の子どもたちに、きれいな海を手渡したい
2011年の福島第一原発事故では、溶け落ちた核燃料に地下水や冷却水が触れ、大量の放射性汚染水が発生しました*1 。
東京電力はこの汚染水をタンクに貯めながら、ALPS(アルプス=多核種除去設備)という装置で処理しています。しかし、ALPS処理をしても放射性物質は取り切れず、基準値を超えて残留しています*2。
2023年8月、政府と東京電力は、2015年に作成した『東京電力(株)福島第一原子力発電所のサブドレン水等の排水に対する要望書 に対する回答について』内で、『漁業者、国民の理解を得られない海洋放出は絶対に行わない』と記載しているにも関わらず、漁業者をはじめ、私たちが同意など決してしていない中で*3、ALPS処理汚染水の海洋投棄を始めてしまいました。
政府と東京電力は、ALPS処理汚染水に海水を混ぜて、基準値以下の濃度まで薄めて流すから法律違反ではないと言います*4。
しかし、いくら薄めても、海に捨てられる量は変わりません。また、最終的にどれだけの量の放射性物質を海に流すことになるのかは、政府も東京電力も発表していません。

放射能の影響は、長期間かかって表れてくるものもあります。それを最小限に抑える責任が、現代に生きる私たちに問われています。
海はいのちの源です。ふるさとの海、日本の海、世界の海を、放射能でこれ以上汚してはいけません。海洋投棄の停止を求める差し止め訴訟も福島地裁で起こされました*5。
私たちは、ALPS処理汚染水について、海洋投棄ではない別の選択肢を取るべきと考えています。
未来の子どもたちにきれいな海を手渡したい。
ALPS処理汚染水の海洋投棄を止めるための活動に、ご支援をお願いします。


活動内容とご支援金の使いみち
いただいたご支援金は、ALPS処理汚染水の海洋投棄による影響について、専門家の調査・研究の結果や、さまざまな知見、関係者の声などを、広く知らせ問題提起する活動に充てさせていただきます。
■ご支援金の使いみち
下記活動にかかる費用の一部に充てさせていただきます。
・人体・環境への影響の調査
 福島第一原発事故に由来する放射性物質と、その人体や環境への影響について、専門家に調査・研究・翻訳を委託、報告書作成などの費用(300万円)
・海洋の調査 船のチャーター費・燃料費、スタッフの報酬、放射能測定、報告書作成などの費用(400万円)
・水産業への影響の調査
 水産業への影響について、専門家に調査・研究・翻訳を委託、報告書作成などの費用(200万円)
・法律関係の調査
 海洋投棄と国際条約(ロンドン条約、国連海洋法条約等)について、専門家に調査・研究・翻訳を委託、報告書作成などの費用(400万円)
・報告会・学習会やシンポジウム等の開催
 海洋投棄についての報告会や学習会、漁業ほか様々な関係者の声を聴く機会を設けます。5月12日には、福島大学教授・柴崎直明さんを迎え、汚染水発生を止める広域遮水壁についての学習会を開催しました。海洋投棄ではない選択肢についての学習会等も計画中です。7月15日には、いわき市小名浜にて「海の日アクション2024 汚染水を海に流すな!」を「これ以上海を汚すな!市民会議」と行います。(300万円)
※ALPS処理汚染水の海洋放出を差し止める会は団体の銀行口座を所有していないため、ご支援金は関連団体である「原発汚染水の海洋放出差止めの裁判を支援する会」の銀行口座にて受け取り、会計処理を行います。

*1 経済産業省発表:汚染水との戦い、発生量は着実に減少、約3分の1に」
*2 経済産業省:安全・安心を第一に取り組む、福島の“汚染水”対策①「ALPS処理水」とは何?「基準を超えている」のは本当?
*3 東京電力:東京電力(株)福島第一原子力発電所のサブドレン水等の排水に対する要望書に対する回答について・福島県漁業協同組合連合会「ALPS処理水海洋放出開始にかかるJF福島漁連会長コメント」
*4 経済産業省:「復興と廃炉」に向けて進む、処理水の安全・安心な処分②~「二次処理」と処理水が含む「そのほかの核種」とは?」


◇次回の裁判は6月13日
ALPS処理汚染水差止訴訟の第2回口頭弁論期日は、福島地裁6月13日14:30開廷です。
13:00より福島地裁前集会を行います。
13:30頃から傍聴整理券の配布が行われる見通しです。傍聴券確保にぜひご協力ください。
14:30の開廷と同じ時刻から、とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)小ホールで裁判並行集会を開催します。
裁判閉廷後には同じ会場で報告会を行います。

ALPS処理汚染水を海に捨てないで!海洋投棄を止める活動にご支援を、クラウドファンディングのお知らせ_e0068696_16581331.jpg
ALPS処理汚染水を海に捨てないで!海洋投棄を止める活動にご支援を、クラウドファンディングのお知らせ_e0068696_16582708.jpg







by kazu1206k | 2024-05-20 22:52 | 脱原発 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k