人気ブログランキング |

2019年 01月 27日 ( 1 )

厳正判決を求め街頭で一斉署名活動

 1月27日午後、いわき駅前で、福島原発刑事訴訟の「厳正な判決を求める署名」一斉署名行動が行われました。
福島原発事故の責任を問う東電経営陣3被告の刑事裁判は、2017年6月30日の初公判以来36回が開かれ、2018年12月26日に論告・求刑、27日に被害者代理人の意見陳述が行われました。今年の3月12日・13日には元経営陣の弁護士による最終弁論が行われ、結審となる予定です。
これまで福島原発刑事訴訟支援団と福島原発告訴団は、公判の度、東京地裁の永渕健一裁判長へ「厳正な判決を求める署名」を提出してきました。全国の皆さんのご協力によって、現在まで約4万筆を数えましたが、さらに多くの署名を集め、結審の日まで裁判所に届けるために、今回の呼びかけとなりました。
この日は、一人でも多くの方にこの裁判を知って頂き、厳正な判決を求める声を裁判所に伝えるために、いわき市、郡山市、福島市など福島県内3か所はじめ、東京都内や京都市内でも一斉街頭署名を行われました。
いわき市では、寒風吹きすさび、体の芯まで冷え込む中で、参加した10名が横断幕やプラカードを掲げ、チラシを配りながら、寒さに負けじと声を上げ、東電3被告に厳正な判決を求める署名を呼びかけました。通行中の大人や高校生、外国人も足を止めて、署名に応じて頂きました。ありがとうございました。寒中署名に参加した皆様、本当にお疲れ様でした。

e0068696_6522861.jpg

e0068696_6522121.jpg

by kazu1206k | 2019-01-27 23:50 | 脱原発 | Comments(0)