人気ブログランキング |

9日の一般質問の内容

 12月5日から始まった、いわき市議会12月定例会。
9日から12日まで4日間にわたり一般質問が行われ、17人が質問に立ちます。
 私の一般質問は、9日(月)午後2時30分から50分間です。
 以下に、質問項目の内容をお知らせします。

 12月定例会         一般質問 項目           2019.12.9

1、いのちを守る、防災・災害に強いまちづくりと被災者支援について

(1)台風19号等による避難並びに避難所の実態と今後の改善について


ア、 避難勧告と避難指示など発災前の高齢者等への情報伝達について、高齢者に多くの犠牲者が出たが、今般の事態を検証した上で、消防車両等による巡回広報の徹底、支援者による避難行動要支援者への避難呼びかけと支援、緊急サイレンなど、早期避難に向けて情報伝達の手段・方法を改善すべきではないか。

イ、避難行動要支援者の「個別計画」について、今般の事態を検証した上で、民生委員や社会福祉協議会、自主防災組織や自治会、消防、福祉事業者など、避難行動要支援者の避難を助ける「支援者」や支援方法を定める「個別計画」の策定を進め、避難訓練の実施も含めて、実効性のある計画を早期に練り上げるべきではないか。

ウ、避難所の指定について、平平窪地区を始め多くの市民から河川を挟んだ遠方の施設ではなく、近隣施設へ避難所の指定の見直しを求める声があがっており、今般の事態を検証した上で、公的施設はじめ民間施設も含めて、指定の変更や追加など、命が守れるように避難所を再配置すべきではないか。

エ、避難所の質の向上について、今般は避難所生活の方が亡くなる事案も発生した一方、トイレの洋式化を求める市民の声も多く、更衣室など性差にも配慮し、内閣府の「避難所ガイドライン」やスフィア基準などを踏まえて、被災者が健康を維持できる、安心して避難できる体制を整備すべきではないか。

(2)夏井川等の河川氾濫と河川改修について

ア、夏井川等の河川氾濫について、台風19号等の大雨による夏井川水系、藤原川水系、鮫川水系での河川氾濫は、支流と本流の合流点での越水や堤防決壊、バックウオーター現象、内水氾濫など様々だが、それぞれどのようなメカニズムで発生したのか。

イ、河川改修工事の促進について、平窪地区など各水系流域の各行政区等から度重なる河川改修要望にもかかわらず、被害拡大に至ったことを反省し、住民が安心して暮らし住み続けることができるように、夏井川・藤原川・鮫川各水系のそれぞれの河川の河道掘削、堆砂除去、立木伐採、堤防嵩上げ、堤体補修などの河川改修工事を、本市としてのロードマップを作り、関係機関と連携して計画的に進めるべきではないか。

ウ、雨水排水の改善について、内水氾濫に至った市内各地の雨水排水区の現状を踏まえ、ポンプ場の排出機能の拡充や新規施設の建設など、今後の改善策の見通しはどうか。

(3)台風19号等の被災者の生活再建支援の拡充等について

ア、被災者へのり災証明書について、今般の実情を踏まえ、速やかな発行に向け、発行システムをどう改善するのか。

イ、住まいの確保について、市・県営住宅等の一時提供住宅や民間賃貸住宅借上げ制度による応急仮設住宅の入居状況など、被災者の住まい確保の見通しはどうか。

ウ、被災者支援制度の周知など広報と相談体制について、コールセンターや被災者総合相談窓口を設置したが、市民への広報周知並びに相談体制の充実のため、今後は、各種調査などを含め被災者訪問を実施して、広報と相談ができる体制を組むべきではないか。

エ、いわき市被災救助費救助金の増額について、本市独自の被災者支援の強化に向け、50年前に制度創設された被災救助費救助金の少なくとも2倍増を検討すべきではないか。

オ、被災者生活再建支援制度の拡充について、半壊以下は支援金ゼロという「1メートルの壁」が大きな障害となっており、支給額の増額など、改めて要件の緩和と支給範囲の拡大を強く国に求めるべきではないか。

カ、災害廃棄物について、平窪や幕ノ内、好間など17カ所の大規模集積所の年内撤去を進めているが、水害ゴミと土嚢等の戸別回収の見通しはどうか。

キ、放射性物質を含む汚泥等について、住宅清掃時の防塵マスク使用の周知徹底、学校など子どもの生活空間の空間線量率や浸水区域の汚泥等の放射能濃度の測定の実施など、浸水による放射性物質の流入に対して、安心して暮らせるよう対応すべきではないか。

(4)平浄水場等水道施設の浸水対策について

平浄水場の配電盤等重要機器の水密化や上階への移設、基幹浄水場間の連絡管も含めた断水発生時のバックアップ体制の確立など、今般の事態を踏まえた、水道施設の浸水対策をどう進めるのか。

(5)災害対策本部の運営と危機管理体制について

ア、災害対策本部の運営について、初動から応急対応期における本部の意思決定と指示系統、地区本部との連携、現地対策事務所の設置時期、関係機関や事業者との連携など、今般の災害対策本部の災害対応に関する運営をどのように総括しているか。

イ、危機管理体制の強化について、本市は今般の災害対応についての検証を行うとしているが、市長以下幹部を中心とした危機即応体制を検証した上で、必要な見直しを図り体制を強化すべきではないか。

(6)共創のまちづくりにおける地域防災力の向上について

ア、 地域防災力と地域自治システムについて、高齢化の進展の中で地域防災力の低下が否めず、今般のように地域コミュニティ全体に及ぶ甚大な被害では、地域コミュニティにおける共助の活動が重要であり、共創のまちづくりに基づき、地域コミュニティを強化するために、地域自治システムの整備を図るべきではないか。

イ、 災害時の企業力について、本市と企業や団体等との事前協定に基づく、災害時の対応と協力体制を、より計画的進めるべきではないか。

2、いわき市の再生と地域課題の解決について

(1)鹿島町久保地内の山崩れへの対応について


ア、 二次災害の防止と崩落後の現状について、これまで、県による地質調査及び測量設計の業務委託が発注されてきたが、発災以来3ヶ月半となり、崩落した砂岩の岩塊が風雨によって割れ、今後の地震や風雨などの自然状況により、住家等に二次被害の可能性も懸念されており、また、交通と生活の大動脈である県道小名浜平線(鹿島街道)の片側通行の長期化による交通渋滞や沿道商店街の売上低下などの影響も長期化しているが、崩落現場の状況や沿道への影響の長期化など、現状をどう捉えているか。

イ、 復旧について、国の災害対策等緊急事業推進費の活用や県道と市道の復旧工事に伴う費用負担の範囲など、関係機関との協議はどのように進んでいるのか。

ウ、 今後の見通しについて、県道小名浜平線(鹿島街道)の完全復旧による安全安心な市民生活の回復が望まれるが、復旧工事の工期、工法、事業費、住民説明会の開催など、今後の見通しはどうか。

(2)いわき芸術文化交流館の事業運営と利用者の意見等について

ア、 運営体制について、施設及び事業の運営方式は市の直営、施設の維持管理はPFI事業者による管理だが、「芸術文化を通じたまちづくり、人づくり」にどのように寄与してきたのか。

イ、 利用者の意見や要望について、開館以来10年、催事毎アンケートに比べ利用者懇談会は2回、事業報告会は2回、事業説明会は1回の開催だが、そもそも、いわき芸術文化交流館条例18条では、「芸術文化交流館が行う事業の企画、実施及び評価に芸術文化交流館を使用する者の意見を反映させるため、いわき芸術文化交流館アドバイザーを置く」とされているにもかかわらず、これを10年間置かず、利用者からの要望や意見を定期的に聴取して意見を反映しなかった不作為は、どういう理由からか。

ウ、 今後の改善策について、いわき芸術文化交流館条例18条に則ったアドバイザーの選任と定期的な意見聴取の場の設定、利用者コミュニティづくりへの支援など、今後の改善策をどう考えているか。
# by kazu1206k | 2019-12-06 09:18 | 議会 | Comments(0)

12月定例会開会、19日まで

 12月5日、いわき市議会12月定例会が、12月5日から19日までの日程で開会しました。
 初日の本会議は、会議録署名議員の指名と会期の決定に引き続いて、提出議案23件の提案理由の説明が市長ならびに副市長から行われました。
 市長の提案要旨説明では、議案の説明に先立って、市政を取り巻く諸問題についての報告がありました。項目は、「台風第19号等による災害からの復旧等に向けた対応」「サモア独立国とのホストタウン交流」「第二次いわき市都市計画マスタープラン及びいわき市立地適正化計画の策定」などです。
 条例では、「いわき市いわき震災伝承未来館条例の制定」などの制定2件、いわき市国民健康保険税条例の改正など条例改正7件、鹿島町久保の山崩れの災害対策等緊急事業費をはじめとする令和元年度いわき市一般会計補正予算(第6号)など補正予算が6件、その他が8件となっています。
 一般質問は、12月9日から12日までの4日間で、17人が質問に立ちます。
 私の一般質問は、12月9日(月)午後2時30分から50分間です。
# by kazu1206k | 2019-12-05 15:36 | 議会 | Comments(0)

大詰め、南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟

南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟支援の会(事務局:国際環境NGO FoE Japan)から。

2014年12月、政府は、南相馬市の特定避難勧奨地点について、年間積算被ばく線量が20ミリシーベルトを下回ることが確実になったとしてすべて解除し、その後、支援や賠償を打ち切りました。
これに対して、近隣の住民808名が、①公衆の被ばく限度が年間1ミリシーベルトを超えないことを確保するべき国の義務に反する、②住民は繰り返し解除反対の意思を伝えたが、その声が無視されたーーなどとして、解除の取消しなどを求めて、2015年、国(原子力災害対策現地本部長)を相手取って提訴しました。
いよいよ裁判は大詰めです。12月11日の第17回口頭弁論では、原告本人尋問が行われます。

12月11日は、東京地裁へ! 原告のみなさんを応援しよう!
いよいよ裁判も大詰め。6人の原告が法廷に立ちます。
原告のみなさんを応援するためにも、傍聴席を満席にしましょう!

2019年12月11日(水)
10:00~ 東京地裁前応援アピール
11:00~ 第17回口頭弁論 東京地方裁判所103号法廷
17:00頃~ 報告ミニ集会 東京地裁前


e0068696_16114449.jpg

# by kazu1206k | 2019-12-04 17:38 | 脱原発 | Comments(0)

土田英順 東日本大震災チャリティコンサートin Iwaki

 いわき放射能市民測定室 たらちね から、「土田英順 東日本大震災チャリティコンサートin Iwaki」のお知らせです。

土田英順 東日本大震災チャリティコンサートin Iwaki
ピアノ:鳥居はゆき
2019年12月13日 (金)17:30開場18:00開演~19:30終了
いわき芸術文化交流館アリオス音楽小ホール
チケット料金 999円(税込)
全席自由 15歳以下無料
未就学児以下ひざ上鑑賞無料
※アリオスチケットセンターでも取り扱っております
窓口受付
いわきアリオス1F チケットカウンターにて
営業時間:10:00∼20:00
     (第2火曜日を除く)
電話予約 アリオスチケットセンター    
     TEL.0246-22-5800
営業時間:10:00∼20:00
     (火曜日を除く)

土田英順プロフィール

音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏。現在ソリストとして活躍中。全国各地での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は437回を数え、震災後、東北には15回訪れ、被災地での慰問コンサートは91回に及ぶ。
(2019年6月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660
  口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】
【曲目】
カタルーニャ民謡/カザルス編曲 「鳥の歌」  
カッチーニ 「アヴェマリア」  
バッハ 「G線上のアリア」 など

主催:申込
認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね
TEL 0246-92-2526 FAX 0246-38-8322
Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp
HP https://tarachineiwaki.org/

e0068696_9344453.jpg

# by kazu1206k | 2019-12-03 12:30 | 文化 | Comments(0)

12月定例会、一般質問の通告

 いわき市議会12月定例会が、12月5日から19日まで開催されます。
 11月29日、12月定例会の一般質問の通告を、下記の通り、行いました。
 12月定例会の一般質問は、12月9日から12日までの4日間。わたしの質問は、9日午後2時30分から50分間の予定です。

わたくしの質問通告の大項目と中項目は、以下の通りです。

1 いのちを守る、防災・災害に強いまちづくりと被災者支援について
 (1)台風19号等による避難並びに避難所の実態と今後の改善について
 (2)夏井川等の河川氾濫と河川改修について
 (3)台風19号等の被災者の生活再建支援の拡充等について  
 (4)平浄水場等水道施設の浸水対策について
 (5)災害対策本部の運営と危機管理体制について
 (6)共創のまちづくりにおける地域防災力の向上について
 
2 いわき市の再生と地域課題の解決について
 (1)鹿島町久保地内の山崩れへの対応について
 (2)いわき芸術文化交流館の事業運営と利用者の意見等について

 
# by kazu1206k | 2019-12-02 18:30 | 議会 | Comments(0)

下平窪支援ベースからのお知らせ

 いよいよ、師走。下平窪支援ベースからのお知らせが届きました。
 台風19号で甚大な被害に見舞われた、いわき市の夏井川に隣接する平平窪地区で、ママたちによる自主的な被災者支援物資の受け入れ配布のベースが、10月23日に開設され活動を続けてきました。
 FBで支援物資提供のスケジュールなどを発信して、多くの皆様からご支援をいただいてきました。感謝、感謝です。本当にありがとうございました。

下平窪支援ベース  11月30日 23:55 ·
~支援ベースの今後の予定 その2~

以前の投稿で、11月中を目処に考えているとお伝えしましたが、変更いたします!

12/20(金)をもって、下平窪支援ベースの物資提供を終えたいと思います。
それにともない、ご支援の受け入れは12/13(金)を最終日といたします。
ただ、下記の物は20日(金)ギリギリまでお受けしますので、よろしくお願いします。
・食料品
・カイロ
・トイレットペーパー
・ティッシュ
・ストーブ
・ヒーター

なお、サロンコーナーにつきましては、行政区と相談中です。会場としている下平窪公民館もいずれ工事に入りますので、いつまで使用可能なのか。目処がつき次第、ご報告いたします。

「皆様の笑顔」がキーワードの この支援ベース、最後の日までホッとできる場所作りに努めて参ります。
どうぞ、引き続きマナー良くご利用くださいますよう、お願い申し上げます。

下平窪支援ベースのフェイスブックのコミュニティは下記から。
https://www.facebook.com/下平窪支援ベース-112617306826810/?__tn__=kC-R&eid=ARASKGZjSSm5YGKi2IYTGXzR1g0QtjSk3OOQHOnRG5pLojZYxVsOVUnfM_dyyGM6WUJBUIOORzYterEc&hc_ref=ARQymHPBsYKNSy0cGO3Z1j9l5FdT2ghN9vNhHVwRYVgNuiaTPRNAjqOS2sMQgH0vb_M&__xts__[0]=68.ARAA2JAcJ1SSQlvoEolT7yN4amu8vynChiSfcuU6aAe0ZxaQ8FXWZHbxVgUeQrSrdzOpLd51471w15LGUptC1-1V4NGSqI0hAhaSeJH8ABBijl7s1ZUnEIaNasna02R4EGLeLFfIWrUO0Lxf5W6qdsgaK747JWloZZ80rtdt69DEWE8QBA1xcsLWEY-n0vapldibKDWt6a7jlsimJIsMmKo6mJpipcDHdl2Ovqf4jJWNL-YsLJNPh5Vk3OR6Kkjp6Z6ZqJfUmfXAOlWeblUgb7y3N6il2WWR
# by kazu1206k | 2019-12-01 22:50 | 防災 | Comments(0)

アリオス 利用者懇談会 2019

 11月30日14時〜16時まで、台風19号の影響で延期になっていた、「いわき芸術文化交流館アリオス 利用者懇談会 2019」が、本館2階カンティーネで開催されました。いわき演劇鑑賞会や福島県吹奏楽連盟いわき支部などの団体はじめ、合唱や演劇、楽器演奏などの個人利用者などが参加しました。
 いわき芸術文化交流館アリオスの利用者のうち、主にホール・劇場系施設や練習系施設を利用されている市民の声を、アリオスのスタッフが直接お聞きするために実施したものです。
 懇談会では、主催者の挨拶に続いて、施設管理課から「より良いアリオスにするための取り組みについて」と題して、「ソフト面での取り組み」「ハード面での取り組み」「その他・懸案事項」が報告されました。
 「ソフト面での取り組み」は、改善したこととして、各種アンケートにおける要望事項への対応では「小劇場申請開始時期の6ヶ月前から13ヶ月前への変更」「備品不具合への対応」、日々の業務改善事項では、練習系施設の点検で、平成28年度61件、平成29年度41件、平成30年度22件の不具合の改善が報告されました。また、改善に向けて進めていることとして、「練習系施設の当日使用許可申請」ができるよう、令和2年4月1日からの運用開始に向けて条例の改正に準備を進めていること、「各種コンクールによる別館の先押さえ」は、一般利用者の妨げにならないように前日先押さえをお断りすること、「主催・共催事業等による先押さえ」は、13ヶ月前に申し込みができない状態のため、今後検討することなどが報告されました。
 その後、休憩を挟んで、フリートークが3班に分かれて行われました。
 休憩中に参加者の意見・要望・提案・質問等が集約された中には、「PFI事業について、今後アリオスの運営をどのように進めていくのか」「パンフレットの展示が乱雑」「会場使用料の関係から、999円に入場料を設定するが、割り切った金額にしてほしい」「トイレ、手洗い水道が夏でも熱いが無駄」「子供たちの音楽活動のため、先押さえ解除等もスタッフの方とミーティングを行いたい」「アリオスペーパーの無駄の検討を」「中劇場の備品、ホワイトボードがあると助かる」「主催事業の会場押さえについて、日程が確定した時点で、 HPなどで周知すると良いのでは」「利用者間で話し合う場、個別の要望意見を重ね、確認して共通の重要な問題が見えてくる」「大リハなどの利用で抽選時まで先押さえ状況がわからないのが困る」「ピアノリサイタルの会場がとても寒く、その旨伝えたがずっと寒かった。エアコンの適切な温度調節をお願いしたい」などの意見・要望等が出されていました。
 集約の発表では、「利用者とアリオスの個別関係だったが、利用者コミュニティが必要だ」などのご意見が各班から共通に出されました。アリオスも10年が経過して、利用者コミュニティづくりが、参加者の共通の課題として認識される結果となりました。











 
# by kazu1206k | 2019-11-30 23:52 | 文化 | Comments(0)

12月5日から12月定例会、日程と議案

 いわき市議会の12月定例会が12月5日から12月19日まで開催されます。
12月定例会の市長から提案され議会で審議する議案の一覧は、以下の通りです。
市政への一般質問は、9日から12日の予定です。また、各常任委員会の開催は13、16日、特別委員会の開催は17日の予定です。

●傍聴受付は、議会棟1階で会議開始30分前から行います。傍聴券に住所氏名を記入し、傍聴券の交付を受けてからとなります。傍聴席は58席で先着順となります。その他に、車いす用のスペースが3席あります。
●請願・陳情は、いつでも受け付けています。12月定例会で請願の審査を希望される場合の締め切りは、12月11日(水)です。

e0068696_14201488.jpg

# by kazu1206k | 2019-11-29 14:21 | 議会 | Comments(0)

夏井川の堤防の陥没

 11月27日午前、いわき市平中平窪の夏井川の堤防の陥没現場へ伺いました。
 現場にご案内いただくと、堤体がすり鉢状に陥没して、水が溜まっていました。すでに応急対応工事は終了しておりましたが、陥没地の一部を埋めた上で、フレコンパックを3段重ねにしています。番号が586と相当の量です。地区の区長さんからの情報では、深さ25m陥没したといいます。
 台風19号が襲来した、10月12日の午後11時半過ぎに、約1㎞近くにお住いの方が「ドーン」という巨大な音を2回聞いたそうです。その堤体陥没後に、この陥没地点から、夏井川の増水した流水が一挙に流れ込み、周辺の民家は2メートルもの浸水被害となりました。
 この日ご案内いただいた方は、10月12日に2階に垂直避難して難を逃れ、13日朝、夜が明けてから救助隊のゴムボートで2階から救出されています。
 この周辺では、旧日曹赤井炭鉱の坑道が地下に伸びており、過去にも、石炭採掘後の地下空洞が陥没する「浅所陥没」が発生し犠牲者も出た、とのお話も聞きました。

e0068696_146439.jpg

# by kazu1206k | 2019-11-28 23:43 | 防災 | Comments(0)

避難所で炊き出し支援

 11月26日午後5時半、いわき市内郷の内郷コミュニティセンターへ伺いました。同センターは、10月13日以来、臨時休館し、台風19号等の災害による避難所が開設されています。11月25日現在で、市内全体で129世帯264人のうち、同センターには、半数近い66世帯、146人が避難されています。
 この日も、被災者の皆さんに炊き出しの支援活動を行っている、岡山市のNPO災害支援団Gorillaの皆さんが避難所で炊き出し支援活動を続けてくださっておりました。
 この日のメニューは、ヘルシーベジタブルカレー、豚バラ肉のガーリックバターソテー、ご飯、人参しりしり、キャベツのツナサラダ。とても美味しそうで、それぞれ200食で計1000食も調理されています。
 午後6時に館内放送で、避難している被災者にお知らせされると、アッと言う間に長蛇の列ができました。家屋の整理などから戻った大人や学校から帰った子どもたちはじめ、皆さん暖かい夕食を待っていたようです。
 岡山市のNPO災害支援団Gorillaの皆さんは、岡山から食材も持参して、小川町に宿泊しながら、毎日頑張って下さってます。本当に頭が下がります。ありがとうございます。

e0068696_14313925.jpg

# by kazu1206k | 2019-11-26 23:13 | 防災 | Comments(0)