人気ブログランキング |

カテゴリ:福祉医療( 245 )

こどもシンポ開く

 1月12日午後、いわき芸術交流館アリオス小劇場で、いわき放射能市民測定室たらちねの主催による「こどもシンポジウム」が開かれました。
 第1部は、『こどもの心は深い井戸〜こころの成長を考える』と題して、小児科医で小児精神科医学、精神分析学、乳幼児精神医学の渡辺久子先生が講演。こどもの心の中には深い井戸があり、計り知れない豊かな洞察力と無限の可能性を秘めていること、それをどう満たし、掘り起こすか。子どもの心の専門家として、こどもの心の仕組み、抱えている不安や疑問を解きほぐし、親子が共に成長していくことを具体的な事例に基づいて、わかりやすく話してくださり、大変示唆に富む有意義な講演でした。 
 第2部は、『福島のこどもたちの未来のために・大人ができること できないこと』をテーマに、こどもたちの心のケアに携わってこられた専門家の皆さんのトークセッション。スピーカーは、渡辺久子先生はじめ、菊池信太郎(菊池医院院長/認定NPO法人 郡山ペップ子育てネットワーク)さん、成井香苗(NPO法人 ハートフルハート代表)さん、松坂美由紀(認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちねスタッフ)さん、コーディネーターは、鈴木薫(認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね事務局長)さん。はじめに、会場から質問。原発事故後の子育て真っ最中のお母さんたちでした。原発事故のことを聞かれて話したが、こどもさんがとても怖がった、どうはなしたらいいか。日本社会の息苦しさの中での子育てのあり方など、4 人の方々は率直な思いを声にして話してくれました。それに応えるスピーカーの方からも、愛情に溢れた回答が寄せられシンクロして、会場はいい雰囲気となりました。
 これからのこどもたちのために、わたしたちができることを一緒に考える素晴らしいシンポでした。


こどもシンポ開く_e0068696_7325378.jpg

by kazu1206k | 2020-01-14 23:52 | 福祉医療 | Comments(0)

1〜2月の甲状腺検診

いわき放射能市民測定たらちね から、1〜2月の甲状腺検診のご案内です。

 東日本大震災による原子力発電所の事故は、福島県と近隣の地域に深刻な健康被害の不安をもたらしました。
 たらちねでは、2013年3月から「たらちね甲状腺検診プロジェクト」を開設し、福島県内を中心に甲状腺の病気の不安に向き合う子どもたちを対象に、検診活動を実施してきました。
 検診の際には医師による丁寧な説明を行い、検診報告書と甲状腺の写真をお渡ししております。
 出張甲状腺検診、1月は、南相馬市、北茨城市、2月はいわき市です。
 また、子どもたちに無料検診を。どうか、市民によるこの取り組みにご賛同ください。
 https://www.actbeyondtrust.org/pledge/index_abt_web_005.html

検診対象者 : 3歳以上
※2012年4月2日以降に産まれたお子さまも検診可能です
料金 : 震災当時18歳以下 無料(お誕生日が1992年4月2日以降の方)
       : 上記以外の成人 お一人 1000円
検診申込受付は電話、FAX、郵送にて承ります。(FAXの方は送信されているか電話でご確認下さい)
 検診予約の方は保護者氏名、住所、電話番号と検診を受ける全ての方の氏名、性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。詳細はHPまたは電話でお尋ね下さい。

【寄付のお願い】 甲状腺検診は全国の多くの方々から寄付、お力添えを頂いております。 子どもたちの未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力をお願い致します。 甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

●検診日、検診場所、担当医、予約時間
1月13日 (祝・月) サンライフ南相馬(福島県南相馬市原町区小川町332-1)
藤田操 先生(たらちねクリニック院長)  10:00 10:30 11:00 11:30 13:30 14:00 

1月26日 (日) 中郷多目的集会所(茨城県北茨城市中郷町上桜井844-2)
藤田操 先生(たらちねクリニック院長)   10:00 10:30 11:00 11:30 13:30 14:00

2月22日 (土) たらちねクリニック(いわき市小名浜花畑町11-3)
能宗義博 先生(広島国際大学医療経営学部教授)   13:30 14:00 14:30 15:00

【申込先】
認定NPO法人 いわき放射能市民測定たらちね 〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
TEL 0246-92-2526 FAX 0246-38-8322 HP https://tarachineiwaki.org/
Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp

1〜2月の甲状腺検診_e0068696_11264886.jpg

by kazu1206k | 2020-01-10 22:19 | 福祉医療 | Comments(0)

沖縄・球美の里 母子保養

いわき放射能市民測定室 たらちね から、沖縄・球美の里 母子保養のお知らせ。

沖縄・球美の里 母子保養参加者 大募集‼
113次 2020/2/12~2/21
募集期間1/7まで
まだ空きが十分にあります!

(定員に達しない場合には、引き続き補充募集をいたします。)
❖母子保養の対象者
福島県在住および高濃度汚染の近隣県に在住の小学校2年生までの未就学児・児童。(保護者の同伴要/保護者は女性に限ります)
同一世帯の中学生までの兄弟・姉妹も参加可能です。
障がいをお持ちのお子様や、健康状態や体質などで特に注意が必要なお子様の参加については、受け入れ体制を検討させていただきますので、事前にご相談ください。ただし、球美の里の宿泊施設および人員配置としては、特別な個別ニーズに応えられる体制にはなっておりません。また、離島の医療事情も緊急や特殊ケースに対応できる体勢にはなっていませんので、参加にあたっては慎重にご検討いただきますようあらかじめご了承ください。
ご妊娠中の方のご参加はお控え頂いております。
​参加費
❖母子保養
子どもの参加費: 一人10,000円
(保養開始時点で0歳もしくは1歳の子どもの参加費は一人5,000円)
同伴保護者の参加費: 一人50,000円程度 (航空券の季節により変動します。)
(旅行保険、プログラム活動費、Tシャツ、通信費、同伴保護者の渡航費を含む)
❖その他に必要となる費用
お土産代、個人で使用する物品、(母子保養のみ)フリーデイの活動費・食費、その他、病気・傷害・災害に対応する費用で旅行保険で補償されない費用。
応募が定員を超えた場合には、参加回数・年齢・性別などを考慮した上で抽選にて決定をいたします。定員に達しない場合には、引き続き補充募集をいたします。
お申込み用紙に必要事項をご記入の上、下記お申込み先へ、FAX、郵送、Eメールのいずれかでお送り下さい。
たくさんのお申込みをお心よりお待ちしております。
球美の里HP
https://www.kuminosato.com/
※通信障害が多い為、郵送・FAX・メールいずれの申込みの場合も電話にて届いているかの連絡をお願い致します。
お申込み先
認定NPO法人いわき放射能市民測定室 たらちね・こども保養相談所係
郵送:〒971-8162福島県いわき市小名浜花畑町11-3カネマンビル3階
FAX:0246-38-8322
Email :tarachine.hoyou@gmail.com

沖縄・球美の里 母子保養_e0068696_203721.jpg

by kazu1206k | 2019-12-21 23:33 | 福祉医療 | Comments(0)

1月12日に「こどもシンポジウム」

いわき放射能市民測定室たらちね から「こどもシンポジウム」のお知らせです。

冬空に瞬く星がより一層美しく見える季節になりました。
その星たちの輝きにも勝るこどもの笑顔は、私たちに深い愛情と力を…そして時に反省の念を与えてくれます。
こどもの心の中には深い井戸があり、計り知れない豊かな洞察力と無限の可能性を秘めています。
それをどう満たし、掘り起こすかは私たち次第です。
今回は、こどもの心の専門家である渡辺久子先生のお話と、こどもたちの心のケアに携わってこられた専門家の皆さんのトークセッションを開催いたします。
こどもの心の仕組みを知り、今抱えている不安や疑問を解きほぐし、親子が共に成長していくこと…。これからのこどもたちのために、わたしたちができることを一緒に考えてみませんか?子育て真っ最中のお母さん、お父さん、これから子育てをされる方、またこどもたちに関わるお仕事をされている方など、たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。

こどもシンポジウム
●渡辺久子 講演会 こどもの心は深い井戸〜心の成長を考える 
●トークセッション 福島のこどもたちの未来のために
           大人ができること できないこと
2020年1月12日(日) 13:00開場 13:30開演~15:30終了
いわき芸術交流館アリオス 小劇場
参加費:無料
アリオス1階 プレイルームにて無料託児あります!
無料託児:有 (2歳以上)  ※事前申込必須
※2歳未満のお子さまはお膝抱っこでの同伴可
託児を希望される方は下記の内容を記載の上、たらちね事務局までご連絡下さい
〇保護者名、住所、連絡先、託児を希望されるお子さまの名前(フリガナ)、性別、生年月日、年齢


第1部 13:30~14:30 渡辺久子 講演会 『こどもの心は深い井戸〜こころの成長を考える』 

第2部 14:45~15:30 トークセッション 『福島のこどもたちの未来のために・大人ができること できないこと』
スピーカー
〇菊池信太郎(菊池医院院長/認定NPO法人 郡山ペップ子育てネットワーク)
〇成井香苗(NPO法人 ハートフルハート代表)
〇松坂美由紀(認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちねスタッフ)
コーディネーター
〇渡辺久子


講師&スピーカー紹介
渡辺久子(わたなべひさこ)
日本の医学者、小児科医。医学博士。慶應義塾大学医学部を卒業。小児科、精神科、神経内科、精神分析を学び専門は小児精神科医学、精神分析学、乳幼児精神医学。元慶應病院講師。慶應病院小児科精神保健班の顧問。
現在は渡邊醫院で児童精神科の診療を継続している。思春期やせ症、被虐待児、人工授精で生まれた子ども、自閉症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)など、工業化社会の複雑な葛藤に生きる子どもたちを治療的に支援している。
平成20年8月1〜5日にパシフィコ横浜でアジア初の世界乳幼児精神保健学会第11回世界大会を開催し、日本組織委員会の会長を務める。
(著作)『抱きしめてあげて』、『子どもを伸ばすお母さんのふしぎな力』、『思春期の子のこころがわからなくなったときに読む本』などその他多数


菊池信太郎(きくちしんたろう)
医療法人仁寿会 菊池医院院長、菊池記念こども保健医学研究所副所長。復興庁復興推進委員。小児科医。
3.11の震災が幼い子どもの与える影響の大きさと、そのケアの必要性・重要性をいち早く訴え、震災後間もなく、郡山医師会と郡山市、市教育委員会と連携し『郡山市震災後子どもの心のケアプロジェクト』を立ちあげ、マネージャーとして活動、『PEP Kids Koriyama』のオープンに尽力。
現在『NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク』理事長として、教育者や保育者に対する講演会や親子支援のイベント、子どもたちの運動や肥満調査などを精力的に活動している。『福島の子どもたちを日本一元気に』をスローガンに、子どもたちの健やかな心と体を育む成育環境を福島から創造することを目指している。政府復興推進委員会(復興庁)委員も務める。


成井香苗(なるいかなえ)
臨床心理士。家政学修士。カウンセリングルーム 白河・郡山メンタルサポートを開業。スクールカウンセラー。2012年11月~2019年7月 県民健康調査検討委員会委員。伊達市健康管理委員会副委員長。
地域や学校で心理カウンセリングを提供する傍ら、東日本大震災・原発事故災害に際して、「NPO法人ハートフルハート未来を育む会」と「NPO法人福島子どものこころと未来を育む会」を立ち上げ、子どもと親の心のケア、地域住民の絆の再生、支援者をサポートするなどの支援活動を行ってきた。その報告は『子育て支援と心理臨床4』の「原発不安の福島における災害子育て支援活動」、『世界の児童と母性VOL73』の「福島版学級ミーティングの試みー揺れる安全・安心に信頼と絆で応える」、『郡山物語』の「災害後の心のケア」等に著している。

後援:いわき市教育委員会

1月12日に「こどもシンポジウム」_e0068696_6185971.jpg

by kazu1206k | 2019-12-14 23:13 | 福祉医療 | Comments(0)

第48回いわき市盲人福祉協会文化祭

 11月24日午前、あいにくの雨となりました。湯本町のいわきサン・アビリティーズで開かれた「第48回いわき市盲人福祉協会文化祭」に伺いました。視覚障害者の自立と共生、福祉の向上を目的に活動する協会が、ともに生きる活動の一環として、いわき点訳グループやいわき声の奉仕グループの協力のもと、毎年開催しています。
 開会式では、いわき市長代理の保健福祉部障がい福祉課長、いわき市社会福祉協議会会長に続き、私もご挨拶させて頂きました。
 開会式に続いて、いわき地域学会の夏井芳徳さんの講演「いわきの方言パートⅡ」やバザー、ジュゲムの会の山椒家小粒さんの落語も披露され、お楽しみ抽選会など行われました。会場ロビーでは、会員手作りの編み物などの作品展示、手作りパンとコーヒーの喫茶コーナーも設けられ、楽しいひと時を過ごしました。

第48回いわき市盲人福祉協会文化祭_e0068696_8415492.jpg

第48回いわき市盲人福祉協会文化祭_e0068696_8421821.jpg

by kazu1206k | 2019-11-24 23:25 | 福祉医療 | Comments(0)

『子どもを育てること~知るから実行へ』徳山幸江おはなし会

認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちねから、『子どもを育てること~知るから実行へ』徳山幸江おはなし会のご案内です。

『子どもを育てること~知るから実行へ』
徳山幸江おはなし会のご案内

☆いわき市教育委員会 後援☆
〇2019年12月9日(月) 10:30開場 11:00開演~12:30終了
〇いわき芸術交流館アリオス 小劇場
〇参加費:無料
〇無料託児:有 (2歳以上)  ※事前申込必須
※2歳未満のお子さまはお膝抱っこでの同伴可
託児を希望される方は下記の内容を記載の上、たらちね事務局までご連絡下さい。
〇保護者名、住所、連絡先、託児を希望されるお子さまの名前(フリガナ)、性別、生年月日、年齢

《レジュメ》
✿子どもの発達心理学から
 「睡眠とこころのつながり~からだの基礎を見直す」
✿子どもの行動支援学から「褒め方を考える」
✿教育学から「遊びの中から獲得する気づきと学びの芽生え
/おはじき遊び」
✿身体心理学から「姿勢を整える」

《講師紹介》
8年間幼稚園教諭をした後に30年ほど身体心理学を実践。「心身一如」こころとからだの相関関係からこころやからだにアプローチしていくボディサイコセラピスト。手技療法・心理療法を用いて身体心理士としてソーシャルワーカーとして、こころとからだの発達をアテンダント。
サイコソマティック研究所代表、ボディサイコセラピスト、身体心理学/心理士。

主催/託児申し込み  
認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね
〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3 カネマンビル3F
電話:0246-92-2526  
Eメール:tarachine@bz04.plala.or.jp

『子どもを育てること~知るから実行へ』徳山幸江おはなし会_e0068696_12401452.jpg

『子どもを育てること~知るから実行へ』徳山幸江おはなし会_e0068696_12403457.jpg

by kazu1206k | 2019-11-21 22:35 | 福祉医療 | Comments(0)

11月5日に全国一斉障害年金電話法律相談会

日本弁護士連合会から、2019年11月5日に「第2回 全国一斉障害年金電話法律相談会」のお知らせです。

2019年11月5日に「第2回 全国一斉障害年金電話法律相談会」を実施します

障害年金は、障がいのある人の生活を支える基本的権利です。

しかし、全国の障がいのある人約937万人のうち障害年金受給者は約211万人に過ぎず(2016年度)、75%以上の方が無年金状態です。また、昨年5月以降に明らかになった障害年金の大量支給停止問題など、障がいのある人の生存権が脅かされています。

そのため、昨年度に続き、日弁連及び各弁護士会において、全国一斉障害年金電話相談会を実施いたします。

障害年金に関する一般的な相談や支給停止・支給却下等の事案などにつき、全国各地の弁護士が無料で相談をお受けします(相談料無料・予約不要)。

ご本人だけではなく、ご家族や支援者の方からも相談を受け付けますので、ぜひお気軽にご相談ください。

日時2019年11月5日(火) 10時00分~16時00分
内容 全国一斉障害年金電話法律相談会
2019年11月5日(火)10時00分~16時00分
0570-073-115 (ゼロ悩み・11月5日)
上記ナビダイヤルおよび下記番号は、実施日時以外はご利用になれませんので、ご注意ください。


上記ナビダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。弁護士会によっては、電話相談を実施していないことや、実施時間が異なる場合がありますが、その場合は他の地域の弁護士会に繋がるように設定されています。
通話料金がかかります。PHSや050IP電話からはご利用いただけません。
回線混雑等の事情により、つながりにくい場合もございますので、あらかじめご了承ください。

電話でのご相談が困難な方は、FAXによるご相談も受け付けます。
返信先FAX番号と、ご相談内容等を記載して下記いずれかのFAX番号まで送信ください。
送信は、上記相談時間【2019年11月5日(火)10時00分~16時00分】内にお願いします。

FAX番号
【札幌弁護士会】 011-281-4823
【東京三弁護士会】03-3507-5036
【愛知県弁護士会】052-204-8280
【福岡県弁護士会】092-753-6789
【大阪弁護士会】 06-6364-1252
※大阪弁護士会はFAX相談フォームがございます。下記よりダウンロードの上、FAXをお送りください。   
大阪弁護士会HPhttp://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_1105.php

主催
日本弁護士連合会・各弁護士会
お問い合わせ先
日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9941

11月5日に全国一斉障害年金電話法律相談会_e0068696_1912527.jpg

by kazu1206k | 2019-11-03 23:56 | 福祉医療 | Comments(0)

11月の甲状腺検診のご案内

いわき放射能市民測定たらちね から、11月の甲状腺検診のご案内です。

 東日本大震災による原子力発電所の事故は、福島県と近隣の地域に深刻な健康被害の不安をもたらしました。
 たらちねでは、2013年3月から「たらちね甲状腺検診プロジェクト」を開設し、福島県内を中心に甲状腺の病気の不安に向き合う子どもたちを対象に、検診活動を実施してきました。
 検診の際には医師による丁寧な説明を行い、検診報告書と甲状腺の写真をお渡ししております。
 出張甲状腺検診、11月は、郡山市、東京都で行います。
 また、子どもたちに無料検診を。どうか、市民によるこの取り組みにご賛同ください。
 https://www.actbeyondtrust.org/pledge/index_abt_web_005.html

検診対象者 : 3歳以上
※2012年4月2日以降に産まれたお子さまも検診可能です
料金 : 震災当時18歳以下 無料(お誕生日が1992年4月2日以降の方)
       : 上記以外の成人 お一人 1000円
検診申込受付は電話、FAX、郵送にて承ります。(FAXの方は送信されているか電話でご確認下さい)
 検診予約の方は保護者氏名、住所、電話番号と検診を受ける全ての方の氏名、性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。詳細はHPまたは電話でお尋ね下さい。

【寄付のお願い】 甲状腺検診は全国の多くの方々から寄付、お力添えを頂いております。 子どもたちの未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力をお願い致します。 甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

●検診日、検診場所、担当医、予約時間
11月3日 (日) 郡山コスモス通りキリスト教会(福島県郡山市中野2丁目57)
                     藤田操 先生(たらちねクリニック院長)  11:00 11:30 13:30 14:00 14:30 15:00 15:30

11月16日 (土) パルシステム東京
                     小野寺俊輔 先生(北海道がんセンター放射線治療科医長)  

【申込先】
認定NPO法人 いわき放射能市民測定たらちね 〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑11-3 カネマンビル3F
TEL 0246-92-2526 FAX 0246-38-8322 HP https://tarachineiwaki.org/ Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp

11月の甲状腺検診のご案内_e0068696_1852229.jpg

by kazu1206k | 2019-10-31 23:42 | 福祉医療 | Comments(0)

子どもの権利~いまとこれから、子どもの権利条約採択30周年記念シンポジウム 

日本弁護士連合会は、子どもの権利条約が国連総会で採択されて30年、日本が同条約を批准して25年に当たり、子どもの権利条約が日本国内に浸透するために、取り組むべき課題を考える、「子どもの権利条約採択30周年記念シンポジウム 子どもの権利~いまとこれから」を開催します。

子どもの権利条約採択30周年記念シンポジウム 子どもの権利~いまとこれから

本年は、子どもの権利条約が国連総会で採択されて30周年、日本が同条約を批准して25周年の節目の年に当たります。

しかしながら、本年3月に国連子どもの権利委員会から日本政府の報告に対する総括所見が出され、日本国内における子どもの権利に関する諸課題が明らかにされています。

本シンポジウムでは、子どもの権利条約採択30周年を祝うとともに、今後一層、子どもの権利条約が日本国内に浸透するために、我々が取り組むべき課題を皆様とともに考えたいと思います。

皆様奮ってご参加ください。

日時
2019年8月27日(火) 17時30分~20時00分
場所
弁護士会館2階講堂クレオBC→会場地図
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結) 
参加費
参加無料・事前申込不要
内容
〇基調講演
テーマ
「国連子どもの権利委員会の役割と日本における課題」
講師:大谷 美紀子 弁護士
 (東京弁護士会所属・国連子どもの権利委員会委員)

〇パネルディスカッション
テーマ
「子どもの権利保障のために私たちにできること」
パネリスト:
田沢 茂之 氏
  (NPO法人子どもすこやかサポートネット代表理事 兼コーディネーター)
松宮 徹郎 弁護士
  (東京弁護士会所属・NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事)
渡辺 由美子 氏
  (NPO法人キッズドア理事長)
大谷 美紀子 弁護士

主催
日本弁護士連合会
お問い合わせ先
日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL 03-3580-9500

子どもの権利~いまとこれから、子どもの権利条約採択30周年記念シンポジウム _e0068696_80316.jpg

by kazu1206k | 2019-07-31 22:55 | 福祉医療 | Comments(0)

8月の甲状腺検診

 いわき放射能市民測定室たらちねから、8月の甲状腺検診のご案内です。

 東日本大震災による原子力発電所の事故は、福島県と近隣の地域に深刻な健康被害の不安をもたらしました。
 たらちねでは、2013年3月から「たらちね甲状腺検診プロジェクト」を開設し、福島県内を中心に甲状腺の病気の不安に向き合う子どもたちを対象に、検診活動を実施してきました。
 検診の際には医師による丁寧な説明を行い、検診報告書と甲状腺の写真をお渡ししております。
 出張甲状腺検診、8月は、いわき市、山形県米沢市で行います。
 また、子どもたちに無料検診を。どうか、市民によるこの取り組みにご賛同ください。
 https://www.actbeyondtrust.org/pledge/index_abt_web_005.html

8月の甲状腺検診_e0068696_7284047.jpg

by kazu1206k | 2019-07-08 22:24 | 福祉医療 | Comments(0)