カテゴリ:地域( 527 )

江名港内の公衆用トイレの設置要望

 1月15日午前、いわき市江名町の江名第1区、江名第2区、江名第3区、それぞれの区長さんと江名の町再生プロジェクトの会長さんが、いわき市役所を訪問して、市長あての「江名港内への公衆用トイレの設置について」の要望書を市民協働部長に提出しました。

 以下に、要望内容をご紹介します。

いわき市長 清水 敏男 様

要 望 書  「江名港内への公衆用トイレの設置について」

平成31年1月15日

要望要旨
江名地区住民の総意として、江名港内への公衆用トイレの設置を要望いたします。

要望理由
東日本大震災前の江名港には、市が管理する公衆用トイレがありましたが、震災による津波に甚大な被害を受けたこと、また、原発事故の影響で漁ができず漁業者が同港を利用しなくなったこと、さらには、汲み取り式トイレで不衛生であるなどの理由で、平成24年に撤去されております。
しかし、震災以降の漁業の衰退等で、さびれてゆく江名地区に、活気と賑わいを取り戻そうと地元有志が中心となり、まちづくり団体「江名の町再生プロジェクト」を立ち上げ、関係団体の協力も得ながら、同港を活用した「マリンフェスティバルin江名」や「海あるき町あるき江名の町再発見」の開催、郷土料理を提供する「おばちゃま食堂」を開店するなど、イベント開催時には市内外から多くの方が江名を訪れ、活況を呈しております。また、同港は、市内有数の釣りスポットとして人気が高まっており、休日等は多くの釣り愛好家が訪れております。
このような賑わいを取り戻すなか、課題となっているのは不足するトイレの問題です。同港には、自由に使える公衆用トイレが無いことから、周辺の空き地等で用を足す人がいるため、悪臭が漂うなど衛生上問題となっており、その対策に苦慮しております。
江名地区の現状をご賢察のうえ、何卒、お聞きくださるようお願い申し上げます。

e0068696_734891.jpg

by kazu1206k | 2019-01-15 23:24 | 地域 | Comments(0)

東日本大震災・原発震災から7年10ヶ月

e0068696_15070821.jpg

 東日本大震災・原発震災から7年10ヶ月の月命日。1月11日午前の小名浜港。
 小名浜港湾エリアは、マリンブリッジが完成し、船舶の大型化と貨物取扱量の増大に対応する、南東北の国際物流ターミナルの整備を目指した、小名浜港東港地区の埋立地が、次第にその姿を広げ、変貌を遂げつつあります。アクアマリンパークに沿って、港湾背後地開発事業の中心商業施設イオンモールいわき小名浜が昨年6月に開業し、福島県中通りや茨城県北部など近隣市町村からの集客がある一方、市街地側の核であったタウンモールリスポの閉店によって、年来の課題である市街地と港湾エリアの回遊性は、確保されるに至っていません。
 また、沿岸漁業の試験操業が続く中で、事故収束作業が続く福島第一原発からのトリチウムやストロンチウムなどを含む汚染水の海洋放出問題が、漁業者始め市民に重くのしかかり、原発事故の罪深さを否応なく痛感せざるをえない現状です。
 依然として、2011年3月11日に出された、政府の原子力緊急事態宣言は、続いています。
 にもかかわらず、年間追加被ばく線量20ミリシーベルト以下であれば、帰還しても良いという政府の帰還政策が、東京オリンピックをメルクマールに拍車をかけています。年間追加被ばく線量20ミリシーベルトから50ミリシーベルトの居住制限区域まで、避難指示が解除されており、50ミリシーベルト以上の帰還困難区域でさえ、特定復興再生拠点として、部分解除が始まっているのです。
 人々の生存権を蔑ろにする、政府の帰還政策という暴政が続いています。





by kazu1206k | 2019-01-12 23:04 | 地域 | Comments(0)

酉小屋のお焚き上げ

 厳しい冷え込みとなった、1月8日の朝。風のない午前6時すぎ、鹿島町下蔵持の酉小屋のお焚き上げが行われました。地元消防団が待機する中、火入れが行われると、酉小屋は勢いよく燃え上がり、今年一年の無病息災を祈り、正月様を送りました。
 酉小屋は、福島県浜通り地方の正月伝統行事です。田んぼの中に竹や木で小屋を作り、神棚を設け囲炉裏をきり、小正月に小屋を燃やし神様が煙とともに天に帰ります。前日7日は、午後から100人近い子どもたちをご招待して、囲炉裏で焼いたお餅などがふるまわれ、子どもたちも大喜びでした。
 長い竹の先にお餅をつけて、この火で餅を焼いて食べると、一年間風邪をひかないとされ、今年もみなさんでいただきました。
 鹿島地区地域振興協議会の歴史と文化委員会はじめ、下蔵持区、地元消防団のみなさま、今年も、ありがとうございました。お疲れ様でした。

e0068696_07495847.jpg


by kazu1206k | 2019-01-08 22:47 | 地域 | Comments(0)

寒の入り

 寒の入り。正月行事が続きます。
 「小寒」の6日は、鹿島町船戸の若宮八幡神社の正月祭に伺いました。久しぶりにお会いした、大先輩から船戸団地が造成される前後の地域の様子などのお話を興味深く聞かせていただいたり、イノシシ対策の相談など話も弾みました。
 7日午前は、上矢田の鹿島神社歳旦祭・祈祷祭・祈年祭に伺いました。鹿島神社は、延喜式に記載のある「式内社」、磐城郡七座の一つ。鹿島村時代の郷社でもありましたので、上矢田、下矢田、走熊、米田、三沢、飯田、若葉台など各地区から氏子総代や氏子が参集しました。拝殿で1時間程、護摩を焚いてのご祈祷。そののち、直会で氏子の皆様に、旧年中の感謝を申し上げ、新年のご挨拶をさせていただきました。

e0068696_16534782.jpg


by kazu1206k | 2019-01-07 22:51 | 地域 | Comments(0)

いのちを守る!2019年に

 2019年1月1日、清々しい元旦を迎えました。
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 旧年中のご支援と励ましに感謝申し上げます。

 本年も、いのちを守る!ため、元気に頑張ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 早朝、燈明をあげ、若水を汲んで、ご先祖様に御礼と新しい1年の誓いをを申し上げました。午前5時から朝起会の元朝式に出席。午前6時半過ぎ、江名女性の会のみなさんが甘酒を振る舞う江名港に伺いました。午前7時近く、風もなく素晴らしい初日の出を、多くの市民の皆さんとお迎えした後、小名浜諏訪神社に初詣。年来の感謝を申し上げ、諏訪神社のみなさまにご挨拶致しました。午前9時からは、鹿島町久保1区の御霊神社の元旦祭、午前10時すぎ下蔵持区の新年会に伺い、ご挨拶申し上げて、鹿島町での昨年の活動、これからのまちづくりなどについて、大いに語り合いました。


 来たる3月11日には、東日本大震災と福島原発事故から、丸8年となります。ハード面の復旧・復興は進んできましたが、未だ、多くのことが取り残されている現状にあります。未だに、政府の原子力緊急事態宣言は解除されず、事故の収束作業が続いています。復興の加速化の名の下に、拙速な帰還政策が進められていますが、長期の低線量被曝の受忍と被害者・被災者に「寄り添う」という言葉とは裏腹の被害者の切り捨てにつながっています。


 わたくしは、「いのちを守る」という原点にたち、引き続き、福祉と医療の充実、子育て環境の整備、原発事故対策、農林水産業・中小企業の活性化など「5つの約束」の実現に向けて、いわき市民のみなさんと手を繋いで活動を進めます。市民の皆さんの切実な願いや課題の解決に向けて、今年も、あきらめず行動していく決意です。

 子どもたちの未来のために、平和で安心して暮らせる社会を目指して、一緒に力を合わせて、一歩一歩前進してまいりましょう。どうか、本年も変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 みなさまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

e0068696_09471520.jpg




by kazu1206k | 2019-01-01 22:55 | 地域 | Comments(0)

鹿島の酉小屋、小名浜スタクラの大抽選会

 12月23日午前、いわき市鹿島町下蔵持に、今年も酉小屋(とりごや)が出来ました。鹿島地区地域振興協議会の「歴史と文化委員会」のみなさんが、先週から篠竹をとって準備し、23日の午前中で立ち上げ完成させたものです。
 酉小屋は、福島県浜通り地方の正月伝統行事。正月近くに、田んぼの中に竹や木で小屋を作り、小屋の中に神棚を設け囲炉裏をきり、子供が中に入って、餅を食べたり甘酒を飲んだりします。小正月に小屋を燃やし神様が煙とともに天に帰るとされ、この火で餅を焼いて食べると風邪をひかないといわれています。
 新年1月6日には、昼、地域の子どもたちをご招待、夜は午後8時まで前夜祭を行います。1月8日午前6時に点火式、お焚き上げをです。みなさまの参加を呼びかけています。
 *場所 いわき市鹿島町下蔵持字八合地内、県道常磐江名港線沿いの休耕田。
e0068696_09441869.jpg
 23日午後は、小名浜港「いわき・ら・ら・ミュウ」で開催された、小名浜スタンプクラブによる年末恒例の大抽選会に伺いました。今年は、イオンモール小名浜も開店して、環境が大きく変化する中での開催でしたが、スタンプを集めて楽しみに抽選を待っていた市民のみなさんがたくさんみえられ賑わいました。
 14時40分からの抽選では、自転車、空気清浄機、ストーブなどを始め、お米、お肉、お野菜、お魚の干物、お漬物、お花など生活の食材や必需品、クリスマスケーキなどを抽選で引き当て、年の瀬の運をつかんでいました。
 小名浜スタンプクラブは、地域密着、お客様を大事にしようという地元商店が集まっています。加盟のお店で集めたスタンプで、年の瀬に、お客様のお楽しみ大抽選会を開いています。わたくしも開会式で、御挨拶させていただきました。
e0068696_09412839.jpg







by kazu1206k | 2018-12-23 23:17 | 地域 | Comments(0)

常磐学校給食共同調理場の見学会

 12月17日午前、いわき市立の常磐学校給食共同調理場の見学会に参加しました。自然派おかあちゃんの会@いわきさんの呼びかけで、大人23人からこどもたちも参加しての大賑わいの見学会でした。
 常磐学校給食共同調理場は、事業費19億5,980万円で、平成14〜18年度にかけ建設。調理能力6,000食、現在は4,300食を小学校12校、中学校8校合わせて20校(合計200クラス)に調理から2時間以内に届けています。調理職員30プラス6名の人員です。 
 まず、「安心・安全・美味しく生きた教材となる学校給食」として、高橋所長さんと栄養教諭の鈴木さんから、施設の概要と施設の特徴、給食ができるまでの作業手順、給食の内容、衛生管理、調理器具など業務内容について、丁寧なご説明を受けながら、調理員のみなさんのテキパキとした作業を会議室から拝見させて頂き、栄養士や調理員さんたち施設の皆さんの努力が感じられました。
 その後、出来上がった中学生用の給食を試食。ご飯、ジャガイモのそぼろ煮、イワシの柚味噌煮、牛乳ミルメークというメニューを美味しく頂きました。
 試食後は、ふくしまこどもの学校給食を考える会の亀田明美・郡山女子大准教授が「学校給食の歴史と福島県の事例」と題して講演。学校給食の調理の単独校方式とセンター方式のメリット・デメリットについて、単独校方式が、給食を作っている様子がわかり、食育の視点から子供達にメリットがあること、センター方式は設備費や人件費などの運営費を低く抑えるメリットがあること。食物アレルギーの子どもたちへの対応では、単独校方式が除去食や代替え食などのきめ細やかな対応が可能でることなどが話されました。
 建設時以来10年ぶりの常磐給食調理場の見学。震災と原発事故後の学校給食と食育の現状、お母さんたちの雰囲気、主催者の子どもたちの現在と未来をより良いものしたいという熱意を感じながら、学ばせて頂きました。

e0068696_8504854.jpg

by kazu1206k | 2018-12-17 22:35 | 地域 | Comments(0)

「七本松を蘇らせる事業」お披露目式

 12月15日午前、鹿島公民館敷地内で開催された「七本松を蘇らせる事業」お披露目式に出席しました。 
 戊辰戦争から150年の今年、その記念事業として、薩摩兵を軸とする新政府軍と平藩、仙台藩兵を軸とする奥羽越列藩同盟軍が鹿島町走熊の七本松付近で激戦を繰り広げた激戦地「史蹟七本松」を後世に伝えていくための「七本松を蘇らせる事業」です。その概要は、松の補植、案内板の設置、石碑建立、囲み柵の設置など4事業。鹿島地区地域振興協議会が鹿島公民館と協力して、鹿島町内の各区、個人、企業、サークルに呼びかけ浄財を集めて実現しました。
 七本松の由来は、征夷大将軍の坂上田村麻呂が植えたのが最初とされ、田村麻呂は近くの延喜式内神社「鹿島神社」に鏃を献上したとされます。戊辰戦争時の巨松・七本松は、昭和12年に倒木したため、当時の志賀直哉鹿島村村長がその松を輪切りにして「一円融合」と刻み鹿島神社に奉納し、世継ぎの松を植えました。その松も、昭和50年に県道常磐・江名港線が、戊辰戦争時に砲台があった円山をきり通し史蹟の中央を通り整備されたため、七本松は丸山の麓(現在の鹿島公民館の敷地内)に移動されたものです。この松も松枯れで1本かけるなど年を重ねてきました。
 お披露目式は、七本松前で除幕式を行なった後、鹿島公民館大講堂で式を行い、地域振興協議会の石井会長のご挨拶、担当の歴史と文化委員会の坂田委員長からの事業内容の説明、ご寄附代表者の中山元二さんのご挨拶、来賓として私もご挨拶させて頂きました。「七本松と鹿島」と題して、文藝風舎の箱崎さんが記念講演を行い、松の植樹の由来、戊辰戦争の概要、県道拡張による鹿島公民館敷地内への移転植樹の経緯などが詳しく紹介されました。
 鹿島小学校の校歌にも「清らかな御代の大仏 なかよしな七本松」と歌われ親しまれてきた、史蹟七本松を後世に伝えていくため、地域の大切な取り組みとなりました。

e0068696_8404942.jpg

e0068696_84125.jpg

e0068696_841162.jpg





 
by kazu1206k | 2018-12-15 22:53 | 地域 | Comments(0)

小名浜地区子ども綱引き大会

 12月8日午前7時過ぎ、冷え込んだ朝。小名浜本町の土曜朝市に伺いました。いつものお豆腐や油揚、ブロッコリーや春菊などを買い求めました。心なしか、客足も伸びない中、お世話になっている、小名浜の行列のできるラーメン店の一つ「美世屋」の女将さんとお会いしてご挨拶。冷え込んだ体もほっこり、の瞬間です。
 その足で、泉小学校体育館で開催の第27回小名浜地区子ども綱引き大会へ。すでに体育館の中は、子供達が大勢集まり、元気に走り回って、歓声が飛び交っていました。10地区の小学校から19チームが参加して午前8時40分からの開会式。開会式が終わると、参加校の校長先生や市議会議員など来賓と子どもたちとの恒例の対戦も行われました。子どもも大人も、互いに負けじと本気で綱を引っ張り、今年は1勝1敗で引き分け。その後、19チームが寒さも吹き飛ばす熱戦を繰り広げていました。今年も綱引きを、楽しませていただきました。

e0068696_714106.jpg

by kazu1206k | 2018-12-09 07:16 | 地域 | Comments(0)

2018汐風竹町フェスタ、秋祭り餅つき大会

 12月、最初の日曜日の2日。午前9時から第37回泉地区駅伝競走大会の開会式に伺い、泉地区の元気な小・中学生の姿を拝見しました。
 続いて、10時からは、小名浜の汐風竹町フェスタへ。港と街中を結ぶ「汐風竹町通り」を歩行者天国にして、さまざまな街なかイベントを展開。イオンモールいわき小名浜に接続するペデストリアンデッキの南側ポケットパーク前に、仮設ステージを設け、ミニコンサートも行われ、本町通り側ポケットパークの物販ゾーン、競技用三輪車やインモーションのゾーン、落書きスペースやフリーマーケットのはんじょう座、マグロの解体ショー、そして豚汁のふるまいナドナドのイベント。家族連れなどで賑わいました。
正午前、鹿島町のいわきさくらんぼ保育園の「秋祭り餅つき大会」へ伺いました。毎年、子どもたちが地域のみなさんの力をお借りして、もち米の苗を植え育て収穫して、保護者のみなさんが2日がかりで13臼をつきあげました。園庭で楽しい餅つきをみんなで楽しみ、収穫の喜びを味わうことができました。保護者のみなさんの太鼓の演奏も素晴らしく、搗き立てのお餅をいただきました。ご馳走さまでした。ありがとうございます!
 
e0068696_1842167.jpg

e0068696_18424998.jpg

by kazu1206k | 2018-12-02 18:43 | 地域 | Comments(0)