カテゴリ:地域( 534 )

いわきぼうけん映画祭/ポレポレ映画祭

いわきで行われる初めての映画祭。「いわき発!市民手作り映画祭!! 動きだそう。冒険しよう!!いわきぼうけん映画祭」がいわきアリオスの主催で、2月11日から2月12日の2日間、中劇場・小劇場で開催されます。
出演は、トークショーゲスト:原一男(主な監督作品に『ゆきゆきて、神軍』(87年)(日本映画監督協会新人賞、ベルリン映画祭カリガリ賞、パリ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ受賞)、『全身小説家』(94年)ほか。現役監督として、大阪芸大教授として、多忙な日々を送る)ら。招待作品の上映ほか、「いわきで撮影した映像」「冒険をテーマにした映像」の2部門で30分までの作品を全国から公募しており、各部門のグランプリは来場した市民の投票で決まります。

・上映作品(招待作品)
「HAYABUSA〜BACK TO THE EARTH〜」監督:上坂浩光 ナレーション:篠田三郎
「やぎの冒険 The Catcher on the Shore」監督:仲村颯悟(りゅうご)/脚本:山田優樹 岸本司 月夜見倭建 プロデューサー:井手裕一 主題歌:Cocco
「いい爺いライダー」監督:伊藤好一/総合指導:崔洋一/撮影:星勇/脚本:斎藤征義
「タイムカプセル・アドベンチャー」監督・脚本・出演:ワークショップに参加した小中学生総合監修:原一男
「アート ドキュメントいわき03〜05 そして08へ」編集・振付:近藤良平出演:ワークショップ参加者、コンドルズ ほか
・特別上映作品、
「白薔薇が紅に染まるまで」脚本・監督:羽賀慎一郎出演:寺内淳子、石井直樹、新留ゆり ほか
・料金は、2日通し券(前売のみ)800円1日券(前売・当日共通) 500円未就学児無料
●詳しくは、http://iwaki-alios.jp/index.html、申込み方法はプレイガイド アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800

●ポレポレ映画祭。いわきぼうけん映画祭に合わせて、いわき駅前の映画館「ポレポレいわき」でも映画祭が行われます。2/12(土)〜18(金)
・上映作品
「いのちの山河〜日本の青空II〜」監督:大澤豊 出演:長谷川初範、とよた真帆、ほか
「ZERO:911の虚構」(イタリア映画)監督:フランコ・フラカッシ / フランチェスコ・トレント

・2/12(土)16:00 から『ZERO : 9/11の虚構』上映会場にて、東京都平和映画祭プロデューサー、平和省プロジェクト代表"きくちゆみ"さんを迎えての『ZERO 9-11』トークショーが開催されます。
『ZERO : 9/11の虚構』は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。アルカーイダの仕業とされる 2001年9月11日の米国同時多発テロ、米政府調査委員会の公式発表については国内外でいまも多くの疑問が指摘されつづけています。事件から9年。はたして、911 は本当にテロだったのか。現代世界情勢理解へのゲートウェイともいえる【 9/11 】を知るには欠かせない一作。


by kazu1206k | 2011-01-31 19:41 | 地域 | Comments(0)

いわきサンシャインマラソンのボランティア

昨年からはじまった日本陸上競技連盟公認コースによるフルマラソン競技大会、いわきサンシャインマラソン。第2回目の今年は、2月13日に開催されます。
昨年は全5種目の定員5,400人に対して、北は北海道から南は沖縄まで、6,230人の方がエントリーし東北最大の大会になりました。今年は、定員6,200人に対して、北海道から宮崎県まで昨年を上回る6,400人の選手がエントリーしており、人気のある大会になりつつあることをうかがわせます。

今年も、ゲストランナーに増田明美選手や日立電線の佐藤大樹選手を迎え、シドニーオリンピックマラソン代表の川嶋伸次選手やアメリカハワイ州カウアイマラソン2010女子優勝者のベッキィ選手など招待選手もフルマラソンに出場するなど見所満載です。

第2回いわきサンシャインマラソンのボランティア個別説明会は、1月24日から1月30日まで開かれました。わたしも昨年に引き続き、第1給水所係のボランティアの説明を受けました。
第1給水所係は総員39名です。給水所の通過予定時刻、核給水所の配布物と配置順序、業務内容、業務手順の詳細な業務内容の説明を受けて、質疑が行われ、当日の体制づくりを確認しました。

いわき市民が「おもてなしの心」で6,400人の選手団を迎えます。
市民ボランティアの他に市職員、消防団、警備会社社員が合わせて約2,000人、そして沿道で応援する数万のいわき市民。選手が気持ちよく競技ができ、いわきを訪れたサポーターなど大勢の人々が楽しく活動できるよう、ボランティア活動を進めていきます。
コース沿道の鹿島地区では、2月11日に鹿島街道の美化活動を行い、当日も「スマイル」で選手のみなさんをお迎えします。
by kazu1206k | 2011-01-30 18:57 | 地域 | Comments(0)

出初式、成人式、酉小屋

恒例のいわき市消防出初式は、今年は1月8日に実施されました。
アリオスでの市消防出初式には、消防職員、消防団員が参加して、功績章、精勤章、永年勤続章などの市消防団長表彰などが行われました。終了後、平中央公園で、はしご乗り行事保存会の市消防団第1支団などの団員たちが火消しの心意気を伝えようと高さ約5.5メートルのはしごにのぼり、威勢のいい掛け声とともに伝統の「はしご乗り」の技を披露しました。
午後からは、市消防団第2支団の検閲式と出初式に参加しました。
e0068696_18555183.jpg
今年の成人式は、9日午前11時半から市内13会場で開かれました。
平成23年度の成人式の該当者は平成2年4月2日から平成3年4月1日までに生まれた方。成人式は「成人になったことの意義を自覚し、自らたくましく生きようとする若者の新しい門出を、地域を挙げて祝福するもの」とされていますが、今年度も新成人を含めた実行委員会の企画で、式典のほか、各中学校毎のテーブルにわけ同窓会形式のパーティーなどが開かれています。
わたしは、今年も小名浜地区の式典に出席してお祝いの言葉を述べさせて頂きました。参加者は、例年どおり男子より女子の方が目立ち、会場のカルチェドシャン・プリアンには、色とりどりの晴れ着姿の新成人が、通路までいっぱい。男子の喫煙の煙にむせ返りながら、会場に入りきれない人垣をかき分けて会場に入りました。
e0068696_197449.jpg
あいかわらず、私語が多いので、「こんにちわ」「少し元気がないね」「こんにちわー」「こんにちワー」と挨拶のやり取りを2回おこなって、話に入りました。
新成人のみなさんには「成人になるとタバコや酒が飲めるようになり、親の同意を得ないでいろいろなことができるようになりますが、一番大きなものは選挙権を持つということ。4月10日には県会議員選挙がありますから、是非とも選挙権を行使してください」「これから就職や失業、結婚や家庭を持つなど、人生にはいろいろありますが、好きな仕事と愛する人を見つけることが大切です」とはなむけの言葉を話ました。会場の8割方の男子女子は聴いていたようです。

9日夕方は、湯本の石炭化石館のとなり、湯本川調整池公園でいわきの正月行事・酉小屋に参加しました。今年で4回目を迎えた湯本川調整池公園での酉小屋は、おでん、とん汁、甘酒なども用意して、湯本上町商店街のみなさんが、実施しています。寒風の中でこんにゃくおでんを頂き芯から暖まりました。
e0068696_19294087.jpg
こどもたちが竹の先に餅をつけて、風邪を引かぬようにと、お焚き上げの火で餅を焼いて食べ、無病息災を祈りました。


by kazu1206k | 2011-01-09 19:43 | 地域 | Comments(0)

酉小屋お焚き上げ

1月8日早朝、酉小屋のお焚き上げが行われました。鹿島町下蔵持の酉小屋です。
e0068696_7314365.jpg
東の空が少し明るくなりはじめた午前6時すぎ、酉小屋をつくった下蔵持地区のみなさんをはじめ鹿島地区地域振興協議会や大勢の子どもたちが見守る中、お神酒をあげて、藁たいまつで火が放たれました。どんと焼きの始まりです。
e0068696_732621.jpg
冷え込みは厳しいものの、風もない中、勢い良く、酉小屋は燃え盛り、正月様を送ります。昨年、55年ぶりに復活した鹿島町下蔵持地区の酉小屋。7日には地区の子どもたちが100名以上参加して囲炉裏のまわりに車座になって、餅を焼いたり甘酒を頂いて楽しい正月のひとときを過ごしました。前夜祭でも地区の長老の話に耳を傾けながら懇親を深め、伝統行事の継承に引き続き取り組んでいくことを確認し合っていました。
e0068696_7382643.jpg
今年の無病息災を祈り、長い竹の先に餅をつけて、火の勢いがおさまるのを待ちます。
e0068696_733198.jpg
時折、パーンパーンと竹の節が燃えて大きく破裂する中で、大人も童心にかえって子どもたちと一緒に、餅がこげないように注意しながら、餅を焼きました。
e0068696_7394657.jpg
福島県浜通り地方の正月伝統行事、酉小屋。小正月に小屋を燃やし神様が煙とともに天に帰るとされ、この火で餅を焼いて食べると一年間風邪をひかないといわれます。
下蔵持区をはじめ鹿島地区地域振興協議会のみなさん、いわき市消防団第2支団第4分団など関係者の皆様、ごくろうさまでした。来年もまた、地域の力で、伝統行事を守っていきましょう。


by kazu1206k | 2011-01-08 08:15 | 地域 | Comments(0)

小寒、新春市民交歓会

今日6日は、二十四節気の一つ、本格的な寒さが始まる「小寒」でした。
「東北の湘南」といわれる、いわき市小名浜でも最高気温が7度とかなりの冷え込みです。午前中2時間ほど、町内の船戸若宮八幡の正月祭に出席しました。小山の頂上にある八幡様、例年冷える時分の開催ですが「今日は去年よりも冷えるネエ」と区内の皆様の話でした。

夕方4時から、いわき市といわき商工会議所の実行委員会による恒例の「平成23年新春市民交歓会」が開かれ同僚議員とともに参加しました。新春を市民の皆さんと祝い、お互いの健勝と市政の発展を祈念するため交歓会です。初春にふさわしい木遣りの披露に続いて、市長と商工会議所副会頭の年頭所感、国会、県会、市会それぞれの議員代表の挨拶、鏡開きを行ったあと、市民のみなさん、市内の各企業・事業所の関係者、市の幹部職員などが、互いに新年の挨拶を交わし、1時間半ほど懇談しておりました。

挨拶の中で、市民の要望は「仕事を探して」というものばかりで、仕事と雇用の確保が最大の政治課題だ、との趣旨の発言をした議員がおられましたが、その通りだと同感して聴いておりました。

年末年始、仕事と雇用を求める市民の声を多く耳にしました。地域の中小企業・小規模事業者は泣いています。労働者の失業も依然深刻です。仕事と雇用は、経済的課題であると同時に、依然として、最大の政治課題です。
「デフレ不況」脱却の経済対策をこそ何より優先すべきところ、新自由主義の構造改革政策を続け、増税路線に活路を見出そうとして、分裂と内部抗争に走ってやまない国政の混迷に国民は辟易しています。
この現状をみるにつけ、地方自治体として、地方議会として、でき得る最大限のことを追求していかねばと決意を新たにしました。


by kazu1206k | 2011-01-06 19:26 | 地域 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
穏やかな2011年の元旦を迎えました。

今年も朝、「若水」をとって父母をはじめ祖先にお供えし、お雑煮をいただきました。午前中は、町内の御霊神社の歳旦祭と下蔵持の新年会に出席しました。昨年一年のご支援に感謝するとともに、年の初めの新たな気持ちで、新年のご挨拶をさせて頂きました。

今年も諸事多難、厳しい情勢ではありますが、市民の暮らしを守り地域の未来を創るために、皆さんと一緒に力を合わせたいと思います。いま大切なことは、地域経済の崩壊を食い止めることです。それには、政府の積極的な政策によって仕事を創り出し失業を減らすこと大切です。

わたくしは、地域のきずなを大切にして、ひとり一人の市民の暮らしを守るために、一歩一歩、頑張ります!本年もご指導ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年 元旦


by kazu1206k | 2011-01-01 22:54 | 地域 | Comments(0)

24時間営業コインランドリー問題

中央台ニュータウンの商業地域に隣接した飯野三丁目で、最近営業を開始した24時間コインランドリーの施設整備や営業のあり方について、周辺住民から改善を求める要望署名が、独立行政法人都市再生機構いわき都市開発事務所長宛に提出されました。12月27日、この署名提出要望活動にわたしも同行致しました。

署名要望書は、コインランドリーの『施設整備や24時間営業のありかたにかかわって、住宅地に隣接した店舗であることへの配慮を著しく欠いた施設整備や営業のありかたに私たちは大変憂慮しております』として、具体的には『自動車道路に面して設置されたむき出しのLPガスタンクや配管・メーター、熱風が歩道に吹き出る大小4本もの排気ダクト、周辺の環境と全く相容れないけばけばしい看板や広告塔、林立する派手なのぼりなど地域の環境や景観を著しく損ね、「火気厳禁・無断立ち入り禁止」と書かれているタンク周辺に子どもたちがいつでも触れたり立ち入ることができるなど安全・安心面でも大変不安を感じています。また、縁石が撤去された結果、先日には歩道を横切って駐車場に入ろうとする車が現れるなど交通面での危険な状況も生まれています。さらに、隣接する住宅では24時間営業による深夜の洗濯乾燥機から出る「気になる騒音」や、一晩中こうこうと看板と広告塔を照らすライトによる「光害」に大変悩まされています。』と訴えています。
e0068696_9293552.jpg

そして、24時間コインランドリーの施設整備や営業等については、『貴機構が定めた「飯野地区沿道利用地区建設ガイドライン」にそった建築・設置等がまったくといっていいほど行われておらず、「ガイドライン」に著しく反しているといわざるを得ません」「だれもが安心して住める町、良好な環境、景観を求めて私たちはここに移り住んできました。是非、地主・施設設備所有者及び営業者に対して、独立行政法人都市再生機構から以下の者点について強く指導して頂くことを求めるものです。』として、8項目の改善要望を行いました。
e0068696_9301992.jpg
●8項目の改善要望は、以下の通りです。

1、「飯野地区沿道利用地区建設ガイドライン」に沿って速やかに施設整備及び環境・景観等について改善すること。
・進入口隅切5mの遵守、敷地内の緑化、縁石の復元など。
・看板、広告塔の色彩は周囲の環境に調和するよう改善すること。
・その他、周囲の環境に調和し、かつ良好な住宅地にふさわしくなるよう「ガイドライン」に沿って改善、措置すること。

2、LPガスタンクは路面に面しない場所に移設すること。それができない場合は、LPガスタンク付近に自由に立ち入りができないよう、まわりの景観に配慮した上で、例えばフェンスを設けるなどの措置をとること。

3、排気ダクトから直接熱風が歩道に吹き出ないよう、まわりの景観に配慮した上で、例えばフェンスを設けるなどの措置をとること。

4、洗濯乾燥機稼働時の騒音ができるだけ外部に漏れないよう、隣接住宅との間にフェンスを設けること。

5、看板及び広告塔を照らしている照明は午後10時以降は消灯すること。

6、「のぼり」は撤去すること。

7、24時間営業については、住宅地の環境に配慮し、住宅地にふさわしい営業形態に改善すること。

8、住民の意見や要望には耳を傾け、必要に応じ話し合うこと。
by kazu1206k | 2010-12-28 13:58 | 地域 | Comments(0)

酉(とり)小屋

12月26日、酉小屋がつくられました。
昨年、55年ぶりに復活した鹿島町下蔵持の酉小屋。今年も鹿島地区地域振興協議会歴史と文化委員会の呼びかけ、地区の有志が12月19日に篠竹などを切り出し、26日に4メートル四方、高さ約3メートルの見事な酉小屋が完成しました。
e0068696_22561394.jpg
酉(とり)小屋は、福島県浜通り地方の伝統的な正月行事です。正月が近くなると、田んぼに竹や木で小屋を作り、小屋の中に神棚を設け囲炉裏をきり、餅を食べたり甘酒を飲んだりします。小正月に小屋を燃やし神様が煙とともに天に帰るとされ、この火で餅を焼いて食べると一年間風邪をひかないといわれます。

1月8日午前6時から火入れ式、お焚き上げを行います。
正月飾りを送り、無病息災を祈るどんど焼きです。みなさまの参加を呼びかけています。  

*場所 いわき市鹿島町下蔵持字御宝田、県道常磐江名港線沿いの水田


by kazu1206k | 2010-12-27 23:03 | 地域 | Comments(0)

もちつき大会

今年もあと一週間。25日午前、毎年恒例の「ふれあいもちつき大会」で餅つきをしました。場所は、特別養護老人ホーム「かしま荘」のかしまデイサービスセンター、鹿島地区ふれあい会の主催です。
e0068696_2363333.jpg
今年も、「かしま荘」の職員さん、地区の子ども会の子どもたちとみんなで一緒に、大勢の入所者やケアハウスの利用者さんたちが臼を中心にまわりに集まる中で、「よいしょ、よいしょ」の掛け声をかけながら、ペッタン、ペッタンと杵で4臼つきました。わたくしも、かしま荘のヘルパーさんの「新人こねどり」さんと一臼つかせてもらいました。
e0068696_2373055.jpg
「かしま荘」の若い職員さんは、杵で餅をつくのも、こねどりするのも、はじめての体験の方が多く、餅つき体験のある方でも餅つき機による機械の体験。ふれあい会の役員の方の指導も熱が入ります。「もっと腰を入れて!」と大先輩の入所者からの声援もあがります。

新年を前に毎年ついていますが、みなさんホントに餅つき大会は好きですね。子どもたちの歌のプレゼント、そして「ふるさと」や「お正月」の大合唱。いつもながら暖かいひとときです。
ついたお餅は、お雑煮、お汁粉、納豆もち、きな粉もちにして、みんなでいただきました。杵つき餅は、やっぱりおいしいですね。

餅つきには、お正月や新年を迎える期待感、そして父母や家族の温かい思い出など、昔の懐かしい記憶がフーッとが甦ってきます。いよいよ、今年も暮れます。


by kazu1206k | 2010-12-25 19:28 | 地域 | Comments(0)

2011年上期カレンダー

暮れの挨拶をしながら、2011年上期カレンダーの配布をしています。
e0068696_18294084.jpg
写真は、1〜6月までのカレンダーなので、初夏に大きな美しい花を咲かせるシャクヤク(芍薬)の花です。鹿島町在住の森谷祐治さんの撮影です。
シャクヤクは奈良時代に薬物として渡来、根を乾燥させ鎮静、鎮痛剤として効果があるといいます。
日本には「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、シャクヤクのように風情があり、牡丹のように華麗で、百合のように清楚という女性の美しさを形容することばもあります。

昨日は、いわき市の南部地区をまわらせて頂きました。
年の瀬を控えて、厳しい経済情勢の下、経営のこと、家計のこと、介護のこと、雇用の問題、行政のあり方、補助金の問題、議会の人事のこと、市議の不祥事による辞職の問題などなど、お会いした市民のみなさまから様々なご質問、ご意見、ご要望などお聴きしております。
これからもまた、一つ一つ、一歩一歩、解決できるものは解決に向けて努力していきたいと思います。


by kazu1206k | 2010-12-24 18:56 | 地域 | Comments(0)