人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

第五十八寿和丸転覆海難事故、海難審判不要?

昨年6月に殉職者17名という犠牲者をだした第五十八寿和丸転覆海難事故について、海難審判所は、審判の開始を申し立てないことを決め、今月8日付で「審判不要処分」とした。事故原因の究明は、東京の運輸安全委員会が進めている。
報道によると、海難審判に向けた公聴会の準備を進めていた船主の酢屋商店に十分な説明もなく、社長は「事故原因が明らかでない現時点で出された審判不要処分には疑問だ。原因調査などの結果、第三者がかかわっていた場合はどうなるのか」と語っている。

第五十八寿和丸転覆海難事故は、救助された生存者の証言から、船首右舷船底近くの側面に2度の強い衝撃を受け、船底の燃料タンクが何らかの原因で損傷、この損傷で右舷側に傾き、わずか10〜15分で沈転覆沈没したもの。「状況からみて潜水艦による衝突以外の可能性は考えにくい」とも報道された。

いわき市議会は、昨年12月定例会で「第五十八寿和丸」転覆沈没海難事故の原因究明を求める意見書を全会一致で採択し、「速やかに潜水調査を含め、徹底調査に努めること」「行方不明の乗組員御家族の心情を察し、第五十八寿和丸の船体映像を確認すること」を国に求めている。
今年1月、第五十八寿和丸転覆海難事故の潜水調査による原因究明を求めて、船主の酢屋商店社長や小名浜機船底曳網漁協組合理事、いわき市長、市議会議長、県漁連会長らと犠牲者のご遺族が、国土交通省や農林水産省、水産庁を訪問。国土交通大臣に「第58寿和丸海難事故原因究明に関する要望書」と14万5,683人の署名を手渡し、「波浪による単純な転覆事故ではない。寿和丸の船体を確認する必要がある」、水深5.800mの沈没地点を独立行政法人海洋研究開発機構所有の深海調査船によって潜水調査を行うよう要望している。

運輸安全委員会の事務局長は「できる限り真実に近づけるように努力したい」「100%証明するのは難しい。証明には時間がかかる」と語っているが、第五十八寿和丸の犠牲者やご遺族の心情を察すれば余ある。
何としても第五十八寿和丸転覆海難事故の原因を究明しないわけにはいかない。
潜水調査と船体映像の確認による徹底した原因究明は、海上交通の安全を願う国民の願いであり、ぜひとも実現しなければならない。
第五十八寿和丸は、水深5.800mの深海の底で、待っているはずだ。
by kazu1206k | 2009-04-17 22:49 | 農水商工業 | Comments(0)

ニリンソウ、初燕、雉。

春風駘蕩。
今朝は、風が強く、春風にのって、満開のさくらが舞い散っていた。
e0068696_23131614.jpg
ニリンソウが庭で咲き始めた。
いずれも塀のそばのちょっと日陰になる湿潤な場所。
同じキンポウゲ科のイチリンソウよりも小さく、高さは15センチ〜20センチ。
茎から2輪ずつ花をつけるのが和名の由来というが、1輪というのもある。
e0068696_23141090.jpg
ニリンソウをみていたら、カミサンがつばめを今年初めて見た話をした。
初燕。

そういえば昨日、現場調査の帰り道、夕立の中に、悠然とたたずむキジに出会った。
思わず目を見張った。
色鮮やかな長い横縞の美しい尾をもった雄キジであった。
日本の国鳥、雉。
悠然たるたたずまい、その美しさ。
ここにも日本人の忘れ物があった。
by kazu1206k | 2009-04-15 23:31 | 我が家の庭 | Comments(0)

いわき市議会の議会改革推進検討委員会

4月13日、いわき市議会の議会改革推進検討委員会(正副議長を含め委員11名)が開かれた。
この日の協議事項は、「予算の審査について」と「今後の検討事項について」。

予算審査の方法については、前任期からの申し送り事項。
予算特別委員会を導入して一括審査方式をとる自治体議会と分科会方式をとる自治体議会の視察を実施した上での検討となった。
しかし、前回同様、これまで設置した決算特別委員会の実効性に疑問があり、引き続き常任委員会で審議すべきである、予算特別委員会の設置に法的拘束はあるのかという議論となり、現状どおり各常任委員会に付託する審査方法で良いとする意見、決算特別委員会に対応させ予算特別委員会を設置すべきとの意見に別れたままで溝は埋まらなかった。
各会派の意見は依然合意をみず、委員長は継続審査とした。

今後の検討事項については、各会派提出の検討項目について、各会派が態度表明。
わが会派の4提案について、他の5会派の賛否状況は、表明のないものもあるが以下の通り。
・一般質問の時間拡大ー1議会1人60分確保できるよう年間1人240分とする。(賛成1、反対2)
・委員会における請願者、陳情者の陳述ー委員会で請願、陳情者より趣旨説明を受けるようにする。(賛成1)
・政務調査費の見直しー現行月額1人当り11万円を見直し削減する。(反対4)
・議会基本条例の制定ーこれからの議会のあるべき姿を明らかにするため、各地で制定されつつある地方議会運営の基本条例の制定に向けて調査検討する。(賛成3)

他会派提案項目の賛否状況は、表明のないものもあるが以下の通り。
・議員定数の削減について(賛成2、反対1)
・定例会の開催回数(通年議会もしくは年2回開催)について(賛成1、反対2)
・決算委員会の存続について廃止してもよいのではないか。(継続)
・予算委員会の設置について不必要である。(継続)
・地方自治法の改正により議会制度が改正されている。例えば、議会審議の活性化、議会の定例会の招集回数の自由化、委員会制度の見直しなど。

これら審査項目の決定に至らず、優先順位を詰めるために「各会派に持ち帰り協議」との委員長集約となった。
by kazu1206k | 2009-04-14 22:11 | 議会 | Comments(0)

鹿島千本桜、いわきの新しい桜スポット.

e0068696_1114844.jpg
4月12日の鹿島千本桜。
鹿島街道に近い矢田川沿いに、いわきの新しい桜スポットです。
e0068696_1116129.jpg
鹿島の人たちが丹精した桜。
鹿島街道沿いのニトリの裏手に、手頃な花見スポットあり。エブリアの反対側の岸辺です。
夕暮れ時、花見の宴も盛り上がっていました。
e0068696_11163978.jpg
e0068696_11173360.jpg
4月4日は、今年からの「かしまふれ愛さくら祭り」メーンイベントが開かれました。
花冷えでも熱気がほとばしり、交流とネットワークめざしてスタート。
e0068696_11162785.jpg
懐かしのオールディズ、そしてジャズ、ムード歌謡からよさこい、はたまたマジックと、多彩なステージと出店で賑わい。
来年は、フリーマッケットの声も。
by kazu1206k | 2009-04-13 22:20 | 地域 | Comments(0)

議会基本条例、会津若松の議会改革

議会の現状に不満を持つ市民は多い。
そんな中で、市民に開かれた自治体議会をめざして、新たな議会改革の動きが広がっている。議会基本条例の制定がそれだ。

これまで議会改革と言えば、議員定数の削減や議員報酬の減額などの議会コストの削減が、わかりやすい改革として評価されてきた。
問題の多い議会の現状の中、議会活性化をめざして、市民参加を拡げる努力として、夜間議会や休日議会を実施してきた議会もある。
新しい動きとしての議会基本条例は、2006年に北海道栗山町議会が制定して以来、昨年末まで全国31の議会で制定されている。

会津若松市議会は、昨年6月議会で議会基本条例と議員政治倫理条例をセットで制定した。
3月末に、会派視察で会津若松市議会を訪問。田澤議長と議会事務局の担当者から話を伺った。
会津若松市議会の議会基本条例は「市民参加を基軸とした新たなマネジメントサイクルモデルの確立と実践によって、積極的な政策決定を行い、まちづくりに貢献していくこと」を目指している。条例では、「広報公聴委員会」「市民との意見交換会」及び「政策討論会」を規定した。新聞でも報道されたように、この1、2月には、水道事業の民間委託をめぐって、市内15カ所で市民との意見交換会が開かれ、議員同士の政策討論会が開かれている。

議会基本条例の制定だけが議会改革ではないが、昨年、いわき市議会の議会改革検討推進委員会に、私どもの会派から、検討項目のひとつとして、議会基本条例の制定に向けた調査検討を提案している。
今回の市立病院改革プランをめぐっても市民意見をどう反映させるか、大いに問題となった。課題となっていることは多い。会議規則や委員会運営の見直しだけでも、改革すべきこと、実行できることは少なくない。積極的な取り組みが求められている。
by kazu1206k | 2009-04-12 09:25 | 議会 | Comments(0)

喜多方市の小学校農業科の勧め

日本農業の危機が叫ばれて久しく、担い手の育成に頭を悩ましている現状にあって、全国で初めて小学校に教科として農業科を設置した先進自治体がある。わが福島県の喜多方市だ。
3月末に、市議会創世会で喜多方市を訪問し、平成19年4月からスタートした「喜多方市小学校農業科」の取り組みの実情をお聴きした。

それは、農政のキャリアであった現市長の号令で、農業教育特区設置の検討を職員に指示したことから始まった。
市教委の担当者は、耶麻農業高校などを訪問。そこで夏休み期間も休むことなく作物の世話をしている高校生の話を聞き、中学時代不登校だった生徒が、生命の大切さを実感して一日も休まず登校していることに驚き、市の基幹産業の農業を生かし、農業のもつ教育的意義を学校教育に生かす農業科の基本に確信を持ったという。

平成18年11月に、小学校農業教育特区として、国の構造改革特別区域の認定を受け、翌19年度4月から堂島小学校など3校で農業科の授業を開始。20年度には9校。21年度には14校に増え、23年度には市内18校の完全実施を目標としている。
この間、制度変更で、平成20年7月には特区認定から文部科学省の教育過程特例校の指定により「喜多方市小学校農業科」を継続、さらに学習指導要領の改定に伴い、21年度からは「総合的な学習の時間」での実施が可能となり、教科としての「農業科」を廃止しつつも「喜多方市小学校農業科」の名称を継続して使い、綜合学習の枠で年間35〜45時間の授業を実施している。

喜多方市小学校農業科の基本は「なすことによって学ぶ」精神に基づき、農作業の実体験活動を重視した教育である。3.4年生は主として農作業を中心に学習、5.6年生は「健康」「生命」そして「食育」について学習している。
作物の生育、数多くの失敗、収穫の喜び、子どもたちの気づきと学び。教育する教員自体が農業経験がない。そこで地域の農家が農業科支援員として協力し、稲作や畑作を指導し作業の仕方を教え、作物の生育を陰に陽に支え絶大な力を発揮されている。小学校農業科が地域に支えられ、学校と地域を深く結びつける取り組みになっている。
 
農業は国の基だ。
国民のいのちとくらしの源を支える農業が元気になってこそ、わたしたちも生きられる。
小学校農業科の取り組み、喜多方市の実践に大いに学ぶべきであると思う。
by kazu1206k | 2009-04-10 22:40 | 地域 | Comments(0)

市立病院と地域医療を守れの声、議会報告会終る

2月26日から3月19日まで開催された2月議会の報告会を、8日と9日に、常磐湯本町のゆもと上町ホットひろばと、鹿島町の鹿島公民館で開きました。
午後7時から9時近くまで、それぞれの会場に15〜20名の市民の皆さんに参加して頂き、熱心に報告をきいて頂いた上、貴重なご意見を頂きました。

予算議会の2月定例会は、平成21年度当初予算案、市介護保険条例改正やいわき駅前広場(ペデストリアンデッキ)の工事請負契約の変更、県出向の副市長選任の同意など57議案と、山一商事の産廃最終処分場の再審査請求に対する裁決についての県知事への意見等6意見書を可決・採択しました。

もうひとつの2月定例会の大きなテーマであった、市立病院改革プラン案。
社会保障費・医療費削減という国策の問題、自治体病院切り捨て策としての総務省ガイドライン、いわき市の地域医療の特色、市病院事業の経営の問題、プラン案の問題点、私の対案、会派としての活動、議会そして常任委員会の審議、医師会などの動き、「安心・安全・信頼の地域医療のために市立病院の充実等を求めることについて」などの請願への賛成討論、今後の課題などを報告しました。

ご出席のみなさんからは、常磐病院の維持を求める切実な声、新病院の建設、市立病院と地域医療をまもれ!という意見が多く出されました。また市内の失業者の実態はじめ雇用問題、労働者派遣法の廃止を求める声、出先機関の再編と老朽施設の改築の問題、湯本川調整池の安全管理なども出されました。
今後、自治体行政と議会で取り組みをさらに強めていかなければならないところです。
by kazu1206k | 2009-04-09 22:54 | 議会 | Comments(0)

出会い、ストップ・プルサーマルの会

4月8日、田村市で開かれた「ストップ・プルサーマルの会」に参加しました。
この会は、原発のことを知らない人も知ってる人も、プルサーマルのことを考えてみよう、と言う趣旨で、今回で3回目だそうです。

会場となった里山喫茶「きらら」には、20歳代から80歳代までの老若男女が集まり、終始、和やかな雰囲気で2時間ほどの話し合いでした。
自己紹介ののち、「きらら」オーナーの武藤さんが「原発とプルサーマル」の紙芝居を披露してくれました。中々わかりにくい核燃料サイクルやプルサーマルについて、程よくまとめられて、わかりやすいものでした。

わたしは、武藤さんから、「原発の本質について」話してください、といわれておりましたので、
原発の使用済み燃料の再処理によるプルトニウムの抽出、日本国家と核武装、福島県浜通りと原発依存経済、北朝鮮を利用した軍拡と世論操作、わたし自身の核と脱原発への想い、活動の仕方などなど、私の考える「原発の本質」をお話しました。

参加した方は、中通りを中心に、私よりも若い方達が多く、多彩な方達でした。
みなさん共通するのは、ひとと環境に優しい暮らし方をしている人たち、平和をこよなく愛する人たち。
原発やプルサーマルなどの「重さ」を感じながら、ひとり一人を大切にして、つながり合いたいというまなざしを感じ、わたくしもお話をしてよかったと思いました。
とてもいい時間を共有でき、新しい出会いに感謝!です。
 
e0068696_8282412.jpg

by kazu1206k | 2009-04-08 22:45 | 脱原発 | Comments(0)

小学校入学式、新入生20年前の半減

ようやく桜の花も咲きほころび、新入生を迎えての入学式。
6日は、鹿島小学校と玉川中学校の式に参列して、ご挨拶させて頂いた。

鹿島小の新入生は昨年度より減っている。2クラス46人の入学だ。
私の子供たちの時代は、丁度、オリックスの小松聖投手が鹿島小学校に通っている頃で、3クラスだった。娘が卒業した1992年度は98人が卒業している。
それから20年、今や、人数、半減である。
「少子化ですねえ」と嘆きの声が出席者から漏れる。
あと10年後は、どうなっているのか。想像に難くない。

戦後社会の変転がここまできた。
夫婦、子産み子育て、家族、地域社会、個人と集団そのもの、社会そのものが変わってきた。
また、この20年は、新自由主義の謳歌した時代だった。
労働にはじまり、福祉や医療、教育、文化あらゆる面で、資本主義の古典に回帰するがごときの、市場原理主義が貫徹された。その結果の日本社会全般の崩壊状況である。

新自由主義が破綻し、経済社会も変わらざるを得ない。
日本政治の閉塞状況も目を覆うばかりだ。
自らビジョンを示せず、破綻を繕うために近隣諸国との対立をあおり、マスコミによるマインドコントロールで世論操作する傾向が深まっている。
世界恐慌の下、政治経済の危機は進行している。
まっとうに働き流した汗が報われる社会に、子産み子育てができる社会に、家族を地域で支え合える社会に、自ら変えていくしか、人は生きられない。
by kazu1206k | 2009-04-06 22:30 | 地域 | Comments(0)

市立病院改革プラン案など、8.9日に議会報告会

2月26日から3月19日まで開催されました、2月定例会の報告会を開催いたします。
2月定例会は、平成21年度当初予算案、市介護保険条例改正やいわき駅前広場(ペデストリアンデッキ)の工事請負契約の変更、県出向の副市長選任の同意など57議案と、山一商事の産廃最終処分場の再審査請求に対する裁決についての県知事への意見など6意見書を可決・採択しました。

2月定例会の大きなテーマとなった市立病院改革プラン案。
プラン案に対する「安心・安全・信頼の地域医療のために市立病院の充実等を求めることについて」の請願へのわたくしの賛成討論を含めて、ご報告致します。
皆様のご参加をお待ちしております。

●4月8日(水)午後7時 常磐湯本町、ゆもと上町ホットひろば
●4月9日(木)午後7時 鹿島町、鹿島公民館
by kazu1206k | 2009-04-05 22:05 | 議会 | Comments(0)