人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

山のキノコから高いセシウム値

実りの秋、キノコの季節になりました。キノコを山で取り、料理をしておいしくいただきたいところですが、いわき放射能市民測定室たらちねから「緊急のおしらせ」で、注意喚起のご案内が届いています。

9月末、いわき放射能市民測定室たらちねでの測定で、山のキノコ類から7000bq/kgを超える高いセシウム値が検出されました。1kg7,000bqですから、1kgは食べないにしても、100g食べても10分の1の700bqになります。
チェルノブイリ事故後、汚染された土地に自生したキノコやベリー類を、放射能の測定をせずに食べた多くの人々の間に内部被曝が広がった教訓から、いわき放射能市民測定室たらちねでは、内部被曝を防ぎ、子どもたちの健康を守るため注意を喚起しています。山のキノコは、安易に食べず測定してみることが肝心です。

*測定器: AT1320A / 所要時間: 30分

 2012年9月 差塩     チチタケ    7180 bq/kg

 核種        放射能     不確かさ     検出下限概算    
セシウム137   4230 bq/kg  ±850.0 bq/kg    7  bq/kg
セシウム134   2950 bq/kg  ±590.0 bq/kg    6   bq/kg
カリウム40    262 bq/kg   ±90.0 bq/kg    80   bq/kg

詳しくは、いわき放射能市民測定室たらちねのホームページをご覧下さい。
http://www.iwakisokuteishitu.com/
by kazu1206k | 2012-10-05 23:16 | 脱原発 | Comments(0)

初議会で正副議長選挙

10月4日、いわき市議会は一般選挙後の初議会である10月臨時会を開催しました。
10月臨時会では、最年長議員が臨時議長となり、拡大各派代表者会議で内定した仮議席を指定した後、正副議長選挙を行った結果、第一会派の志道会が正副議長を独占しました。

議長選挙の結果は、根本茂議員(志道会)が22票(志道会・公明党・つつじの会・緑のフォーラムなどの票)。佐藤和良議員(創世会)が6票、大平洋夫議員(政新会)が5票、高橋明子議員(共産党)が4票で、根本茂議員が新議長となりました。
続く副議長選挙では、遊佐勝美議員(志道会)が21票で新副議長に選ばれました。その他は、佐藤和良議員(創世会)が6票、大平洋夫議員(政新会・緑のフォーラム)が6票、溝口民子議員(共産党)が4票でした。

臨時会はその後、常任委員会を4つとする委員会条例の改正、東日本大震災復興特別委員会を設置する議会案2件を審議し、全会一致で可決しました。常任委員会委員や特別委員会委員などの選任後、休憩中に、議会運営委員会や各常任委員会、特別委員会を開催して、正副委員長の互選が行われました。互選はすべて投票となりました。

休憩後の本会議では、市長から議会選出の監査委員選任の同意を求める議案が提出され、起立採決の結果、賛成多数で可決されました。創世会は議会の公平円滑な運営にそぐわない委員選出のため反対しました。
by kazu1206k | 2012-10-04 17:24 | 議会 | Comments(0)

市民集会 脱原発基本法案を考える

日本弁護士連合会から「市民集会 脱原発基本法案を考える」のご案内が届きました。
--------------------------------

市民集会 脱原発基本法案を考える
http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2012/121018.html

本年9月7日、「遅くとも、平成32年(2020年)から平成37年(2025年)まで」のできる限り早い時期における脱原発を実現すること、廃止するまでの間においても、最新の科学的知見に基づいて定められる原子炉等による災害の防止のための基準に適合していると認められた後でなければ、運転(運転の再開を含む)をしてはならないこと、などを骨子とする「脱原発基本法案」が衆議院に提出され、次期国会に継続審議となりました。

当連合会では、福島原発事故以前より原発問題について様々な問題提起を行ってきましたが、今回提出された脱原発基本法案は、おおむね当連合会の方向性と整合するものであると考えています。

そこで、当連合会では、脱原発基本法案の内容を広く市民の皆様に知っていただくため、また、本法案をより良いものにするために意見交換をするとともに、法案の早期成立をめざし、本集会を企画しました。

是非とも多くの皆様にご参加いただけますようお願いします。

■日時:2012年10月18日(木)18時~20時

■場所:弁護士会館17階1701会議室
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関
駅」B1-b出口直結)

■参加費等 無料
※事前申込み無しでも御参加いただけますが、人数把握のため、できる限り事前にお申し込みください。
※会場の座席数は限られており、立見になる場合がございます。予め御了承くださいますようお願いいたします。

(See attached file: チラシ・申込書.pdf)

■内容(予定) ※プログラムは変更される場合があります
1 開会挨拶
2 脱原発基本法案についての説明
3 日弁連からの報告
4 国会議員からの発言
5 市民からの発言
6 意見交換・質疑応答
7 閉会あいさつ

■主催:日本弁護士連合会

■問合せ先:日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9956/FAX:03-3580-9957
MAIL:jfba-saigai-honbu@nichibenren.or.jp
(※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)
e0068696_22435413.png

by kazu1206k | 2012-10-03 22:44 | 脱原発 | Comments(0)

議長選挙での所信表明

10月4日の初議会運営のために開催された9月25日の各派代表者会議で、創世会は、開かれた議会をめざす議会改革の一環として、「いわき市議会正副議長選挙に係る所見発表に関する要領(案)」を提案致しました。

これは、市議選後最初の議会で議長と副議長の選挙を行う際に、議長・副議長を志す議員が議会運営に関する所信や抱負を表明する機会を設けて、選出の経緯と理由を市民に明らかにし、公平・公正・透明な議会運営を図り、市民に開かれた議会を推進しようという目的で、その実施要領案を提案したものです。

会津若松市議会では、議会基本条例の制定に伴い、「議長選挙及び副議長選挙に係る所信表明会に関する実施要領」を定めて、平成21年度から議長選挙に際して、所信表明を行っています。

9月25日の各派代表者会議では、実施について賛成と反対の意見に分かれたため、各派に持ち帰り各派の協議をへて、9月27日の各派代表者会議で再度協議しましたが、実施賛成が少数(創世会、共産党)で、「議会改革推進検討委員会で検討すべき」(志道会、公明党、つつじの会など)が多数を占め合意に至りませんでした。

今回は実現できませんでしたが、創世会は、2年後に議長選の可能性もあり得ることから、議会改革推進検討委員会で「正副議長選挙での所見発表」をテーマとして協議し、早急にルール化すべきであることを表明しました。

●以下は、提出した「いわき市議会正副議長選挙に係る所見発表に関する要領(案)」です。

(目的)
第1条 この要領は、いわき市議会議員一般選挙の施行後に開かれる最初の議会(以下「初議会」という。)における議長の選挙及び副議長の選挙(以下単に「選挙」という。)に際し、議長又は副議長に選出されようとする意志を有する議員が、自己の抱負を述べ、所見を発表する機会を設けることにより、選挙に当たっての議員の判断の一助とし、また、選出の経緯及び理由を市民に明らかにし、もって公平・公正な選挙の実施及び市民に開かれた議会の推進に資することを目的とする。
(申出)
第2条 選挙に際しての所見の発表(以下「所見発表」という。)を行おうとする議員は、所定の期日までに議会事務局長に申し出なければならない。
2 前項の規定による申出には、賛成者又は推薦人を要しないものとし、年齢、当選回数その他の条件を付してはならない。
(実施)
第3条 所見発表の実施の時期及び場所については、拡大各派代表者会議の議により定める。
2 前条第1項の規定により所見発表の申出をした議員は、所見発表の場所に出席した議員に対し、定められた時間内で所見発表を行わなければならない。
3 前項の所見発表は、文書の配付をもって省略することはできない。
(運営等)
第4条 所見発表の運営のため、座長を置き、臨時議長をもって充てる。
2 所見発表の申出をした議員が2人以上あるときは、申し出た順に所見発表を行うものとする。ただし、申し出た順序に疑義があるときは、くじで定める。
3 所見発表の申出をした議員が、所見発表を行うべき時期に、所見発表の場所にいないときは、座長は、当該議員が所見発表の申出を撤回したものとみなすことができる。
4 座長は、前項の規定により申出を撤回したものとみなしたときは、ただちにその旨を宣告するものとする。
(質疑)
第5条 所見発表に出席した議員は、所見発表に対し、質疑を行うことができる。
2 所見発表に対する質疑は、本会議の質疑の例により行うものとする。
3 前項に定めるもののほか、所見発表に対する質疑に関し必要な事項は、拡大各派代表者会議の議により定める。
(公開等)
第6条 所見発表は、公開する。
2 公開の方法は、別に定める。
(効力)
第7条 議員は、この要領に基づく所見発表を行わなかったことをもって、議長又は副議長に選出される資格に関し、不利益な取扱いを受けない。
2 この要領の規定は、この要領に基づく所見発表を行わなかった議員を選挙することを妨げない。
(補則)
第8条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は、拡大各派代表者会議の議により別に定める。

附 則
1 この要領は、平成24年9月 日から実施する。
2 この要領は、この要領の実施後に開かれる初議会の閉会の日の翌日に、その効力を失う。
by kazu1206k | 2012-10-02 15:30 | 議会 | Comments(0)

いわき市議会の会派構成

いわき市議会は、10月1日から改選後の新たな4年間の任期に入りました。10月4日に初議会となる臨時議会を開催して、正副議長や常任委員を選出することになります。このため、9月25日、同27日、10月1日と拡大各派代表者会議を開いて、臨時議会の日程、運営に関する事項などを協議しています。

これまで届け出のあった改選後の新たな議会内の会派構成は、以下の通りです。
議会運営委員会に委員を出す交渉会派(構成員3名以上)は、6会派です。
志道会 14名(自民11+無所属3:新人5名)
創世会 6名(無所属2+民主2+社民2:新人1名)
政新会 5名(自民5+無所属1)
共産党 4名
公明党 4名(新人2名)
つつじの会 3名(労組系)
緑のフォーラム 1名(自民)

私の所属する創世会は引退などで2人が減りましたが、新人の狩野光昭議員が入会して6人となりました。会派の新体制は、以下の通りです.

会 長  佐藤和良
幹事長  上壁 充
政調会長兼会計
     福嶋あずさ
総務会長 坂本 稔
広報会長 狩野光昭
顧  問 樫村 弘
by kazu1206k | 2012-10-01 13:50 | 議会 | Comments(0)