人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

混声合唱団なこそ 結成30周年記念コンサート

 3月31日午後、勿来市民会館の大ホールで開かれた「混声合唱団なこそ 結成30周年記念コンサート」に伺いました。
 想い出~夢を歌にのせて♪ 指揮は根本克行さん、ピアノは西川美和さん。ポップスから、混声合唱のための組曲「旅」、混声合唱のためのコンサート・レパートリー「世界のうた」などを2時間にわたり披露。可愛いい、リズム幼稚園児との共演も素敵でした。最後に会長の金成洋子さんが、結成30年の思いを込めてご挨拶されました。

e0068696_07033039.jpg


e0068696_07033842.jpg



by kazu1206k | 2019-03-31 23:08 | 文化 | Comments(0)

「まちづくり計画」の協働点検、小名浜まちづくり市民会議で

 3月28日夜、まちづくりステーション小名浜で開かれた、小名浜まちづくり市民会議の3月度全体会議に出席しました。
 3月度のテーマは、平成17年策定のいわき市都市計画マスタープランの地区別計画である、「小名浜まちづくり計画」の事業計画案取組状況の協働点検でした。
 小名浜まちづくり市民会議は、平成14年にまちづくりの設計図として「おなはままちづくりグランドデザイン」を作り、いわき市とパートナーシップ協定を結んで、まちづくりを進めてきました。こうした経緯を踏まえて、現在、いわき市が進める第二次いわき市都市計画マスタープランの策定に合わせ、「小名浜まちづくり計画」の事業計画案の取組状況の協働点検を行うものです。
 全体会議では、いわき市都市計画課の担当者から、地区まちづくり計画の概要、その具現化に向けた取り組み、取組状況の協働点検の内容などの説明を受けた上で、小名浜地区まちづくり計画の58の事業について、成果と課題、今後の取り組みについて、『完了、実施中、予定、検討、未定、困難』の6段階に評価しながら、協議を進めました。

e0068696_08400384.jpg


by kazu1206k | 2019-03-29 23:26 | 地域 | Comments(0)

4.24原発事故被害者の救済求め請願署名提出集会

「原発事故被害者の救済を求める全国運動」実行委員会から、4.24請願署名提出集会のお知らせです。

 2011年3月11日の東日本大震災に端を発した東京電力福島第一原発事故。8年以上たった今も事故はまだ続いており、私たちは長期にわたる未曾有の原発災害に直面しています。
 「原発事故被害者の救済を求める全国運動」では、①原発事故避難者の実態把握に基づく支援の実施、 ②健診の福島県外への拡大、内容の充実、医療費の減免、子どもたちの保養のための措置、③モニタリング・ポストの継続設置、④ALPS汚染水の放出・汚染土の再利用による放射性物質の拡散--の4項目について請願署名に取り組みました。このたび、署名提出集会を開催します。
 多くの方のご参加お待ちしています。

◆2019年4月24日(水)11:00~13:00 (開場10:30)
 衆議院第一議員会館大会議室
(最寄駅:東京メトロ:国会議事堂前駅)
資料代:500円 申し込み不要


◆プログラム(予定、敬称略)
<現状報告> 11:00~12:30

・原発事故被害者の救済を求める全国運動から
佐藤和良(全国運動共同代表、いわき市市議会議員)
・避難者の置かれている状況
除本 理史(大阪市立大学教授)
村田 弘(「福島原発かながわ訴訟」団長/ひだんれん)
・福島からの声/高まる保養の必要性
福島のお母さんから /福島ぽかぽかプロジェクト
・モニタリングポストの継続配置を求めて
人見やよい/モニタリングポストの継続設置を求める市民の会
・どうなる? ALPS汚染水の放出、除染土の拡散
満田夏花(国際環境NGO FoE Japan)

<署名提出式> 12:30~13:00  被害当事者、国会議員からの発言

◆主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会
◆ 問い合わせ:同事務局 国際環境NGO FoE Japan
TEL: 03-6909-5983(平日 10:00~18:00) E-mail:info@foejapan.org

e0068696_1521351.jpg

by kazu1206k | 2019-03-28 23:16 | 脱原発 | Comments(0)

4月1日から5カ所で議会報告会

 4月1日から13日まで、5カ所で、いわき市議会2月定例会の議会報告会を開きます。
 内容は、いわき市議会2月定例会のご報告を申し上げ、皆様からご質問ご意見、ご要望をお聴きするものです。ご都合の良い会場にお越しいただければ幸いです。

●4月1日(月)午後6時30分    平月見町  26区集会所
●4月2日(火)午後6時30分    江名  江名集会所
●4月3日(水)午後7時       小名浜  小名浜公民館
●4月4日(木)午後7時       泉 泉公民館
●4月13日(土)午後1時30分    鹿島町 鹿島公民館

 2月定例会では、「いわき市個人情報保護条例の改正」や消費税率の改定に伴う使用料等の値上げに関する「いわき市いわき芸術文化交流館条例の改正」など条例改正が66件、「いわき市高額療養費貸付金条例」の条例廃止が1件、小・中学校のエアコン整備費とブロック塀対策費、障がい児の通所支援事業費など一般会計など平成30年度補正予算が12件、平成31年度当初予算が19件、プレミアム付商品券の発行事業費など平成31年度補正予算が1件、その他16件の市長提出118議案及び諮問案1件を可決・同意しました。また、「児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書」など6意見書も可決しました。
 議案の採決では、消費税増税は、市民生活を圧迫し、地域経済を担う中小企業にマイナスの影響を与えること、更なる市民負担の増となり、地方自治体の一般会計では消費税を納付する義務はないことなどから、わたくしが所属する創世会は、消費税率の改定に伴う使用料等の値上げに関する条例の改正並びに関連予算に反対し、個人番号カード(マイナンバーカード)とフッ化物洗口の関連予算などに反対しました。

 私の一般質問では、「1 いのちを守る、福島第一原発事故の現状と諸問題の改善について」「2 いのちを守る、子育て環境の整備について」「3 いわき市の再生と地域課題の解決について」を大きなテーマに質問を行いました。
 質問内容は、1のうち「続く地震による放射能拡散の危険」「作業員の労働環境の改善を」「放射線副読本、事故の反省が先」、2では「待機児童の解消へ」「放課後児童クラブ、支援員の配置基準を守れ」、3では「どうする?!サッカースタジアム整備の主体と財源」「鹿島町の太陽光発電事業の安全対策」「江名港公衆トイレの復活を」などです。

 また、質疑では、「消費税率の改定に伴う使用料等の改正について」「平成31年度いわき市一般会計予算について」「高額療養費貸付金に係る債権の放棄」「新舞子体育館他4施設の指定管理者を株式会社Jヴィレッジにすることについて」を大きなテーマに質疑を行いました。
 質疑内容は、「アリオスの自主企画と次期運営体制の検討」、「高額療養費貸付金の債権の放棄」、「除去土壌等の管理・搬出の推進」などです。






by kazu1206k | 2019-03-27 13:10 | 議会 | Comments(0)

福島第一原発過労死裁判、遺族の訴え

 2017年10月に、福島第一原発構内で働いていた自動車整備士・猪狩忠昭さんが長時間労働で過労死した事件で、ご遺族は雇用元・元請け・東京電力の三社を相手取って、安全配慮義務違反等の損害賠償請求訴訟を、2019年2月13日、福島地方裁判所いわき支部に提起しました。
 3月25日午後、同支部で第1回口頭弁論が開かれ、ご遺族が原告として意見陳述を行いました。
 ご了解を得て、原告の意見陳述をご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福島地方裁判所いわき支部
民事部御中
2019年3月25日
                  原告
陳述書

昨年10月16日、夫の命日10日前に、労災認定の連絡を受けました。
夫が亡くなってからの一年間、沢山の方々のご協力により、数々の聞き取りと調査などの結果、長時間労働が認められました。
しかし、私共の調査聞き取りから、亡くなった当日の状況に、隠蔽の疑惑があります。
当時、宇徳の関係者及び同僚整備士より、当日の時系列での状況を聞いていた内容と、医師らのカルテの内容の相違や、警察の事情聴取に、現場にいて関わった人全員がなぜ受けなかったのかなど、まだまだ多くの不信があります。
夫の死亡原因が長時間労働だけではない事を明らかににする為、
人命よりも利益を優先する企業に対して、真実の追求と夫の名誉の為、今回提訴に至りました。
死亡当日の事実、隠蔽を裁判を通して明らかにして下さい。
当日夫に携わった方全員の証言を求めます。
また、労災認定を受けても尚、企業側は当初からの「認識が違う、コメントする立場にない」などと、一貫して不誠実な対応を変えません。非人道的な発言、対応を許せません。

夫の遺品の携帯に残された写真から、私達家族が知り得なかった、日々の作業の大変さや、証拠と成りうる資料などが、沢山ありました。
しかし、あらゆる証拠を携帯に残して亡くなった夫は、本当は家族に話したかった事や、不測の事態を覚悟していたのではないか?何かあれば頼むぞ、と言っている様に感じてなりません。
夫が亡くなってから、整備士、作業員同士の絆や、他社からの引き抜きの話を断っていたなどを耳にし、夫は原発事故収束作業に携わる事に誇りを持って、惜しげも無く技術を提供し働いていた事が想像出来ました。
今現在も4000人以上の作業員の方が、被ばくと言うリスクを背負って作業に従事しております。命を削って働いています。彼らがいなければ、収束はあり得ません。
原発作業員の労働環境、賃金の改善、危険手当の完全支給、救急医療措置、放射線被ばく管理、安全確保、健康管理、生活保障、雇用条件の是正
これまで尊い命を落とされた方々の再調査を要求します。

東京電力の記者会見での「作業との因果関係はない、労災といったものではない」との断言に対しての撤回と謝罪、
死亡時の説明、救命措置の落ち度、事実内容の露呈を要求します。
何をしても夫はこの世に戻っては来ませんが、
夫の代わりに、真実を追求し無念を晴らす事が、何よりの供養になると思います。

うつくしま福島を原発事故で汚染し、故郷をなくした人々や、収束作業に携わる方々に
誠意と敬意を持って対応して下さい。
二度と過労死、事故死を起こさせないで下さい。
原発事故と言う前例のない東電が起こした事故により、働き命を亡くした方への責任の所在をはっきりさせ、尊い命の重さに対する誠意ある対応を望みます。

最後になりますが、裁判を始めるに当たり、意見陳述の場を与えて下さった裁判所に対して
感謝申し上げます。

以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いわき労働基準監督署は、昨年10月17日に本件について労災認定しましたが、東京電力は猪狩さんの死亡を発表した際、作業との因果関係はないと明言。福島第一原発の作業で過労死が認められたのは、事故直後の2011年5月に過酷労働で亡くなった静岡県の作業員のケース以来です。
 猪狩さんは、亡くなる5年前の2012年3月にいわき市内の自動車整備・レンタル企業に入社した時から、車両整備にあたってきました。亡くなった当日、昼休みの後、午後の作業に行く時に倒れ、午後2時半過ぎに広野町の高野病院で死亡を確認、死因は致死性不整脈と診断されましたが、構内で倒れたときの詳しい状況は、わかっていません。
 猪狩さんは、2017年4月以降、月曜から金曜、朝4時半に出勤し一般道を自動車で福島第一原発に移動、事務所に戻るのが夕方5時から6時という生活が続きました。遺族らは、亡くなる直前の3か月間の平均残業時間は約105時間。亡くなる半年前からの1か月あたりの残業時間は最大で130時間超、平均で110時間に達していたとして18年3月にいわき労基署に労災申請していました。
 東京電力は、2014年6月に、構内に車両整備場を設置。猪狩さんは、車両整備場の設置と同時に派遣され、元請けは当初は東電リース、2016年から宇徳になっています。2015年5月、東京電力は、2015年度車両整備場で整備士5人/日の体制で実施可能台数合計488台を整備する計画でしたが、「全ての構内専用車両(普通車:541台,大型車:250台合計791台)を整備するには、プラス3~5人/日が必要」とし「今後、構内で車両整備する整備士の確保が課題となってくる」としていました。
 その後、4名体制(工場長+整備士3名)となり、整備士の数は減ってしまい、作業はさらに厳しくなる一方で、2017年1月に東京電力は、構内専用の全車両を、それまでの12か月点検に加えて24か月点検を実施し、2018年9月までに小型620台、大型189台の計809台全車両の点検を完了するという目標を発表。2017年5月には、車両整備場の稼働日数が1日増えて週5日になり、整備士の数が減ったまま、作業量を増やしてきたのが実態です。
 福島第一原発の車両整備は、車両の放射能汚染が激しいため、作業は全面マスク、防護服の上にカバーオールを着て行い、通常の整備作業をはるかに超える大きな負担になっていました。こうした厳しい作業環境が体調にどのような影響を及ぼしたのか、長時間労働が身体に大きなストレスを与えたことが推察されます。

 東京電力は、過労死遺族に対し誠意ある対応を求める市民団体との交渉で「作業員と直接雇用関係はない」と、頑なに発注者責任から逃げています。 原発作業員の労働環境、処遇改善の働きかけについて、いわゆる危険手当の完全支給、賃金の改善はじめ救急医療、放射線被ばく管理など、労働環境改善に向けた働きかけを強める必要があります。多くのいわき市民が福島第一原発の構内作業に従事しています。私たちは、東京電力に対し労働環境の改善を強く求めていきます。

e0068696_8345854.jpg

by kazu1206k | 2019-03-26 23:23 | 雇用 | Comments(0)

ママベクと市の協議、要望書提出

 3月25日午前、市内の小中学校、幼稚園・保育所等の環境放射能測定を続けている「TEAM ママベク 子どもの環境守り隊」といわき市との本年度最後の協議が行われましたので、同席させて頂きました。
 お母さんたちは、子どもたちの行動範囲を母親目線で細かく調べ、目には見えない放射能を可視化させながら、結果を行政に報告し必要があるところは対策を求め、子どもたちの被曝を少しでも低減して生活環境を整えることを目的とする測定活動を続けています。市内の小中学校の測定は、すでに3巡目を終え、その結果をいわき市に報告し、対応を求めてきました。
 いわき市は、お母さんたちの活動に理解を示し、いわき市教育委員会の許可のもとに、子どもたちの環境改善のために共に向き合い、行政担当課である除染対策課、学校支援課、こどもみらい課から担当が出席し協議を行ってきました。
 
今回は、以下の内容が協議がされ、下記のような要望が出されました。

●いわき市からの報告
⑴走行サーベイによる通学路モニタリング調査
・福島県が18年7月から8月の2ヶ月測定を実施してまとめ、県のホームページにマップとして掲載。最大0.367μSv/h、最小0.008μSv/h、平均0.070μSv/h。通学路は、市教委から県に提供している。

⑵除去土壌等の搬出計画
・31年度、小中学校39校、幼稚園・保育所18園。

●協議

①全回までに提出した小中学校のホットスポットの検証
・いわき市赤字マーキング校の回答は、5月連休明けに。
ーママ:樹木等の影響地点の除染の継続。

②③走行サーベイ
ーママ:県HPに未掲載の通学路もあるので全部掲載して、詳細な公表を県に求めてほしい。

④子ども遊び場除染事業
ーママ:影響地点の除染の継続を。

⑤国県要望
ーママ:必要な予算を継続して求めてほしい。

要望書
2019 年 3月 25 日
いわき市長 清水敏 清水敏 男様

 日頃のご協力に、心から感謝を申し上げます。
 私たちの測定活動は、今年で6年目を迎えました。 多大なご尽力をいただきましたことにより、 子どもたちの環境は徐々安全を取戻すことができており、 詳細なモニタリングを行う中で見つかった局所的なホットスポット等についても、事故直後と比べれば、だいぶ減少させることができました。
 しかし、 報告の通り、いまだ取り除くことのできない汚染もまだ存在しており、事故が今尚収束していなこと、地形や気象による汚染の集積や移動を考えれば、モニタリングについては、 長期的な取り組みが必要 だと感じてい ます。
 未曽有の事態に向き合っていくためは、ここに立つ私ち自らが新な方法を生み出していかなければらず、その方法につは していかなければらず、その方法につは していかなければらず、その方法につは していかなければらず、その方法についてはこれからも追究を重ねながら協働による被曝防護を目指していきたいと思います。
 大切な子どもたちを追加被曝のリスクから守るため、 できる限りの予防原則に従ってその要因を取り除き、安心得るために、 次のことを要望致します。

1、 樹木等の影響により、除染後も線量が低下しない箇所等については経過観察とするのではなく、 線量 低減のための除染等を継続的行ってください。
2、 走行サーベイによる通学路モニタリング結果によると、最大値は今なおかなりの高線量が目立ちます。 測定結果を被曝防護に生かすため、公表は平均値とせず、線量の高い場所が分かるような詳細な測定値の公表を行ってください。
3、 走行サーベイによる測定は、自動車が通れる道路のみの測定ですが、子どもたちの通学路は、安全性を考え、自動車の通らない道路も多く使われています。被曝防護のため、また、保護者の不安を払拭するため、 徒歩による詳細なモニタリングを引き続き求めます。また、 把握している範囲内での通学路地図の提供を求めます。
4、 学校敷地内に放置された土嚢袋等に関しては、「子ども遊び場除染事業 」により撤去していただいたと伺っていいます。引き続きの対応を求めることに加え、除染等により伐採された木などについても現場に放置せず、同様に撤去をしていただけますようお願い致します。
5、 原発事故の影響から地域大切な子どもたちを守るため、国や県に対しては、これからも必要な措置を求め続けて頂ますようお願い致します。

TEAMママベク 子どもの環境守り隊

e0068696_8101435.jpg

by kazu1206k | 2019-03-25 23:31 | 環境保護 | Comments(0)

4月の甲状腺検診

 いわき放射能市民測定室たらちねから、4月の甲状腺検診のご案内です。

 東日本大震災による原子力発電所の事故は、福島県と近隣の地域に深刻な健康被害の不安をもたらしました。
たらちねでは、2013年3月から「たらちね甲状腺検診プロジェクト」を開設し、福島県内を中心に甲状腺の病気の不安に向き合う子どもたちを対象に、検診活動を実施してきました。
 検診の際には医師による丁寧な説明を行い、検診報告書と甲状腺の写真をお渡ししております。
 今回は、出張甲状腺検診を、いわき市で行います。
 また、子どもたちに無料検診を。どうか、市民によるこの取り組みにご賛同ください。
 https://www.actbeyondtrust.org/pledge/index_abt_web_005.html

e0068696_07045152.jpg

by kazu1206k | 2019-03-24 23:00 | 福祉医療 | Comments(0)

さくらんぼ保育園の第29回卒園式

 3月23日午前、「いわき・さくらんぼ保育園」の第29回卒園式に出席しました。今年度の卒園児は、23名でした。
 第1部では卒園児の皆さんに保育証書が授与されたあと、お父さんお母さんの歌「旅たちの日に」に始まり、職員の皆さんが「おぼろ月夜」「喜びの歌」など、4歳児の皆さんが「機関車の歌」、年長さんと掛け合いで「ほうほけきょ」、そして卒園児の皆さんが「あんぱるぬゆんた」「龍の小太郎」などの歌を次々に披露しました。
 第2部では「いわき・さくらんぼ保育園」の恒例の「荒馬」から「こままわし」までの「リズムあそび」、跳び箱、鉄棒、竹馬、竹踊り、そして卒園児の歌と、日頃の成果が披露されました。
「いわき・さくらんぼ保育園」のこどもたち、卒園式でも、こままわしや跳び箱、鉄棒など、あきらめずに取り組む姿を見せてくれました。今年も、子どもたちの足の指、特に親指のたくましさ、に改めて感心しました。体と動きを支え、心を育む。そんな大事な足の指の働き。豊かにのびのび生きる姿を培う力を感じました。
 わたくしの自宅近くに開園してからの、長いおつきあいの「いわき・さくらんぼ保育園」。お母さんとお父さん、保護者のみなさん、理事長、園長はじめ職員のみなさん、今年も、子どもたちの成長に心動かされ、元気とパワーをもらいました。ありがとうございます!

e0068696_16503149.jpg

e0068696_16504368.jpg

e0068696_16505696.jpg

by kazu1206k | 2019-03-23 17:05 | 地域 | Comments(0)

鹿島小の卒業証書授与式

 3月22日、いわき市立小学校の卒業証書授与式。今年も鹿島小学校に出席させて頂きました。
2013年4月に入学した49名のみなさんが卒業していきました。東日本大震災と福島原発事故時には、保育過程だったのでした。あんなに小さかった彼ら、こんなに大きくなってくれました。いろんなことがあったと思う。頑張って来た年月だと思う。
 登下校時の見守りや朝のあいさつで触れ合う、子どもたちの姿。一緒に汗を流した夏休みの防犯球技大会、真剣に一所懸命に演じた学習発表会の劇など、子どもたちのいろいろな思い出が、眼に浮かびました。
 卒業生のみなさん、卒業おめでとう!親御さんも教職員も、地域の私たちも本当に嬉しい。これからも助け合って生きていこうね!

e0068696_831116.jpg

by kazu1206k | 2019-03-22 23:50 | 地域 | Comments(0)

4.21厳正判決を求め福島県集会、東電刑事裁判

福島原発刑事訴訟支援団から、「4.21厳正判決を求める福島県集会」のお知らせです。

 2018年12月26日、東電福島原発事故で強制起訴された勝俣恒久元会長・武藤栄元副社長・武黒一郎元副社長ら旧経営陣3被告人に対し、業務上過失致死傷罪の法定刑として最大の禁錮5年が求刑されました。
 そして、第一原発で最初の爆発が起きてから丸8年になる2019年3月12日に、東電刑事裁判は結審しました。 
 これまで37回の公判で、争点の地震津波の予見可能性と結果回避可能性を巡り、証人尋問、被告人質問、被害者遺族の意見陳述、論告求刑、被害者参加代理人の意見陳述が行われました。3月12日の、被告人の弁護人による最終弁論で、「3人は無罪」と主張する東電側弁護士。津波対策を怠り事故を防げなかった罪を問われた三被告も異口同音に「付け加えることはありません」と述べ、謝罪の言葉もありませんでした。
 判決は9月19日に言い渡されます。
 そこで、有罪判決を勝ち取るために県民集会を開催します。
 無念の死を遂げた被害者と遺族の思いにこたえ、真の被害者救済の道を開き、二度と悲劇を繰り返さないために。東京地裁に厳正な判決を求める世論を盛り上げましょう。

4月21日(日)
時間…14:00〜16:30(開場13:30)
会場…郡山市労働福祉会館 3階大ホール(郡山市虎丸町7番7号) 
内容…弁護士からのお話
   被害者遺族の証言 読み上げ
   原発事故9年目の思い リレートーク
   オリジナルソング『真実は隠せない!」合唱

===福島原発刑事訴訟支援団===
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
https://shien-dan.org/
info@shien-dan.org
080-5739-7279


e0068696_08593439.jpg







by kazu1206k | 2019-03-21 23:44 | 脱原発 | Comments(0)