人気ブログランキング | 話題のタグを見る

10日午後1時10分から一般質問

 6月6日から20日まで開催のいわき市議会6月定例会。10日から13日までの4日間、15人が一般質問に立ちます。
 わたしの質問は、10日午後1時10分から60分間です。
 一般質問の登壇者は、私たち創世会は4名、一誠会は3名、志帥会は2名、公明党2名、共産党2名、つつじの会1名、市民の会1名の計15名の予定です。

 わたくしの質問通告の大項目と中項目は、以下の通りです。

1 いのちを守る、災害に強いまちづくりについて
 (1)河川改良等の促進について
 (2)太陽光発電の適切な導入と管理について
 
2 いのちを守る、子育て環境の整備について
 (1)放課後児童クラブの受け皿整備について

3 いのちを守る、障がい者福祉の充実について
 (1)災害対策について
 (2)福祉人材の確保について

4 いわき市の再生と地域課題の解決について 
 (1)地域公共交通について
 (2)個別施設計画の策定と小名浜地区の公共施設の再編について







# by kazu1206k | 2024-06-04 19:49 | 議会 | Comments(0)

6月6日から6月定例会、日程と議案

 5月30日、いわき市議会の6月定例会が告示され、6月6日から20日まで15日間の日程で開催されます。
 6月定例会は、所謂「国保議会」ですが、日程及び市長提案の議案の一覧は、下記の通りです。
 主な議案は、条例の改正が「いわき市いわき震災伝承みらい館条例の改正について」「いわき市国民健康保険税条例等の改正について」「いわき市児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例等の改正について」など9件、予算案は、総額約44億51百万円の一般会計をはじめとする、令和6年度6月補正予算が3件、その他の案件は、南部清掃センター1号炉ごみホッパ他補修工事の「工事請負契約について」やいわき私立小名浜学校給食共同調理場調理用大型備品や学校給食用食器などの「財産取得について」など12件、人事5件の、計29件です。

*傍聴の手続き

 傍聴受付は、議会棟1階で会議開始30分前から行います。
 傍聴は、傍聴規則に従い、傍聴券に住所氏名を記入し、傍聴券の交付を受けてからとなります。
 傍聴席は29席(車いす席2席)で先着順となります。
  なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、通常よりも座席数を制限しています。

 傍聴席が満席となった場合は、議会棟1階市民ロビーでの傍聴となりますので、ご了承ください。
 本会議の模様は、傍聴席のほか、各支所及びインターネットでも御覧いただけます。
 委員会の傍聴は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、現在、休止しております。

*請願・陳情の受付

 請願・陳情はいつでも受け付けています。
 6月定例会で請願の審査を希望される場合の締切日は、議会事務局までお問い合わせください。

6月6日から6月定例会、日程と議案_e0068696_15133240.jpg
6月6日から6月定例会、日程と議案_e0068696_15140932.jpg
6月6日から6月定例会、日程と議案_e0068696_15142758.jpg













# by kazu1206k | 2024-05-30 21:15 | 議会 | Comments(0)

草野判事の回避署名累計で13,620筆提出、今こそ最高裁へ!東電旧経営陣の責任をただす第5次最高裁前行動

 5月28日、福島原発刑事訴訟支援団、福島原発告訴団による「今こそ最高裁へ!東電旧経営陣の責任をただす 第5次最高裁前行動&東京集会」が行われました。
 東電福島第一原発事故の責任をめぐり、東京電力元経営陣3名が業務上過失致死傷罪に問われている東電刑事裁判(強制起訴事件)は、一審、二審と全員無罪とした判決が下されましたが、23年1月に指定弁護士が最高裁に上告、23年9月に上告趣意書を提出して、現在最高裁に係属中です。
 福島原発刑事訴訟支援団は、最高裁前で毎月行動を行い、この不当判決の破棄と、日本における最大の公害事件であることを鑑み、大法廷に回付して口頭弁論を開くよう求めてきました。さらに、この刑事事件の係属部である最高裁第二小法廷の草野耕一裁判官が、東京電力と密接な利害関係のある西村あさひ法律事務所の代表を務めていたことから、草野裁判官にこの事件の審理から外れるように署名を集め、同裁判官の回避を求めてきました。
 午前10時、夜半からの雨もおさまろうとする、最高裁正門前には、弁護団も含めて多くの人が参集しました。福島原発刑事訴訟支援団団長の挨拶、弁護団の海渡雄一、大河陽子両弁護士の力強いスピーチ、全国からかけ参じた避難者のアピールに続き、最高裁正門前から最高裁判事の部屋に向かって、「最高裁は口頭弁論を開け!」「草野判事は自ら身を引け!」「最高裁は原発事故の被害に向き合え!」とシュプレヒコールをあげ訴えました。
 その後、草野判事の回避を求める署名の第4次分1,047筆(累計13,620筆)を担当官と面談して提出し、面談した弁護団はじめ被災者ら17人が、口々に最高裁への意見を述べ、司法の独立した判断の重要性、原判決の破棄、口頭弁論の開催、草野判事の回避、公正判決の実現などを訴えました。
 午後からは、集会が開かれ、支援団団長の挨拶後、大河陽子弁護士が「東電株主代表訴訟と東電刑事裁判が明らかにしたこと」を報告、海渡雄一弁護士が「福島イノベーション・コースト構想の危険」、佐藤和良支援団団長が「原発サイト内の状況と汚染水の海洋投棄」、武藤類子告訴団団長が「福島の現状 甲状腺がん・住宅問題など」をそれぞれ報告しました。
 東電福島第一原発の事故は、今も収束せず、被災地に新たな被害を引き起こし続けています。
 ALPS処理汚染水の海洋投棄とその作業に伴う事故、小児甲状腺がんの多発や災害関連死の増加、避難者住宅の提供打ち切りによる裁判や追い出しの強制執行、イノベーションコースト構想のもとに行われる被害者の望みとは乖離する復興策など、福島原発事故の事故責任取られない中で、福島は人間の復興を目指す本来の姿とは異なる世界に変貌しつつあります。
 事故後も悪化する東京電力の企業としての無責任体制を変えるためにも、東電刑事裁判の最高裁の判断は極めて重要です。最高裁は、国や東電への忖度せず、被害にしっかりと向き合い、公正な判決を下すことを求めます。

草野判事の回避署名累計で13,620筆提出、今こそ最高裁へ!東電旧経営陣の責任をただす第5次最高裁前行動_e0068696_19435090.jpg

草野判事の回避署名累計で13,620筆提出、今こそ最高裁へ!東電旧経営陣の責任をただす第5次最高裁前行動_e0068696_19534081.jpg

草野判事の回避署名累計で13,620筆提出、今こそ最高裁へ!東電旧経営陣の責任をただす第5次最高裁前行動_e0068696_19540413.jpg

草野判事の回避署名累計で13,620筆提出、今こそ最高裁へ!東電旧経営陣の責任をただす第5次最高裁前行動_e0068696_19544791.jpg
















# by kazu1206k | 2024-05-28 22:44 | 脱原発 | Comments(0)

第二セシウム吸着装置サリーでの汚染水漏洩事故で東電交渉

 脱原発福島ネットワークなど福島県内10市民団体の再開第78回東電交渉が、5月15日午後、いわき市で行われました。
 今回は、「増設ALPS配管洗浄作業での身体汚染による労働者被曝事故についての要請書」の再々回答と質疑から始まり、2月7日の第二セシウム吸着装置サリーでの汚染水漏洩事故についての説明と質疑などが行われました。
 東京電力の回答と質疑の主なやりとりは、以下の通りです。 
========================================

1、「増設ALPS配管洗浄作業での身体汚染による労働者被曝事故についての要請書」の再回答と質疑応答

・前回の質問事項への回答と質疑

[市民質問]2014年第19回評価検討会の小坂福島地域統括の発言について再回答をお願いしたい。
[東電回答]当時のストロンチウム処理水よりも現在の放射性物質濃度は低くなっているため、作業場の雰囲気線量は大幅に低減していると確認している。引き続き、作業員の被曝低減に努めていく。
[市民質問]どのくらい低くなったと考えているか。
[東電回答]2014年(H26)から3万分の1に下がっている。
[市民質問]計算すると具体的にどのくらいの数値か。
[東電回答]H26年(2014年)3月10日におけるフィルタ取り換え作業時の線量は、フランジ表面線量で最大ガンマ線50mSv/h、ガンマ・ベータ線合わせて1500mSv/h。
[市民質問]サリーはどこにあるか。
[東電回答]サリーは高温焼却炉建屋の1階にある。サリーⅡはサイドバンカー建屋の2階にある。高台33.5mの方の増設ALPSに、クロスフローフィルターがついている。サリーはその前段にあるセシウム吸着装置。
[市民質問]1階にあるということは周り全体が汚染されていると考えてよいのでは。

*2月7日の第二セシウム吸着装置サリーでの汚染水漏洩事故に関連して
[東電説明]
【事故概要】(資料に基づいて説明)高温焼却炉建屋の中に、第2セシウム吸着装置(サリー)がある。吸着棟が7つあり、その上に点検対象弁がある。その弁の点検を行う必要があり、それに先立って、配管の中の線量低減作業を行う必要があった。配管の中を水道水で洗浄する。この部分を洗浄する時に、赤い点線の部分(ドレン弁)が開いていたため、注水したときに左上のベント口から水が漏れた。蛇口からも水が漏れた。
時系列で説明すると、2月5日(事象発生2日前)にサリーは運転を停止。運転管理部門で、フィルタ及び吸着のドレン弁を開けて注意札を付けた。2月7日に事象発生、8時7分ごろ作業開始。8:15に系統の確認実施。現場の確認漏れが確認した時間帯。その後水漏れ対応となっていく。
漏洩量は1.5トン。最大、セシウム137で6.5E+09Bqが漏洩し、法令報告対象に該当した。
自動的に空気を抜く特殊な弁「オートベント弁」は、水の放射性分解で水素が出る。水素が溜まれば自動的に排出される。ドレン弁は通常閉まっている。サリーが停止したため、運転管理部門で操作してドレン弁を空けた。この状態で注水洗浄してしまったため、建屋の下に流れるはずだった系統水が、流れ出てしまった。
【問題点】
 (1)現場に即した手順書になっていなかったこと。当該弁を「『閉』を確認する」ではなく「『開』から『閉』に操作する」とすべきだった。
 (2)現場の作業段階の問題点もあった。現場の作業で、指差し確認や声出し確認は行っていたが、弁が「閉」であることの確認に至らなかった。この弁は開いていることを知らせる「注意札」も、作業員は見落としていた。
【対策】
(1)管理面の対策として、系統管理は現場に精通している運転管理部門に一元管理することとした。保全部門も現場状況をタイムリーに把握し、手順書を作成し、運転部門に依頼する。運転部門は作業前の系統構成を一元的に実施し、保全部門へ引き継ぐ。
(2)組織面での対策として、水処理に関する設計と保全を担うグループを整理・統合して一元的に管理する「水処理センター」を作ることを規制庁に申請中。
(3)協力企業にも対応を求める。現場作業員にまで浸透させる。
(4)設備面の対策として、ベント口については建屋内の管理された区域に排出する構造に変更する。
なお、規制庁から指示を受け、汚染された外側の土壌も回収した。また、その他経産大臣と規制庁から指示を受けているので、それについても対応している。

[市民質問]高線量下での作業時におきた事故だったという認識でよいか。
[東電回答]1・4号機の汚染水を4号機左下に溜めて、サリーに流して処理している。地下に降りていくことはできない。サリーⅡは中央上のサイトバンカー2階部分。左下にプロセス主建屋があり、ゼオライト等がある。
[市民質問]「高線量の作業だから早く終わらせたかった」と表記があるが、どのくらいの線量だったのか。
[東電回答]一番高い所で1mSv/h。建屋内の空間線量率については2022年4月1日~2023年3月31日に測定されたデータを集約し、2023年9月29日に公開しており、それを参考にすると一番高い所で1mSv/h。
線量の低減はしてきており、建屋内で高線量の汚染水を処理するところの外側はまだ高いので、通常作業しているところと比べると線量が高いので気にかけていたという事だと思う。
[市民質問]作業員の線量限度は。
[東電回答]東電の限度で言うと、1年間50mSv、5年間で100mSv(ICRP90年勧告に基づく法令改正がH.13にあり、決まった。それ以前は、毎年50 mSvだった。)。
20 mSvを超えると仕事ができなくなるなど支障が出るので、大体18mSvまでという事で運用されている企業が多い。
建屋の中すべてが1mSv/hではないので、線量がばらつく。線量が高い所を意識するとなるべく時間をかけないようにという事がある。きちんと確認しつつも短時間で終わらせたいという心境だったのでは。
[市民質問]管理は各社で違うだろうが、仕事ができなくてお金がもらえなくなる、あるいは別の職場に移動しないといけないといったことがあるのか。
[東電回答]そうならないように、他の建屋の外側で作業したり、うまく線量と作業内容を企業の方でうまく回している。誰にどのような仕事をお願いするかは、元請け企業の判断となる。
[市民質問]危険なところほど作業が粗相になる、焦って作業しているという状況ではないか。また、写真を見ると注意札が小さい。これで良く注意ができると思う。
[東電回答]注意札は、運転員が運転操作上、「通常ではない状態」となっていることを知らせるためのもの。当直の方では「通常と異なる状態」にしているとわかるが、作業員は黄色いタグを見て、手順書に書いてあるタグがあると把握してしまった。
[市民質問]オートベント弁は故障していたら水素爆発の危険性があるのでは。対策後のベント口が建屋内に入っているが、水素が滞留して水素爆発しないのか。
[東電回答]水は落ちるが、水素は建屋外に出る。二重配管にして建屋内で水素と水を分離できるようにした。(ベントの開口に傘をかけ、水は配管を通るようにしている。水素は建屋の外に排出することで水素と水が分離できるようになっている。)
[市民質問]従来通り、作業の状態で開け閉めしたら必要ない措置なのですね。
[東電回答]作業員がいつでも100%の仕事ができるかといえば間違いも起こすので、ミスが起こっても大丈夫なような。設備があるからミスして下さいという事ではなく。二度と起こらないということが誰も確証できないので、やはり人がやる事なので日常の生活でもスイッチを間違えるという事もあるので、作業についてはその都度新しい場所かもしれないので設備を改良していかないといけないというのが一つの教訓。

[市民質問]このような高線量下の作業は多いのか。1mSv/hだと同じ人が年間何度も作業できない。危険な作業を初めての体験としてやることの多い現場なのか。
[東電回答]作業は一つの班で行い、全員が初めてといことにはならないようにしている。前回関わっている作業員に出てきてもらう等、全員が初めての現場・装置だとミスの可能性が大きくなるので、我々からはあまりそこまでは言えないが、企業の方で、経験されている方にやってもらうのが一つの。経験されている方が入れ替わって。
[市民質問]今回の場合はどうだったのか。
[東電回答]類似の作業として、Csを除去する吸着棟のバルブ点検を2~3か月に1回行っている。そのような意味では、現場へ行くのが初めてだったわけではないと思っている。
[市民質問]作業は1社でか。
[東電回答]サリーの通常のメンテナンスは一つの会社にお願いしており、その業者の下請けが行っている。
[市民質問]前の事故の時もそうだが、そこが一番の問題ではないか。請負だったりして、作業する人に対して直接指導できない。そういうところから結局今の事故が起きていると考えてしまうが。
[東電回答]安全を確保するためのバルブの開閉操作ははすべて東電がやって、作業する人には絶対にいじらないでくださいと言っている。増設ALPSでも開閉する予定のないバルブを閉めて詰まってしまったこともあるため、作業員には、自分たちが予定している作業以外は禁止するようにしている。そのことを各社から作業員にお願いするようにしている。
[市民質問]今回、弁を開けたのは東電か。
[東電回答]東電の運転員。作業するのに閉まっていることを確認すべきは、本来は東電の保全部門の管理員。しかし作業を行っている内に、「作業員さんお願い」「元請けさんお願い」という風になり、だんだん曖昧になってしまった。ベントの開閉の確認は、改めて東電社員が見ていくことにした。その上で、自分たちが作業する条件が整っていることを、作業員も点検する。
今までの作業は、系統が止まってすぐ洗浄作業をするため、常に閉まった状態で作業していた。今回は2日間あくということだったため、当直が、「水素が出てくるかもしれないから」といってドレン弁を空けてしまっていた。
[市民質問]そうすると、責任をどこが撮るのか曖昧になる。一次、二次請負作業員が点検している場合もある。東電が点検しても、他企業が動かしてしまう可能性もあるのでは。
[東電回答]13年前は、当直の運転員が全部の作業にあたってしまうと被曝限度を超えてしまうので、保全の方で責任をもって行う事にしていた。その中で、いつもと異なって弁を開けてしまったらそれを報告するといったコミュニケーションをとることもしなかった。今回を機に、サリーの対策としては、バルブ開閉の責任は当直の運転員と明確にした。
[市民質問]当直の仕事を増やしたら大変ではないか?
[東電回答]事故後は線量が高く、資格を持つ人間だけでは回らないので一度作業員に割り振ったが、対策としては汚染系統の系統構成を運転員が見るという昔の体制に戻した。実際に現場での作業というよりは作業の開始前に系統のチェックをすること。一次の仕事が全部乗っかってくるわけではない。
[市民質問]現場に行けば被曝量はまた上がるし、担当としてはとんでもないことだと思うが、手当はあるのか。
[東電回答]検討したい。水処理に関する当直部門も新たに設置する。汚染水処理、サブドレン・地下水バイパス等の設備に関連する人員を補充する。ALPSはほとんど被曝しないため、トータルで考えると、サリーでの作業が入っても、線量の負荷はあまり心配しなくて良いと考えている。
[市民質問]水処理センターが弁の開閉の確認をやるのか?
[東電回答]作業の計画をする部門と、管理をする部門が今までは別組織であったが、一つにし、運転側との窓口を一つにしてセンター側で計画した通りの系統構成で合っているかを確認し、系統構成して作業の準備をする。
[市民質問]そうしたら今度、馴れ合いになっていくのでは。それをくり返しているような気もする。本当にそれでいいのか。実際の作業を安全にすることに力が入っていないような気がする。
[東電回答]今後は社外から、メーカーで経験した方や元請けで受注して現場を管理していた方にも来てもらい、外部の目を行き渡らせたい。
[市民質問]汚染度土30トン、どこに保管?
[東電回答]コンテナに詰めて、廃棄物保管庫に保管。
[市民質問]問題のあった手順書については、第三者チェックはするのか。
[東電回答]実際に現場で作業する方が、その手順書で安全性と設備に影響がないか確認したうえで作業してもらう。手順書2〜3社の目を通す。

*市民より東洋経済の記事紹介。https://toyokeizai.net/articles/-/22253
[市民質問]かつて東電と共同開発した「炭酸塩沈殿法」。これに、わずかな改良を加えると、放射性ストロンチウムは数百ベクレル/リットルの濃度まで除去できるとのこと。配管にも活用できるのではないか。
東電の2023年資料「多核種除去設備出口の放射線濃度」によれば、Sr90は0.1-10Bq。除去が難しいのではないか。
また、ALPSの増設と高性能が動いていないのはなぜか。キュリオン、サリーⅡも15日しか動いていない。前処理はかろうじてやっているけれど、本格稼働が既設ALPSのみ。ALPSは動いていないと私は思うのだがどうか。
[東電回答]特に動かしっぱなしにしなければいけない理由が無い。高性能も400トン/日で容量が多いので動かしていない。1日100トン出ると、2~3日に1回で処理できる。
[市民質問]2次処理が必要なのが70%あるのになぜ動かさないのか。
[東電回答]2次処理は放出する時に行うが、基準を満足している3割を優先的に放出している。2次処理はまだ必要ないので稼働していない。
[市民質問]2次処理は同じ設備を使うのか
[東電回答]告示を微量に超えているものはROという逆浸透膜を使用する。2次処理は検討している。
[市民質問]前処理が無くなったのは高性能。増設を使ったほうがよさそうなのになぜ既設を使うのか。
[東電回答]A系とB系を使っていない理由は、Aは改造中。Bは身体汚染事案の影響で昨年夏に点検して止まっている。長い期間をみていただくと、既設を点検しているときはA系B系も稼働している。
高性能は、処理量は多いが一日400トンを溜めて高性能を使うかというと…既設の1系統250が運用しやすい。朝に稼働して夜に停止するなど。運転計画との兼ね合いを含めて既設を使っている。
[市民質問]高性能は、前処理が必要ないから今回のような事故も起こさず、良さそうだが。
[東電回答]一定の時間を安定して運転することも必要。400トンを2時間で動かしても、装置して通水しはじめは除去効率が不安定。

[市民質問]2022年7月28日、Sr90濃度に告示濃度基準超えがあったが、その理由が書かれていない。なぜか。Sr90の処理は難しいはずだ。沈殿するから硝酸で溶かそうとしているだろう。こんな設備があってよいのか。
多核種除去設備出⼝のSrの告示濃度が基準超えになった理由をご回答いただきたい。
参考:「多核種除去設備出⼝の放射能濃度」p.5
参考:「22年10月19日 第3回廃炉安全監視協議会資料 ALPS処理装置出口水のストロンチウム90濃度の告示濃度限度超えについて」
[東電回答]次回、回答

[市民質問]ベータ線の除去は難しい。今、浪江で大学が訓練しているが国家的対策として進めなければならない程、難しい仕事。2019年、特定原子力施設監視・評価検討会でも話題になっている。
[東電回答]処理水放出の検査について、増員を行っている。
[市民質問]分析体制について次回、ご回答いただきたい。
[東電回答]次回、回答する。

*質問に対する文書による回答について
[市民質問]聞き取って書くのが困難なため、事前に書面で質問をするので書面での回答もいただきたい。
[東電回答]1か月以内に書面で回答するのは困難。すべて公開の情報でもあるので、それを東電で事前に回答として送らなくても良いと考えている。文書で回答した後、市民側の意にそぐわない回答だったとウェブサイト上で公開されると困るため、文書での回答は控えたい。

*海洋投棄について
[市民意見]何か問題があって放出を止めた後に再放出となった際、「問題なく放出しました」と言うのはやめていただきたい。作業員達にとっては大変な作業だと思うので。

*以下は、時間切れのため次回に続く。

2、「理解と合意なき汚染水の海洋放出の中止を求める要請書」(2023年3月16日提出)への再質問への回答と質疑

② 放出する全放射性核種の濃度、総量などの全情報を公開し、海底土や海浜砂、生物への吸着・濃縮による放射能の蓄積とフィードバックを再評価すること。
[市民質問] 漁業者にはどのような利益になるのか?
[東電回答] 放射線リスク、ALARAの原則に従い、できるだけリスクを低減させる方針。国の基本方針を踏まえ国際法や国の汚染水対策委員会に基づき、安心して帰還できる環境を整え、廃炉に向けた取り組みを進める必要。地域および国民のみなさまに対し、貯蔵に伴うリスクが明確にされているので処分を先送りできない。
[市民質問] 漁業に特定して答えられない。次回、再回答を求める。
[市民質問] IAEAの正当化プロセスを踏まえているか?
[東電回答] 2023年7月公表の包括的報告書において、正当化の責任は日本政府にあり、IAEA安全基準のアプローチによって、日本政府が正当化の意思決定プロセスを進めたと評価されていると認識。
[市民質問] IAEAが評価する前に日本が決めてしまっており、決めたのは政府で、IAEAは聞かれていない。日本が決めた。アドバイスはしたと言っているのか?正当化の根拠を、簡潔に示して欲しい。
[東電回答] 次回、回答。
[市民質問] 便益と弊害というが、現時点で1400億円の費用支出があり、国民の税金ではないか?国民負担はいくらか?
[東電回答] 放出設備構築維持や風評対策に1400億円かけた費用支出があるとは、当社としては承知していない。当社として答える立場にない。関与しない。国に聞いて欲しい。
[市民質問] 自社が起こした事故で、「政府予算だから知らない」という、言いぐさはひどい。そうやって生きながらえている企業という自覚がない。再回答を求める。
[東電回答] 次回、回答。

③地下水の止水、トリチウム分離技術の実用化、大型タンク保管案やモルタル固化保管案等の検討、スラリー安定化処理設備の設置など汚染水についての抜本対策を確立する事。
[市民質問] 27年3月、安定化処理施設の運転開始までの工程は?
[東電回答] 2026年末にできるよう検討中→次回再回答

3、22年5月12日付「理解と合意なき汚染水海洋放出設備工事の6月着工の中止などを求める要請書」への東京電力の回答など、これまで質問事項への未回答への回答
○質問ースラリーの放射性物質は?前処理で出た沈殿物。処理後のストロンチウム等。
[東電回答]・次回、回答。
○質問ーろ布交換作業の線量、ろ布の濃度は?
[東電回答]・次回、回答。

4、22年11月16日付「福島第一原発1号炉の原子炉圧力容器を支えるペデスタルの損傷に関する早期の詳細調査と緊急安全対策を求める要請書」への再回答と質疑




















# by kazu1206k | 2024-05-27 19:19 | 脱原発 | Comments(0)

小満すぎて夕暮れの庭

5月26日、小満もすぎて、陽気がよく、草木の生長が盛んになってきました。
夕暮れの庭。ブルーベリーとブラックベリーの実が順調に生育しています。
ィルの小さな黄色い花、コリアンダーの白と淡いピンクの花にも、初夏の爽やかさを感じます。

小満すぎて夕暮れの庭_e0068696_18512508.jpeg

小満すぎて夕暮れの庭_e0068696_18514020.jpeg

小満すぎて夕暮れの庭_e0068696_18515496.jpeg

小満すぎて夕暮れの庭_e0068696_18521215.jpeg

小満すぎて夕暮れの庭_e0068696_18523161.jpeg




















# by kazu1206k | 2024-05-26 18:56 | 我が家の庭 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k