人気ブログランキング | 話題のタグを見る

高裁は弁論再開を!月いちスタンディング、雨のスタート!

 9月20日正午、福島原発刑事訴訟支援団の「月いち ランチタイム・スタンディング」が東京高裁前でスタートしました。
 福島原発事故の東電旧経営陣の刑事責任を追求する福島原発刑事訴訟の控訴審は、6月6日に結審しましたが、弁論再開を求めて、今月から12月まで、毎月1回、東京高裁前でのアクションを始めたものです。

 20日は、台風の影響による激しい風雨の中、正午からのスタンディングには、福島県から駆けつけた住民はじめ避難者、そして首都圏の市民など、支援団に結集する仲間たち約30名が参加。支援団団長を皮切りに、弁護団の海渡弁護士、大河弁護士が報告に立ち、さらに結集した参加者が次々と東京高裁に向けてアピールを行いました。
 アピール後、弁護士と支援団の代表が、東京高裁刑事部の担当官に面会し、「一審判決を破棄し、公正な判決を求める署名」の第3次分818筆(累計で17,032筆)を手渡し、30分間に渡り、弁論再開に向けた要請活動を行いました。

 福島原発刑事訴訟支援団は、7月13日、東電株主代表訴訟において、被告らに対して、13兆3210億円の損害賠償の支払いを命ずる判決が下され、原発には過酷事故により我が国そのものの崩壊にもつながりかねない危険性があり、万が一にも事故を起こさないようにしなければならないと判示したことを受けて、避難者訴訟の6.17最高裁判決及び東電株主代表訴訟判決を証拠として採用し、審議を尽くしてほしいと弁論再開を求めて、「一審判決を破棄し、公正な判決を求める署名」活動を進めています。
 「一審判決を破棄し、公正な判決を求める署名」をさらに広く集めるとともに、裁判所に市民の声を届けるために、本年12月15日まで署名を呼びかけています。
 また、リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」を作成して広めております。 https://shien-dan.org/leaflet-20220913/ 
 原子力行政に忖度した不当な判決を覆し、公正な判決を下すことを求め、命を大切にする社会へ向けて、みなさんと一緒に行動を続けます。

【月いち ランチタイム・スタンディング】
 *10月20日(木)
 *11月21日(月)
 *12月20日(火)
<時間> 12:00〜13:00
<場所>東京高等裁判所正門前
<参加者>福島原発刑事訴訟支援団、弁護団、支援者

高裁は弁論再開を!月いちスタンディング、雨のスタート!_e0068696_07462889.jpg

高裁は弁論再開を!月いちスタンディング、雨のスタート!_e0068696_07473704.jpg

高裁は弁論再開を!月いちスタンディング、雨のスタート!_e0068696_07470475.jpg

高裁は弁論再開を!月いちスタンディング、雨のスタート!_e0068696_07481589.jpg




# by kazu1206k | 2022-09-20 22:46 | 脱原発 | Comments(0)

雨を突いて「国葬反対!改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9.19大集会」

 9月19日午後、東京・代々木公園で「安倍元首相国葬反対!改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9.19大集会」が開催されました。

 台風の影響による荒天にもかかわらず約1万3千人が参加し、集会後は2コースに分かれ、安倍晋三元首相の国葬中止、原発再稼働反対などのプラカード掲げて抗議の声をあげながら、渋谷と原宿の街をデモ行進しました。

 時折激しい雨となった会場の野外ステージでは、李政美さんのプレコンサートが行われました。集会は、総ががり行動実行委員会代表の主催者あいさつに続いて、立憲野党の各党代表による連帯のあいさつ、市民の発言として、作家の落合恵子さん、弁護士の大住広太さんなどのほか、福島原発反対運動から佐藤和良、東海第二原発反対運動から大石光伸さん、など7人がアピール。最後に、さようなら原発呼びかけ人の鎌田慧さんが閉会あいさつをして、デモに出発しました。

 わたくしは、福島原発刑事訴訟支援団の団長の立場から、福島原発刑事訴訟の控訴審の弁論再開に向けた署名活動へのご協力と福島第一原発事故の汚染水の海洋放出を止めるために共にと闘うことを訴えさせて頂きました。


雨を突いて「国葬反対!改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9.19大集会」_e0068696_08575727.jpeg


雨を突いて「国葬反対!改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9.19大集会」_e0068696_08582049.jpeg


雨を突いて「国葬反対!改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9.19大集会」_e0068696_08570553.jpeg


雨を突いて「国葬反対!改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9.19大集会」_e0068696_08560608.jpeg

















 













# by kazu1206k | 2022-09-19 22:14 | 脱原発 | Comments(0)

新リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」完成、東電刑事裁判

 福島原発刑事訴訟支援団は、新たなリーフレット「東京高裁は弁論再開を!」を作成しました。
 福島原発刑事訴訟の控訴審は、6月6日に結審とされ、2023年1月18日が判決日に指定されましたが、結審後に下された避難者訴訟最高裁判決と東電株主代表訴訟地裁判決を証拠として採用するための弁論再開を、東京高裁に求めています!
 新たなリーフレットは、A5版4頁で、福島原発事故の東電旧経営陣の刑事責任を追求する福島原発刑事訴訟のこれまでの経過、6月の避難者訴訟の最高裁判決と「三浦反対意見」、7月の東電株主代表訴訟の13兆3210億円の損害賠償の支払いを命ずる判決、刑事裁判控訴審の弁論再開の必要性などをわかりやすく解説しています。
 福島原発刑事訴訟支援団は、これまで「一審判決を破棄し、公正な判決を求める署名」を進めており、7月28日までに16,214筆を提出しました。第3次集約の12月15日まで継続して集めています。
 東京高裁に弁論再開を求めるため、この問題を広く理解していただくツールとして、リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」を作成したものです。ぜひ、ご覧いただき広めていただくようお願いいたします。
 9月20日から毎月、東京高裁前行動とともに署名提出を行う予定です。
 原子力行政に忖度した不当な判決を覆し、公正な判決を下すことを求め、命を大切にする社会へ向けて、みなさまと一緒に行動を続けたいと思います。どうぞご協力をお願いいたします。

新リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」完成、東電刑事裁判_e0068696_17340237.jpg

新リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」完成、東電刑事裁判_e0068696_17342904.jpg

新リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」完成、東電刑事裁判_e0068696_17345042.jpg

新リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」完成、東電刑事裁判_e0068696_17351677.jpg















# by kazu1206k | 2022-09-18 17:37 | 脱原発 | Comments(0)

市長等が国葬に参列しないよう要請、いわき市議会創世会

 いわき市議会創世会は、9月16日午後、いわき市長並びにいわき市議会議長に面会して、9月27日に執り行われる、安倍晋三元首相の国葬に、いわき市長並びにいわき市議会議長が公務として参列しないこと等の要請を行いました。
 「故安倍晋三国葬儀」について、いわき市長は、公務として参列すること、葬儀当日は、市庁舎(本庁舎及び支所)に半旗を掲揚することを公表し、「市民を代表して参列」するとしています。
 「故安倍晋三国葬儀」に関しては、賛否が分かれ、9月10、11日実施の朝日新聞の世論調査では反対56%、賛成38%とされ、国民世論は厳しい見方です。
 そもそも、国葬には法的根拠がないのであり、国民の代表である国会で十分な議論を経て決定することもなく、閣議決定だけで進められていることは、国民主権という我が国の民主主義の根幹に触れるものです。さらに、費用も予備費で賄われ当初の予算案よりもさらに膨らんでおり、財政民主主義を揺るがせにするもので看過できません。
 安倍氏の評価も、国論が定まっておらず、旧統一教会との関係も解明されていない現状では、国民全体で敬意や弔意を表す国葬には馴染みません。
 このような状況では、「市民を代表して」敬意と弔意のために参列するのは、無理があります。行政のトップが一方に与することは、市民の分断を行政が進めることになり、慎重に対応すべきです。
 市民がこぞって賛同していない以上、公費を使って市長等が参列することは、無理があり、実施すべきではありません。また、事実上、市民に敬意や弔意を強制することになる市庁舎での半旗掲揚は行うべきではありません。

 以下に、要請書を掲載します。

                      2022年9月16日

いわき市長

内田 広之 様

                    いわき市議会創世会

                     会長 坂本 稔

安倍晋三元首相の国葬へ参列しないこと等への要請

令和4927日に執り行われる予定の「故安倍晋三国葬儀」について、市長が公務として参列することとなり、葬儀当日は、市庁舎(本庁舎及び支所)に半旗を掲揚し、市民の皆様や事業者、学校関係者等に対し、黙とうの要請など弔意の表明を求めないとしております。

国葬に関しては、賛否があり、91011日実施の朝日新聞の世論調査では反対56%、賛成38%とされ、国民世論は厳しい見方をしています。

現在、国葬の法的根拠がないまま、国会で十分な議論を経ることなく、閣議決定だけで進められていること、さらに、費用も予備費で賄われ当初の予算案よりもさらに膨らんでいることに深く憂慮します。

安倍氏の評価に関しても、旧統一教会との関係など国論が定まっておらず、敬意や弔意の強制につながるという懸念が残ります。

現状では、「故安倍晋三国葬儀」について、国民、市民がこぞって賛同する状況ではありません。

よって下記の事項について要請をしまます

1.いわき市長は安倍晋三元首相の国葬に参列しないこと。

2.いわき市は半旗掲揚を行わないこと。

市長等が国葬に参列しないよう要請、いわき市議会創世会_e0068696_19283927.jpg












# by kazu1206k | 2022-09-17 19:30 | 議会 | Comments(0)

旧統一教会問題、保留になった意見書案

 9月15日に閉会したいわき市議会9月定例会では、霊感商法や高額な献金といった布教活動の違法性が指摘され、厳しい批判にさらされている旧統一教会をめぐって、一般質問で3人の議員が、市長及び市の認識や関係性、対応をただし、2つの会派が国や国会に対する意見書案を提出しました。

 このうち、意見書案検討委員会に提出された意見書案は、「旧統一教会及び関連団体による被害者救済への意見書案」(一誠会)と「国会議員等と世界平和統一家庭連合との関係断絶を求める意見書案」(創世会)です。
 意見書案検討委員会の協議結果は、一誠会の提出した意見書案が賛成:一誠会・創世会・公明党、保留:志帥会・つつじの会となり、創世会の提出した意見案は、賛成:一誠会・創世会、保留:志帥会・公明党・つつじの会となりました。
 いわき市議会は、意見書案検討委員会で全会一致の意見書案が本会議に上程されるため、2案とも賛成と保留に分かれ、全体の同調とならなかったため、9月定例会での本会議への上程は見送られました。今後、12月定例会での再協議となります。

 いま、旧統一教会に対する対応が問われています。
 いわき市議会は「市民とともに未来をひらくいわき市議会基本条例」で、議員活動について、高い倫理観の下、「透明性を確保し、市民からの信頼を保持すること」と規定しています。
 一人ひとりの議員が襟を正して対応するときです。
 
 以下に、創世会の提出した「国会議員等と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係断絶を求める意見書案」を紹介します。

旧統一教会問題、保留になった意見書案_e0068696_08240990.jpg





















# by kazu1206k | 2022-09-16 20:15 | 議会 | Comments(0)