冬至

12月22日、今年も冬至を迎えました。
比較的暖かい日和の下で、朝から、「かずよしレポート」を配りました。
今週に入り、12月13日に閉会した、いわき市議会11月定例会の議会報告「かずよしレポート」を郵送と手渡しで配布させていただいております。1月に入りましたら、いわき民報などへの新聞折り込みも予定しております。
冬枯れの庭では、本柚子、花柚がいっぱい。今年は、蜜柑もいい成りです。
蝋梅も咲き始めており、季節は着実に巡っています。

e0068696_08083782.jpg

e0068696_08085534.jpg








# by kazu1206k | 2018-12-22 22:53 | 我が家の庭 | Comments(0)

除染土はどこへ?~環境省の除染土の再利用・埋め立て処分方針を問う

国際環境NGO FoE Japanから、「除染土はどこへ?~環境省の除染土の再利用・埋め立て処分方針を問う」のお知らせです。

----------------------------------------
除染土はどこへ?~環境省の除染土の再利用・埋め立て処分方針を問う(12/23)
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/181223.html
----------------------------------------

環境省は、最大2,200万m3の除染土のうち、8,000Bq/kg以下のものを「遮蔽および飛散・流出の防止」を行った上で、全国の公共事業や農地造成で利用できる方針を策定しました。現在、福島県飯舘村長泥地区で除染土壌を農地造成に再利用するための実証事業を行い、その後に大規模な農地造成資材として使用しようとしています。福島県二本松市では、農道の路床材に使用する実証事業を行おうとしましたが、住民の反対で延期されました。
県外の除染土壌については、現在、栃木県那須町および茨城県東海村で埋め立て処分の実証事業がはじまりました。
実証事業を住民目線で検証し、除染土の再利用や埋め立て処分の問題点を問うための市民集会を開催します。

日 時2018年12月23日(日)13:30~16:30(開場13:15)
会 場東京しごとセンター地下講堂
(最寄駅:JR飯田橋東口から徒歩6分)

プログラム(予定、敬称略)
《環境省の除去土壌再利用・埋め立て処分の方針について》
      …環境省に出席を要請しましたが、かなわなかったため、FoE Japanの満田が受け持ちます。
《各地からの報告》
1)二本松・道路の路床材への再利用事業を市民が撃退
      …佐藤 俊一 (みんなでつくる二本松・市政の会)

2)飯舘村・長泥地区での農地造成への再利用
      …糸長 浩司 (飯舘村放射能エコロジー研究会)

3)栃木県・那須町での除染土埋め立て処分
      …田代 真人 (被曝と健康研究プロジェクト)

《パネルディスカッション》
      …糸長 浩司、 今中哲二、 佐藤俊一、 田代真人、 政野淳子、 満田夏花

資料代500円
事前申込み申し込み不要
主 催飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA)
国際環境NGO FoE Japan、   原子力市民委員会

協 力原子力資料情報室、被曝と健康研究プロジェクト、
ふぇみん婦人民主クラブ みんなでつくる二本松市政の会

問合せ国際環境NGO FoE Japan
TEL: 03-6909-5983 / FAX: 03-6909-5986 / E-mail:info@foejapan.org 
当日連絡先: 090-6142-1807

<参考 実証事業のファクトシート>
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/181012.html

e0068696_1859914.jpg

# by kazu1206k | 2018-12-21 19:02 | 脱原発 | Comments(0)

全国一斉障害年金電話法律相談会

日本弁護士連合会による「全国一斉障害年金電話法律相談会」の実施のご案内です。

2018年12月21日に「全国一斉障害年金電話法律相談会」を実施します

障害年金は、障がいのある人の生活を支える基本的権利です。
しかし、全国の障がいのある人約937万人のうち障害年金受給者は約211万人に過ぎず(2016年度)、75%以上の方が無年金状態です。また、本年5月以降に明らかになった障害年金の大量支給停止問題など、障がいのある人の生存権が脅かされています。
そのため、日弁連および各弁護士会として、初めて全国一斉での障害年金の電話相談会を実施することになりました。
障害年金に関する一般的な相談や支給停止・支給却下等の事案などにつき、全国各地の弁護士が無料で相談をお受けします(相談料無料・予約不要)。
ご本人だけではなく、ご家族や支援者の方からも相談を受け付けますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

日時 2018年12月21日(金) 10時00分~16時00分
内容 全国一斉障害年金電話法律相談会
2018年12月21日(金)10時00分~16時00分
0570-051-221 (12月21日)
上記ナビダイヤルおよび下記番号は、実施日時以外はご利用になれませんので、ご注意ください。


・上記ナビダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。弁護士会によっては、電話相談を実施していないことや、実施時間が異なる場合がありますが、その場合は他の地域の弁護士会に繋がるように設定されています。

・通話料金がかかります。PHSや050IP電話からはご利用いただけません。

・回線混雑等の事情により、つながりにくい場合もございますので、あらかじめご了承ください。

電話でのご相談が困難な方は、FAXによるご相談も受け付けます。
返信先FAX番号と、ご相談内容等を記載して以下にFAXにて送信ください。
FAX番号:03-3501-8405(東京での対応となります。)

主催
日本弁護士連合会・各弁護士会
お問い合わせ先
日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9910
※各地の実施内容につきましては、「実施弁護士会一覧」をご参照の上、各弁護士会にお問い合わせください。

e0068696_7472431.jpg

e0068696_7473985.jpg

# by kazu1206k | 2018-12-20 22:42 | 福祉医療 | Comments(0)

1月13日から東電刑事裁判の連続報告会

福島原発刑事訴訟支援団からのお知らせです。

 東電刑事裁判は、証拠調べが終了し、12月26日から27日にかけて、論告・求刑が行われます。また、被害者参加代理人(告訴団弁護団)も意見陳述を行います。年の瀬も迫る慌ただしい中、ご都合のつく方はぜひお出でください。
 また、年が明けて、1月13日から福島県内6カ所で、裁判の連続報告会を行いますので、ご都合の良い会場でお聞きいただければ幸いです。

■12月公判の予定
*12月27日を除き、傍聴抽選時刻は8:20~9:00予定です。12月27日の抽選時刻は、裁判所HPにてご確認ください。

12月26日(水)第35回公判 東京地裁104号法廷 10:00開廷
公判併行集会 参議院議員会館 講堂(11:00~16:00)
 14:00~ 講演:おしどりマコさん・ケンさん
*同じ会場で裁判報告会も行います

12月27日(木)第36回公判 東京地裁104号法廷 13:30開廷
 裁判報告会 参議院議員会館 講堂 開始時刻未定(裁判終了後)

■ふくしま連続報告会
1月13日(日) 14:00~16:00 いわき市報告会
 いわきゆったり館 大研修室(いわき市常磐湯本上浅貝22-1)
 連絡先:090-7520-4175(佐藤)

1月19日(土) 13:30~15:30 会津地方報告会
 若松栄町教会(会津若松市西栄町8-36)
 連絡先:090-7567-6588(片岡)

1月20日(日) 10:00~12:00 郡山市報告会
 郡山市労働福祉会館 3階大ホール(郡山市虎丸町7-7)
 連絡先:080-5558-5335(蛇石)

1月20日(日) 13:30~15:30 福島市報告会
 福島市市民会館 第2ホール(福島市霞町1-52)
 連絡先:080-5563-4516(佐々木)

1月26日(土) 14:00~16:00 田村地方報告会
 三春交流館まほら 小ホール(田村郡三春町字大町191)
 連絡先:070-6498-2117(庄司)

2月3(日) 13:00~14:15 白河市報告会
 白河市中央公民館(白河市天神町2)
  【14:30~17:00】同時開催シンポジウム 「裁判から観る原発震災」
  連絡先:0248-28-1111

=== 福島原発刑事訴訟支援団 ===
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
https://shien-dan.org/
info@shien-dan.org
080-5739-7279

e0068696_7304493.jpg

e0068696_731274.jpg

# by kazu1206k | 2018-12-19 23:21 | 脱原発 | Comments(0)

常磐学校給食共同調理場の見学会

 12月17日午前、いわき市立の常磐学校給食共同調理場の見学会に参加しました。自然派おかあちゃんの会@いわきさんの呼びかけで、大人23人からこどもたちも参加しての大賑わいの見学会でした。
 常磐学校給食共同調理場は、事業費19億5,980万円で、平成14〜18年度にかけ建設。調理能力6,000食、現在は4,300食を小学校12校、中学校8校合わせて20校(合計200クラス)に調理から2時間以内に届けています。調理職員30プラス6名の人員です。 
 まず、「安心・安全・美味しく生きた教材となる学校給食」として、高橋所長さんと栄養教諭の鈴木さんから、施設の概要と施設の特徴、給食ができるまでの作業手順、給食の内容、衛生管理、調理器具など業務内容について、丁寧なご説明を受けながら、調理員のみなさんのテキパキとした作業を会議室から拝見させて頂き、栄養士や調理員さんたち施設の皆さんの努力が感じられました。
 その後、出来上がった中学生用の給食を試食。ご飯、ジャガイモのそぼろ煮、イワシの柚味噌煮、牛乳ミルメークというメニューを美味しく頂きました。
 試食後は、ふくしまこどもの学校給食を考える会の亀田明美・郡山女子大准教授が「学校給食の歴史と福島県の事例」と題して講演。学校給食の調理の単独校方式とセンター方式のメリット・デメリットについて、単独校方式が、給食を作っている様子がわかり、食育の視点から子供達にメリットがあること、センター方式は設備費や人件費などの運営費を低く抑えるメリットがあること。食物アレルギーの子どもたちへの対応では、単独校方式が除去食や代替え食などのきめ細やかな対応が可能でることなどが話されました。
 建設時以来10年ぶりの常磐給食調理場の見学。震災と原発事故後の学校給食と食育の現状、お母さんたちの雰囲気、主催者の子どもたちの現在と未来をより良いものしたいという熱意を感じながら、学ばせて頂きました。

e0068696_8504854.jpg

# by kazu1206k | 2018-12-17 22:35 | 地域 | Comments(0)

18日全国一斉生活保護ホットライン

日本弁護士連合会から、12月18日の「全国一斉生活保護ホットライン」のお知らせです。

2018年12月18日に「全国一斉生活保護ホットライン」を実施します

日弁連では、生活に困っている方々の相談をお受けし、今、生活保護の現場で何が起きているかを明らかにするために、全国一斉電話相談を企画しました。

ただし、弁護士会によって、開催の有無、日時が異なり、独自の電話番号を設定している会等もございますので、下記の「実施弁護士会一覧」をご確認のうえ、おかけください。また、下記フリーダイヤルを始め、各地のホットライン専用電話番号は、実施日時以外はご利用になれませんので、ご注意くださいますようお願いいたします。

日時
2018年12月18日(火) 10時00分~22時00分  福島県13:00~16:00
内容
全国一斉生活保護ホットライン
2018年12月18日(火) 10時00分~22時00分
0120-158-794 (ひんこんは なくす)


※フリーダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。
なお、上記時間内であれば、お近くの弁護士会が話中時でも他の地域の弁護士会につながります。

※回線混雑等の事情により、つながりにくい場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※上記フリーダイヤルは、実施日時以外はご利用になれませんので、ご注意ください。

※愛知県弁護士会は12月20日(木)、長崎県弁護士会は12月21日(金)、鹿児島県弁護士会は12月11日(火)に実施します。また、群馬弁護士会、愛媛弁護士会および沖縄弁護士会では、独自の電話番号(フリーダイヤルではありません。)を設けていますので、ご注意ください。実施時間は上記の「実施案内」をご確認ください。

主催
日本弁護士連合会・各弁護士会
お問い合わせ先
日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL 03-3580-9857

e0068696_7341886.jpg

e0068696_7335985.jpg

# by kazu1206k | 2018-12-16 23:26 | 行政相談 | Comments(0)

「七本松を蘇らせる事業」お披露目式

 12月15日午前、鹿島公民館敷地内で開催された「七本松を蘇らせる事業」お披露目式に出席しました。 
 戊辰戦争から150年の今年、その記念事業として、薩摩兵を軸とする新政府軍と平藩、仙台藩兵を軸とする奥羽越列藩同盟軍が鹿島町走熊の七本松付近で激戦を繰り広げた激戦地「史蹟七本松」を後世に伝えていくための「七本松を蘇らせる事業」です。その概要は、松の補植、案内板の設置、石碑建立、囲み柵の設置など4事業。鹿島地区地域振興協議会が鹿島公民館と協力して、鹿島町内の各区、個人、企業、サークルに呼びかけ浄財を集めて実現しました。
 七本松の由来は、征夷大将軍の坂上田村麻呂が植えたのが最初とされ、田村麻呂は近くの延喜式内神社「鹿島神社」に鏃を献上したとされます。戊辰戦争時の巨松・七本松は、昭和12年に倒木したため、当時の志賀直哉鹿島村村長がその松を輪切りにして「一円融合」と刻み鹿島神社に奉納し、世継ぎの松を植えました。その松も、昭和50年に県道常磐・江名港線が、戊辰戦争時に砲台があった円山をきり通し史蹟の中央を通り整備されたため、七本松は丸山の麓(現在の鹿島公民館の敷地内)に移動されたものです。この松も松枯れで1本かけるなど年を重ねてきました。
 お披露目式は、七本松前で除幕式を行なった後、鹿島公民館大講堂で式を行い、地域振興協議会の石井会長のご挨拶、担当の歴史と文化委員会の坂田委員長からの事業内容の説明、ご寄附代表者の中山元二さんのご挨拶、来賓として私もご挨拶させて頂きました。「七本松と鹿島」と題して、文藝風舎の箱崎さんが記念講演を行い、松の植樹の由来、戊辰戦争の概要、県道拡張による鹿島公民館敷地内への移転植樹の経緯などが詳しく紹介されました。
 鹿島小学校の校歌にも「清らかな御代の大仏 なかよしな七本松」と歌われ親しまれてきた、史蹟七本松を後世に伝えていくため、地域の大切な取り組みとなりました。

e0068696_8404942.jpg

e0068696_84125.jpg

e0068696_841162.jpg





 
# by kazu1206k | 2018-12-15 22:53 | 地域 | Comments(0)

2018年11月分の測定結果、たらちね

いわき放射能市民測定室 たらちね から、2018年11月分の測定結果のお知らせです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年11月分の最新の測定結果です。
柚子や柿、第二原発沖で採取した魚からセシウムが検出されています。
また、茨城県で採取された桑の葉、松の葉、土壌からはストロンチウム90が検出されています。
目に見えない・におわない・感じない放射性物質は測ってはじめて汚染度合いを知ることができます。
HPでは毎月の測定結果を公開しております。
https://tarachineiwaki.org/radiation/result
たらちねは英語版のHPも公開しております。
事業内容や測定結果などを掲載しております。
こちらも是非ご覧ください。
https://tarachineiwaki.org/english

e0068696_965875.jpg

# by kazu1206k | 2018-12-14 23:03 | 脱原発 | Comments(0)

いわき市議会11月定例会が閉会

 11月29日から開催されたいわき市議会11月定例会は、12月13日閉会しました。
いわき市議会11月定例会は、市長提出の73議案と福島県獣医師会いわき支部などが請願した「『(仮称)いわき市動物愛護センター』の早期建設を求める請願書』や「東京電力福島第一原子力発電所からのトリチウム水の国民・市民の理解が得られていない海洋放出については慎重に決定することを求める意見書」など6意見書を可決しました。
 議案は、「市幼稚園型認定こども園等の認定の要件を定める条例」制定1件、市下水道条例など条例改正10件、小・中学校空調設備設置事業費や本庁舎等耐震化改修事業費などの平成30年度いわき市一般会計補正予算(第3号)など補正予算が17件、指定管理者の指定など、その他39件、教育委員会委員の任命の同意など人事6件です。
 創世会は、補正予算の本庁舎等耐震化改修事業費について、耐震化改修費の補正が軟弱土の判明を理由とするものの、軟弱土は事業者が設計時に予見可能であり、発注側負担とするのは無理があるため反対しました。

 
# by kazu1206k | 2018-12-13 23:07 | 議会 | Comments(0)

26、27日いよいよ論告、求刑へ! 福島原発刑事訴訟 

福島原発刑事訴訟支援団・福島原発告訴団からのお知らせです。

【12月26、27日 福島原発刑事訴訟 いよいよ論告、求刑へ!】

東京電力福島第一原発事故(原発震災)の責任をめぐって、東電元役員らが業務上過失致死傷の罪で強制起訴された福島原発刑事訴訟の第35回、36回の公判が開かれ、いよいよ論告,求刑が行われます。被害者参加代理人も意見陳述の予定です。
 11月の公判では、被害者遺族から、原発事故により失われた命への悲しみと無念の思い、その責任を厳しく求める陳述がされました。地裁前行動と傍聴には福島から被災者が駆けつけます。また、公判期日の際に提出している『厳正な判決を求める署名』を提出します。
 ぜひ、傍聴をお願いいたします。

                    記
<12月26日> *開廷時間は10:00*
【東京地裁前】
  8:20~9:00    傍聴整理券の配布(東京地裁)
  8:30~8:40頃   地裁前行動(団長あいさつなど)
 *『厳正な判決を求める署名』提出(東京地裁刑事訟廷)

【並行院内集会】     (会場:参議院議員会館 講堂)
  11:00        開会  DVD上映とお話し  (昼食休憩あり)
  14:00~16:00頃 午後の部開会  講演:おしどりマコ、ケンさん

【記者会見】  司法記者クラブ(東京地裁・高裁2階)
   (時間)公判終了15分後めどに (出席)海渡雄一弁護士、佐藤和良支援団団長
【報告会】        (会場:参議院議員会館 講堂)
   (時間)公判終了15分後めどに      

<12月27日> *開廷時間は13:30*
【東京地裁前】
   未定          傍聴整理券の配布(東京地裁) 
  13:00頃       地裁前行動

【記者会見】  司法記者クラブ(東京地裁・高裁2階)
(時間)公判終了15分後めどに (出席)海渡雄一弁護士、佐藤和良支援団団長
【報告集会】       (会場 参議院議員会館 講堂)
(時間)公判終了15分後めどに
                                                 以上

■福島原発刑事訴訟支援団■■ 
https://shien-dan.org/   info@shien-dan.org
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1  080-5739-7279

e0068696_861130.jpg

# by kazu1206k | 2018-12-12 23:55 | 脱原発 | Comments(0)