日弁連、戸籍事務へのマイナンバー導入に反対

 日本弁護士連合会は、「戸籍事務にマイナンバー制度を導入することに関する意見書」を取りまとめ、1月18日、法務大臣、総務大臣、内閣官房長官に提出しました。

 意見書の趣旨は、2017年10月20日、法制審議会戸籍法部会が、戸籍事務にマイナンバー制度を導入することを前提に検討を開始しましたが、これに対し「確かに、『国民の利便性の向上及び行政運営の効率化の観点から』戸籍制度の合理化・効率化や電子化の検討は必要であるとしても、その実現のためには、共通番号である個人番号(通称「マイナンバー」)と戸籍情報を紐付けすることは必要ないだけでなく、プライバシー侵害の危険性が高くなる。また、費用対効果の観点からも問題がある。よって、戸籍情報と個人番号は紐付けしないよう求める」としたものです。

 意見書では、「全国1895市区町村中、1892市区町村の戸籍が電算化されている中で、情報通信技術を用いてその合理化や効率化を図ることは当然検討すべき課題である。しかし,その対応策として戸籍情報と個人番号を紐付けるならば,プライバシーに対する取り返しのつかない悪影響を与えるおそれが大きく,それにもかかわらず膨大な費用をかけて戸籍制度にマイナンバー制度を導入する必要性は認められない。したがって,戸籍情報と個人番号を紐付けるべきではない。」としています。

 意見書全文は、下記から参照ください。
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2018/opinion_180118.pdf
[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-20 23:00 | 時評 | Comments(0)

今年も障がい者職親会と視察懇談

 1月19日、「平成29年度 いわき市議会といわき市障がい者職親会との視察懇談会」に参加しました。いわき市内の障がい者の就労にかかわる事業者、福祉施設、教育機関で組織する「いわき市障がい者職親会」の主催で、「障がい者の就労現場の視察と懇談会を通じ、市議会議員と職親会の交流を深め、今後の障がい者就労の発展の一助とすることを目的」に毎年開催されています。

 11回目の今回の視察先は、就労系福祉サービス事業所の視察。就労移行支援事業所の(特非)ソーシャルデザインワークスさん、就労継続支援A型事業所の(社福)いわき福音協会 福祉サービス事業所つばささん、就労継続支援B型事業所の(社福)希望の杜福祉会 あとりえ北山さん。

(特非)ソーシャルデザインワークスさんは、就労移行支援事業所。開所から3年目。「働きたい」と希望のある利用者さん、支援学校卒業生から50歳台までの方々が利用しています。自立訓練から安定して通えるようになって就労移行支援へと、それぞれ自分のペースにあった活動をカリキュラムに基づいて実施し、就労を目指していました。これまで、18名の方が就職して13名の方が就労中だそうです。今年度14名の予定で、開所から3年目で就職者が増えてきたと、担当者の方が説明していました。

(社福)いわき福音協会 福祉サービス事業所つばささんは、就労継続支援A型事業所。A型は、雇用契約をむすび最低賃金を保証する仕組みの雇用型です。福音協会の職員として、最賃748円を保証し、現在は500食(設備は1000食)のお弁当をつくり、洗浄の仕事などを含めて6時間作業を実施しています。顧客は、作業所の利用者さんが多いそうです。立ち上げから11年がたち、勤続平均6年となっています。A型は、法律改正により各地で事業所の閉鎖が出ており、いわき市内では、2カ所のみとなっています。

(社福)希望の杜福祉会 あとりえ北山さんは、就労継続支援B型事業所。B型は、契約を結ばず、比較的自由に働ける非雇用型です。平均賃金14190円。時給176円。楽しく居場所として通所してもらう目的を持って、おからのドーナツやクッキーなどのお菓子の製造。ワイヤー作業の下請け事業も行っています。福祉的な仕事(福祉事業)と利用者の所得(授産事業)とのバランスの良い運営に心がけていると担当者の方のお話でした。課題として、下請け事業の安い単価設定の問題があり、一般より低い設定で、赤字事業となっていること。はじめて5〜6年ですが、B型工賃の目標に向けてがんばりたいということでした。

 視察後、昼食を頂きながら1時間ほど懇談。懇談では、自治体行政への要望も含めて、課題をいくつか頂きました。
・就労支援移行事業所の現状ー利用期間2年オーバーの継続、移行の手離し方の問題、企業側から見た時の不明瞭さ、元受刑障がい者の出所後の就労支援移行事業所への入所。
・いわき市障連協さんから市に対して障がい者に事業として出せる事業の要望・地域生活事業の移動支援事業で通勤できれば就職・通学できる場合の特例承認の要望。
・障がい者と生活困窮者対象事例。
・障害者就業・生活支援センターさんから在宅ワークでの身体の1、2級の方の企業募集の現状。元受刑障がい者の出所後の、働き定着することと生活支援を一体とした相談体制づくり。

 障がい者のみなさん、事業者のみなさん、それぞれのポジションで、現状と向き合い、頑張っておられます。いわき市議会からは、創世会4名など7名の参加で、ちょっと少ない残念な状況でしたが、職親会のみなさんとの交流を深め、今後の障がい者就労の持続的な発展に繋げていきたいと思います。

e0068696_7385347.jpg

e0068696_7393368.jpg

e0068696_7394924.jpg


*「いわき市障がい者職親会」は、いわき市内の障がい者の就労にかかわる事業者、福祉施設、教育機関で組織され、公共職業安定所やいわき市、いわき市社会福祉協議会と連携しながら、いわき市における障がい者の雇用促進を進めています。毎月の学習会、毎年3月には「いわき地区障がい者就労支援セミナー」も開催するなど、精力的に活動しております。
[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-19 23:09 | 議会 | Comments(0)

1.26第二回公判の傍聴券配布時間

福島原発刑事訴訟支援団から、「第二回公判期日の傍聴整理券配布時間」などのお知らせが届きました。

福島原発刑事訴訟支援団会員のみなさま、支援者のみなさま

1.第二回公判期日の傍聴整理券配布時間が発表されました。
福島原発刑事訴訟の第二回公判期日が、1月26日に開かれます。
裁判所から傍聴整理券(抽選券)配布時間が発表されましたのでお知らせいたします。
第二回公判期日では、東京電力の事故調査報告書を取りまとめた社員への証人尋問が行われるようです。津波対策等の社内の議論について、この証人がどのような事を知っていたのか、事実を包み隠さず証言してくれるのか注目です。
傍聴席は、マスコミ席を除くと約50席と限られますが、多くの方に裁判所まで来ていただきたくお願い申し上げます。
また、福島からは貸切バスを出します(中通りコース)。ご乗車になる方はご連絡ください。

第二回公判期日
1月26日(金)

東京地方裁判所
8:20~9:00 傍聴整理券配布
8:40~9:00 東京地裁前行動
9:00~     『厳正な判決を求める署名』第1回提出
10:00     開廷

院内集会 参議院議員会館 講堂
11:00~  院内集会 午前の部 リレートーク等
12:00頃  午前の公判の報告 弁護団より報告
休憩
14:00~  院内集会 午後の部 呼びかけ人・神田香織さんスピーチ 
~16:20頃 土井敏邦さん監督映画試写・スピーチ など

記者会見 参議院議員会館 講堂
開始時間:公判終了の30分後から 弁護団の解説等

福島からバスが出ます!
行き 福島駅西口前 6:00~郡山教組会館7:00
帰り 参議院議員会館19時頃発
申し込み:080-5739-7279(告訴団・支援団事務局)

2.『厳正な判決を求める署名』ご協力をお願いします!

署名用紙は支援団のホームページからダウンロードできます。用紙を郵送してほしい方はご連絡ください。
ネット署名も行っています。支援団のホームページをご覧ください。

3.年会費納入のお願い

支援団の活動は会員・支援者のみなさまの年会費・カンパで支えられています。
ひきつづき2018年の会費の納入をお願いいたします。
年会費(1口¥1,000から)+カンパ(任意)

=== 福島原発刑事訴訟支援団 ===
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
info@shien-dan.org
080-5739-7279

e0068696_7535489.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-18 23:44 | 脱原発 | Comments(0)

飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA) 第9回シンポジウム2018 福島

飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA) 第9回シンポジウム2018 福島のご案内です。

福島シンポジウム2018

飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA)では、来る2018年2月17日(土)に、通算で第9回目となるシンポジウムを福島県青少年会館において開催いたします。今回のシンポジウムは、「原発事故から7年、不条理と闘い生きる思いを語る」を総合テーマとして開催し、飯舘村民のみなさまや支援者のみなさまにそれぞれの思いを語っていただきます。多数のみなさまのご来場をお待ちしております。

飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA) 第9回シンポジウム2018福島
原発事故から7年、不条理と闘い生きる思いを語る

日時:2018年2月17日(土) 13:00~18:00
場所:福島県青少年会館 大研修室 (収容人数約200名)
参加費:無料
事前の参加申込は不要です。どなたでもお気軽にご参加ください。


プログラム

<開会あいさつ> 13:00  7年間を振り返って
小澤祥司

<第1部> 13:10-15:20  村民の思い
進行: 糸長浩司

◆ADR 飯舘村民救済申立闘争での理不尽に抗して
長谷川健一/村民
◆賠償裁判闘争に取り組んで
岡本易/村民
◆二地域居住と生活・コミュニティ再建
菅野哲/村民
◆村に暮らす思い
細杉今朝代/村民
◆新しいコミュニティ「いいたて未来会議」
横山秀人/村民

<休憩> 15:20-15:40

<第2部> 15:40-17:00  支援者からの思い
進行:浦上健司

◆除染の効果と限界、村で暮らすことの課題
糸長浩司/日本大学
◆20ミリシーベルトは安全・安心か
今中哲二/京都大学
◆原発災害補償闘争での東電・国の責任
飯舘村民救済弁護団弁護士
◆放射線の健康影響~ 将来世代もふくめて
振津かつみ/医薬基盤健康栄養研究所

<第3部> 17:00-17:50  総合討論:これからの生活再建と飯舘村への思い
進行:糸長浩司

<総括あいさつ> 17:50-18:00
今中哲二、糸長浩司

主催:飯舘村放射能エコロジー研究会
共催:飯舘村民救済申立団、飯舘村民救済弁護団、NPO 法人エコロジー・アーキスケープ
協力団体:京都大学原子炉実験所原子力安全研究グループ、国際環境NGO グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、原発事故被害者相双の会、市民エネルギー研究所、飯舘村写真展実行委員会、日本大学生物資源科学部糸長研究室、国際環境NGO FoE Japan、BIOCITY、ヒューマンライツ・ナウ、ふぇみん婦人民主クラブ、福島の子どもたちとともに・湘南の会、早稲田大学社会科学総合学術院家田研究室、R-DAN(50音順)

e0068696_7414678.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-17 23:34 | 脱原発 | Comments(0)

社会保障制度改革に関する連続シンポジウム④(財政)

日本弁護士連合会の「社会保障制度改革に関する連続シンポジウム④(財政)『どうする?社会保障の財源!~人間の尊厳ある生存を支える財政の在り方を問う~』」のご案内です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度、日弁連では、今なされようとしている社会保障改革の現状と課題について、みなさんと共有するために、連続シンポジウムを企画しました。
 
第4回目のテーマは「財政」です。医療、障害福祉サービス、年金等の社会保障制度を充実していくための財政がテーマであり、財政の役割、保険方式の現状と課題、普遍主義・選別主義と租税抵抗の問題、累積債務の問題、所得税・法人税・消費税等の税制の在り方等について、報告およびパネルディスカッションを通じて、幅広い議論を行い、人間の尊厳ある生存を支える財政の在り方やその実現の方策について考えます。
 ぜひご参加ください。

日時 2018年1月27日(土) 13時30分~17時00分 (開場 13時00分予定)
場所 弁護士会館2階講堂クレオA会議室

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加費無料
参加対象・人数
どなたでもご参加いただけます
内容
【プログラム(予定)】

◆基調報告・問題提起  
阪田 健夫 弁護士(日弁連貧困問題対策本部事務局次長)
◆パネルディスカッション
【コーディネーター】
猪股 正 弁護士(日弁連貧困問題対策本部副本部長)
【パネリスト】
後藤 道夫 氏(都留文科大学名誉教授)
高端 正幸 氏(埼玉大学経済学部准教授)
竹信 三恵子 氏(ジャーナリスト/和光大学現代人間学部教授)
尾藤 廣喜 弁護士(日弁連貧困問題対策本部副本部長)
◆質疑応答

申込方法
事前申込不要(当日会場にお越しください)

主催
日本弁護士連合会
お問い合わせ先
日本弁護士連合会 人権部人権第一課 
TEL 03-3580-9501
e0068696_184206.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-16 23:01 | 福祉医療 | Comments(0)

脱原発福島ネットワークが2018年総会

脱原発福島ネットワークの2018総会合宿が1月13日午後から14日午前にわたり、いわき市で開かれました。
2017年活動報告と総括では、脱原発福島ネットワークとしての取り組みとして、東電交渉が再開31回から38回まで8回開催され、福島県沖地震への対応、第二原発の早期廃炉、白血病労災認定、トリチウム汚染水の海洋放出中止、川村発言撤回とトリチウム水の安全な保管、1・2号機排気筒の倒壊防止と解体、被曝労働者の待遇改善と被曝の低減、凍土遮水壁などをはじめ、多数の課題の追及を継続したこと。7月には、福島原発事故の現状と課題について「7.17広瀬隆講演会」を開催しています。
課題毎では、「事故収束と被曝労働」について石丸小四郎さん、「廃棄物問題」について蛇石郁子さん、「ひだんれんの活動」について大河原さきさん、「健康被害、甲状腺がん」について武藤類子さん、「刑事裁判 告訴団・支援団」について地脇美和さんが、それぞれ報告しました。        
2018年活動計画と具体化では、原発のない社会をめざすネットワーキングニュース「アサツユ」の発行、東電交渉の継続、「トリチウムを海に流すな!汚染水アクション」として、更田規制委員会委員長の海洋放出発言への抗議や7月16日海の日アクションの開催を決めました。他に、東電福島原発事故後の運動の記録づくり、若者向けスクールの開催、放射能安全プロパガンダに対する対抗アクションなど の検討が行われ、プロジェクトをつくることになりました。
14日には、「いわき放射能市民測定室たらちね」で、事務局長の鈴木薫さんから「原発震災7年、たらちねの活動と課題」について、お話を伺い施設見学をさせて頂きました。

●脱原発福島ネットワーク
1988年の創設以来、福島第二原発3号機の再循環ポンプ破損事故と再稼動反対・廃炉要求、福島第一原発7、8号機の増設反対や軽水炉でプルトニウムを燃やすプルサーマル計画に反対する「ストップ・プルサーマルキャンペーン」の結成および県民署名運動の展開、原子力発電所の地震対策や津波対策、老朽化対策、度重なる事故やトラブルなどの原因追求、東京電力と毎月交渉する活動や監視活動を29年間続けてきました。2011年の福島原発震災以降、東電告発プロジェクトと被曝者援護法プロジェクトにより福島原発告訴団などを推進し、東電元3幹部の刑事起訴に至りました。
[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-15 23:54 | 脱原発 | Comments(0)

タウンモール・リスポの閉館

 いわき市民に50年間親しまれ愛されてきた、小名浜のショッピングセンター「タウンモール・リスポ」が、ついに1月15日午後4時に閉館します。
 14日午後、「タウンモール・リスポ」のファイナルイベントに伺いました。 小名浜、いわき市民とともに歩んできた50年の思い出がいっぱい詰まった「小名浜名店街」、そして「タウンモール・リスポ」。愛されてきたリスポのファイナルに、名残を惜しむ市民が、大人も子どもも、まさに老若男女が大勢詰めかけていました。
 わたくしも事業者や店員の皆さんに「ありがとうございました」「おつかれさまでした」と感謝の労いのごあいさつをさせて頂きましたが、歴代理事長経験者の先輩たちのお話や現役世代のみなさんの思いとこれからの事業展開をお聴きするたびに、目頭が熱くなりました。また、可能性を秘めたシオカゼマルシェやイベントを企画した若い世代の動きも、確かなものにしていきたい、と思いました。
 「タウンモール・リスポ」の閉館は、事業者やテナント個店の事業や労働者の雇用、高齢者はじめ地域の消費者等への影響も少なくありませんが、それぞれの事業者や労働者のみなさんが新たな選択をしていくこととなり、タウンモール・リスポ閉店に伴う跡地は、大型スーパーの出店や新たな再開発ビルの建設などが予定されています。
 小名浜地区では、港湾背後地に「イオンモールいわき小名浜」が今年夏6月開業をめざしており、商業はじめまちづくりに大きな再編の波が今押し寄せています。いわき市はイオンモール株式会社と「小名浜港背後地(都市センターゾーン)開発事業計画」を策定、事業の実施に関する基本協定を締結して、「商業サービス拠点づくり」「複合交流拠点づくり」のほか、「既成市街地との連携強化」事業も掲げています。
 「タウンモール・リスポ」の閉館は、本町通りや汐風竹町通りなども含めて、本市とパートナーシップ協定を結ぶ小名浜まちづくり市民会議の要望や行政区、各種団体などの意向を踏まえ、民間事業者や市民と連携して、小名浜地区の「まちなか」の活性化をどう進めていくのか、いわき市としても、改めて問われることとなりました。

e0068696_731451.jpg

e0068696_7313037.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-14 23:49 | 地域 | Comments(0)

20日から24日まで議会報告会

1月20日から25日まで、5カ所で、いわき市議会12月定例会の議会報告会を開きます。
内容は、いわき市議会12月定例会のご報告を申し上げ、皆様からご質問ご意見、ご要望をお聴き致します。是非、ご都合の良い会場にお出かけください。お待ちしております。

●1月20日(土)午後1時30分  鹿島町 鹿島公民館
●1月20日(土)午後6時30分  江名 江名集会所
●1月22日(月)午後7時    小名浜花畑町 小名浜老人憩いの家
●1月23日(火)午後6時30分  平月見町 26区集会所
●1月24日(水)午後7時    常磐関船町 常磐公民館


 いわき市議会12月定例会は、「いわきゆったり館」の温泉利用型健康増進施設「クアハウス」の1人1年間の利用料金の限度額を4万1,140円から6万2,000円に増額する「いわき市健康・福祉プラザ条例の改正」など条例の改正、平成24年度緊急雇用創出基金事業で実施した「いわき市コールセンターオペレーター人財育成事業」で、国が不適正支出とした補助金を、本市が県に返還する国県支出金等過誤納返還金178,766千円などの一般会計や特別会計・企業会計の補正予算、さらに平成28年度一般会計決算など決算の合計56件について可決・同意しました。
 また、災害公営住宅の入居者が、入居3年が経過し減免割合が縮小して家賃が上昇、生活が厳しくなるため、「市独自の災害公営住宅の家賃減免制度の充実を求める請願書」を採択、「受動喫煙防止対策の推進を求める意見書」なども可決しました。

全体の概要並びに以下の通り、私の一般質問の主なものもご報告いたします。

 1 いのちを守る、原子力災害対策について
 (1)弾道ミサイル攻撃と東京電力福島第一・福島第二原子力発電所について
 (2)米の全量全袋検査について
 (3)県民健康調査・甲状腺検査と子どもたちへの支援について
 (4)本市から市外への避難者の支援について

 2 水産業の再生について
 (1)本市の水産業の現状について
 (2)第二期いわき市水産業振興プランと「小名浜のカツオ」再構築について
 
 3 いわき市の再生と地域課題の解決について                        (1)タウンモール・リスポ閉館に伴う影響と跡地利用について
 (2)地域活性化をめざす商店街・空き店舗等のリノベーションまちづくり支援について





 
[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-13 23:40 | 議会 | Comments(0)

新潟県知事 米山隆一氏講演会「エネルギー基本計画:原子力政策と地域の未来を問う」

1月24日、新潟県知事米山隆一氏の講演会のご案内です。

柏崎刈羽原発の再稼働に向けた動きも進むなか、新潟県としての見解、地域の未来を見据えたエネルギー政策への見解を伺います。

新潟県知事 米山隆一氏講演会
「エネルギー基本計画:原子力政策と地域の未来を問う」


http://e-shift.org/?p=3484

日時: 2018年1月24日(水)17時半~19時半
場所: 憲政記念館 講堂 (最寄:国会議事堂前、永田町)


http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kensei/raikan.htm

新潟県の米山隆一知事は、2016年、福島第一原発事故について「徹底的な検証をする」と掲げて当選しました。
2017年9月には「福島第一原発の事故原因」、「原発事故が健康と生活に及ぼす影響」、「万一の事故時の避難方法」を検証する3つの委員会がスタートしています。

一方、原子力規制委員会では2017年12月27日、柏崎刈羽原発6・7号機の再稼働について新規制基準に「適合」との判断が出され、見直し中のエネルギー基本計画の中でも原子力の再稼働や新増設を押す声も聞かれます。

本講演会では、米山知事より原発立地県としての事故検証の取り組みと、エネルギー政策への見解を伺います。

◆プログラム(調整中):

・現状に関する問題提起、エネルギー基本計画署名呼びかけ(eシフトより)

・超党派議員による発言

・米山隆一知事講演「福島第一原発事故の検証と再稼働問題、立地県のエネルギー政策」

ほか


◆参加費: 500円

◆申込み: ウェブページより http://e-shift.org/?p=3484

◆主催: eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)


エネルギー基本計画緊急署名「原発ゼロで日本の未来を切り拓く」
★いますぐ署名する(Change.org) http://ur0.link/HGoK
★署名用紙のダウンロード、賛同団体登録はこちら  http://ene-rev.org/

資源エネルギー庁でも意見募集がはじまりました。(2018年1月9日より)
一言でもOK。多くの意見を出しましょう!署名内容やリーフレットもご参考に。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/opinion/
e0068696_715948.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-11 23:54 | 脱原発 | Comments(0)

「こんぴらさま」と「いわきだるま」

 1月10日は、毎年約15万人の人出で賑わう金刀比羅神社例大祭。
 いわき市常磐関船町にある同社は、日本三大金毘羅宮のひとつ。「いわきのこんぴら様」 として、各地の人々から親しまれている、海上交通の守り神です。
 今年も、社殿での「大黒様」「えびす様」「福むすめ」による「福銭まき」では、今年1年の福を求めて黒山の人だかりでした。
 また、JR常磐線湯本駅から"こんぴら様"までの沿道は、「いわきだるま」、色鮮やかな宝船・熊手をはじめ、約400軒の露店が軒を連ねて終日大賑わい。
 わたしも、いわき市指定無形文化財である髙橋工房さんの「いわきだるま」を求めてまいりました。「いわきだるま」は、丸みのある形、顔の周りのを群青色でかこみ、襟の部分に白い模様が入っているのが特徴。群青色は「いわき七浜」の海の色、白い模様は波しぶきを表すといわれています。

e0068696_7572640.jpg

[PR]
# by kazu1206k | 2018-01-10 23:30 | 地域 | Comments(0)

佐藤かずよし


by kazu1206k
プロフィールを見る
画像一覧