人気ブログランキング | 話題のタグを見る

消防団員の報酬引上げ、補正予算を可決、小野町処分場で決議、9月定例会が閉会

 いわき市議会9月定例会は、9月15日閉会しました。
 最終日の本会議で、閉会中審査を決めた令和3年度歳入歳出決算の認定の20件を除き、条例の制定案2件、改正案7件、補正予算案13件、その他の議案8件、人権擁護委員推薦の同意など人事案1件を含めた計31件を可決・同意しました。
 
 条例の改正は、消防団のあり方を検討した結果、団員の定員数を3,800人から3,200人とする「いわき市消防団の設置等に関する条例の改正」、消防庁の標準額に満たなかった「班長」と「団員」の報酬額を引き上げ是正し、「出勤手当」を「出動報酬」に改めて報酬額を引き上げ処遇改善を図る「いわき市消防団員の任免、服務及び給与に関する条例の改正」などです。
 補正予算は、生活困窮世帯に1世帯当たり7,000円の緊急補助金の給付や保育所・幼稚園・小中学校などの学校給食費の高騰への支援、加えて、施設園芸農家や林業・木材産業等事業者、漁業者及び交通事業者の経営安定を図るための支援、さらに新型コロナ感染拡大により減少した観光交流人口の回復に向けた市内観光バスツアー実施の旅行会社への補助などの、コロナ禍における原油価格・物価高騰等対策、感染防止対策など総額約72億6,640万円の令和4年度一般会計9月補正予算。特別会計は、後期高齢者医療特別会計ほか10会計は、前年度の繰越金の確定に伴う補正で、約12億1,992万円。企業会計は、病院事業会計で診療報酬改定に基づく看護職員の処遇改善を図るための補正で、約5,653万円などです。
 
 他に、「物価高騰に伴う悪質商法及び便乗値上げを許さぬ対応を求める意見書」など国への意見書2件、さらに、市民の水道水源である夏井川の上流域に位置するため、いわき市議会といわき市が一貫して反対してきた小野町処分場への一般廃棄物の再搬入について、福島県が事業者の申請を許可したため、「小野町一般廃棄物最終処分場に関する公害防止協定に対する決議」(下記に掲載)を可決しました。
 また、政治問題、社会問題化している旧統一教会をめぐっては、一般質問で市長及び市の対応が問われたほか、「国会議員等と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係断絶を求める意見書案」など2件が意見書案検討委員会に提出されましたが、本会議上程には至りませんでした。

●小野町一般廃棄物最終処分場に関する公害防止協定に対する決議

 株式会社ウィズウェイストジャパンが小野町に設置する一般廃棄物最終処分場小野ウェイストパークについては、令和元年8月16日、処分場の埋立容量の増量等に関する一般廃棄物処理施設変更許可申請がなされた。
 同処分場は、本市の主要な水道水源である夏井川の上流域に位置することから、本市議会は、水質の安全性に関する市民感情を重く受け止め、これまで、累次にわたり、埋立容量の変更を容認しない旨の意見書等を可決してきた。
 また、令和3年12月定例会においては、事業者が変更許可申請を撤回すること並びに県、小野町等が許可または同意しないことを強く求める決議を行ったところである。
 このような中、去る7月15日、福島県において当該申請が許可となったことは、極めて遺憾である。
 これまで、同処分場に関しては、小野町、本市及び事業者の三者で締結した公害防止協定書に基づき監視等が行われてきたが、この度、協定に新たに県が加わり四者により、8月31日、処分場に係る公害等の未然防止、地域住民の健康の保護及び生活環境の保全を目的に、「小野町一般廃棄物最終処分場の建設及び管理運営に関する公害防止協定書」の改定締結を行った。
 このことは、処分場の監視体制を強化し、安全を図ることに繋がるものであり、公害防止協定書に定められた内容を実行し、効果を発揮することが重要である。
 よって、本市議会は、今後も将来にわたり、夏井川の水質及び地域住民の生活環境の保全を図り、もって市民生活の安全及び安心を確保するため、次の事項を強く求める。

1 株式会社ウィズウェイストジャパンは、公害防止協定書に基づく同処分場の管理運営等を確実に実施し、夏井川の水質等、環境への悪影響が生じることのないよう万全を期すること。
2 同社に前項を遵守させるため、福島県及び小野町は、当該協定書に基づく監視、指導等を厳格に実施すること。

以上、決議する。

消防団員の報酬引上げ、補正予算を可決、小野町処分場で決議、9月定例会が閉会_e0068696_13003188.jpg














# by kazu1206k | 2022-09-15 21:01 | 議会 | Comments(0)

20日、東京高裁は弁論再開を!「月いちランチタイム・スタンディング」東電刑事裁判

福島原発告訴団および福島原発刑事訴訟支援団からのご案内です。

福島原発の刑事裁判において、新たなアクションを行うことになりました。
9月20日を皮切りに毎月、裁判所前でアピールを行います。
東京高裁に対し、地裁の「全員無罪判決」を破棄し、公正な判決を下すことを求めて、【東京高裁前 月いち ランチタイムスタンディング】です!
弁論再開を求めつつ、引き続き集めている署名の提出も行います。

みなさまのお力をお借りいただきたく、どうぞ、ご協力をお願いいたします。

【月いち ランチタイム・スタンディング】のお知らせ

 福島原発事故の東電旧経営陣の刑事責任を追求する福島原発刑事訴訟の控訴審は、6月6日に結審しましたが、期日において、今後の弁論再開の可能性を示していました。
 7月13日、東電株主代表訴訟において、原告らの請求を認め、被告勝俣、清水、武黒及び武藤に対して、連帯して13兆3210億円の損害賠償の支払いを命ずる判決を下し、判決は、原発には過酷事故により我が国そのものの崩壊にもつながりかねない危険性があり、万が一にも事故を起こさないようにしなければならないことを正面から認めました。
 私たちは、6.17最高裁判決及び株代判決を証拠として採用し、審議を尽くしてほしいと弁論再開を求め裁判所に上申書を提出し、署名を集めています。

 このたび、新たに弁論再開を求めて東京高裁前で今月から12月まで、【月いち ランチタイム・スタンディング】として、毎月1回アクションを行うことになりました。
 「一審判決を破棄し、公正な判決を求める署名」をさらに広く集めるとともに、裁判所に市民の声を届けるために呼びかけます。

 また、リーフレット「東京高裁は弁論再開を!」を広めてまいります。

 原子力行政に忖度した不当な判決を覆し、公正な判決を下すことを求め、命を大切にする社会へ向けて、みなさんと一緒に行動を続けたいと思います。
 どうぞ、よろしくお願い致します。

        記
【月いち ランチタイム・スタンディング】
 * 9月20日(火)
 *10月20日(木)
 *11月21日(月)
 *12月20日(火)
<時間> 12:00〜13:00
<場所>東京高等裁判所正門前
<参加者>福島原発刑事訴訟支援団、弁護団、支援者
                                  以上
■■■■福島原発刑事訴訟支援団■■■■
 福島県田村市船引町芦沢字小倉140−1
 TEL: 080−5739−7279
 mail:info@shien-dan.org

20日、東京高裁は弁論再開を!「月いちランチタイム・スタンディング」東電刑事裁判_e0068696_13163442.jpg













# by kazu1206k | 2022-09-14 22:05 | 脱原発 | Comments(0)

改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9・19大集会

改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9・19大集会のご案内です。

2015年9月19日、国会を取り囲むたくさんの市民が反対の声をあげる中で、安保関連法性(戦争法)が強行採決されました。あれから7年。この悪法のもとで日本が集団的自衛権を行使して、海外で戦争する国になるという市民たちの危惧は、いま、現実のものとなっています。政府は、憲法改悪を進め、軍事費を倍増させる計画や敵基地攻撃能力の保有、核のシェアリングなど、おどろくべき軍事力拡大に踏み出しています。おりからのロシアのウクライナ侵略戦争の中で米国とともに世界を「民主主義と専制主義の対立」などと規定し、世界の分断と対立を煽り立て、東アジアでは中国や朝鮮との間に緊張を高めています。

あれこれの口実で原発再稼働の企てが強まっていますが、ロシアのウクライナ侵攻で真っ先に原発が抑えられ、極めて危険な状況が発生したことは見逃せません。

先般の参院選で3分の2以上を占めた改憲派は、憲法改悪に乗り出しています。

平和が脅かされています。

いまこそともに「さようなら戦争 さようなら原発」の声をあげるときです。

脱原発・反戦平和を希求する皆さん、9月19日に代々木公園に結集しましょう!

日時:9月19日(月・休)午後1時30分集会開始 
デモ出発 午後3時30分 2コース(渋谷コース 原宿コース)
場所:代々木公園野外ステージ B地区、ケヤキ並木(JR原宿駅または渋谷駅)

共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/
さようなら原発・1000万人市民アクション実行委員会

<参加に際してのお願い>
新型コロナウィルス流行の問題があり、
風邪をひいているなど体調の悪い方や体力に自信のない方はご遠慮くださいますようお願いします。
できるだけマスクの着用をお願いします。

改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9・19大集会_e0068696_15272374.png

改憲発議と大軍拡やめろ!さようなら戦争さようなら原発9・19大集会_e0068696_15292341.png














# by kazu1206k | 2022-09-13 16:20 | 脱原発 | Comments(0)

小名浜諏訪神社例大祭夏祭、「棒ささら」奉納

 9月11日午前、小名浜諏訪神社例大祭夏祭に出席しました。
 本殿での神事、祭典に続き、境内では、「岡小名ささら保存会」のみなさんによる、「棒ささら」、棒術と三匹の獅子舞が奉納されました。
 江戸時代から演じられてきた、五穀豊穣を祈願する伝統芸能「棒ささら」は、昭和21年を最後に途絶え、平成15年に「岡小名ささら保存会」により、57年ぶりに「ささら」を復活させ、今日に至っています。
 「棒ささら」の奉納に続き居合道夢想一心会による居合道の奉納、わかぎ幼稚園の園児の皆さんによるメイポールダンスも披露され、大勢の人で賑わいました。

小名浜諏訪神社例大祭夏祭、「棒ささら」奉納_e0068696_06522763.jpg

小名浜諏訪神社例大祭夏祭、「棒ささら」奉納_e0068696_06530458.jpg










# by kazu1206k | 2022-09-12 20:47 | 地域 | Comments(0)

3年ぶりの江名マリン•フェスティバル

 9月11日、3年ぶりに「江名の町マリン•フェスティバル2022」が開催されました。
 少し風がある江名港。前日から用意したテントの一部が海に飛ばされるハプニングを乗り越え、朝9時すぎに開会式。ハワイアンバンドやフラダンス、じゃんがら念仏踊りなど多彩なステージショー、海の上から陸の故郷を観ていわきの海を体験する「体験乗船」には子どもたちがライフジャケットを装着して乗り込みました。大行列となったカジキステーキの無料配布、親子連れの参加者も多かった「江名港釣り大会」(トビヌケ主催)など、多くの市民が参加して賑わいました。
 カジキを釣る「サンシャインいわきビルフィッシュトーナメント2022」は、残念ながら高波で中止となりましたが、会場には先週釣り上げられたマカジキが展示され、子どもたちも実際にカジキ触って体験し、大喜びでした。
 コロナ対応をしながらの3年ぶりの復活、大盛況となりました。
 私も開会式でご挨拶させて頂きました。
 江名の町復興推進協議会(江名の町再生プロジェクト)の主催。江名区・江名女性の会・江名シングルアッププロジェクトが共催、福島県・いわき市・いわき市教育委員会が後援しました。
 スタッフの皆さま、短期間の準備、大変お疲れ様でした。ご協力いただきました関係者の皆さま、ありがとうございました。

3年ぶりの江名マリン•フェスティバル_e0068696_06573885.jpg


3年ぶりの江名マリン•フェスティバル_e0068696_06585179.jpg

3年ぶりの江名マリン•フェスティバル_e0068696_06592202.jpg


3年ぶりの江名マリン•フェスティバル_e0068696_07023752.jpg






















# by kazu1206k | 2022-09-11 21:43 | 地域 | Comments(0)